Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
発達障害との共通点

先日NHKで発達障害を特集した番組を観た。

発達障害の人がどんな風に見えているか?聞こえているか?を証言をもとに再現したものが興味深かった。

いろんなパターンがあるらしいが音に関することで共感するものがあった。

普通の人は雑音とそうでない聞かなくてはいけない音をちゃんと脳が区別しているけど障害のある人はそれができなくて全ての音を拾ってしまうため会話に集中できないという。

スーパーなどでは冷蔵庫の音など様々な音が氾濫していて15分といられないそう。

 

これって実は自分にも心当たりがあるのだ。

わたしが苦手なのは歌詞付きのBGMが流れるスーパー。その音、歌詞が耳につき、買い物に集中できない。長い時間いられなくなる。

仕事のときに集中してくるとラジオやテレビなどの音がストレスになる。

夫が在宅のときにつけっ放しのテレビの音が苦痛だったけど最近はテレビをつけない生活に変えてもらえて楽になった。

この程度なら誰にでも当てはまることなのかもしれないけれど。

 

あと目に関してのこと。眩しすぎるという発達障害の人。

母がカーテンを閉めきるのは眩しさのせいのようなきがする。わたしも蛍光灯の明るいのがかなり苦手でひとりのときは間接照明のみで過ごす。夫は明るくしたいタイプ・・・ちょっとつらいときがある。

 

母が耳が遠いのにある音に関しては敏感なこともなにやらこの脳の障害に起因しているような気もする。

音によく驚いている。

目もよく見えないようなのに床に落ちた糸くずや髪の毛は熱心に拾う。

認知症は物忘れのことがクローズアップされやすいが発達障害との共通項が多そう。

認知症にもいろいろなタイプがあるのと同じく、発達障害にも様々なタイプがあるみたい。

わたしが気になったのは ASDと呼ばれるタイプ。これの軽度であれば自分も十分含まれそう。

時間のあるときに詳しく調べてみたい。

Posted by roku
認知症 / 08:04 / comments(0) /
宵待草

先週母を訪問したときに「宵待草」という題の詩が紙にメモされているのを見た。

ノートに挟まれたもの、テーブルの上に放置されたものなど3枚くらい。どれも「宵待草」というタイトルと詩が母の字で書かれている。

「これなあに?」ときくと紙を手にとり歌い出した母。

歌詞だったんだ。

竹久夢二作とある。

調べてみたら結構古い歌。

こういうのは忘れないんだなぁ。不思議。

いつも訪問したときに「rokuちゃんが来たって書いて〜」と無理やり日記というかノートのカレンダーに一言メモしてもらうのだけど母から率先して文章を書いたのは初めてかもしれない。

デイで書いたというよりはお部屋でひとりのときに書いたようだった。

興味のあることは書くのかな。母の興味を引くようなものを探したい。

Posted by roku
認知症 / 07:48 / comments(0) / 昨年の記事
母と電話

先週の訪問時に母の携帯をチェックしていたらボリュームが小さく設定されていたので音量を最大に設定しなおす。

するとよく聞こえるようになったみたい。

母に電話をしても一度で出てくれることは少ないけれど、折り返しかかってきたり(でも出ると切れる)何度かかけると出てくれたりで少しは会話できるようになった。

日曜の夕方に電話してみる。日曜はデイ休みである。

「今日は何してたの?」ときいても別にといつも通りの答えのあとに「食堂でお友達とね・・」と意外な言葉が返ってきた。

母がときどき食堂でひとりボーッとしているのは誰かが声をかけてくれるのを待っているのだろうか。

ともかく日曜はどなたかとおしゃべりしていたようだった。

「顔見知りもできたね」と言うとうなづく母。

それなのにグループホームか老人ホームへの転居を考えなくてはいけないなんて。

どういう場所が母にとって最適なのか?

母の気持ちや希望はどうなのか?

 

そして日曜の深夜2時45分くらいにわたしのケータイが鳴る。母からだなぁと思ったけれどそれはわたしからの着信があったのに気づき、折り返しているだけで用事はないのだろうとスルーする。しかし、その後4回も。

何か困っているのかもとかけ直してみるけど応答なし・・・。

着信があると赤いランプが点滅する。それに気づくと母はケータイをいじるようだが適当にボタンを押すのでアドレス帳の一番最初に載っているお友達のところにかかることも多いようだ。その方のところに深夜にかけていないことを祈るばかり。

 

Posted by roku
認知症 / 08:28 / comments(5) /
シモ問題

今週の母訪問日。

わたしがサ高住に着くと母はひとり食堂の椅子に座ってぼーっとしていた。

外を眺めるでもなくただ座っているだけ。せめて新聞でも読んでいてくれたらと思うけど何もしていなかった。

「おかあさん!」と何度か呼ぶとハッとする。

一緒に部屋へ戻りいつものようにお着替え。

面倒だ、さっき替えたばかりだとぶつくさ言いながらも着替えはしてくれる。

リハパン履いていなくて布パンにじかにパッドをあてていた。しかし、パッドは汚れてはいなかった。

前日にデイで入浴はしているのだから、やはり夜間に漏らして朝になって自分でリハパンを取り替えるときに履くのを忘れたのか?

月水金土はデイで入浴していて、その朝はヘルパーさんが入り送り出しをしてくれる。その際にパッド、リハパンの取替えの促しをしてくれることになっている。日曜午前にはヘルパーさん、火曜は妹、木曜の午後はわたしというローテーション。

しかし、夜間に漏らしたものの朝イチのケアが必要なようで火曜と木曜の朝のヘルパーを自費で、と検討しているところ。

 

アリセプトで夜間頻尿になるという話をきいたが、これは薬のせいなのか?

パッドもリハパンも3回分吸収のものなのに、防水シーツも敷いているのになぜ漏れる?

リハパンがぶかぶかすぎるのかな?ということで妹がSサイズのリハパンを探して買ってきてくれた。

水曜に妹がトイレ掃除をしてくれているのだけど木曜にわたしが行くと流していない汚れたトイレ。

つまり、トイレで用足しはしている。

訪問している間にもトイレにはいく。

やはり問題は夜間。(日中も問題だが)

いっそのことリハパンもパッドもなしにすればびしょ濡れで本人も気づいて自分で対処するのではないか、などとも思ったり。

ベッドに吸水性のある敷きパッドを使うとか。

サ高住は自室にそれぞれ洗濯機があるので本人やわたしたちがいくらでも洗濯できるが、老人ホームの見学に行ったときは確か週二回ほどだった記憶がある。毎日の夜尿の失禁の洗濯はグループホームや老人ホームではどう対処しているのだろう。

サ高住ではスタッフの洗濯代行は一回1500円らしい。そういえば入居時にこういう細かい説明はなかったな。

 

母と会話の中でそれとなく別のところへの転居の話題を振ってみたが「ここから離れたくない」ということだった。

このお部屋が気に入っていると。お友達もいるしとまで。

父のことは未だに「お墓の中」という話を理解していないようで「お父さんどうしとる?」「お墓の中」という会話を繰り返している。毎回、はじめて聞いたように驚く母。えーっ!と絶句。

ふざけているのかと突っ込みたくなるけど葬式の記憶とか全くないのだから当然だよね。

でもなぜかわたしの仕事のことは覚えている。

記憶に残ることと消えること、その線引きってなんなんだろう。

脳って不思議。

Posted by roku
認知症 / 08:25 / comments(0) / 昨年の記事
秒速で忘れる

一週間があっという間。

今週も木曜に母訪問。先週のお出かけのことなど当然だが母はつゆほども覚えていない。

デイでお花見に連れて行ってもらったようだがそれも全く。

ここのところこまめに母に電話をしていたら以前より出てくれるようになった。それはいいのだけど、たまに母からかかってくるようになり、そのタイミングが悪い。電車で移動中だったり、数ヶ月に一度しか行くことがないのに映画を観ているときだったり。

昨日も朝、電話して今日行くからねー、お天気いいからカーテン開けてお部屋明るくしてねーと言ったのだけど訪問時はカーテンを閉めきり部屋は暗いまま。

 

いつものように着替えをして洗濯機を回して近所に散歩に行く。

散歩から帰ってきたら食堂でコーヒーを飲んでいる方がいたのでわたしたちもコーヒーをいただくことにする。

100円でコーヒーのサービスがあるのだ。

わたしが買ってきたおやつを食べながら母とお茶。いつもはお部屋だけどこちらだとスタッフや居住者の方とあいさつやお話もできていい。その場で現金で支払うのであるが母は何度も支払おうとする。

さっき払ったよ、と言った5秒後にはまた財布を開ける。

そんなことを5回くらい繰り返す。短期記憶がダメなのは以前からだけどそれは少なくとも数分はもっていたような気がしたが今は秒単位で忘れていく感じ。スピードが加速している。

先にコーヒーを飲み終えたわたしは「ちょっとトイレに行きたいから先にお部屋に戻るね」と母を残しお部屋へ。まだ洗濯物を干したりやることが残っているのだ。

部屋へ戻ってみるとなんと回したと思っていた洗濯機が途中で止まっており、もう一度洗濯しなおし・・・。

ゴミを捨てたりいろいろしていたが母が戻ってこない。

廊下に出て食堂の方をのぞくと母の隣に男性の居住者さんが座っていてお話している様子だったのでそのままわたしは部屋に戻る。

やり直しの洗濯が終わってみれば、ポケットにティッシュが入っていたようで洗濯機の中がティッシュのカスまみれ。

これはこの前もやらかしてしまったのだが、母はいつも食事のときにテーブルに置かれているティッシュをポケットに拝借して持って帰ってきてしまう。わたしは自宅でもポケットをあらためて洗濯するという習慣がないのでついそのまま洗濯機に放り込んでしまう。

で、大惨事となってしまう。

その後始末をしていても母は戻ってこなかった。

そのままわたしは帰ることにし、帰り支度をして食堂へ。

母はわたしをみるなり「あんたはどっか行くのか?」ときくので「わたしは帰るよー」というと「明日また来るの?」とこれまできいたことがないようなことを言う。「また来週ね」と答える。

いつもなら玄関のドアのところまで見送りにきてわたしが外の門を出るまで手を振っているのだが昨日は食堂のカウンターに座ったまま「じゃあね」でおしまい。

あのおじいさんとは仲がいいのかしら?とか考えながら帰宅した。

 

Posted by roku
認知症 / 06:43 / comments(0) /
遠出は成功

先週は所用があり、母と妹と三人で都内までタクシーで往復。

母が神奈川に来てから初めての遠出である。昨年1月末に石川から神奈川に連れてきたときは7時間の長距離ドライブに耐えた母だったがこの一年でずいぶん弱ってしまっている。なのでとても心配だった。

しかし、何事もなく無事お出かけ終了。ほんとにホッとした。

車の乗り降りだけが大変だけど乗ってしまえば大丈夫だった。車窓から満開の桜が見られてよかった。

しかし、数分おきにバッグから財布を出し財布を開けてはまた閉じるという行為を何度も繰り返す。

お財布持ってきたかな〜お金忘れていないよね?ということが気になるようだった。

わたしが立て替えるから大丈夫と言ってもダメなようで往きも帰りもこの行為を繰り返していた。

 

昼食も入れてトータル5時間ほどの外出でトイレは3回。

都内を出発する前にパットを替えてとうながすもなかなか替えてくれず・・・。汚れていないというので一緒に個室に入り、見せてもらったが確かに漏れてはいなくて「お母さん、ごめんね。替えなくていいわ」となった。

リハパン、パッド、ゴミ袋を持参していたけど使わなくて済んだ。

助かったのは訪問先のビルのトイレがきれいで空いていたこと。自動洗浄だったのもよかった。

母と出かけると歩道などの段差が多いことや、路駐の車のせいでタクシーを停める場所がなかったり、あとトイレのこととか街中にハードルがたくさんあることに気づく。これってベビーカーで移動するお母さんと赤ちゃんも困っているのではないだろうか。

 

この日は母は緊張からなのかずいぶんしっかりしていた。覚醒している感じ。

わたしも前日からかなり緊張し眠れなかった。のどもカラカラに。

ともかく無事終わってよかった。

 

ところで先日、ケアマネさんと妹が面談した。

夜間のそそうが多くなったのでヘルパーさんの回数を増やす提案をされた。すでに介護保険利用のサービスはいっぱいなので自費になるとのこと。

サ高住での介護の限界という話題にもなったそうだ。それでグループホームへの転居も提案された。

その話を妹からきき、そのときは転居は考えられず自費でもヘルパーさんの回数を増やすのは仕方ないなと思ったがいろいろ考えると基本、放置のサ高住より見守りがあるところへの入居が母のためかもしれないと考えるようになった。

現在のサ高住は駅に近くて便利できれいでお部屋も広くて明るくて玄関もロックされていなくて雰囲気もよくて・・と"わたしが"気に入っているだけなのかもしれない。

わたしの中では母がもう少し自立しているはずだった。しかし、この一年でだんだん変わってしまった。

ブログの過去記事を読んでも1年前は母から〇〇がない!と電話がかかってきていた。でも今はほとんど電話は来ない。

母は自分の部屋の鍵もかけなくなってきた。

週4回通っているデイサービスのこともよくわかっていないような受け答えをする。

座ってからの立ち上がりにかなり難儀するようになったし、靴下や靴の着脱も困難。

それにしても毎年4月から6月まで仕事の繁忙期のわたしにとってこの時期に母の転居の話はつらい。

グループホームとはどんなところだろうか。

そこに入居してもゆくゆくはまた老人ホームに転居しなくてはいけなくなるのなら最初から介護の手厚いところに入居した方がよいのではないか?

母の希望はどうなのだろう。

そして転居することになったらどういう言葉で母に伝えればいいのだろうか・・・。

 

Posted by roku
認知症 / 06:49 / comments(2) /
気温がアップダウン

桜の時期は雨が多いというけれど。

せっかくの春なのにお天気がパッとしない。

そして今日は冷たい雨の一日。

日によって気温が大きく違うのはとても困る。

先週は一気に暖かくなってきていたので母を薄着に着替えさせた。

なのにまた今日は冬物に逆戻り。

でも母はその日に合わせた服に着替えることはしない。

わたしか妹が着替えさせると次に会うときまでは同じ服。寝るときも同じ服。

いや、暑くて脱ぐということはないが寒くて重ねて着るということはするから大丈夫かな。

それでも心配でお天気を恨めしく思う。

 

昨日、知り合いのお墓まいりの話をきいてふと考えた。

父は養子だったので母方のお墓に入っている。

叔母や従姉妹が墓まいりをしてくれてはいるけれど母が参ることはもうないだろうし、私たちも年に一度いけるかどうか。

祖母とも晩年はさほど折り合いがよくなかったのでお墓の中で孤立しているのではないかと考えが巡る。

いずれは母もそこに入るのかな。

でもそのあとは・・・。

空き家の実家にはお仏壇がひっそりとそのまま置かれている。

祖父母と父の遺影も。

叔母は家を守ってもらっていると思ってそのままにしておけば、と言ってくれたがそのままでいいのだろうか。

実家とお墓、そんなことより生きている母の心配をした方がいいのだけど何かにつけて心にひっかかっている。

 

昨日はわたしの誕生日だった。もちろん母が覚えているはずもないので電話をして知らせてやろうと思ったのに電話は通じず。

せめて電話には出て欲しかったなと思ってしまうのはまだわたしが甘えている証拠だろうか。

Posted by roku
認知症 / 07:19 / comments(0) /
お花見

ようやく桜も咲き始めた。

昨日は母を誘ってお花見散歩。

と言ってもサ高住近くの国道の桜並木の下をちょこっと歩いただけだが。

7部咲きくらいかな。

綺麗だね〜と話しかけるも母はあまり興味がなさそう。一応、相槌は打ってくれるが。

それよりも歩行がおかしく上り坂なのに早足になっている。

とても前のめりになって。

思うように身体が動かないと言う。途中でガードレールなどにつかまり休憩。

コーヒーショップに入り休むことにする。

お店に入るとつかまらないと移動できない様子で座ってコーヒーを飲んでいる他のお客さんの背後に寄りかかるように。

やっとのことで奥の席に座らせる。

いつも困ってしまうのは平日の昼間でもどこへ行っても混んでいること。

ゆったり座ってお茶が飲めるようなお店がない。

 

それでも休んでいるうちに落ち着いたようで帰り道では歩行も普通になった。

あの突進歩行は緊張感や疲労感とも関係あるのかな。

ときどき買い物をする馴染みのコンビニの前は素通りできないようで「ぐるっとしてみるかねぇ」と先に立って店に入っていく。

興味を示すのは惣菜コーナー。

おかず買わなきゃって思うみたい。夕飯があるから買わなくていいよ〜と言う。

かわりにイチゴを買う。わたしが持って帰るから買ってとおねだり。

レジで398円です、と言われ500円玉を出す母。

お店を出た瞬間に「なんか買ったんだっけ?」と言っていたけど^^;

 

靴を履いたり、靴下を履くときにとても難儀するようになった母。

身体が固すぎる感じ。

デイで握力を測ったら今月は左右とも12キロ。以前は17キロくらいのときもあったのに。

弱っていくスピードが加速している印象。

来週、遠出の外出(タクシー)を予定しているのだけど不安しかない。

 

Posted by roku
認知症 / 07:17 / comments(0) / 昨年の記事
お隣さん

昨日は母を訪問。

暖かかったので散歩に連れ出す。

お部屋を出たら「これからお出かけ?」と声をかけてくれたひとがいた。

食事のときに母のお隣に座っている方だそう。

お初にお目にかかったので新しく入居された方だろうか。

とても話好きの方のようで「いつも私が喋ってて、この人は黙って聞いているだけなの」とおっしゃる。

学歴(?)が似ているとか。

娘さんはわたしより10歳くらい年上らしい。ってことは母よりは歳上かな。

ちょっぴり関西弁風だったのでやはり呼び寄せられたのかもしれない。

 

ともかく、お食事のときに話しかけてくれる人がいて良かった。

誰とも話さずひっそりと食べているのかなぁと思っていたから。

 

昨日は実はイベントがあったようでホールで何人かが集まって歓談していた。楽しそうな笑い声。

イベントには申し込みが必要でうっかりしていた。母も参加にすればよかった。

とはいえ、イベントは苦手のような母。

お誕生会などもあるが週4回デイに通う母はイベントの日に不在のことが多く、住民の方との交流はあまりない。

家族以外との交流をもっと増やしたいなと思うのだけど。

とはいえ、わたしもイベントは苦手です。

母と同じくひきこもりたいタイプ。

社交性ってとても大事なんだろうなと思うこの頃。

Posted by roku
認知症 / 07:14 / comments(0) /
なんとなく不安

昨日は母の訪問前、午前中に母に電話。

ちゃんと電話に出てくれたし変わりないよーとのこと。午後から行くねーと電話を切る。

訪問すると部屋のカーテンも開いていたし、変わりもない。

いつものように渋々だけど着替えもして近所に散歩に出る。

シルバーカーはやめにして杖で。

杖の方が身軽でいいのかもしれない。

 

車のほとんど通らない畑の道だからのんびり歩く。

500mくらいだけど30分近くかけて。

最初はなんだかボーッとしていた母。話しているうちに覚醒してきた感じ。

 

靴の着脱がとても難儀するようになった。

一つ一つの動作がゆっくりになった。

短期記憶が本当にダメなようで何ひとつ覚えていない。

デイサービスのこともよくわかっていないような。

 

だけど出かけるときにキッチンと寝室のドアをきっちり閉めるとかそういうことにはこだわる。忘れない。

昨日はトイレの水を流していたのが良かった点。

月二回ハンドマッサージをしてもらっていたのだが最近は声かけしても母は断るそうで、ちょっとした拒否が出てきているのかなぁと。妹によると病院に行くのも嫌がるそう。

 

薬を飲んでいることは本人に全く自覚なし。

季節や日にちもわかっていないし、カレンダーを見ることもほとんどない。

 

別にそれは構わないのだけど。

何があったというわけではないがずっと不安がつきまとう。

母のことが心の錘になって春なのに気分が明るくとはいかない。そんなじゃダメだと自分に言い聞かせてはいるのだが。

自分の長女的な性格をどこかに捨ててしまいたい。

 

 

Posted by roku
認知症 / 07:43 / comments(2) /