Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
様子がわからない

面会禁止になって1ヶ月以上。未だ面会できる状況にはなっていない。

まだしばらくは続くであろう。

 

昨日、ケアマネさんに電話で母の様子を問い合わせる。

変わりはない、ときどき笑顔がみられる、お言葉はありませんが・・とおっしゃる。

会話がないんだ・・・

これはショックである。

家族から見たら変化はあると思う。

 

お食事は全量召し上がっていますと言う。

先日送ってもらった資料の中でも面会禁止になった翌日くらいから食事量が100%の記載がいきなり増えていた。

10%も食べていなかったのになぜ?

ムラはあるが7~8割食べているという話は、そうなのかなと思っていたが朝昼晩全て三日連続で100%というのはどうにも信じがたい。

食事のメニューが変わり、ものすごく少ないものを100とされているのか?

それとも人手が足りなくて適当に100%と記録しているのか?

完食が続いているのであれば体重はかなり増加しているのではないか?

毎月3キロくらい減っていたときは1週間でげっそり痩せていくのが顔をみてすぐわかった。だから今も顔を見ればわかるはず。

それができないなんて・・・。

 

母の体重は昨年入居した4月が53.8キロ、7月までに2キロ増えて54.9キロ、そこから毎月激減して今年の1月が43.2キロ。

2月44キロ、3月44.9キロと少し盛り返してきた。

4月の体重測定の結果は知らせてもらうようお願いしなくては。

この資料は半年に一度しか見せてもらえず、しかも今回コロナの影響でこちらからリクエストしなかったら見せてもらえなかった。

体重の変化があると家族が騒いで面倒だからなのだろうか?

今のように家族の面会がない方が施設内は落ち着いていて平和なのだろうか?

 

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 06:42 / comments(0) / 昨年の記事
明け方の夢

昨日の明け方の夢に母が出てきた。

にこにこ笑って

車椅子のはずが立ち上がって飛び上がったりもしていた。

 

面会禁止は当分続くだろう。

ちょっとくらい会えないだろうかという願望はあったけれど、もう考え方を変えた方がいいと思う。

 

わたしたちは自分は感染しないだろうとか、自分が感染しないようにマスクをかけたり、外出を自粛しているのだけど、そうではない。

『自分がすでに感染している』と考えて行動した方がよいということ。

感染しているけれど発症していない状態と思って行動する。

Posted by roku
認知症 / 07:16 / comments(0) /
リモート面会

先週木曜に差し入れに行ってきた。

施設内に入ることはできず自動ドアの外で受付の人に渡す。

 

仕方のないことだけど、この面会禁止が長引くのであれば何かしら家族に向けての措置が欲しいところ。

電話で話すとか。

例えばリモート面会はできないだろうか?

リモートワークの人々は自宅に居ながらにして会議をするという。

アプリを使ってリモート飲み会しているという話もきく。

 

この場合、有料のサービスでもいい。

おそらく全員に対応できないからとかいう理由で却下されるのだとは思うけど提案してみようかな。

今回できなくても将来できたらいいな。

 

月末が近いのでホームから請求書が送られてきたが、同封されていたレクレーション風景の写真(カラーコピー)の中に母の姿はなかった。こういう時なのでせめて全員が写るよう配慮があってもいいと思うのだが。

4月になればと淡い期待もあったが、まだしばらくはこの状況が続くだろう。

 

それにしても、家族の面会は禁止なのに施設探しの見学はOKになっている矛盾。

 

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 07:20 / comments(0) /
差し入れはOK

一昨日、ケアマネさんより電話。

母の様子を尋ねると特に変わりはないとのこと。会話もしているという。

しかし、昼食時に付けてもらっていた高カロリー栄養補助食品のプリンやゼリーは進まなくなっているらしい。

以前はペロリと食べていたのだが残すことが多くなり提供を控えた日もあるとのこと。4週間分をまとめて発注しているのだが追加の連絡がなかったのはそういうことらしい。

ということは食事量は減っているのではないかと心配にもなる。

しかし、電話では変わらないと言われて安心もする。

ここのところは明け方に目が覚めてそのまま眠れない日が多かったのだけど、この電話をもらった日は朝まで眠れたので目に見えないストレスはわたしにもあるのだろう。

母に会えなくなってもうすぐ4週間。

差し入れや手紙を受付で渡すことはできるのか?とケアマネさんにきいてみたところ、OKだった。

なので今週は差し入れにいくつもり。 

本当は母が好きな果物を差し入れたいが生ものや切ったり皮を剥いたりするようなものはダメだろうし、ゼリーにしてみた。

みかん味を味見してみたら果実感が結構あっておいしかったので。

あとはブーケ。100均でイミテーションのお花を選んでまとめてみた。

毎週、差し入れしてあげてもいいかも。

スタッフの方の手間を増やすようなことはしたくないし、少しでも母が喜んでくれればと思う。

春色の靴下も一緒に持っていくつもり。

 

こんなことぐらいしかできないのが情けない。結局のところ自己満足なのかもしれない。

実際、母に面会に行かなくなると丸一日の時間が余分に使える。

これまで週1日は母の日と決めて、通っていた。仕事も家事もその日はそのつもりで控えめにしていた。

往復の時間は読書の時間と割り切り電車の中では本を読んでいた。

面会禁止になってから本は読めなくなったけど時間は半日以上の余裕ができた。

感覚的には1週間が1日長くなった。

果たしてこれがいつまで続くのか。

せめてお天気だけは明るい春らしい日が続きますように。

 

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 13:31 / comments(0) /
近況報告

2月22日(土)に最後の面会。

ホームから書面での面会禁止の通達は来なくて結局、22日の施設長からの電話一本のみ。

25日(火)に訪問歯科の診察結果の報告の電話をケアマネさんからもらう。奥歯はあいかわらずそのまま経過を見守るということ。

そのときに食事量のことなど尋ねるとムラはあるが7~8割は食べるときもあるとの返答。

3月5日(木)に近況を尋ねるため電話する。ケアマネさんはすでに産休に入っており後継者のケアマネさんが応対(2/25もこの方が)

ムラはあるが以前よりは食べているとのこと。

利用していたサービスの休止について尋ねると訪問マッサージは継続、ヘアカットは中止とのこと。

 

3/8(日)ケアマネさんより電話での報告。

食事はムラがあるが以前より食べている。朝など会話もある。

口の中も無理にのぞいたりはしていないが口内炎の痛みはなさそうとのこと。

ケアマネ交代のこともあり、母が以前からの薬をやめて夜眠れないことや、怒りっぽくなるようなことがないかなど尋ねるとそのような報告はないとのこと。食事は母のフロアーが重度の方が増えたので上の階でしているということ(これは少し前からなので承知していた)

ケアプランの更新時期が来ているがこういう状況なので電話での説明でいいかどうかの確認もあった。

これまでケアプランの更新の際には食事や水分の摂取量や体重など資料のプリントをいただいていたのでそれを郵送してもらうようにお願いする。お願いしなかったら見せてはくれないような感じだった。

いくら母が7〜8割食べていると言われてもそのまま鵜呑みにすることはできない。

まず体重が減っていないかどうかが肝心なのにその資料を見せないつもりだったようなので若干不信感を持つ。

お子さんのいるスタッフも多いので休校で勤務できる時間も減っているかもしれない。通常の受けられるサービスを利用者が受けられているのかどうか。入浴や着替えができているかどうかも心配。家族の面会がないのでチェックする人はいないもの。

このあたりは信用するしかないのだが。

この期間に褥瘡ができたりなんてこともあるかもしれない。

そして万が一、スタッフに感染者が出てしまったら・・。

ケアマネさんからの電話の中でもそれを一番恐れているのが伝わってきた。

それは家族も同じだ。

だから面会禁止も受け入れ耐えている。

スポーツクラブやレジャー施設など暫定的に3月中旬までの休業を決めているところが多いけれどあと一週間で事態が治るとは思えない。面会禁止はいつまで続くのだろう。

面会禁止のときに何か母のためにできることって何だろう?

窓ごしに会いに行く?

他のご家族はどうしているのだろう。何か良いアイデアがあったら教えて欲しい。

 

 

 

 

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 10:13 / comments(0) /
歯はそのまま様子見

昨日ケアマネさんから連絡あり。

口内炎は治ってきていて母も痛くないと言っている。

食事も7~8割食べられている。

訪問歯科では治療のため長時間口を開けるなど困難でもあるので奥歯に関してはもうしばらく様子見。

以上の報告あり。

 

少し安心。

でもおそらく7〜8割というのは都合よく多めに見積もった量で、会話も本当はごくわずかなのだろう。

歯科では指示が通らないと思われ、ちゃんと診察できているのかどうか。

それでもウイルスには感染していないし、肺炎にもなっていないし、今いる場所を理解はしていないかもしれないけれど、ひどいことをされる場所だとは思っていないだろうし、暖かいし、お部屋は綺麗で明るい。

なんでもそうだけど現状を受け入れて、そこでやっていくしかないのだ。

 

話は変わるが先日、ネスレのキャンペーンで当選したアイソカル100という飲料だが、土曜にイチゴ味を母に飲ませてみたところ、びっくりするぐらい食いつき良く。手でもってストローで吸う勢いがすごかった。そんなに吸わなくていいよ、と言いたくなるくらい長い時間吸う。

このフレーバーが好みだったかなと思ったがストローの使い方がよくわからなかったのかもしれない。

どっちだろ?

これまでメイバランスを飲ませることが多かったけどあちらは容量が多すぎて飲みきれない。

アイソカルは100mlなので全部飲めた。

成分など詳しく比較してみよう。

Posted by roku
歯科 / 14:05 / comments(0) /
面会禁止に

先週土曜にホームから電話があり、新型ウイルスの感染予防のため、家族の面会が禁止になったとのことだった。

禁止という言い方はしていなかったかな?ご遠慮いただく、とか言っていたかもしれない。

これから文書を送るとのことで、頼み込んだら「今日であれば」と面会をOKしてもらえたので土曜にまるで最後のお別れかのように面会に行ってきた。

ちょうどおやつが終わった時間で「ビデオ鑑賞」という名の手抜きレク中。ただテレビにアニメ『魔女の宅急便』を流しているだけ。

母のフロアはほとんどが重度の方なのでビデオに見入っているひとはいない。スタッフはひとりのみでPCの画面に向かっている。

このフロアのレクってどうなっているのだろう?

母は何かに参加させてもらっているのだろうか?

 

それはさておき、ただ車椅子に座ってぼんやりしているだけの母を居室に連れていき、少しおしゃべり。

最初はまぁまぁ会話をしていた。でも集中力続かず。途中からは無言。瞳孔は点。

少しそのままぼんやりさせたのち、もう母には無理かなと途中になっていた刺し子のコースターを出してみた。

興味がありそうだったのでわたしが刺すからここを持ってと布を押さえる役目をしてもらう。

集団でのレクができなくても1対1だったらできることもあるんだけどな。編み物だとか手芸なら興味を持つのだけどなとやっぱり面会禁止になることがうらめしい。

週に1回だけだとしても母とのこういう時間を持てたのに。

一緒に昼食も食べられたのに。

それを全て奪われるわけです。しかもいつまでという期限もわからないまま。

入院の2週間で別人のように変わってしまった母。

今度も2週間あれば十分なのではないだろうか?さらに進んでしまうことは明白だ。

かかるかかからないかわからないウイルス感染(まだインフルよりは流行はしていない)を恐れるあまり、認知症の症状を悪化させる方をとらなくてはいけないとは。

こうなることは予想はしていたし、不特定多数が免疫力のない高齢者施設に出入りするリスクはわかるので仕方ないけれど。

せめて面会の回数や時間の制限だけにしてもらえればいいのに。

こういうことはみんな右へ倣えなのだろうな。

知り合いのお母様のところも三月末まで面会禁止になったときく。

閉塞感の中でどうなってしまうのだろう?スタッフの方も入居者もストレスは大きいだろう。

今が感染が増えるか納まっていくかの正念場だというが、どう考えてもさらに感染は広がると思われる。

一日でも早く面会禁止が解かれますように。

母が平穏でありますように。

 

 

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 14:09 / comments(0) /
やっとよくなりました

母の口内炎がやっと良くなってきた。

それと同時に食欲の方も少し復活。

今日もお昼の介助をしたがこれまでの中でもかなり食べてくれた方。嬉しい。

今日はおかゆ、マーボー豆腐、春雨サラダ(刻み)、ほうれん草の和え物(刻み)でマーボー豆腐はマイルドなのかと思ったら意外にピリッとしていた。口内炎に滲みるのではないかと母に「滲みる?」ときくと「そうかもしれんね」と言うのでほうれん草をおかゆに乗せて食べさせる。いつもはおかずはほとんど食べないのだけど今日は食べてくれた。

毎週の介助でわたしも少しずつ食べさせ方を学習。

テーブルの高さも低くする。

最初に薬を混ぜた栄養補助食品のゼリーまたはプリンを食べさせるが薬の全量を混ぜると味が変わるので半量にし、残りの半量はおかゆに混ぜる。ゼリーを完食してから食事にかかると食事を食べなくなってしまうので甘いのとちゃんぽんにはなるがゼリーまたはプリンを間に挟みつつのおかゆサービス。

汁物とお茶もあいまに。

これまで水分を全てポカリスエットにされていたので全てではなくお茶も入れてくれるようお願いしたので今日はお茶。

食事にはやはりお茶の方がいいに決まっている。

実際、母もお茶に変えても飲んでくれる。

 

今日もヨーグルトを持参し、ビタミンBサプリの砕いたもの少量を混ぜる。ヨーグルトのカップ1/3くらいを食べてくれた。

ビタミンCも摂った方が良かろうと午後の紅茶レモンティーも少し飲んでもらう。ホットレモンでも良かったが滲みるかと思ってレモンティーにした。ボトルにはレモン1個分のビタミンCとある。ほんの3〜4口程度だが。

こうやって少しでも食べてくれるなら差し入れで色々考えることもできる。

わたしの分のサンドイッチの端っこもパクッと食べる。やわらかいパンでマヨネーズがついてたりするからおいしく感じるのかも。

母が食べてくれるだけでこんなにも幸せになれる。こんなにも明るくなれる。

食べてくれる日とそうじゃない日の帰り道の足取りがなんと違うものだろう。

 

それにしても新型ウイルス・・・。

神奈川でも感染者は出ているしクルーズ船は横浜だ。新型じゃなくてインフルだって感染したら大変だ。

老人ホームへの面会は気を遣う。手洗いうがいは入念に全ての訪問者にお願いしたい。

Posted by roku
歯科 / 16:26 / comments(0) /
なかなかよくならない口内炎

母の口内炎が心配で先週は月曜にも面会に。

少しだけ良くなったように思えたけれど食事量は少ないまま。

面会は2時半頃にしたのでおやつ前ということでヨーグルトを買っていってそれにDHCのビタミンBミックスを細かく砕いて混ぜて食べさせてみる。ヨーグルトは食べやすいようで半分くらいをぺろり。その分、おやつは進まなかったが。

おやつはアンパンを8ミリ角くらいに切ったものを提供されたがあんが少なくお味はいまいち。

 

木曜は母の誕生日でもあったのでお花のブーケ(イミテーション)と新しいカットソーをプレゼントに。

喜んでくれるのは一瞬。

でも昼食はこれまでより食べてくれたので少しだけホッとした。

しかし、やはりさらに痩せたと思う。

朝食はパンがゆ、昼食は麺類か丼、夕食はその時間に面会に行ったことがないので不明。

おかずはほとんど食べていないと思うので炭水化物ばかり。もちろんそれも必要ではあるが。

パーキンソン病の薬などより、ビタミン剤などの方が必要なのではないだろうか?

食事が進まないときでも先日から栄養補助食品のゼリーやプリンは完食しているとはきいているがそちらもタンパク質は含まれているものの、ビタミン類はなし。カロリーも150キロカロリー程度。

柔らかいものばかり食べるからより一層噛まなくなって唾液も出ないし溜め込みが多くなるのではないかとも思われる。

繊維質も足りない、鉄分も何もかも足りない。

散歩や日光浴もないから骨も弱くなる。なのに骨粗しょう症の薬をやめようとしているのはNGなのだろうか?

 

メマリー、レスリンをやめていくらか経つが母にそれほど変化がない。

あいかわらずウトウトもするし、凶暴になるということもない。便通が良くなったというわけでもなく。

大きな変化はあの年始の覚醒のみ。

だけどやっぱり覚醒の日が増えた感じはある。

希望を持ち、常に優しい目で接していられたら。

たいしたことはできないけれど精一杯母の笑顔のために尽力したい。

お誕生日おめでとう。

Posted by roku
歯科 / 14:57 / comments(0) /
口内炎

せっかく少し食事をしてくれるようになったと思っていた母だが3日ほど前から口内炎ができていた。

今日訪問してみると下くちびるに大きな白いただれ。上くちびるも腫れている。スタッフによると3つくらいできてしまったらしい。

火曜の訪問歯科で塗り薬を処方してもらったそうだ。

抜歯の件と因果関係はないとのこと。

 

歯磨きは歯ブラシではなくスポンジなので歯磨きの際に傷がついたのではないと思われるとのことだが口腔ケアちゃんとやってもらえているのだろうか?

そもそもちゃんと口を開けてはくれないだろうし。

そういう訳で食事は1割程度しか食べていないという。

今日の昼食も介助したがそんな感じ。

しかし、わたし用のコンビニサンドイッチをちぎって差し出すと左手を出して手に取り、パクッと食べた。

小さな3切れだけだけど。でも自分から食べるのは食べたいからでしょう。

そのことをケアマネさんに話して朝食がパンのときがないのか?ときいてみると週に1回で母はパンがゆだとのこと。

あのまずいやつだ。

かといって普通のパンにしたところで完食するわけでもなさそうだし。

できた口内炎は母の栄養状態ではすぐに治らないのではないだろうか?

ポカリスウェットばかり飲まされているけれどベトベトするしお茶の方が殺菌力あるのではないだろうか?

でもお茶だと飲まないともきく。

なんでできたんだろう?

先週はとても調子よかったのに。

 

悪循環が止まらない。

骨折から歩かなくなり、運動一切しないので便秘。排便は完全に薬。

食事をしないので栄養状態悪く一層動きが悪くなる。

散歩もないし日光に当たらないし歩かないので足の振動もなく骨は弱くなる一方。

そして口内炎。ビタミンBだって全く足りていない。

 

レスリンをやめたけど今日も食後はウトウト。

メネシットも眠くなる薬なのだろうか?

それでも会話は前よりもある。反応も。

昨日妹が訪問したときは会話がたくさんあったという。

左手もよく動いて右手のかわりに使うようになった。

どうかどうか母の口内炎が早く治りますように。滲みたり痛みがありませんように。

泣きたくなるようなことばかりが次々と起こる。

Posted by roku
歯科 / 18:51 / comments(0) /