Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
また転倒で車椅子

昨日、母を訪問してみると車椅子に座っている。

なにごとかと思ってきいてみると早朝に転んで膝を打ってしまったらしい。

少し腫れてきたとのことで病院に付き添って行ってもらえますか?とのこと。

夜勤スタッフ1名しかいない時間帯の転倒でちょうど他の人のトイレ介助に入っていたのだそう。

 

昨日は木曜で休診のところが多かったが近くに開いている整形外科があったのでそこに行くことにした。

施設の車で車椅子ごと送迎してくださるとのこと。

訪問したのは1時で診察が始まるのは3時。それまでホールで母と過ごす。

いつもは面会は1時間で居室で過ごすことが多いのでいつもとは違ったGHの様子を窺い知ることができた。

しっかりしている風に思われた他の入居者さんも認知症が進んでいる方が多そうだし、スタッフの方もなかなか厳しい。「叱られる」とペロッと舌を出すM子さん。

 

3時少し前に病院に行くと外に行列ができていた。3時にならないと中に入れないらしい。ということで数分寒い外で待つ・・・。

診察の結果は右膝は問題なし。左膝は骨折(ヒビ?)の可能性もあるが現時点ではわからないとのこと。

とりあえずサポーターを巻いて固定。

折れていた場合はシーネやギプスということになるらしいがギプス固定もねぇ・・・とつぶやく医師。

折れて骨がずれていると手術ということになるらしいがそれはないみたい。

湿布のみ処方してもらい今日は安静にとのこと。

数日して痛みが引いて歩けるようなら通院の必要なし、痛みが引かない場合は1週間後くらいにもう一度レントゲンということだった。

 

この前もデイサービスの送迎中に車の乗り降りのときに転倒し膝を打った母。

どうもふらつきが多い。

今回大丈夫だとしてもまたいつか転びそう。

昨夜は紙オムツだったのかもしれない。

自力歩行とトイレの自立。これだけは死ぬまで頑張ってほしいのだけど。

全然ひとの話をきかない。

車椅子に座っててと何回言っても降りようとする。

自分が転んだことは覚えていない。もし骨折していたとしてもすぐ忘れるのかしら。

エアコンで乾燥した病院で何度も何度も母に説明しつづけ昨日はのどが痛くなってしまった。

狭い待合室の片隅に場所を確保し、会計と隣の薬局に行ってくる間「ここで待っててね」と言い聞かせたものの数分で忘れるのだから大丈夫だろうかと気が気でなかった。

小さな子供と同じだなぁ。

 

GHで一番年齢は若いのに歩行が一番不安定な母。

以前母より若い人が入居していたが認知症が進むのが早くていられなくなったと昨日のスタッフの方からきいた。

看取りまでしますとは言っていたけどそれは手がかからない人のことでしょう。

不安が募るのであった。

 

Posted by roku
整形外科 / 07:13 / comments(0) /
少し眠そう?

昨日の母。メマリーを飲み始めたからといって特に変化はなし。

ちょうどわたしが訪問したときはスタッフの方による尿パッドチェック。お取り換えをしてもらっていたがハイネックのカットソーにカーデイガン、ニットベストの3枚重ねで「少し厚着しすぎ」とのことでお部屋でカーディガンを脱いでもらう。

室内はエアコン25度設定。これで暑くないのだから全く不思議である。スタッフの方は半袖。

先週の続きで年賀状書き。

宛名と差出人住所が区別できなかったり、漢字を何度も間違えたり。先週の方がクリアだったな。

お友達のを書いていたのだが覚えている人と全く記憶にない人の両方いる。

あまりに記憶なしの場合は出すのをやめにすることにする。

5枚ほど書いて終了。

少し目をこする仕草をするので「眠い?」ときくと「眠くない」と答える。

けれどもぼんやりしてるようにも見える。

でも窓の外を人が通ったのは見逃さず。外から覗かれることを妙に気にする母。以前はカーテン閉め切りだったけどここのGHにきてからはカーテンはオープン。

久しぶりに認知症テスト。

両方の手でOKの形、そのあとキツネ、キツネの耳と耳を合わせる、片方の手を180度回転、という前回書いた認知症薬のセミナーで教わった指模倣テストである。

母は以前はすらすらとやった。今回は・・・。

最初のキツネがうまくできない。でも何回かやるうちにできた。

何度もトライ。テストというよりは頭と身体のトレーニング的に。うん、割とできてる。これができないのはアルツハイマー型だそう。できるからやはりアルツハイマー型とは違う?

 

記憶は数分しかもたない。

いつもきいてくること。わたしはここまでどのくらいの時間がかかるのか?

お父さんはどこにいるの?おばあちゃんは?

これ以外の質問がくることは滅多にない。

帰ってから6時過ぎに電話をしたら通じたがわたしが訪問したことは全く記憶にない。でも夕食を食べたことは覚えている。

カレンダーの読み方はわかる。

先週鏡を買って置いてきたら、今週は鏡に向かって髪を直したりなどしていた。やはり買ってよかった。

昨日はお天気が良かったのでお散歩に出るとのことでみなさん準備をし始めていたが母は「行きたくない」と言っていた。あまり動きたくないようだ。でも行きたくないと駄々をこねるほどわがままではないので一応行くみたい。とりあえずまわりに合わせるという母の処世術。

お習字や編み物もしているようでお部屋に作品があったけど本人はまるで覚えていない。

わたしも電話で覚えていないことを指摘するものだから「頭おかしくなってしまったねぇ」と嘆くので「みんな同じだぁよ」と慰める。指摘しない方がいいのだろうか・・・。

部屋では時間を持て余しているようだ。ホールでテレビ見たら?と提案すると「テレビなんかないよ」と言い切る。

 

入居時の健康診断書には前頭側頭型認知症と書かれていたがそれはおそらく前の主治医からの引き継ぎなのだろう。そしてその前の主治医は母がサ高住に入居時のときの情報をそのままに受け入れただけと思われる。

そのときの情報というのはわたしが伝えたもので、これは2014年8月のものわすれ外来でのMRIなどの検査の結果、そうらしいというあいまいな医師の診断によるもの。実際はどうかなどよくはわからない。アルツハイマー型ではない様子というものだった。

わたしも骨折で整形外科に通院し、骨折はよくなったが受傷後、足首の痛みが発生しそれが消えないのは「老化が始まったということですね」と納得のいかない説明を本日受けた。結局のところ医師は何も診断することなどできないのである。

今日は認知症を諦めるのは悪いことではないというコラムを目にした。

確かに認知症は戦う病気ではない気がする。

 

Posted by roku
認知症 / 14:03 / comments(0) /
メマリー

先週の母訪問時、帰り際にケアマネさんからお薬が増えましたと言われた。

「何という薬ですか?」ときいたら慌てて処方箋を取りに行く。

「メマリーです」とのこと。

とっさに思い出したのは以前、認知症薬のセミナーできいた「デイサービスやグループホームでいつも居眠りをしているのはメマリーを飲んでいる人」という話。

まさか母が手に負えないからおとなしくするために使う?

ケアマネさんが言うには反応が鈍い感じがするので、ということだった。

わたしが「下げるというより上げる薬ですか?」ときくと「そう」とのことだったが。

 

帰ってからセミナー時に配布された資料を読み返してみるとやはりメマリーはめまい、ふらつき、眠気の副作用が大きくお勧めされる薬ではないようだった。むしろグループホームでのエピソードとしてドネペジルにメマンチン(メマリー)を追加し精神錯乱状態になった例があった。

資料を読み返す中でドネペジルをガランタミンに変更したら動作歩行がよくなった例が書かれていてそっちをしてもらいたいと希望する。

 

メマリーとドネペジルは併用が推奨されているらしいけど実際は悪化させる例が少なくないようで併用ではなく単独使用が安全だとか。5~10mgなら効果があるようだが20mgまで増量すると副作用が出やすいとある。

 

また軽度の認知症には効果がなく中度以上の認知症に使用される薬とのことでもはや母は軽度の認知症ではないと烙印を押されたような感じ。

やっぱりわたし自身が薬が嫌いなので極力薬を飲むのは減らしたいと思ってしまう。

もう3年も飲み続けているドネペジルもこれまで効果があったかというとそれを感じたことはない。

母は転居にともない主治医が変わったのだが、以前の主治医もたいしたことはなかったが今度の医師にもあまり期待はできないようだ。

妹にもこの薬の話をして母がうとうとしたりしていないか観察することにしたが妹が訪問した一昨日は変化はなかったそう。

昨日は電話をしたら出なかったがあとからかかってきたし、夜9時くらいにも電話がかかってきた。

メマリーで昼夜逆転の例もあったが大丈夫かな?と思う反面、薬の効果で意識がはっきりしてきたのかもと期待する気持ちも。

今日の訪問でしっかり観察してこよう。

 

Posted by roku
/ 06:43 / comments(0) /
笑えば笑う

昨日は母の部屋に鏡がなかったので持って行く。母はあまり興味はないようだったが。

足が乾燥しカサカサで痒いと言っていたのでかゆみ止めの薬も持って行く。

足に塗ってというので「塗ってじゃないよ〜自分で塗ってよ〜道楽したらダメよ〜」と笑ったら母も大笑い。

まあ、塗ってあげたのだが足が冷たくてびっくり。

部屋の中は暖房で暑いくらいだったのに。

少しマッサージとかした方がいいのかな。

よく父に手が冷たいと怒鳴られていた母だが昨日は手はさほどでなく足が冷たかった。

 

帰ってきてから6時過ぎに電話をしてみるとつながった。

珍しくわたしの訪問したことを覚えていたようで「あんたは今日こっちに来たのやったっけ?」というので「そういう気がする?」ときくと「そうやねぇ」と。

自然と会話もはずむ。

また来週行くよ。待っとるね。と。

 

年賀状書きはお友達の分を書き始めた。

何かひとこと書いたらと勧めてもハガキをひっくり返したりを繰り返すだけで筆は進まない。だけど「そちらの生活には慣れましたか?」という昨年いただいた年賀状を見て「お母さん、もう慣れた?」ときくと「慣れたよ、慣れた」と言うので「じゃ、慣れましたって書けば」と提案したら『ようやくこちらの生活にも慣れました』と一筆添えられた。

来週も頑張って書きましょう。

 

と珍しく明るい話題でした。

相手が笑えば自分も笑うのは母の処世術になってきたみたい。そういえば祖母もそうだったな。

耳が遠い人は相手の顔で話題を判断する。

だから母の前ではなるべく笑顔でいなくてはね。

 

Posted by roku
認知症 / 20:27 / comments(0) / 昨年の記事
りくつな

先週の木曜の母。

午後1時の訪問。「お母さん、お昼ごはん食べた?」

「いや?まだよ」

「そんなはずないよぅ。食べたと思うよ」

「じゃあ、あの人にきいてみるか」

と入居者のM子さんのもとへ。

「昼ごはん食べたけ?」

M子さんは「食べていない」と首を振る(苦笑)。

話をきいていたスタッフさん、「まだいくらも時間経ってないですよ〜」

お昼を食べたことを覚えていないことはもはやどうでもよくて母が他の入居者さんと会話をしていたのが嬉しいのである。

なんかリラックスしていて。

 

居室で年賀状書きをする。

字もさらに汚くなっているし、書こうとしている人が誰なのかもよくわかっていないみたいだけどまあ、いいか。

わたしが帰るときに見送りに出た母は「ここはあんまりりくつな人はおらんね」とポツリ。

りくつな人とは方言で『うまいことできてる,かしこい, じょうず』のような意味がある。

まあね、そうかもしれないけれど。

グループホームでの生活を母はどう思っているのかな。本当の気持ちをきいてみたいような聞きたくないような。

Posted by roku
認知症 / 08:10 / comments(2) /
電話が通じると嬉しい

母に電話するのは居室にいると思われる13時から14時の間。

たまにつながるけどほとんどつながらない。

でも着信あるとピカピカ光るからか18時台に母からかかってくることも。

昨日はまさしくそれで18時台に話すことができた。

晩御飯食べた? うちはこれから支度するところ

などとたわいもない会話。

お母さん、料理嫌いだった?

働いとったからね、手抜きばっかり考えとった。

ははははは・・・

 

今週木曜にお母さんとこ行くからね。

ありがとねー。

 

こんな感じの会話。だいたいいつも同じ。

よく聞こえていなくて適当に返事しているなって思うこともあるけどいいのだ。

忘れられてもいいのだ。

ただ、たまに娘からは電話がかかってくるとなんとなくわかってもらえれば。

それだけで充分。

 

Posted by roku
認知症 / 07:39 / comments(0) /
パジャマ

GHの方からパジャマを用意するようにリクエストされた。

やっぱりな〜

 

昼間と夜とを区別させるためにも必要とのこと。

できればボタンじゃなくてかぶるタイプ、そしてザ・パジャマというのが良いとのことで探したのだが・・・

ボタンなしだとジャージ風でザ・パジャマでなくなる。

やむなくボタンありを購入。

たまたま高齢者向けの「ゆったり設計」というのがあったのでそれを選んだ。

身長は146~154センチ対応とあった。母には小さすぎる?と思ったが先日の健康診断で151センチと書かれていた。

若かりし日は160センチあったはず。

年々縮むとは自身も言っていたが前回の健康診断だと154センチだったと記憶しているがこんなに縮むものだろうか?

体重は49.9キロ。神奈川に来たばかりの頃は45キロくらいだった。

それでズボンのウエストもきつくなっているようでパジャマと合わせてウエストがLサイズのズボンも用意するようにとのこと。

今まではMだった。

リハパンも大き過ぎると横漏れするときいたのでSをわざわざ探して購入していたのだがそれは入居すぐに却下された。

どうも介助のしやすさを考えて大きめを奨励しているよう。

 

パジャマがゆったり設計ならMなのか、Lなのか?

Mを買ってみた。

これまで昼間の服のまま寝ていた母には首回りが寒そう。

色の好みもわからず。

 

こういうのって息子の場合は大変ですね。

母親のパジャマや下着を買うのってどうするんだろう。

嫁が買うのかしら。

そしていいお値段を出せばいいパジャマが買えることもわかった。10000円以上する高齢者向けと思われるパジャマ、こういうのを嫁は買うのかな?

娘はさすがに一万以上は出せず・・・

 

母とは今週、一度電話で話せた。

最近の傾向は「あんたは今どこから電話してきてるの?」とまずきいてくること。

どういう意味なのかよくわからない。

午後6時台に案外電話が通じる。夕食は5時台に食べている様子。

みんなで過ごすリビングのことは「ホール」と呼んでいる。

Posted by roku
認知症 / 08:13 / comments(0) /
気になったこと

先週も木曜に訪問。

GHの別棟にいらっしゃるKさん、以前は母と同じサ高住だった。母より先にGHに入居。

その方とは割と親しく話していた母なので今回の転居の際に「Kさんもいるよー」と話すのだが母はきょとん。記憶にないらしい。

しかし、散歩のときにこちらで再会。

母と一緒にサ高住からデイに通っていた方ともお散歩で再会したらしい。

そんな話をスタッフさんからきいて母に「Kさんと会ったんだねー」と言うのだが母の反応は鈍い。

しかし、以前のデイのときのお散歩写真を見ながら話すとちゃんとわかるのがこれまでと違う点。

前は写真で指差してもわからなかった。

名前は思い出せない(というか最初から覚えていないみたい)が会えばわかるというやつ。

この転居先のGHが良かったのかどうかはわからないがともかく知った顔が一切ないところでいきなり生活が始まったのではなくて見たことがあったり、自分のことを知っている人がいる場所での生活ということでスムーズにいったのではないかなと思う。

母は最初から落ち着いていたし、よく言う環境が変わって認知症が進んだというのとは違うと思う。

ただ、やっぱり父はどこにいるの?祖母は?ときくんだよね。

それと昼間わたしが訪問したことも夕方の電話では忘れている。

久しぶりやね、とか言われると毎週時間をかけて面会に行っていることがバカバカしく思えたりもする・・・泣き

 

先週もお天気がよくてみんなでお散歩に出た。わたしも帰り道を兼ねて途中まで同行。

今回は母はマイシルバーカーを押しながら出てきた。

公園まではゆる〜い下り。といっても下っているとは気づかない程度の下り。しかし、シルバーカーを手にしていると下っていることがよくわかる。自然とシルバーカーは加速する。

母は突進歩行がある。下りで止まらなくなる。特に疲れてくると。

シルバーカーに手を添えて歩きながら「ゆっくり、ゆっくり」とわたしが言っても歩みはゆっくりにならない。ちょっとヒヤヒヤしながらの散歩。一応スタッフの方も母は登りは大丈夫だけど下りは気をつけてとおっしゃっていたので配慮はあるとは思うが10人以上のお散歩にスタッフは4人くらいで車椅子を押す人もいるから目が行き届かないときもありそうで心配。

 

気になったのは今回の入居の際に母のことに関して何も情報をきかれなかったこと。

もしかしたら同じ系列なのでサ高住やデイのスタッフからの引き継ぎがあったのかもしれないが。わたしの感じた範囲では同じ系列と言っても横の連携はなさそうだった。

サ高住に入居してデイサービスを始める際には母の趣味だとか好きな事、食べ物の好みや杖の有無など記入した。

今回はそういうことは全くなし。

契約の際に何か記入するのかと思ったがそれもなかった。

例えば寝巻きではなくそのまま寝てしまうことや難聴なこと。足のむくみ。実家は石川だということ。

そして突進歩行があること。

まあ、一ヶ月も入居していれば全てわかってしまうことなので今さらであるが。

家族としてはきいてもらいたいというものでもある。認知症の一高齢者としてではなく母個人を受け入れて欲しいと思うから。

だって認知症もひとそれぞれいろいろだというし。

そんな悠長なこと言ってるほど現場は暇ではないかな。

 

家族側からすると今のところGHに転居して悪かった点はほとんどない。

24時間の見守りがあるのは本当に安心。

 

Posted by roku
認知症 / 08:33 / comments(0) /
落ち着いた様子

13時から14時までは居室で過ごすというのでその時間帯に電話してみたらつながった。逆にびっくり。

しかし次の日にはつながらない。

まあ、あまり気にせず時々は電話してみよう。こちらへのかけ方は紙に書いてテーブルに貼ってある。

 

今日もこれまで通り木曜の訪問。

13時に行くとちょうどお部屋に引き上げようとしているタイミング。

「ごはん食べた?」ときくと「まだ」と答えた母。うーむ。

最初の頃に感じたおどおどした様子はなく落ち着いた様子だった。

お部屋で少し古いアルバムをみておしゃべりしたあと、途中になっていたハワイアンキルトを再開。

以前は母にやらせている間に洗濯や掃除をしなくてはいけなかったが今はわたしも隣に座って一緒に針を動かす。

会話の中で母は迷惑をかけてはいけないと思っているみたいだった。

だからスタッフの方の言うこともよくきいている、そんな感じ。追い出されたら困るからと。

言われるがままに行動しているらしい。

そしてとにかく物忘れがひどいことは自覚していて「お父さんの顔もわからなくなってきた」と言う。

「みんな歳をとったらそうやよ。お母さんだけじゃないよ。同じやよ」と励ます。

14時からはみんなでお散歩に行くということなのでわたしは見送ってバイバイするねと母に準備を促す。

母がトイレに入っているすきに抜け出し、出口で待ち伏せ。

待っていると準備をした皆さんが次々に出てきた。

杖なしの人、杖の人は先に進む。そのあとにお揃いのシルバーカーで何人か(ここに母も)、しんがりが車椅子の人。

わたしと妹でプレゼントしたシルバーカーも一応持ってきてあるが、それよりもっと軽量なコンパクトタイプだった。難なく扱っていてびっくり。杖よりもこちらがいいと判断してくださったスタッフさんもすごいな。

そしてベッドの足の方が高くなっていて、変だな?と思いまっすぐに直してしまったのだが良く考えてみれば、これは母の足のむくみを見て脚側を高くしてくれたのではなかろうか。意外ときめ細かい。ありがとうございます。

 

他の入居者さんのご家族がどのくらいの頻度で面会にきているのかはわからないけど、週一で行けるうちは行きたいなと思う。

集団生活に支障のない時間帯の訪問ならいいのではないかと。

一昨日、妹が訪問したばかりなのに母はやっぱり「妹ちゃんとはしばらく会ってないね」と言う。きっと妹にはお姉ちゃんとはしばらく会ってないと言うのだろう。そんな尽くしがいのない母だけど。

Posted by roku
認知症 / 19:57 / comments(0) /
面会

土曜に母を訪問。

これまでは好きな時間に好きなだけ勝手に訪問していたのだが、これからはどうなるのだろうか。

一応10時から17時の時間帯であれば自由に面会できるとのこと。

基本的には居室ではなく皆でリビングで過ごし、13時〜14時の間だけ居室で過ごすというので13時〜14時を狙って訪問した。

訪問してみると母はスタッフの方と二人でリビングの自分の席に座っていた。

テレビがついていた。

母は落ち着いた様子。

「お昼食べた?」「食べたよ」

スタッフの方が「お昼はそばでした?ごはんでした?」ときくと「え?」と戸惑う母。全く記憶にないらしい。

答えは焼きそば。

しばらく世間話をしたのち居室へ。

暖房がかかってないので少しひんやり。母が重ね着3枚しているのはそのせい?

ちょっと重ね着しすぎなのだがその辺はスタッフの方は気にしないらしい。首にマフラーを巻いていたからそれだけは危ないからとはずしてもらったと言っていた。祖母もそうだったが母も(わたしも)冬場は首に何か巻いていないと落ち着かないタイプ。それを禁じられるとちょっと困るね。

これまでは訪問したらまず着替えをして洗濯機をまわしてとやることがいろいろあったが今はそれらをする必要がなく母と会話を楽しむだけなのがいい。ただ着替えをするときに足のむくみをみたり、自分で靴下を履くのが難儀になっていることを発見したり母の変化に気づくことができた。トイレ掃除で母が軟便なこと(でもお通じはある)を確認できた。

これからはどうなのだろう。

スタッフの方は母を見てくれるけどそれは1/9。母だけをみるわけではない。

でもわたしたちは安心してお任せしていてこれまでより母のことを見逃す。

 

14時になったので帰ることにした。リビングではみんなでトランプが始まっていた。

母は「あんなもんはやりたくないんだ」とポツリ。

この前は楽しそうに参加しているようにも見えたのだけど。

おばあちゃんたちは見た目ほど無邪気ではないのかもな。

子供が遊びに夢中になるほどではないのかもしれない。みんな仕方なくトランプしているのかも。

認知症の中味が知りたい。どんな風に感じてどう考えているのか。

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 06:17 / comments(0) /