Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
ハワイアンキルト完成

ハワイアンキルトのコインパース完成です。

パイピングやファスナー付けはわたしがお手伝い。それでも基本は母の手は覚えているようで作り方の説明をさほどしなくてもできあがりました。

いくつか作ってバザーで売るとかそういう張り合いがあるといいのかなぁ。

塗り絵やカラオケよりは夢中になってくれていると思います。

 

昨夜も電話は通じず。

今朝はかかってきたけど声が聞こえないという。

気温の低い日もあれば蒸し暑い日もあり、冷房のことも気になる。先週の木曜は訪問するとエアコン入ってなかった。

確かに水曜は涼しかったのでオフにしてもらえて良かったのだけど。

服を着替えることを自分ではしないと思っていたけど先日火曜、木曜と続けて訪問したときは違う服を着ていた。

寝巻きに着替えない母だけど寝巻きを用意してあげれば着替えるのかな?

何ができて何ができないのか、よくわからない。

母は1日何をしているのか隠しカメラで撮影してみたいと思ったり。

Posted by roku
ボケ防止 / 09:38 / comments(1) /
おりん

今日、おりんを買った。2.3寸の一番小さいサイズのもの。

りん棒とお座布団も。

トレイの上に父の写真とセットにしたら小さなお参りスペースが出来上がった。

何度説明しても父が亡くなったことをすぐに忘れてしまう母なのでこれがあれば父がもういないのを理解するのではないかと。

早速母はリーンと鳴らして手を合わせていた。

こんなことならもっと早く買ってあげればよかった。

 

今日はベッドの脇にあるナースコールを明け方に鳴らしてしまった母。これまで一度もナースコールの存在すらも気づいてなかった様子だったのに。母自身も自分が鳴らしたことを珍しく覚えていてマイクから「どうしましたか?」と声が聞こえたと言っていた。

スタッフの方にきくと3回も鳴らしたそう。

そのときの応対が気に入らなかったのか何か言われたのか母は今日は今までになく何か不満そうでもあった。

いつもと少し違っていた。そんな母をみると途端に不安になります。

 

Posted by roku
認知症 / 20:44 / comments(2) /
健康診断結果

六月に母の健康診断の結果が出ていた。

先日の受診のときに足のむくみを訴えてもろくすっぽ診てもらえなかったのはこのときの血液検査で異常がなかったからである。

心配される項目は何もなし。

健康ということだ。

 

しかし、気になったのは中性脂肪が急激に増えていたこと。

以前の検査結果との比較は下の通り。

 

体重 中性脂肪 HDL/LDL
2014.5 40.8K 42 86/109
2015.10 43.6K 87 94/132
2016.5 98 74/151
2016.11 67 73/151
2017.6 47K 138 66/151

母がサ高住に入居したのは2016年2月。

栄養状態がよくなった分体重が増えて、コレステロール値や中性脂肪が増えた。

しかし、この半年で中性脂肪が倍になっているのはいかがなものか?悪玉コレステロールも増えている。

運動が少なすぎるのかしら。

 

つながらないと思っても母への電話はなるべくかかさず続けている。

今週も全然つながらないと思っていたら昨夜はつながった。けれどもわたしの声が聞こえないらしく「どなたさんですか?」を繰り返す母。

一旦切ったら、今度はかかってきた。しかし、出ると無言。

携帯電話の使い方を忘れてしまっているのだろうなぁ。

もう一度かけると出た。今度は声もきこえるらしい。やっと会話。でも噛み合わず。

ほんの少しのやりとりのために30分くらい費やしてしまう。

 

コツコツがんばります。

Posted by roku
内科/循環器科 / 08:24 / comments(0) /
病院の付き添い

これまで母の通院は妹が付き添ってくれていた。

歯科と内科が月に一度ずつ。

今月は妹の都合がつかず初めてわたしが付き添うことになった。

内科医院まではタクシーで行く、何時頃が空いている、薬局で帰りのタクシーを呼んでもらう、など細かくマニュアルを作ってくれた妹。

通院のときに母が妹に対して暴言を吐くことをきいていたのでわたしも母に暴言を吐かれたらどうしようとか、タクシーの乗り降りで転倒したらどうしようなどとあれこれ心配し緊張していたが滞りなく任務完了。ホッとした次第。

 

病院にお薬もらいに行こうねと母を説得。着替えとトイレも済ませていざ出発。

タクシーでの道すがら母は車窓には見覚えがあるらしく「いつも通っとる」と言う。デイに行く時もこの道なのだろうか?

病院に到着すると母は先に立って中に入ってゆく。勝手知ったる場所という感じ。

タクシーの中では病院など行ったことがないときっぱり言い切っていたがいざ院内に入ると「いつも来とるから」などというのである。「いつも混んでる?」ときくと「そうだねぇ、こんなものかなぁ」と言う。毎月来とるやんけ!今まで一度も行ったことないと言っていたのに・・・。

名前を呼ばれて診察室の手前の椅子に座るとすぐに血圧の測定。このときも自ら腕まくりをしてすっかり慣れた様子の母。

診察室に入ってからも医師と親しげに話したり。

指先にクリップのようなものを挟んで何やら測定。聴診器を胸に当てる。ゴムの金槌で手や膝を叩く。

あとは母を立たせて状態で押してぐらつきがないかをみる。

簡単な診察ではあったがこのくらいなら母の負担にもならず良いのではと思った。

ひどい足のむくみについて尋ねたら、6月に尿検査もして腎臓に異常もないので心配はいらない、歩くことが少ないので足がポンプの役目を果たさずむくんでいるとのことだった。それにしてもすごくむくんでいるのだが。足は診てはくださらなかった。

30分ほど待って診察は3分かからないくらい。

支払いをし隣の薬局へ。内科医院を出た母は率先して薬局へ向かう。すっかり周知の様子。

自動ドアの押すのもちゃんと押していた。

その場所へ行けば記憶は蘇るシステムなのかしら。

 

車の乗り降りにやや難儀したものの何事もなく帰宅できた。ちなみにタクシー代は730円×2。

先日見学した老人ホームでは内科と歯科は往診してくださるそうで(往診料は無料)そこは魅力だった。

うちの近所にある内科医院では老人ホームと提携しているのかときどきお年寄りの団体が病院のあるビルの前で車を待っている。

車の乗り降りも大変そうだしエレベーターでの移動も大変そう。一階がスーパーのビルなので一般客も通るので余計に大変な感じである。あの移動の労力は計り知れない。もし医師の方が往診してくれればどんなに楽か。

お年寄りが二台の車で10人ほど来ている。全員が診察終わるまで待っているのも大変だろう。

ホームに往診ならお部屋で待てる。移動も楽。移動するのは看護師さんと医師だけで済む。

病院も日曜オープンにしたり、人数がまとまれば往診サービスしたりすればいいのに。

母のサ高住では往診は一回5000円になると言われた。

タクシー代だけで1460円、わたしの交通費も足すと3000円ほどになる。通院にかかる時間1時間半ほど。

というか通院に付き添えばわたしはその日は仕事ができないわけで5000円払っても往診してもらった方が安上がりということにさえなる。病気のときは仕方ないけれどいつもと同じ薬を処方してもらうだけのための通院はほんと何とかならないのかなぁと思う。

いつも付き添いを妹に任せていて申し訳ないなぁと思ってはいたがいざ体験してみるとほんと感謝です。

にしてもフルタイムで働いてて介護もしている人って一体どうしているのだろう?

Posted by roku
認知症 / 20:55 / comments(4) /
住宅型老人ホームの見学

たまたま先日ポストにチラシが入っていたので近くの老人ホームの見学に行ってきた。

3年前の夏、探していたのは両親が揃って入居できる施設。よって二人部屋に絞っていた。

あの頃は父の条件が優先だったのでそれが母になるとどうなのか?あのときよりは選択肢は多いと思うが。

 

まず、入り口はロックされていて暗証番号で開けてもらう。この点は自由に出入りできるサ高住との大きな違い。

訪問者は手洗いとうがいをするようになっている。それも違う点。

担当者は実に聡明そうで抜かりない感じ。スタッフのレベルが違う。(ここは大手の老人ホームだからかもしれない)

まだ新しく、どちらかというと介護度が重くない人が多いそうだ。

昼食を入居者さんと一緒にいただいたがしっかりした方が多いそうな印象。

もちろんお食事もおいしかった。食器類もプラスチックではなくちゃんと陶器。ランチョンマットも敷いてくださる。

食事に関しては母のサ高住も悪くはないのでこの点では引き分け。

住宅型なのでデイに通いたければ通うことは可能だが入浴(週2回)も運動もこちらで行うことができるので敢えて通う必要はないだろう。毎日のアクティビティは午前中は体操、午後は麻雀、ボウリング、脳トレ、俳句、絵手紙、絵画、塗り絵など多岐に渡るが母向きとはいえない。毎日17時からはカラオケがあるようだ。カラオケ苦手な人はどうしたらいいんだろうね。

 

そして入居金が必要(なしのプランもあるにはある)なのがサ高住との大きな違い。

この見学したホームはまあ他所よりは高めだろうなとは思ったがやはり高かった。入居金を1000万ほど払ってもなお月額が20万円を優に超える。

現在の母も家賃などはリーズナブルだが介護サービス分と介護保険からはみ出た分や服薬管理費などもろもろ合わせると相当な金額になりつつあるがそれでも老人ホームよりは安い。

 

ただお金の問題は置いておいて、母にとってどちらがいいのかということ。

今のところはデイに行く日はともかくデイのない日は放置である。イベントもあるにはあるが自由参加だし入居者の一部の人しか参加していない様子。ケアに関しては食事のときに出てこなければ様子をみてくれるというだけ。

ほとんどフロント業務のサービスしかない。食堂でひとりボーッとしているときが多いがそんなときでも誰も声もかけてはくれないしほったらかしだ。30分のヘルパーさんはお願いしているが30分だから洗濯すらしてもらえないという。(スピードコースでやってもらうことにすればいいのかな)失禁していたとしても取り替えることもしてもらえない。

だけども母はすっかりこの場所に慣れており、それなりにはくつろいでいるし、デイでも顔見知りの方々とおしゃべりしている様子。

それをまた知らない場所、人のところに移すのは・・・

でも、移った先がもっと居心地のいい場所なら勇気を持って移動するべきだろう。

母はどうしたいのか。

何が母にとって一番いいのか。

 

今日も母を訪問して着替えさせる。何気ない会話の中で母は居室のお風呂にひとりで入っているのだと言う。

週4回デイで入浴していてお部屋のお風呂は1〜2度しか使ったことがないのに。

デイに通っていること、病院への通院、これらは母にとっては全く重要なことではなくて頭の中から欠落している。

トイレの水を流さないこと。食事のときにティッシュを拝借すること。電気をこまめに消すこと、それらは「もったいない」から来ていてそのもったいないは決して忘れないようだ。

本やアルバムを見ることはないけれど年賀状だけは繰り返し読む。カレンダーは見ないけど時計は見る。

部屋の中で決して裸足にならない。着替えているときでもいちいち内履きを履く。ズボンを脱ぐのに内履きを脱ぎ、ズボンを履いたら内履きを履く。着替えをしている間は脱いでいてくれるといいのに床にじかに触れるのはダメなようだ。

そういうこだわりが前頭側頭型なのか?

そして母が一番嬉しそうにするのはわたしが帰るときの見送り。

玄関先で手を振る。門のところで振り返るとまだ手を振っている。このときが一番楽しそうな母。

このときはいつも笑顔である。

なんなんだろう。

 

ネットで老人ホームを検索する。

母のいるところの系列のサ高住がいくつかヒットした。看取りまでしますというような謳い文句が書かれていた。

終の住処の文字も。

それって誇大広告。

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 20:55 / comments(0) /
近況

更新しないままあっという間に時間が過ぎてしまった。

記録しておきたいことはたくさんあったのに。

思いつくまま書きます。

 

先日、担当者会議があった。

今回はケアマネ、ヘルパーの他にデイのスタッフも参加。わたし、妹、母も同席。

介護認定も要介護2で変わらずなので特に特別な話があったわけではない。基本的にはこれまで通り。

ただし、この2〜3か月の間に母は一段、二段、階段を上がったかのような進行があるということはお話しさせていただいた。言動がおかしなときがあるということも。

担当者会議にデイのスタッフが参加したのは初めてで母のデイサービスでの様子をきくことができた。

入浴や体操などアクティビティに拒否はなく、他の利用者さんとの会話もあるとのこと。

サ高住で食事のときに母のお隣に座る方も同じデイに通っているそうで「この人はあたしの妹なんだ」とその方は母のことを可愛がってくださっているらしい。以前、やはりサ高住で母によく声をかけてくれていた方はサ高住からグループホームに移られたとのこと。

これにはわたしと妹が顔を見合わせびっくり。母よりずっとずっとしっかりされていた方なので。

あの方でもサ高住に見切りをつけたのかと・・・

相変わらずデイに行く日と行かない日の区別はつかないようで毎日玄関で車を待っている様子。

「あらっ?今日は行かないの?」と他の利用者さんに言われているらしい。

失禁は多いようでデイではトイレの声かけ、入浴時のリハパン、パッドの取り替えはしてくれているようだ。

以前、サ高住の他の居住者さんから尿臭についてクレームがあったのだが今はそれほどではないとのことでホッ。

しかし、問題が解決したわけではない。

 

エアコンは24時間スイッチオンにしてもらっているが夜間に寒すぎるのか、夜中に部屋から出てくることがあるそうで夜勤のスタッフにたしなめられて居室に戻るそう。28度設定なのだけど部屋は狭いしキッチンとの境のドアも閉めてしまうので26度くらいに冷えるんだよなぁ。エアコンはベッドの真上で冷たい風が当たってしまっているのかもしれない。

 

先日はイベント食でランチバイキングがあったそうだが本人にきいても全く記憶がない。「どうでしたか?」とスタッフさんにきくと「フルーツを取られてましたよ」とのことだった。そういえば母は果物が好きで父と二人のときは季節の果物をいつも欠かさなかったし、一人暮らしになっても何かしら果物は購入していた(食べないで腐らせてもいたが)。

ついついバイキングとか自分で選んだり母には無理なんじゃないだろうかと心配してしまうけどそうでもないのかも。

 

このまま今のサ高住でいいのかどうか・・・

そんな風に思っていたところに近所の老人ホームから見学のチラシが入った。

ランチ付きだというので早速予約して行ってきた。

その様子は次回に。

 

 

Posted by roku
認知症 / 21:12 / comments(0) /
電話通じたり、通じなかったり

いよいよ猛暑。エアコンや室温のこと、心配ばかりだけどもうどうにでもなれーの気持ちで過ごしている。

 

母に電話が通じる時間は7時台。8時台だと出なくなるので7時台に電話する。一度ではつながらない。2度目に出る。

これはベッドに寝転がっていてそこから起きて電話をとるまでに時間がかかり留守録に切り替わってしまうためのよう。

なので二回連続でかけると二回目は取れるみたい。

珍しく朝に母から電話がかかってくることが続いた。これも一度では出ても無言、つながらない。

すぐにこちらからかけ直すと出てくれる。やはり電話の操作などもよくわからないのかな。

いずれにしても根気よく電話を使うようにしたら通じるようになったのだ。

気をよくしていたらここ2〜3日はまたつながらなくなった。3回かけても出ない。

だからといって電話をしなくなると使えなくなるのでまた粘り強くかけてみるつもり。

だけど7時台って忙しい時間帯。夕食の支度をしていてハッと気づくと8時になっている。

9時から5時頃まではデイにいっているし6時からは夕食だしと思うとやっぱり7時台しかなくて。

 

サ高住では先日、餃子作りというイベントがあったがこれも母は参加できず。なんといっても週4回デイだから。

そのせいもあって友達できない?

なんとなく居心地が悪そうな雰囲気を感じている。

母は以前はそんな風ではなかったのにこの頃はここは知り合いもいないし・・・というようなことをこぼすようになった。

有料老人ホームなら友達できるのかな?

なんとなく母を軟禁状態にしているような気がして滅入るのであった。

Posted by roku
認知症 / 11:56 / comments(0) /
再びハワイアンキルト

蒸し暑い日が続き、というかもう過ごしやすい日は秋まで来ないな。またもや心配な季節の到来。

あいかわらず母を訪問してみると窓もカーテンも閉めきっている。室内は29度。

冬の暖房はエアコンのリモコンをサ高住に預かってもらって母がデイから帰って来たらon、デイに出かけたらオフにしてもらっていた。デイに行かない日は一日中on。

冷房はまだonしていなかった。リモコンはそのまま預かりっぱなし。

なんとなくそのまま管理してもらえていると思っていたけどそのようなことはなく、こちらからこうしてくださいという依頼がない限りonすることはなかった様子。なので今後は暖房と同じくデイから帰るとonしてもらうことにする。

ただ夜間付けっぱなしはどうだろう?という心配あり。

こまめに見てもらえるサービスはないので。

とりあえずリモコンは28度で風力弱で設定してスタッフに渡す。

 

先週の母はボーッとしていて少し変だったが今週の火曜に訪問した妹の感想も同様。言動も変だし、歯医者への通院も帰ってきた瞬間に忘れていたという。何か階段をまたひとつ登ったような進行具合だ。

昨日はわたしに「おばあちゃんに電話してみてくれるけ?」というので「おばあちゃんはもう墓の中だよ」と答える。

父も墓の中、とお決まりの説明をすると「おばあちゃんは結構な歳やったからね。お父さんは早すぎたねぇ」と。

家族の生死って重要な情報だと思うけれどこれを何度説明しても忘れるというのは一体どういうことなのだろう。

もちろん、家族の顔もわからなくなる場合もあるのだからよくあるケースだというのは承知であるが。

 

もう散歩ができる気温ではないので昨日は新しくハワイアンキルトのポーチのキットを用意していった。

また妹の誕生日プレゼントにできたらいいなと。

去年のコースターよりかは難しい作り方。

まずはアップリケをするところから。母に生地を渡すと・・・

お花を真ん中にと言うと土台の生地とアップリケの生地の両方を四つ折りにしてセンターを印しつける。

縫い代も説明しなくてもちゃんと折り込んだり、ハサミを入れたりしている。カーブのところは縫い代のところを並縫いしてから少し絞ってダーツを寄せるという高等テクニックを使っていた。

60代の頃の母は公民館のパッチワーク教室に通い、凝った作品もずいぶん作っていた。アバウトな性格の割にはできあがりは見事だったがこういう下ごしらえも教室で仕込まれていたのだろう。

ポーチなので片面を母、もう片面をわたしが仕上げて合体させて完成すればいいかなと思っていたが両面とも母にまかせることにする。「宿題ね」と置いてきたが果たして来週までにアップリケできているかどうか。

乞うご期待!

Posted by roku
認知症 / 06:50 / comments(0) /
ぼーっとしている

だんだん蒸し暑い日が増えてきた。

先週までは冷房の入っていなかったサ高住でも今週は窓を閉め切って冷房が入っていた。

そんな中、母はカーディガンを重ね着し、部屋の窓も締め切り。

訪問時寝ていたようでピンポンを押しても出てこず。

室内にいるときはほとんどベッドでゴロゴロしている様子。椅子の生活に慣れていないし、お部屋には座り心地のいい椅子も置いていないので。

寝起きだからかぼーっとしていた。

話しているうちに少しははっきりしてきたが。着替えもいつも以上にノロノロ。

水曜日に妹が来て洗濯をしてくれている。その後、母がデイから帰宅して下着、タオルを自分でなんとかしているはずなのだけど今週はそれらしき汚れものが見当たらない。そのまま引き出しにしまうときもあるので引き出しをのぞいてみてもないのである。

タオルはそのまま引き出しに入れると洗ったものかどうかの判断はつきかねるが肌着はわたしたちと母は畳み方が違うのですぐわかる。しかし、それらしきものがなかった。

引き出しにしまわないときは風呂場にかかっていたりするのだけどそれもなし。

何枚かズボンだけはそのへんにかかっていてどれも臭ったので洗ったのだが。

リハパンとパッドの使用後のものがトイレではなく室内の椅子の上に乗っていたりもし。

何か変。

昨日は夜11時過ぎに母から電話がかかってきた。

さっき起きたという。どうもわたしが何時頃訪問するのかききたかったようだ。

なにか勘違いしている。わたしが訪問したのは昨日の午後なのに。

 

なかなか母に電話が通じない日が続いていたのだが(いつも夜8時台にかけていた)、夜7時台だと比較的通じることがわかった。

夜7時台だと「晩御飯食べた?」ときくと「食べたよ」と答える。電話では元気な様子の母だけど。

点つなぎは割と気に入ったようで紙を渡すと最後まで飽きることなくやっている。先週は宿題に残していったものをひとりで完成させていた。妹とも一緒にやったみたい。

実家に帰省したときにわたしの結婚式のアルバムをみつけたので持ち帰り母に見せたら、これは誰?こっちは?と興味ありげに見てくれた。24年前の父と母も写っている。最初は自分だとはわからなかったみたい。

でもそれは認知症だからではなくてメガネをかけないから。

母は面倒くさがって老眼鏡をかけない。しっかりものを見ようとしない。

補聴器も買ったのにほとんど使わなかった。聞こうとしない。

好奇心があまりない。

 

母のサ高住ではカウンターに季節の花が生けられている。それは住人の方がベランダで育てているお花を生けてくださっているそうでとても素敵。その方は自立された方だからだけどもし母に認知症がなかったとしてもそういうセンスはなかっただろうな。

つまりはもともとの性格というものが老後を左右するということ。

 

あと昨日はちょうどわたしが訪問したときにホールのテーブルで入居のための面談をしていた。新しい住人が来たようだった。

確か満室だったはず。ということは誰かが退去し、空室が出ていたということだ。

かなり出入りはあるようで、やはり介護度の高い人が去るということなのだろうか。

 

Posted by roku
認知症 / 06:54 / comments(2) /
点つなぎ

久しぶりの更新になってしまいました。

先週末は実家の片付けのため帰省。片付けると言っても簡単に片付くものではなく、まだまだ物はいっぱいでやってもやっても捨てても捨てても追いつかなくて、全く片付かず。

でも一応、食品、調味料関係はもうないので(缶詰とサラダ油の買い置きはそのまま)ネズミ、ゴキブリの心配はなくなったかな。

実家は前回の帰省のときにきれいに掃除はしていたので荒れている様子はなく案外きれいでホッとした。

今回は仏間の障子貼りを頑張った。

空き家なのにこんなことする必要があるかとも思うけど外からみて障子が破れているのはなんとなく嫌だったから。

家の中のことは多少諦めて、家のまわりをきれいにしてきた感じ。

ご近所のSさんが庭木の手入れや草とりをしていてくださっていて母が住んでいた頃よりもきれいかも。

今回はSさんのご好意に甘えて、捨てられなかった不燃物や空き缶、ペットボトルなどもゴミの日に捨ててもらうようお願いすることに。土日月の帰省だと月曜の可燃ゴミしか捨てられないので。

いつものことだけど帰ってきても今度は我が家の溜まった洗濯物との戦いから始まり、溜まった仕事、家事に追われ休む暇はない。

わたしの人生ってなんなんだろう〜と考えてしまいそうだけどそんなこと考える暇もなし。やるしかない。

 

ところで先週、先々週は母と"点つなぎ"をやった。

脳トレの本に載っていたものだけど、他の脳トレよりも母は夢中になった。

数字を順番に線でつないでいくだけの簡単明瞭。だけどつなぎいでいくと絵が現れるというもの。

現れた絵が何なのか理解するまで時間がかかったが数字をつなぐのは割りとできたみたい。

検索すると簡単なものから難易度の高いものまでダウンロードできる素材も多くある。

暇つぶしにおすすめです。

Posted by roku
ボケ防止 / 07:29 / comments(0) / 昨年の記事