Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
なんとなく不安

昨日は母の訪問前、午前中に母に電話。

ちゃんと電話に出てくれたし変わりないよーとのこと。午後から行くねーと電話を切る。

訪問すると部屋のカーテンも開いていたし、変わりもない。

いつものように渋々だけど着替えもして近所に散歩に出る。

シルバーカーはやめにして杖で。

杖の方が身軽でいいのかもしれない。

 

車のほとんど通らない畑の道だからのんびり歩く。

500mくらいだけど30分近くかけて。

最初はなんだかボーッとしていた母。話しているうちに覚醒してきた感じ。

 

靴の着脱がとても難儀するようになった。

一つ一つの動作がゆっくりになった。

短期記憶が本当にダメなようで何ひとつ覚えていない。

デイサービスのこともよくわかっていないような。

 

だけど出かけるときにキッチンと寝室のドアをきっちり閉めるとかそういうことにはこだわる。忘れない。

昨日はトイレの水を流していたのが良かった点。

月二回ハンドマッサージをしてもらっていたのだが最近は声かけしても母は断るそうで、ちょっとした拒否が出てきているのかなぁと。妹によると病院に行くのも嫌がるそう。

 

薬を飲んでいることは本人に全く自覚なし。

季節や日にちもわかっていないし、カレンダーを見ることもほとんどない。

 

別にそれは構わないのだけど。

何があったというわけではないがずっと不安がつきまとう。

母のことが心の錘になって春なのに気分が明るくとはいかない。そんなじゃダメだと自分に言い聞かせてはいるのだが。

自分の長女的な性格をどこかに捨ててしまいたい。

 

 

Posted by roku
認知症 / 07:43 / comments(1) /
つながらない

日曜の朝、出先で母からの電話。

出ても無言で繋がらない。

こちらからかけ直す。母が出たようだが無言。つながっていない?

切るとまたかかってくる。出ると無言。つながらない。

こちらからかけ直す。出たようだが無言。つながらない。

ということを10回以上繰り返す。

 

電波のつながりにくい場所にわたしはいるのだろうか?

母のケータイのバッテリーが少なくなっているのだろうか?

一度だけ母の声が聞こえた。一方的に今、外だから、今日は電話に出られないんだ、ごめんねと話す。

おそらく何度もこちらから掛けているから母も折り返しているのだと思われる。

かけなければ数分もすれば母は電話のことを忘れる。

そのあと一度だけかかってきたけどもうかけ直すのはやめた。

その後は2度とかかってこなかった。

 

月曜の夜、母に電話してみる。

案の定出なかったけど数分後かかってきた。今度はちゃんと話せる。

前日の電話のことなど覚えているはずもなく。

「今日は暖かかったけど明日は寒くなるからねー」という会話。

もう少し頻繁に電話してあげなきゃね。

Posted by roku
認知症 / 07:35 / comments(2) /
体操

昨日は晴れ予報だったはずが午後から雲行きが怪しくなり母のところに着く頃には雨がパラパラ。

母はジャンパーを着てカバンを斜めがけにして食堂の椅子にひとり座っていた・・・。

以前みかけたのはカウンターで新聞を読む姿。

昨日の母は何をするわけでもなくただ座っていた。

「おかあさん!」と何度か呼びかけるも聞こえないのか反応なし。何度目かの呼びかけにやっと振り向く。

火曜に妹が訪問したときも食堂にいたらしい。

本人いわく「暇だから」とのこと。

でも何もしないで食堂にポツネンと座っているのも相当苦痛な気がするのだけど。

他の住人の方はしっかりした人が多いからそんな母に近寄る人もいないのかな。例えば食事の配膳の支度だったり何かお手伝いとかあればいいのにね。

母もやろうと思えば洗濯や掃除など家事もあるし、テレビを観てもいいのではと思うけどそれはしない。

冬のソナタも読んでいる気配は残念ながらなかった。

 

いつもどおり、全身着替えをし、洗濯。連絡帳の書き込み、携帯の充電などする。天気がいまひとつなので散歩はやめにし、お茶を入れおやつを食べる。おやつを食べると歯磨きしようと促しやすいのでそのあと歯磨き&入れ歯のポリデント。

散歩の代わりに体操をする。

背中が曲がったままだけど一応2セットコンプリート。

タオルを使ったトレーニングも。

この4番のひざ伸ばしに苦戦。腹筋が全くないのだ。

そのために背中が曲がっているのだろうね。

できないなりにも嫌がらず真面目にチャレンジしていた。きっとデイでも軽いトレーニングをしているからだろう。

出不精の母なので週4回もデイに出かけるのはストレスかなと思っていたのだけど、あんな風に食堂でポケッとしている母を見るとデイに行った方がいいのかなとも思う。

しかし、昨日も肌着の着方が変だった。布パンも肌着の上に着ているベスト(これも下着)も二枚重ねになっていておそらく最初着ていたものと新しく交換するものの両方を着込んでいる。

入浴時は着替えなど介助なしでひとりでできることはなるべくやっていただいておりますとのことでそれには賛成なのだけど、チェックはしないのだろうか?以前にも着替えがおかしいときがあり洗濯物を入れる袋にちゃんと汚れものが入っているかどうかチェックするようお願いしたはずなのだが。

デイのスタッフさんにもサ高住のスタッフさんにもヘルパーさんにも、さらにはケアマネさんにもどうしても石川のときのサービスと比較すると至らない点が多すぎてなんだかなぁと思う。もちろんクレームをつける気はさらさらないのですが。

簡単なことなのにやってもらえない。やっていただけるときとそうじゃない時がある。そんな感じ。


 

Posted by roku
認知症 / 08:38 / comments(2) / 昨年の記事
400m

先週、散歩がてら母と近所に買い物に出た。

目的のお店までは約400m。

シルバーカーで出発。

ゆるいが坂道がある。でも順調。初めてのときよりもスムーズにシルバーカーを操っているので「上手になったね」と褒めまくる。

しかし、ちょっとした段差を乗り越えるときなど危なっかしい。通行人の多いところもヒヤヒヤする。

お店に入るとなおさらで小回りのきかないシルバーカー。店内の少し広くなっているところで「ちょっと待ってて」母を待たせ急いでレジを済ます。

帰り道、コンビニ前にみかんや野菜が積まれているのを見て立ち止まる母。

「みかん買う?」ときくと「買っていこうかね」と言うので寄ることにする。

袋に複数入ったみかん、1個売りのポンカン、金柑、いちごもある。

どれにする?ときいても決めかねる母。

認知症のせいなのかどうなのか、母はメニューを選んだりするときもこんな風に決められないことが多くなったなぁ。

どれでもいい、と言うことが多い。それはもともとなのか、どうなのか。

で、結局、袋詰めのたくさん入ったみかんを買った。

そのあと坂を下ってあと少しでサ高住なのだが・・。やはり疲れるからなのかまた左にどんどん寄っていく現象。

あと突進歩行気味になる。

母の散歩の限界は片道400~500mだな。

往復で1キロ。それ以上は危なくて無理。

今日は晴れた。母と少し散歩できるといいな。

Posted by roku
認知症 / 09:13 / comments(0) /
ヨン様

先週母を訪問したらテーブルの上に『冬のソナタ』の上下巻が。

「あら?」と言うと母は「ふふ、お母さんの大好きなやつ」と言う。誰が持ってきたの?どうしたの?ときいても、さあ?と首をひねってはいるがヨン様のことは忘れずに覚えていたのだ。

妹の連絡帳をみて、妹が自宅から持ってきてくれたことを知る。(彼女も一時期はまっていたらしい)

グッジョブ妹ちゃん★

母は本をひとめ見るなり目を輝かせたという。「今夜は眠れないかも」とまで言ったらしい。(の割にはしおりは前の方のページに挟まれままだったが)

テレビで放映されていたのは15年ほど前だろうか。その頃の記憶はあるんだね。

そういえば他の韓国ドラマにもはまっていたなぁ。

久しぶりにほっこりする話題でしあわせな気持ちになりました。

Posted by roku
認知症 / 10:05 / comments(2) /
父の電話番号

一昨日の夜、母から電話。

「あのう〜、お父さんの電話番号とかわかる?」

「全然連絡ないからどうしとるんかと思って」

 

また最初から説明です。

平成26年の12月29日で病院で亡くなった。今はお墓の中。

 

生きてたらお母さんと二人でそこにおるよ。

お母さんをひとりにするわけないやろ。

 

説明しているうちにまた泣けてきた。

何度も繰り返すこの説明。そのたびに父の最期を思い出す。

 

でもこの質問をしてくるときの母は不安になっているのかなとも思うからなるべく母の気持ちに沿って説明したい。

「お父さん、わたしにお母さんのこと頼むなっていつも言ってたよ」(うーん、どうだったかな?)

「あらぁ、優しいお父さんやったね。もうちょっと長生きしてくれればよかったね」と母の中ではすっかり美化されている父。

それでいいのだ。

 

 

 

Posted by roku
認知症 / 17:51 / comments(0) /
母の気遣い

今週の母訪問。

午前中に今日行くよーと電話をしたらちゃんと電話に出てくれた。

携帯電話をいつも置いてある場所に『電話はいつもここに置いておいてね』とポストイットに書いて貼っておいたのが効果あったかな。

わたしがサ高住に着いたとき母は食堂にいたみたいでちょうどお部屋に戻るところで後ろから声をかけたが聞こえなかったようで部屋に入ってしまった。呼び鈴を鳴らしたけどそれも聞こえなかったらしい。

入り口のドアは最近は鍵がかかっていないことも多い。昨日も鍵はかかっていなかった。

食堂とわたしは呼んでいたが母によると「ホール」でちゃんとこの場所での呼び名を把握しているのだなと思った。

いつものように渋々ながらも言われるまま全部着替えをしてくれて一緒に洗濯機のボタンを押す。

あまりに暇そうなので使い古しのタオルで雑巾を縫ってもらうことにした。

「うちで使うからお願い」と頼むとせっせと縫い始める母。その間に連絡帳をみたり、片付けなど進める。

サ高住からのアンケート用紙をみつけたので母と一緒に記入。

質問は「スタッフについて」「調理について」「イベントについて」など。

「こういうのは良いのに書かんとやる気なくすからね」と母。

皆さんよくしてくれるとか、食事はおいしくて満足しているとか書いていた。

悪く書いてはいけないというのである。

「そうやね、感謝やね」とわたしが相槌を打つと「そうやよ」ときっぱり。

文句言わず気遣いをみせる母が嬉しかった。

 

あとカレンダーに書いてあることが遠くからだとよく見えないようで視力のいい母だったはずだけど目が悪くなっているかな。

1月びっくりするくらい体重が増えていたがそこから1キロ減。

増えても心配、減っても心配。

とりあえずは元気な様子。

Posted by roku
認知症 / 21:36 / comments(0) /
シルバーカーは難しい

先週、シルバーカーで通院した母。

付き添った妹によるとかえって危なかったそう。

段差もあるし、ちょっとした坂もありそれほど長い距離ではないけれど後半は疲れもあって転倒も心配だったと。

 

残念だけど通院には使えない。

近所の散歩には使えるかな。

杖とシルバーカーどちらが楽なのだろう?

 

でもまだ78歳。

整形外科にかかっているわけでもなく、どこか関節が悪いというわけではなく、どちらかと言えばこれまでの運動不足が原因かとも思えるような歩行困難。

90歳を超えていた祖母ですらもっとしっかり歩いていたし杖を使えていた。

どうして母はダメなんだろう。

歩きたい、外出したいという願望がないから?

本当は母を呼び寄せたらいろんなところに一緒に行きたいと思っていた。

だけど外食を2回くらいした程度でどこにも行けていない。

行こうという気持ちもどんどんしぼんでいっている。

ねえ、お母さん、それでいいの。

残りの人生このままでいいの?

 

先週は母はクロスワードパズルの上級を完成させたので初級のナンプレをやってみたらそれもできました。

運動はダメだけど頭を使う方はまだいいかな。

めげずに頑張ります。I'll do my best!

Posted by roku
便利品 / 07:40 / comments(0) /
左へ寄ってしまう

先週の木曜は比較的いいお天気だったので母をシルバーカーのお試し散歩へ連れ出す。

歩き出しは順調だったがなぜか左へ左へと寄ってしまう。

本人も「こっちへ自然と曲がる」と自覚していたが修正できず。

足または腕の力の左右差がそうさせてしまうのか?

途中で自分でシルバーカーを持ち上げ軌道修正しながら歩くこととなる。

でもまたすぐに左端に寄ってしまう。

わたしが左側を歩き、シルバーカーの左ハンドルに触れ曲がらないように歩くと大丈夫なのだがしばらくすると母は「手離して」と言う。そのようなことをすると歩きにくいと言うのだ。

結局わたしは手を離し、母は常に左端に寄りながら時々軌道修正しながら進むということになった。

腰の曲がったおばあさんだって自在にシルバーカーを扱っている。

それなのに母の不器用さは…

そしてその不器用さはそのまんまわたしにも受け継がれていてなんだか悲しくなってしまう。

歩道の少しの段差なら乗り越えられるがちょっと段差が大きいと難しそう。自転車とのすれ違いは大丈夫だろうか。

安心して歩けるように購入したけどまた新しい心配が出てきそうな。

 

土曜の夜は母から電話があった。今、食堂からお部屋に戻ったのだという。(カエルコール的?)

ずいぶん遅いね、と言うとカラオケ大会があったからのようだった。

しかし、参加者は男性のみで母と食事のときにお隣の人の二人だけが残っていたのだと言う。

なぁもおもしろくないし、と母。

つまらなくて電話してきたのだろうか。

わたしも大勢の集まる場は苦手。カラオケも苦手。

たくさんの中で孤立して壁の花になるくらいならひとりで部屋にいた方がいいな。

たくさんの中にいる方がひとりより寂しいってことあるよね。

 

そんな母に毎日でも電話してあげればいいのだけど、つい時間を逃したり、母が電話に出てくれなかったり、通じても会話が続かなかったり。思うようにはいかない日々。

Posted by roku
つぶやき・その他 / 06:37 / comments(0) /
シルバーカー

注文していたシルバーカーが届いた。早速開封してみる。

シンフォニーSP

購入に当たっていろいろ調べた。ざっくり分けて歩行車タイプとシルバーカータイプに分かれることを知った。

シルバーカーには軽量なコンパクトタイプと快適性を求めたスタビリティタイプ(歩行者とシルバーカーの中間のような)がある。

購入したのは歩行車タイプ。重量はあるがその分安定しているようだったから。

あと持ち手部分がUの字になっている方が身体が入り支えになって安定するかなと思って選んだ。

車輪が固定、フリー、60度と三つの設定ができるのも良いかなと思った。

母は大きな段ボールに驚き、興奮気味。

お誕生日のプレゼントだというとまずは「高かったやろう」と値段の心配(苦笑)。

でも前部に物入れがついているのを発見して嬉しそうだった。

座面を下げると座れるという点も感心していた。一応ブレーキ操作もできそう。

しかし、くだり坂は心配だな。

まずは好印象でほっと一安心。こんなものいらん!まだ早い!と拒否されたらどうするかなぁと思っていたので第一印象はまずまずで良かった。あとは実際使えるかどうかだな。

ほとんど外出はしないので利用するのは月2回の通院とわたしとのお散歩くらい。歩道の段差やバリアフリーじゃないところでどうなるだろうか?

折りたたむとコンパクトになるとのことだったがそれほど小さくなるわけではなくそれなりの大きさはある。公共交通機関利用には難ありかな。しかし、そもそも電車やバスでの移動もしていないのでそこは気にしなくて良いだろう。

父の写真に向かって「お父さん、こんないいものもらったよ〜」と報告する母。しかし次の瞬間「お父さんがどこにおるかは知らんけど」とのたまう。すかさずわたしが「お父さんはお墓の中!!」

漫才のようだが大真面目。

 

昨日はこのシルバーカーの室内でのデモとクロスワードパズルをひとつ完成した母。

今日は久しぶりにデイから今帰ったよコールがあり。

何か刺激があるとしっかりするのかな。

 

検討したのはこちらのタイプ↓

Posted by roku
便利品 / 19:15 / comments(0) / 昨年の記事