Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
グループホームへ

前回のブログで気温が急降下したあとまた気温は急上昇し、そして今また急降下。

ほんとにどうにかしてほしいくらいの気候。

 

でも温度に関する心配はほとんどなくなった。

母はグループホームにいる。

金曜のデイからそのままお泊まり。土曜のデイはグループホームから出勤してもいいし、様子をみてデイをやめてそのままグループホームで過ごしてもよいかなとお任せしていた。結局土曜はデイには行かずグループホームで過ごしたよう。

土曜の午後に妹が訪問。そのときはリビングで皆さんとテレビを観ていたらしい。

特別拒否している様子はなかったのでそのままサ高住には戻らず入居を決めた。

日曜(昨日)にわたしも訪問。妹夫婦とともにサ高住の荷物を全てグループホームの母の部屋へ運ぶ。

ガランとした部屋。もうここに母は戻らないことをこんなに急ピッチで進めていいのだろうか?という気持ちもあるけれど、やはり24時間の見守りがない中に母を置いておくことはもう無理。一番自然な流れで転居ができるのがこの系列のグループホームだと思った。

昨日、母のところに行ってみると元気にはしていたし、混乱している様子もなかった。

だけど・・・

母の顔つきが少し違って見えた。少しおびえているようなそんな感じ。自然ではなかった気がした。

こういう言い方は変かもしれないけど認知症の人のようになっていた。

それが少しショックだった。

 

サ高住のスタッフの方にきいた話だと金曜の朝デイに行くときに母は「新しいところに行くのも楽しみ」と言っていたそうだ。

木曜にわたしがデイからお泊まりするよと話していたし、水曜のデイのときにグループホームのスタッフの方が声かけをしてくれていたこともあって母は少しはわかっていたようだ。

言うことをきかないと迷惑がかかる、母なりにそんな風に思って従ってくれているのだろう。

昨日母に「前のところでもいいのだけど、こっちの方がいいかな〜と思って」というとうんうんとうなづく。

「いや?」ときくと「こっちもいいよ」と答える。どこでーもいいと。

母の荷物を搬入して少しだけ部屋らしくなる。それまで二泊は殺風景な部屋で寝ていた母。まだ購入したチェストが届かなくて前の部屋とは違った雰囲気になっているけど。(以前の部屋と同じようなチェストを購入。なるべく部屋の雰囲気を変えないようにしたかったのに届くのは2週間後とのこと)

時計とカレンダーを吊るしただけでも部屋らしくなる。父の写真とおりんも置く。

ほとんどの時間はリビングで過ごし、部屋には寝る時だけ戻るときいている。あと午後1時から2時までも部屋で過ごすらしい。

母に電話したいときはその時間になるのかな。もう電話は通じなくなるのかな。

もちろん面会も自由なのだが以前のように鍵がかかってなくて自由に出入りするサ高住とは異なる。なんだか母が遠いところに行ってしまったような気がしてくる。

昨日は2時間半くらい母のところにいたがその間、母はおやつに呼ばれ、トイレに誘導してもらい、カラオケに誘われ(これは断っていた)、わたしが帰る頃ほかの入居者さん女性6名がトランプをしていた。入居者9名のうち1名は男性。母を除くと女性は7名だから1名を除いて全員でトランプをしていたことになる。そこに母は入れるのだろうか?

とにかく母が笑顔でいてくれさえいればと思う。

不安なく安心して過ごしてくれれば。

 

サ高住のスタッフさんからはわたしたちの労をねぎらっていただいた。いつも娘さんたちがお部屋を居心地よくするようにしていたと。それはひとえに妹のおかげ。掃除や片付けの得意な彼女がいつもきれいにしてくれていた。

昨日の部屋の片付けをしていたときにゴミ箱や洗面道具やありとあらゆる生活道具のほとんど全てを用意してくれていたなぁとしみじみ思った。そして昨日も不要になったゴミを一手に引き受けてくれた。

わたしの負担したものはとても少ない。

これからわたしにできることは何だろう。

 

昨年のブログ記事をみるとちょうど1年前の母は洗濯を自分でし、コンビニに買い物にいっていた。

1年前かぁ。

自分の骨折の件も良くなってきているのにまだちゃんとは歩けず、そのことと母の心配が重なって夜中に目が覚めそのまま眠れない夜になってしまった。なにごとも悲観せず光のある方に向いて歩こう。

 

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 06:30 / comments(1) /
気温の急降下

木曜に訪問したときにかけ布団を出して母と一緒にカバーをかけた。

でも昨日、さらに寒くなりそうだったので夕方電話をする。

するとヘルパーさんが出た。ちょうど母がデイから帰ってきたところだったようだ。

母に代わってくれたがいつものように声が小さくて聞こえないと言う。ヘルパーさんが音量の調整をしてくれて会話できた。

「毛布を出してね」と言うのだが「え?とうふ?」を繰り返し話にならない。またヘルパーさんが代わってくれ、クローゼットから毛布を出してもらうようお願いした。

母は寒くないかときいても「大丈夫」と答えるがヘルパーさんの話だと「寒い」と訴えていたようだ。

足のむくみも「痛くない?」ときけば「痛くない」と答える。

太ったからズボンがきついのでは?ときくと「大丈夫」と答える。

それで安心していてはダメなんだろうな。

 

グループホームでの体験をしてもらうことについて少しは説明しようかとデイサービスに行っているでしょ、と話しかけると「そんなとこ行っとらんよ」と言う。デイサービスという言葉を理解していないかと思い「お風呂入りに行ってるでしょ」ときいても母は部屋の風呂に入っているつもりになっている。

以前にも書いたけど通院も同様で月に一度の内科と歯科の通院はどちらも行っている自覚なし。毎日朝夕飲む薬も全く記憶になし。

おりんと写真を置いたけど「お父さんは今どこにおるんやっけ?」ときいてくる・・・

だとしたら、デイからそのままグループホームにお泊まりして何日か過ごせばそこが我が家になる?

 

母は物忘れはひどいけど、トイレの場所だとか入り口の場所だとかがわからなくなることはない。そこがアルツハイマーと違うのかなとは思うがグループホームに行ったらどうだろう?部屋にトイレがないことが心配。

トイレの場所を覚えられるかな。

便秘になったりしないかな。

ドア開けっ放しでしないかな(自室ではドアを閉めない)。

 

昨日、介護関連の記事で老人ホームなどの個室について必ずしもいいとは限らないという意見のものを読んだ。

個室が当たり前になってはいるがお年寄りの中には個室で「さびしい」という意見も多いという。

確かにそうかもしれない。

今、母が個室でケアがない反面、ほぼ自由に過ごしていて、それがグループホームになると集団生活になり(昼間は自室ではなくリビングで皆と過ごす)そこに馴染めるかなという心配をしているのだがその心配は不要なのかもしれない。

グループホームの方が楽しい!ってなってくれるといいな。

以前いくつか見学した老人ホームよりはグループホームの方が母にあっている気がした。

そして建物自体は母が1年半通っているデイサービスと同じところ。

デイのスタッフさんとも会うこともあるだろうし、全く知らない顔ばかりということでもない。

イベントはグループホームとデイサービス共同で行うということなのでイベント時に知った顔に会うこともあるのではないかな。

母が覚えていなくても向こうが覚えていてくだされば母も疎外感を感じなくてすむだろうし。

いろんな点でこのグループホームへの転居が一番やさしい方法なのではないかと思う。

 

で、住所地特例の件は説明したらわかってくださって契約のときまでに役所での手続きを済ませれば問題ないみたい。

今はこの転居がうまくいくよう段取りを整えるのみ。

気温は急降下したけどまた少し暑くなるらしい。この気温差の問題も見守りのあるグループホームなら心配しなくて済む。

室温の調整、排泄のケア、この二点が今の一番の問題。ここが解決できるなら○

 

Posted by roku
認知症 / 06:54 / comments(2) / 昨年の記事
介護保険の住所地特例

グループホームに入居の条件は

●認知症の診断

●要支援2もしくは要介護1~5の介護認定

●入居前の住所がそのグループホームの市町村と同じであること

などがあるのだが、この全てを母は満たしているので大丈夫と思っていた。

 

しかし入居前の住所が入居先の自治体と同じというのは介護保険利用が同じ自治体のものであるということなのだった。

母は介護保険の住所地特例で以前居住していた石川の介護保険を利用している。

もちろん、グループホームの入居が決まったら現在のサ高住の住所から転出するので住所地特例地からはずれ、これからは神奈川の介護保険利用になるので問題はないと思われるが現状では入居の条件から外れてしまうことになる・・・

どうなんでしょうか?

本日役所に問い合わせをしてみるが結果はいかに。

転出入のときにもややこしかったことをこのブログに書いていたなぁ→

 

母のテカテカに光るほどの異常なまでの足のむくみは主治医によると病気ではなくただのむくみで治療なしとのことだった。

足を高くして寝るか、弾圧ストッキングを履くかくらいしか対処法がないという。

釈然としない・・・。

 

 

 

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 08:03 / comments(0) /
グループホームの見学

母の通うデイに併設のグループホームのお部屋に空きがあるというので妹と一緒に見学へ。

これまで老人ホームの見学はいくつもしたがグループホームは初めて。

参考になればと思い、前日にうちの近所のグループホームも見学してみた。

月額の料金はサ高住も老人ホームもグループホームも似たり寄ったり。違うのは老人ホームには高額な入居金があること。

パンフレット上では有料老人ホームとグループホームの違いがよくわからなかった。

グループホームは認知症の診断が必要ということぐらいかな。

あとは住所がそこの自治体にないと入居できないとあった。

実際に見学して感じたのはお部屋に家具が揃っていなくて持ち込みだったり、お部屋にトイレがなく洗面所トイレが共同など設備面でグループホームが劣ること。これは少人数制だから仕方ない一面かと思う。

うちの近所のグループホームはベッドも持ち込まなくてはいけなくて介護保険利用のリースではなく、契約業者とのリース(月額2000円)とのことだった。

設備面のことはそれほど気にならなかったのだけど、案内してくれた担当の方が「ニンチ」という言葉を使うのが気になった。

なのでここはないかな〜と思い、妹と空きの出たグループホームへ。

こちらはベッドは備え付けだった。トイレ、洗面所は共用だがお風呂は機械浴もあり、脱衣所も広かった。脱衣所にトイレもあり。

デイサービスと共用の施設ということもあり建物自体が大きいので広いイメージ。すぐ近くに公園があり、お散歩できるのも良かった。

いろいろ見た方がいいというアドバイスもあるが、母がデイで通っている場所でもあるし、母が拒否しなければこちらがいいのではないかと思った。グループホームでのケアがどれほどのものであるかまだわからなくて、結局は有料老人ホームに転居ということもあるのかもしれないけれどとにかく今のサ高住でのサービスでは見守りがなく、居住するのも限界なのかもと感じる。

グループホームでは基本的には居室ではなくリビングで過ごす時間がほとんどで部屋の空調もその日の気温に合わせてチェックしてもらえる。食事の配膳や後片付けのお手伝いなど仕事も少し与えてもらえるそう。

集団生活に馴染めるかどうかが一番の問題であるが。これまで1年半、デイのない日は部屋のベッドでゴロゴロと気ままに過ごしてきたのでどうかな〜と思うけどゴロゴロするよりかはいいはず。

とにかく母が笑顔でいてくれさえいれば。

とりあえずデイに出かけた日にそのままお泊まりをするという体験入居をすることに。母がそのままこっちにいたいって思ってくれるといいけれど。混乱してしまうだろうか。

 

見学のあと、他のフロアでデイサービス参加中の母に会いに行った。母は驚いた様子で椅子から立ちあがり、わたしたちの方へ歩いてきた。こういうときはしっかり歩くんだねぇ。

そこでスタッフの方に先日指摘された母の足のむくみの話をきく。母の足を見てみるとこれまでにないほどパンパンでテカテカ光っていた。これは父の亡くなる前のむくみと共通していて急に心配になる。今日妹が病院へ連れて行ってくれるとのことだけど大事に至らないことを祈るのみ。

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 08:02 / comments(0) /
一ヶ月ぶり

ようやくギプスが取れたので母のところへ。ちょうど一ヶ月ぶり。

変わりはなかったけれど、失禁がひどくなった。

きいた話によると廊下で水滴が漏れてしまったこともあるそうだ。

 

2回分吸収のリハパンに3回分吸収のパッドをしていても漏れるのか。

寝ているときは背中側に漏れることもあると思うが昼間そんな状態とは・・・。

 

昨日は午前にヘルパーさんをお願いしていたのでわたしが訪問した午後2時くらいではパッドもほとんど汚れていなかった。

排泄の自立はとても大事と思うのでどうにかして改善したい。

 

わたしの怪我のことは何度説明しても1分で忘れる母。

これほど短期記憶がダメだと日常生活に不安が多いだろうな。ルーティンのように毎日同じことをすることが一番安心できるのかも。

久しぶりに点つなぎを一緒にしたが前より困難になっていた。

もう少し簡単な点つなぎに戻って楽しみながらできるものを今度用意しよう。

一ヶ月前にやっておいてね、と宿題にしていたハワイアンキルトのアップリケは完成させていた。

わー、やってくれてたんだね、と言うと「だいぶん前にね」と母。

来週からまた続きをしよう。

 

わたしの骨折は痛みがまだ引かず、その点は医師によると治りが遅いそう。いささかショック。

ギプスが取れる頃にはもっとしっかり歩けていると思っていたので。

 

 

Posted by roku
認知症 / 14:32 / comments(0) /
整形外科でリハビリ

超音波で骨折の治りが早くなるというのでせっせと通院している。

椅子に座って患部に超音波を当てる時間は20分。その20分は何もすることがないので本を読んでいるがリハビリ室のほかの人々の様子がいやでも目に入る。ほとんどが高齢者である。

電気を当てたり、首を牽引したりしているほかにベッドで療法士さんとストレッチやマッサージを行っている人もいる。

仰向けに寝て足を上げ下げしたり、足の開脚をしたり。数を数えながら頑張っている。

母のように相当腰の曲がった方も通院してきている。

リハビリスタッフに手を取られ、歩いている。

父も脳外科病院でのリハビリに足繁く通っていた。そして母にもリハビリを勧めていた。

母は数回はやったのだと思うがそれっきりで通うことはなかった。

わたしにも父は「お母さんもやるといいんやけどなぁ」とよくこぼしていたっけ。

今、自分が整形に通うようになって父と同じ感想を持つ。

リハビリに通って、足の筋肉を動かすことをしたらもう少し歩けるのではないだろうか。

わたしはこの四週間で驚くほど足の筋肉を失った。歩かないとむくんでしまうことも知った。

やはり少しの運動、歩くことをしないとどんどん弱る。

 

この前見学した近所の老人ホームはリハビリ型で理学療法士さんが常駐し、歩けなかったひとも入居したら歩けるようになったと言っていたがその点はポイント高いな。見学したときはふーん・・・としか思わなかったけど、今ならわかる。

サ高住の自室で過ごすほとんどの時間はベッドの上の母。デイには週4通うからいいのだけど・・・。

もうちょっと動く時間ができるといいのにな。
夜に電話をするのは控えて、午前中や朝に電話をしてみるがもう何日もつながらない。

 

Posted by roku
整形外科 / 13:09 / comments(0) /
反省

骨折して三週間。当初は三週間もしたら歩けるようになっていると思っていたがまだギプスも取れず。

母には電話をするがつながっても聞こえていなかったり。

松葉杖になってわかったが電話のベルが鳴ってから電話口に出るまで時間がかかる。松葉で移動している間に切れてしまったりする。

そして電話に出ようと焦ってしまう。これが転倒につながる。

わたしの電話もそんな風に母を焦らせてはいないだろうか。

ベッドから起き上がって移動するときに転んでしまわないだろうかと考えたら電話ができなくなった。

母からは夜中の1時半や午前4時台に電話がかかってくる。出ても無言だから着信ありのランプをみて携帯をいじってみただけのよう。

一応近況を知らせるつもりでハガキを出してはみたけど記憶には残っていないみたい。

 

松葉杖で家の近所を歩いてみた。

父が退院後、母と二人でこちらに遊びに来たときに一緒に歩いたコース。ほんの300mほどだけど歩道が狭くギリギリを車が通ったり、川沿いの遊歩道に数段の階段があったり。松葉杖も家では慣れてきていたけれど表を歩くのは家の中とは全然違っていて怖かった。父も病院内ではスムーズに歩けただろうがビクビクだったのではないだろうか。今更だけどあのときのことを反省。

一緒に歩くスピードもわたしはゆっくりにしていたつもりだが父にとっては速すぎて必死に歩いていたのだと思う。

Posted by roku
つぶやき・その他 / 13:55 / comments(2) / 昨年の記事
同じ不自由さ

骨折すると一週間が長い。

母を呼び寄せてから1年半、週に一度の訪問(主に木曜)はこれまで一度も休まなかった。どんなに仕事が忙しくても時間を工面して必ず会いに行っていた。大雨の日も猛暑の日も休まなかった。

昨日初めてそれが破られた。

そのことが心にわだかまる。結局はわたしは優等生なんだという思いもあるがそれを差し引いてもやはり母のケアが生活の一部になっていたということだろう。正直なところ渋々訪問していたのであるが。

 

昨日からまた母に電話が繋がらなくなった。携帯電話はまたバッグの中にしまわれたのだろう。

松葉杖がせめて一本になれば会いに行けるかなとも思うがいつになるやら。

 

室内では一本松葉杖に挑戦している。

杖はいい方の足の側の手に持つ。

骨折した足を前に出すときに杖を一緒に出す歩き方。

父が左麻痺になったときに右手に杖を持って歩いたのは左手に麻痺があったからだと思っていたがそれは違っていたようだ。

悪い方の足をかばうために悪くない方の手に持って使うのである。

逆だとばかり思っていたので最初は慣れなかったがその使い方をした方が骨折した足の負担にならないことがわかって使えるようになった。今頃になって不自由だった父の気持ちが少しだけわかった。

そして現在パンパンにむくんでいるわたしの足。

とくに足の甲のむくみがひどく、指で押したらそこがくぼんで戻らない状況。

これは母の足のむくみと同じ。湿布の貼り替えでギプスをはずしたときに足首を動かしてみたりしているがあまり解消しない。やはりほとんど歩けないことが原因なのだろうか。

今のわたしの行動範囲は家の中のみできっと母と同じくらい。いや、母はもっと少ないかな。

それでは足のむくみは解消されないかもな。

デイでの運動は座ったままが多いのだろうか?歩く機能訓練があるといいのに。

 

暇なのでグループホームについて検索してみた。

有料老人ホームに比べて料金が安い。

でも説明を読むと母にはサ高住よりいいような気がしてきた。いくつかのグループホームに資料請求してみた。

アンケート欄があり認知症の程度を記入しなくてはいけなかった。軽度、中程度、重度と。

母の場合はもう軽度ではないのだろうか?

見学に行けばどの程度の方々がそこに入居されているかわかるかな。

この骨折により発生した時間を有効に使いたい。

Posted by roku
整形外科 / 08:24 / comments(0) /
母、転倒。わたしも転倒。

先週の月曜、デイサービスからの帰りの車を降りるときに母が転倒して擦り傷を負ったと妹から連絡を受けた。

見守りをしていないときに母が車から降りたらしい。で、デイのスタッフの責任でもあるということで水曜に整形外科に連れて行ってもらったそう。肘と膝に絆創膏。

母に電話できいても本人は転倒のことは覚えていないようで・・・。

木曜に訪問したときもあいかわらずの様子だった。とりあえず大した怪我がなくてよかった。

 

しかし、夜間のそそうは頻繁になっていてベッドパッドまで濡れていた。

ズボンはもちろんのこと肌着の背中のところまで濡れている。全部取り替えて洗濯になったが本人は気づいていない様子。

老人ホームだと洗濯は週に二回ときいたけどこういう場合はどうなるのだろう。(毎晩のように漏らす場合)

ベッドパッドの替えはないのでサ高住の乾燥機を借りて乾かす(300円)。

だんだんこういうことが増えてきた。

 

冷蔵庫の中に卵が四個。母にきいても首をひねるばかり。おそらく他の居住者さんからのおすそ分けだろう。

この場合はそういう交流があることを喜ぶべきか。

 

そして土曜の朝、ランニング中にわたしが転倒。

なんと足の骨にヒビが入ってしまい一ヶ月の松葉杖生活となってしまった。チーン。

どう考えても電車を乗り継いで母のところへ通うのは無理でヘルパーさんを手配することに。

仕事もできないし、時間はたっぷりあるのだけど母のケアもできない・・・・

母には電話で伝えたがやはりすぐ忘れてしまうらしく、3回くらいは説明している。そのたびに「しっかり治さないかんよ」と親らしいことを言う。

自宅では夫が家事を手伝ってくれるものの、不便なことだらけ。まだ一週間もたっていないがストレスだらけ。

ちょっとした不注意からこんなことになり、とにかくわたしが元気じゃないとまわっていかないんだなぁと実感している。

 

Posted by roku
整形外科 / 07:42 / comments(2) /
暑中見舞い

少し前に母のお友達から葉書が届いていた。

一向に返事を書く気配のない母だったので「暑中お見舞い書いたら」と強く勧めてみたらペンを取った。

「お元気ですか」と書いたあとはピタっとペンが止まる。

以前もそうだった。一二行書くとあとが続かず手紙は途中で放棄されていた。

しかし、今回は考えながら筆を進める。

『そちらに行きたいですがとても行かれそうにありません』というような一文を書いていた母。

ちゃんとわかっているんだなぁ。

 

昨夜は7時過ぎに母から電話がかかってきた。しかし出ると無言。

掛け直すと出ない。

もう一度掛け直すと出た。

もう夕飯食べたの〜?ときくと食べたと答える。食事を食べたかどうかは忘れないでいてくれる。

ちょっぴりとんちんかんなやりとりもあったが夕食後居住者の方と少しおしゃべりしてお部屋に戻ってきたのだと言う。

そういう交流があるのならいいな。

母が孤立している気がして心配なのだが案外大丈夫なのかな。

わたしの方が孤立しやすく、他人とうまくやれていないのかもしれない。

ひとの気持ちがわからない。余計なひとことを言ってしまっているようですぐに怒らせてしまう。

そんなつもりではないのに。

ヘマばかりしている。

 

Posted by roku
認知症 / 07:13 / comments(0) /