Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
口腔ケア

母は月一で歯科に通っている。

妹が付き添って行ってくれているのだが歯が汚れていると毎回お叱りを受けるそう。

認知症があることも、サ高住に一人暮らしなことも周知なのであるが本人ができないならご家族がケアしてください、と毎回こっぴどく言われるらしい。

で、わたしたちが訪問したときは歯磨きと部分入れ歯をポリデントに浸すことにしたのではあるが。

母の磨き方はいい加減。

うがい、手洗いの習慣もなし。

デイで口腔ケアが大事ということで昼食後に歯磨きはしているはずなのだが。

就寝前、起床後の歯磨きを行ってないとみえ・・・。

認知症のあるひとは皆そうなのだろうか?

着替えをしないこと、歯磨き洗面しないこと、トイレの水を流さないことetc

生命にかかわることではないけれどそのくらいしてくれてもいいじゃない?とうらめしく思う。

食事のときにテーブルの上のティッシュを拝借してくることは絶対に忘れないのになぜ?(母のバッグの中はティッシュがいっぱい)

 

先週、わたしが母のところから帰るとき、玄関まで見送りに出た母が食堂に座ってスタッフとおしゃべりしている方を見て「あの人よーくあそこに座っとるよ。多分二階のお部屋なんじゃないかなぁ」と言っていた。

あ、住人の方のお顔をちゃんと覚えているんだ。

と少し安心した。親しくお話しないまでもあいさつしたり馴染みになって母の暮らしがそこに根付くのならいいなぁと思っている。

だからできるだけ長く今のところにいられるようケアを頑張るしかない。

 

Posted by roku
歯科 / 07:54 / comments(0) /
歯医者でスッキリ
今週は母、歯医者へ。
妹のかかりつけの歯科で一度診てもらおうということになり妹の付き添いで受診した。なんでも車で送迎してくれる親切な歯科クリニックだそう。
受診後、母にどうだった?ときいてみると奥の方の左右の歯を抜いたのだと言う。てっきり定期検診のようなものをするのだとばかり思っていたのでいきなりの抜歯にビビったのではないかと思ったら「スッキリした!」と断言する母。
痛くなかった?と尋ねても「痛くなかった、スッキリした!」と強調。「それはよかったね」「うん、スッキリした!」
やっぱり良い話のフレーズは何度繰り返しきいてもストレスにならない。何度も「スッキリした!」ときいて電話を切った。

昨日は母のところへ訪問。
「お昼がごちそうだった」「箱に入っとった」とのこと。
何かと思えば3月のお誕生会だったようで特別食が出たようだ。箱というのはお重のことかな?母は「ひなまつりやさけぇ」と勘違い。あと月に二度あるロミロミマッサージの出張施術の日だったそうで「マッサージもしてもらった」とのこと。実は2回目で先月もしてもらっていたらしい。こういうちょっとした行事が刺激になるといいな。
昨日は寒かったので散歩に連れ出すのはやめて着替えをさせて洗濯機を回す間にティータイム。そして編み物の続き。
モチーフ編みなのでとにかく繰り返し。覚えるまでには至らないけど前回よりは飲み込みが早い感じ。1時間にモチーフ2個。(わたしと合わせて計4個、先は長い)とりあえずいい暇つぶしにはなっている。

デイの連絡帳を読むと入浴拒否はなくなってきた様子。顔見知りもできたようだ。
妹は母のデイの留守中に掃除洗濯をしにきてくれていてノートに母宛てに書き置きをしている。するとそこに母は返事(のようなもの)を書いていた。日記は続かないようで一週間分ほぼ空欄のまま。
昼間の母はそこそこしっかりもしているしいい感じであるが、夜になると違ってくるようで夜に「○○がない」と電話してくることが増えている。先日もテレビのリモコンがない、と。見当たらないものがあるとすぐに誰かが持って行ったと妄想するのが困り者。
こういうのを物盗られ妄想というのかな。実家にいるときもよくヘルパーさんのせいにしていたっけ。

歯科の方はまだ通院は続く予定。義歯をつくる。歯科からの薬もある。
服薬のことは結局母が自分で管理するのは不可能ということで今月からサ高住で管理してもらうことに。
夜のみの服薬で「飲みましたか?」という声かけだけはサービスでできるというのでお願いしていたがそれでも飲み忘れが多くなってしまったので、有料での服薬管理(この言葉を使っていいのかわからないが)をしてもらうことにした。
本当は母に自分でやることをしてもらいたかったのだが。
薬については次回まとめて書きます。
Posted by roku
歯科 / 09:15 / comments(0) /
レーザー治療
昨日、今年最後の定期検診のため、近所の歯科に行ったroku。
そこで『レーザー治療』についてのポスターを見た。
レーザー治療は痛みもなく、レーザーで止血するので出血も少なくて済み、糖尿病や心臓疾患の方でも安心して治療が受けられますというようなことが書いてあった。
そこで担当医に詳しくきいてみた。

父のことは以前にもその先生に話したことがある。
先日、抜歯の際に飲んでいたワーファリンなど血液を固まりにくくする薬を数日間やめることになったときに、歯科の医師は全ての薬をやめるように指示したが循環器科の医師は全てではなくて一部の薬を停止するようにと勧め、どうするか迷ったこと。結局間をとるような形で一部の薬を少し長めに休んで抜歯したところ、やはりなかなか止血できず、夜に歯科の先生に往診してもらったことなどを話す。するとやはり歯科医の立場からすると出血が多いというのは大変なリスクなので薬は全てやめて抜歯にのぞんだ方が良いという。「循環器科の先生って歯を抜く事をたいしたことではないと思っているんだよねぇ」とおっしゃっていた。
今後も抜歯の可能性はあるのでどうすればいいか尋ねると大げさと言われるかもしれないが総合病院の口腔外科で検査をしながら抜歯した方がよいとのこと。それは決して大げさなことではないのだという。

なんというか医療現場の縦割りみたいなものを感じたrokuでした。
M先生、いつも相談にのってくださってありがとうございます。

Posted by roku
歯科 / 07:52 / comments(0) /
父の入れ歯
父は歯を三本ほど抜いて新しい入れ歯を作った。
私が帰省したときはまだ新しい入れ歯は完成しておらず、仮の入れ歯をしていた。
それは以前のものより装着が簡単そうに見えた。

以前のものは装着にコツがあり、どんなに頑張っても父ひとりでははめることができなかった。上の歯も下の歯も。

だけど今度のはもう少し簡単そう。
上の歯は母が手伝って入れる。
下の歯は自分で入れられる。
部分入れ歯は普通はめるのに両手が必要だ。
もし、総入れ歯なら父はひとりではめられるのでは?と思ってしまう。
歯がなくなっていくのは悲しいけど、でもひとりで装着できるようになるならそれもいいことかもしれない。

ものごとにはいつも二面性があるものだ。
Posted by roku
歯科 / 07:02 / comments(0) / 昨年の記事
血が止まらず・・・
昨日、歯科で歯を3本抜いた父はやはり夜になっても血が止まらなかったそうだ。
歯医者でもし止まらなかったら連絡するようにと言われていたので電話をしたら医師が家まで来てくれて処置してくれたらしい。夜8時くらいまで色々やってくれたそうだ。
親切な先生で良かった。

歯を抜くために血液が固まらないようにする薬を止めるのに医師によって判断が違った。循環器科の先生はバイアスピリンという強い薬とワーファリンの両方を3日ほど止めるように言ったらしいが脳外科の先生はそこまでしなくてもバイアスピリンを止めるだけでいいと言った。「心臓も大事ですしね」と。
悩んだ末、父はバイアスピリンだけを5日止めたところで抜歯したらしい。ワーファリンは服用していたのでやはり通常よりは出血が止まらなかったわけだ。

今後また歯を抜くこともあると思うけどそのたびにこういうことを繰り返すんだなぁ。多少出血が多くても自分の血だから飲んでも大丈夫だしねーと母は言っていたが。

今夜、石川に発ちます。家の中でも杖を使うようになって歯がない父(まだ新しい入れ歯ができていない)に対面するのはつらい気もするけど、行ってまいります。


Posted by roku
歯科 / 12:52 / comments(4) /
父、歯医者へ
今度は父、歯医者へ。
治療というよりは歯のクリーニング。
診察の結果、上の歯が少しぐらついてきたので2ヶ月後に再び来院し、入れ歯を作り直すことになりそうだという。
父の場合、心臓のバイパス手術をして以来、血液をサラサラに流す薬を服用しているので歯の治療など出血を伴う場合はあらかじめ薬を絶っておかねばならない。
歯科の場合は治療が急を要するわけではないので予定がたつが、万が一の交通事故などで手術!となればお手あげである。この薬の件が原因で脳挫傷のときにすぐに手術ができなかったことを思い出す。以前にも書いたが薬の効用が切れるまでは手術できず、だけど普通の人よりは脳内で出血が多くなっている(なんといってもサラサラ血だから)という状況を見守るしかなかった数日間のことは一生忘れないと思う。

2ヶ月後の歯の治療が父の体の負担になりませんように。

そして母は、久しぶりにパンを焼いた!とメールしてきた。
2年ぶりだという。つまりは父の事故以来、はじめてということだ。
そういう心の余裕が出てきた事を喜びたい。

にほんブログ村 介護ブログへ
Posted by roku
歯科 / 07:11 / comments(0) /