Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
3L

先日、 LLを購入したばかりの母のズボンだがスタッフさんからダメだしを食らう。

まだパンパンだから3Lにしてくださいと。

ウエストじゃなくてヒップや太ももも意外と太いという。

言われてみればそうなのかな。

おそらくリハパンもLLになっているのだろう。

昨年、わたしと妹がケアしていたときはリハパンが大きすぎて漏れるのかとSを履いてもらっていた。

でも介助しやすいという点を優先させると大きなサイズが必要のようだ。

スタッフの方によるととにかく上げ下げが大変なのだそうだ。

ズボンもなるべくストレッチの効いたものをとリクエストされる。

この前から3枚くらい新調したのは全て無駄になってしまった。

処分するからこの紙袋に入れてくださいと言われ入れる。どなたか代わりに履いてくれないかな。

 

母とまたプチトレーニングをする。

居室の冷房を入れなかったからか母の手は先週よりも温かくてわたしが飲むように入れてもらっていた冷たい麦茶を母がごくごく飲む。あまり水分をとらない母なので少し驚いた。

ベッドに腰掛けベッドの端を触りながら「これが何かに利用できるといいんやけどねぇ」と意味不明のことをつぶやく。

最近、こういう意味のわからないことを言うのが多いけどその分、すぐに笑うようになった。

もう会話の意味などどうでもいい。母が笑顔でいてくれさえいれば。

毎週、母が笑ってくれるようなネタを探していこう。

Posted by roku
認知症 / 14:31 / comments(3) / 昨年の記事
歌う母

先日、草津に行ってきたという話を母にする。

「草津ってわかる?」ときくとうなづく母。「草津よいとこ〜」とわたしが歌い始めると母も歌う。二人で『どっこいしょ♪』まで歌って笑いあう。

なんか最近よく歌うようになった母。

ケアマネさんによるとGHでのカラオケのときは母は「やらない」と一人居残ったりするのだがしばらくしてまたスタッフが誘うとちゃんと出向きマイクを握るのだとか。

以前は全くカラオケで歌うことはなかったので認知症が進むとそれまで抵抗があったことも受け入れるようになる一面もあるのかな。

だんだんGHに馴染んできている感じがするのは良い点。

もうわたしが帰るときにエレベーターまで見送ることはない。

エレベーターどころかドアまでも来ない。

少し離れたところで手を振るのみ。

寂しいようなホッとするような。

Posted by roku
認知症 / 08:42 / comments(0) /
眠剤

昨日母を訪問するとケアマネさんから眠剤を使用したとの報告あり。

以前に夜中に起きてきて寝てくれないから、眠剤を使おうかと検討中という話はきいていたが、じゃ使用しますというのは家族ではなくてGHで判断するものなのでしょうか。

弱い薬を使ったのだが、昼間もうとうとしたり、ふらつきがあったので3日ほどで中止し、昨日の時点で三日経っているとの報告だった。わたしが訪問する日はケアマネさんが休みの日が多く、昨日はじめてそのような報告を受けた。

夜中に起きてリビングの椅子に座ったままの母は、そういうときだけは頑固なようで居室に戻るように言ってもがんとして動かないのだそう。

昨日はもう薬も抜けているのか特に変わりはない様子の母だった。

よく眠れている?ときくと「うん」と答える。朝までぐっすりで途中で目覚めるのはないのだとまで言う^^;)

 

頭に湿疹ができてかゆがっていたので塗り薬を塗ったという報告もあった。そちらは対応してもらってありがたいと思う。

しかし便が出なくて下剤、夜中に起きるから眠剤、こういうのが一般的なのだろうか。

仕方ない一面はあるし、やめてくださいとまでは言えないのであるが何か釈然としないものがある。

そもそもメマリーを増やしたのに母の状況は何一つ改善されていないと思う。

ここのところ会話もとんちんかんだし。もちろんそれが薬のせいだとは言わないが。

認知症の進行がゆっくりになったという気は全くしない。むしろ進行は恐ろしく加速している感じ。

それでもGHには慣れてきているようで、ときどき妙な調子で歌を歌ったり膝を叩いたりするのは以前の母にはなかった陽気な部分。

大阪の地震のことはわかっていなかったがテレビで地震速報が出るのは認識しているようだった。

先日避難訓練があったそうだがそのことは記憶になし。

妹が訪問した日だったそうで、高齢者の避難はなかなか大変だったそうだ。

とにかく一人暮らしよりは1000000倍いいのでいろんなことを受け入れる所存。

 

Posted by roku
/ 13:22 / comments(2) /
コーラスを聴く

昨日母を訪問すると2時からイベントでコーラスを聴くので良かったら一緒にとスタッフの方から誘われた。

デイサービスの方々とGHのもうひとつのユニットの方々も一緒に参加だったので総勢30名くらいにもなった。

母は車椅子で。

本当はエレベーターで階下に降りるだけなので歩かせたかったのだが。

このような同じ建物内のわずかな距離でも車椅子を利用しなくてはいけないほど足元危ういのかな。

そして車椅子利用の方々は最前列に席をとっていたのだが、母はすぐに立ち上がってしまうから後ろの方がいいと言われ一番後ろに。

わたしも横に座る。

すぐに立ちあがるのは車椅子じゃなくても動けるからだろうにな。

母はどちらかと言えば車椅子に乗る方が不安定で怖いみたいだ。

車椅子に乗ったまますぐにいろんなところにつかまってしまう。

なんとか母の歩行訓練をしたいのだが・・・。

 

コーラスは中高年女性たちのグループ。老人ホームをよく慰問されているのか小道具なども持ってきて慣れた様子だった。

演奏は生ピアノ。

それなりに盛り上がってはいたのだが30分を過ぎるとダレてくる。

わたしも帰ってから仕事があったので時間が気になる。30分ほどで終わるのだろうと思っていたのだが。

45分ともなると明らかにおじいちゃんおばあちゃんたちが疲れてきているのがわかる。

しかもいつも暮らしているフロアーと違い、冷房がきついのである。わたしですら寒い。

50分経過し、やっと「では最後に・・」とラストの曲が始まった。やっと終わる〜と思ったのに・・

「ではアンコールで」と誰もアンコールなどしていないのにもう一曲が始まる・・・かなり限界。

アンコールも終わってもう解散でしょうと思ったら、打楽器を配るので最後にみんなで「幸せなら手を叩こう」を歌いましょうとのこと。小さいペットボトルの中に小石のようなものが入った手製の楽器が全員に配られる。

歌に合わせてそれを振ると大きな音になった。

最後にちょっと盛り上がった。

これ、最初に出そうよ!

 

1時間のショータイムでした。

わざわざ来ていただいているのですぐに終わるのでは申し訳ないけれどやはり30分程度にしてもらって、アンコール入れて45分が限界ですね。せっかくの素敵なコーラスだったのに長すぎて残念。母も最初は一緒に口ずさんでいたのに最後の方は目をこすってた。

音楽な好きな方なら1時間も長くはないのかな。

わたしは帰る時間が気になったのと冷房に耐えられずしんどかった。

 

母の車椅子を押してGHのフロアーに戻ろうとしたら、デイサービスに来ている方が母に声をかけてくれた。以前のサ高住で一緒だった方のようだった。同じくサ高住で一緒だったOさんはいつも声をかけてくださるがOさんとは別の方。母は本当にわかっているかは別として手を握って応えていた。デイの職員さんも「お久しぶり」と声をかけてくださる。

認識はできないかもしれないけど自分を知ってくれている人がたくさんいるってことで少しは母の孤独感も和らぐ気がして嬉しかった。現在のGHの入居者の方々とも名前は覚えないにしても顔はもうしっかり覚えているようだった。

 

まるで幼稚園に慣れるのを見守る親の気持ちだな。

わたしも保育園時代、慣れるの時間がかかったクチだ。その後の人生でも。コミュ障と言ってもよいだろう。

それは母ゆずりだったんだろうなぁ。

いつでも賑やかなM子さんはコーラスを聞いている間もずっと身体を揺らし、手を叩き、ときどき合いの手を入れるので横にスタッフがぴったりくっついて「しっ」となだめられながらいた。目立つ存在はいつも誰かに見ていてもらえる。母のように静かなで目立たない人はいつも忘れられてしまう。

 

ところで居室でおしゃべりしていたときにビリビリッと下痢ピーのような音が何回か。

そのあと「ちょっとトイレ行ってくる」と母。

便意はあるね。

たっぷり出たそうだがこれって下剤のせいですね。出ないよりはいいけれど薬に頼っていいものだろうか・・・。

 

 

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 12:56 / comments(0) /
便秘

先週母を訪問したら、妹との連絡帳に便が出なくて下剤を使ったとあった。

スタッフの方より再三、ズボンのサイズを上げるように言われる。

便秘のためお腹がパンパンでズボンがきついのだろうか?

先日買ってきたLLもまだ小さいとか。

見本に他の方の伸びーるズボンを見せてもらう。

ああいうのはどこに売っているのだろう?

グループホームに入居したら個人の好みではなく、介護しやすい服を求められるのだと知る。

あとはガンガン洗濯できる服。

 

母はときどき窓の外を見てはわけのわからないことをつぶやく。

あそこでああしたとか、そんな感じ。

どこで何をしたのだろう?

「あんたはどこから来たの?」というお決まりの質問もこれまでとはニュアンスが違う気がする。

以前は帰るときはドアまで見送りに来たが最近は手を振るのみ。

ドアの外まで見送りに行こうとしていた頃がもはや懐かしい。

 

 

Posted by roku
認知症 / 13:05 / comments(0) /
日付がわかる人

先週、母を訪問した時、他の入居者さんはリビングのソファに並んで座っていた。

そんなときでも母はひとりテーブルの自分の席に。

以前はみなさんと並んで座っていたときもあったのだけど・・・。

おひとりの方が「今日は5月31日か。明日から6月だ。」とつぶやいておられた。

リビングの目立つところにホワイトボードが置いてあり、日にちと夕飯のメニューが書かれているのだ。

ちゃんとこれを読んでわかっておられるようだった。

母はそういうものに全く興味がなく。

どうなのだろうか?

もちろん認知症だからということはあるが、そもそも昔からそろそろ梅雨だとか、季節の移り変わりに無頓着だったような。

風情がないタイプ?

 

認知症にはいろんなパターンがあるというが母のいるGHでは母が一番重度な気がしてきた。

そんなはずはないのだけど。

母のしたいこと、好きなこと、食べたいもの、楽しみ・・・

なんでもいいから何かみつけたい。

Posted by roku
認知症 / 06:53 / comments(0) /
結婚指輪を外す

今日、母のところへ行ったらスタッフの方から母の指輪を渡された。

指に食い込んでいるので看護師さんが外したそう。

またはめると困るので部屋には置かず、持ち帰ってくださいとのこと。

先日から結婚指輪を外していたときがあったのはそういう訳だったのだ。

わざわざ外していたものをわたしたちは「はめないの?」とまた母の指にはめていたのだった。

確かに母の指は少しむくんでいたし、指輪が食い込んではいた。

けれども祖母もそんな風に食い込みがちでありながらずっと結婚指輪ははめていたからそういうものだと思っていた。

つまり、外したりはめたりしないでずっとはめっぱなしなのが結婚指輪だと。

 

わたしが今日持ち帰ってきた母の結婚指輪。

当然のことをしたまでなんだろうけど気分は沈む。

 

父の写真を見ても「この人は?」と言う母。

晩年の父の顔に見覚えがあまりないらしい。

 

両親にはずっと父と母であってほしいと思う子供の心・・・

 

母の足を触るとふくらはぎ、膝の後ろの下、カチカチだ。

なんとかしてあげたい。

でもどうやって。

 

Posted by roku
つぶやき・その他 / 20:40 / comments(2) /
LL

先週は母の夏用パジャマとLサイズのズボンを購入し母訪問。

パジャマも夏用と言っても半袖じゃない方がいいだろうし、Mなの?Lなの?と散々悩んだ。

ほんと難しい。

 

訪問してみると母はちょうどトイレタイム。

スタッフの方によれば「娘さん来ましたよ」とトイレの中で声をかけたら「え?娘?そんなんおったかな〜?」と言っていたとか。

わたしも忘れられてしまう日がもうすぐ来るのだろうか。

買ってきたLのズボンを試着してもらうとLLでもいいくらい。

母は瘦せ型と勝手に思っていたがどうも違ってきている。

服の上からメジャーで緩めに測るとウエスト88、ヒップは100に迫る。

リハパンを履いているしどう考えてもMは無理だった。なのでこれまでのは全て買い直しだな。

ウエストだけじゃなくふくらはぎなども太め。むくみもあるみたいだけどもともと下半身はがっしり型のようだった。

つまりそれはわたしと同様でわたしの体型は父親似と思っていたが実は母とそっくりなのだった。

次回はLLを買っていくつもり。

 

午後2時からは散歩だったので一緒に出る。車椅子はわたしが押す。

母は外出をあまり好まないようだ。

わたしがいるときは車椅子じゃなくて歩きにしてもらおうかなとも思うが言い出せないでいる。

GHに入居してからあれよあれよと言う間に認知症が進んでいる感じ。足腰の弱り方もスピードアップ。

このままでいいのだろうか?

1週間便秘していたので下剤を使ったようで妹の訪問時には大をもらしてしまい大変だったそう。

サ高住のときは掃除してもいつも便器に軟便がついていたので便秘はしていなかったはず。薬の影響なのかそれとも運動不足からか。

仕事先で1年ぶりに高齢の女性(おそらく母より少し上)とお会いすることがあったのだが一年前よりふっくらとされていた。

太ったというよりは全体的にむくんでいるような。そして歩き方が一年前よりかなり危なっかしくなっていた。

母もしかりである。

だからと言って具体的にどうしたらいいかもわからないし。

GHのスタッフさんもトイレ介助や風呂介助、食事の支度、洗濯など日常業務で手一杯で現状より上向きになるよう何かするということは不可能のよう。

食事のときの席替えがされたようで以前は四人一緒のテーブルだったのが母は二人席に。

食べるのが遅いからテレビから離したということだった。

母のことは気になっても仕事や自分の生活も忙しく日々が慌ただしく過ぎてしまう。

 

 

 

Posted by roku
つぶやき・その他 / 15:28 / comments(0) /
少し早めに母の日

今度の日曜は母の日。

仕事も忙しくて母の日ギフトを選ぶ時間もなく・・・(言い訳)

とりあえず母の日のカードにメッセージを。

カーネーションの絵のカード。立てて飾れるタイプ。

それとどら焼きを買った。昨日訪問して母と一緒に食べる。

最近の母は元気だけど遠くへ行ってしまった感じ。

GHでいろいろなことをスタッフ任せでしてもらうばかりで自分で考えることがないからなのだろうか?

進んでしまったなぁと思う。

トイレ介助のときにズボンがMサイズでは上げ下ろしがしにくいからLサイズを用意するよう再三言われる。

「自分じゃできないから」と言われるのだけど本当は自分でできるはず。時間かければ。

 

昨日は朝は晴れていたのに急な雨にあった。

母のところで洗濯物を出しっ放しにしてきた話をする。

「お母さんなら濡れた洗濯物は洗い直す?」ときくと「せんよ」と言うので大笑い。

今後もどうでもいいわかりやすい話で笑い合おう。

 

なぜか結婚指輪をはずしていた母。

火曜に妹が訪問したときもはずしていたらしい。「はめれば?」と言ってもはめなかったらしい。

わたしも「はめないの?」と母の手に渡したら「そうやねぇ」とはめてはいたが。

はずしたのには何か理由があるのかしら?

Posted by roku
認知症 / 06:43 / comments(0) / 昨年の記事
女子寮的な

先週母を訪問したら他の入居者さんも昼食時のまま席についていた。

わたしが訪問する時間帯は居室で休憩中の時間なのだが最近はみんなリビングに集まっていることが多い。

母も以前は「お母さんのお部屋行く?」と立ち上がっていたけど最近は「あんた来たのかー」とそのまま座っていることが多くなった。

一番自由奔放なM子さんはフロア内を歩き回り、スタッフの事務室の中まで入っていく。

その姿をみてNさんは「そっちは行ってはいけないんだよ。みんなあなたに遠慮して何も言わないけど」と苦言を呈する。

妹の訪問したときによるとみんなで折り紙の屑入れを作っていたときにいい加減で雑な母の折り方をみて「そうじゃない」と他の人から注意されていたとか。

 

老人ホームならもう少し人数が多いだろうけどGHはたったの9人。

母のところは別棟にもうひとつユニットがあって18人だが散歩やイベント以外では9人で過ごす。

認知症の方ばかりだけど、それぞれがキャラクターを活かして役割があるんだろうな。

母はどんな役なのだろう?

妹役なのか?

姉御じゃないことだけは確か。

 

座ってからの立ち上がりが本当に大変になってきたので、もう母に電話をするのは控えることにした。

母からかかってきたときだけにする。電話に出ようと転倒したら困るから。

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 07:08 / comments(0) /