Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
歯はそのまま様子見

昨日ケアマネさんから連絡あり。

口内炎は治ってきていて母も痛くないと言っている。

食事も7~8割食べられている。

訪問歯科では治療のため長時間口を開けるなど困難でもあるので奥歯に関してはもうしばらく様子見。

以上の報告あり。

 

少し安心。

でもおそらく7〜8割というのは都合よく多めに見積もった量で、会話も本当はごくわずかなのだろう。

歯科では指示が通らないと思われ、ちゃんと診察できているのかどうか。

それでもウイルスには感染していないし、肺炎にもなっていないし、今いる場所を理解はしていないかもしれないけれど、ひどいことをされる場所だとは思っていないだろうし、暖かいし、お部屋は綺麗で明るい。

なんでもそうだけど現状を受け入れて、そこでやっていくしかないのだ。

 

話は変わるが先日、ネスレのキャンペーンで当選したアイソカル100という飲料だが、土曜にイチゴ味を母に飲ませてみたところ、びっくりするぐらい食いつき良く。手でもってストローで吸う勢いがすごかった。そんなに吸わなくていいよ、と言いたくなるくらい長い時間吸う。

このフレーバーが好みだったかなと思ったがストローの使い方がよくわからなかったのかもしれない。

どっちだろ?

これまでメイバランスを飲ませることが多かったけどあちらは容量が多すぎて飲みきれない。

アイソカルは100mlなので全部飲めた。

成分など詳しく比較してみよう。

Posted by roku
歯科 / 14:05 / comments(0) /
やっとよくなりました

母の口内炎がやっと良くなってきた。

それと同時に食欲の方も少し復活。

今日もお昼の介助をしたがこれまでの中でもかなり食べてくれた方。嬉しい。

今日はおかゆ、マーボー豆腐、春雨サラダ(刻み)、ほうれん草の和え物(刻み)でマーボー豆腐はマイルドなのかと思ったら意外にピリッとしていた。口内炎に滲みるのではないかと母に「滲みる?」ときくと「そうかもしれんね」と言うのでほうれん草をおかゆに乗せて食べさせる。いつもはおかずはほとんど食べないのだけど今日は食べてくれた。

毎週の介助でわたしも少しずつ食べさせ方を学習。

テーブルの高さも低くする。

最初に薬を混ぜた栄養補助食品のゼリーまたはプリンを食べさせるが薬の全量を混ぜると味が変わるので半量にし、残りの半量はおかゆに混ぜる。ゼリーを完食してから食事にかかると食事を食べなくなってしまうので甘いのとちゃんぽんにはなるがゼリーまたはプリンを間に挟みつつのおかゆサービス。

汁物とお茶もあいまに。

これまで水分を全てポカリスエットにされていたので全てではなくお茶も入れてくれるようお願いしたので今日はお茶。

食事にはやはりお茶の方がいいに決まっている。

実際、母もお茶に変えても飲んでくれる。

 

今日もヨーグルトを持参し、ビタミンBサプリの砕いたもの少量を混ぜる。ヨーグルトのカップ1/3くらいを食べてくれた。

ビタミンCも摂った方が良かろうと午後の紅茶レモンティーも少し飲んでもらう。ホットレモンでも良かったが滲みるかと思ってレモンティーにした。ボトルにはレモン1個分のビタミンCとある。ほんの3〜4口程度だが。

こうやって少しでも食べてくれるなら差し入れで色々考えることもできる。

わたしの分のサンドイッチの端っこもパクッと食べる。やわらかいパンでマヨネーズがついてたりするからおいしく感じるのかも。

母が食べてくれるだけでこんなにも幸せになれる。こんなにも明るくなれる。

食べてくれる日とそうじゃない日の帰り道の足取りがなんと違うものだろう。

 

それにしても新型ウイルス・・・。

神奈川でも感染者は出ているしクルーズ船は横浜だ。新型じゃなくてインフルだって感染したら大変だ。

老人ホームへの面会は気を遣う。手洗いうがいは入念に全ての訪問者にお願いしたい。

Posted by roku
歯科 / 16:26 / comments(0) /
なかなかよくならない口内炎

母の口内炎が心配で先週は月曜にも面会に。

少しだけ良くなったように思えたけれど食事量は少ないまま。

面会は2時半頃にしたのでおやつ前ということでヨーグルトを買っていってそれにDHCのビタミンBミックスを細かく砕いて混ぜて食べさせてみる。ヨーグルトは食べやすいようで半分くらいをぺろり。その分、おやつは進まなかったが。

おやつはアンパンを8ミリ角くらいに切ったものを提供されたがあんが少なくお味はいまいち。

 

木曜は母の誕生日でもあったのでお花のブーケ(イミテーション)と新しいカットソーをプレゼントに。

喜んでくれるのは一瞬。

でも昼食はこれまでより食べてくれたので少しだけホッとした。

しかし、やはりさらに痩せたと思う。

朝食はパンがゆ、昼食は麺類か丼、夕食はその時間に面会に行ったことがないので不明。

おかずはほとんど食べていないと思うので炭水化物ばかり。もちろんそれも必要ではあるが。

パーキンソン病の薬などより、ビタミン剤などの方が必要なのではないだろうか?

食事が進まないときでも先日から栄養補助食品のゼリーやプリンは完食しているとはきいているがそちらもタンパク質は含まれているものの、ビタミン類はなし。カロリーも150キロカロリー程度。

柔らかいものばかり食べるからより一層噛まなくなって唾液も出ないし溜め込みが多くなるのではないかとも思われる。

繊維質も足りない、鉄分も何もかも足りない。

散歩や日光浴もないから骨も弱くなる。なのに骨粗しょう症の薬をやめようとしているのはNGなのだろうか?

 

メマリー、レスリンをやめていくらか経つが母にそれほど変化がない。

あいかわらずウトウトもするし、凶暴になるということもない。便通が良くなったというわけでもなく。

大きな変化はあの年始の覚醒のみ。

だけどやっぱり覚醒の日が増えた感じはある。

希望を持ち、常に優しい目で接していられたら。

たいしたことはできないけれど精一杯母の笑顔のために尽力したい。

お誕生日おめでとう。

Posted by roku
歯科 / 14:57 / comments(0) /
口内炎

せっかく少し食事をしてくれるようになったと思っていた母だが3日ほど前から口内炎ができていた。

今日訪問してみると下くちびるに大きな白いただれ。上くちびるも腫れている。スタッフによると3つくらいできてしまったらしい。

火曜の訪問歯科で塗り薬を処方してもらったそうだ。

抜歯の件と因果関係はないとのこと。

 

歯磨きは歯ブラシではなくスポンジなので歯磨きの際に傷がついたのではないと思われるとのことだが口腔ケアちゃんとやってもらえているのだろうか?

そもそもちゃんと口を開けてはくれないだろうし。

そういう訳で食事は1割程度しか食べていないという。

今日の昼食も介助したがそんな感じ。

しかし、わたし用のコンビニサンドイッチをちぎって差し出すと左手を出して手に取り、パクッと食べた。

小さな3切れだけだけど。でも自分から食べるのは食べたいからでしょう。

そのことをケアマネさんに話して朝食がパンのときがないのか?ときいてみると週に1回で母はパンがゆだとのこと。

あのまずいやつだ。

かといって普通のパンにしたところで完食するわけでもなさそうだし。

できた口内炎は母の栄養状態ではすぐに治らないのではないだろうか?

ポカリスウェットばかり飲まされているけれどベトベトするしお茶の方が殺菌力あるのではないだろうか?

でもお茶だと飲まないともきく。

なんでできたんだろう?

先週はとても調子よかったのに。

 

悪循環が止まらない。

骨折から歩かなくなり、運動一切しないので便秘。排便は完全に薬。

食事をしないので栄養状態悪く一層動きが悪くなる。

散歩もないし日光に当たらないし歩かないので足の振動もなく骨は弱くなる一方。

そして口内炎。ビタミンBだって全く足りていない。

 

レスリンをやめたけど今日も食後はウトウト。

メネシットも眠くなる薬なのだろうか?

それでも会話は前よりもある。反応も。

昨日妹が訪問したときは会話がたくさんあったという。

左手もよく動いて右手のかわりに使うようになった。

どうかどうか母の口内炎が早く治りますように。滲みたり痛みがありませんように。

泣きたくなるようなことばかりが次々と起こる。

Posted by roku
歯科 / 18:51 / comments(0) /
歯医者さんできいた話

昨日久しぶりにかかりつけの歯医者さんに行った。

虫歯ではなく定期検診。しかし、12月くらいから奥歯の歯茎が腫れていて痛かった(歯ブラシで傷ついたのかなと思っていた)ので腫れが引いてから行こうと伸ばし伸ばしになっていてやっと今頃の受診だった。

診察の結果、思っていたより事態は深刻で歯並びの良くないわたしのかみ合わせの悪さが原因で奥歯にばかり負担がかかり顎の骨から歯が海に浮かぶ船のように浮き始めていたとのこと。簡単に言えば歯周病ということになるのだろうがこれ以上悪化すると抜歯しなくてはいけないらしい。ということは部分入れ歯?

ちょっとショックだった。

削って噛み合わせを調整し化膿止めの薬を注入し、飲み薬で抗生物質を処方された。腫れの方は一日でずいぶん引いた感じ。

診察のときに母の抜歯について質問してみた。

するとやはり現在痛みがないなら抜歯はお勧めできないとのこと。

こちらの先生も高齢の方の訪問診療をやっておられるそうでそれまで痛みがなかったのに抜歯がきっかけで痛みを常に訴えるようになる人もいるとのこと。麻酔を打つときの痛みなどがきっかけになるそうだ。

重度の認知症の場合、治療ということを理解できないので嫌な思い出だけが残るということなのだろうか?

そして骨粗鬆症のお薬を飲んでいる場合だと顎の骨が弱くなるので(10万人にひとりとは言われているが)今後の歯のことも考え、薬もやめた方がいいとのアドバイスだった。

骨粗鬆症の薬と顎の骨の関係と抜歯について→

母はもう7年以上は飲んでいるはずなのでやめた方が良さそう。

薬の威力が半減するまでにやめてから2年かかるという話もあった。強い薬なんだな。

あと母の担当医が詰め物だけ取って放置したことについてはセメントじゃなくても詰めるものはあるのでそれは言って詰めてもらう方が良いとのこと。普通はそうだと思うのに何でそのまま様子を見るなどと言ったのだろうか?

老人ホーム選びのときのポイントとして色々あげられるがどこの病院と提携しているかということは大事なポイントかと思う。

しかし、評判のいい病院は外来の患者さんでいっぱいで老人ホームへの訪問診療などしていないだろうしなぁ。

昨年の今頃は施設探しをしていたのだが母は車椅子だったけれど持病はなく元気だったので提携病院のことは一応調べたもののあまり重要視していなかった。往診でまかなえる程度の病気(風邪など)しか考えていなかった。でもこの先いろいろな症状がでてくるかもしれない。通院や入院・・・。そういうときにここの提携病院でいいのか?と本気で問うて施設選びをしなくてはいけなかったんだな。その判断は難しいことではあるけれど。

 

Posted by roku
歯科 / 07:14 / comments(0) / 昨年の記事
詰め物が取れただけ

抜歯を勧められたが積極的になれずもう一度訪問歯科医に抜く必要があるのかどうか問い合わせた件についてケアマネさんから連絡をもらう。

グラグラしていたのは歯の詰め物でそれを取ったので抜歯の必要なし、とのこと。

詰め物=セメントの寿命は10年くらいでそれを取った。

そのまま様子をみるとのこと。

 

抜歯をせずに済んだのは良いのだが詰め物が取れた状態で放置していいものかどうか?

そこから滲みて痛みがあったりしないものだろうか?

問い合わせしなかったら抜歯が行われていたわけでなんだか釈然としない。

偏見かもしれないけれど、内科医にしても歯科医にしても老人ホーム専門の訪問医って開業医に比べてレベルが・・・と思ってしまう。

 

母は歯の治療時も嫌がらず口を開けたようで、あとから痛むかと何度か聞かれたときも「私が痛くないというのだから痛くないに決まっている」と答えたという。

その日は発語が多く、昼食も夕食も完食したそう。

本当なのかしら?って思うくらいわたしが面会する母とは違う。

今週は予定変更で木曜じゃなく金曜に面会に行く。曜日を変えれば覚醒しているかなと大いに期待して。

Posted by roku
歯科 / 07:32 / comments(0) /
口腔ケア

母は月一で歯科に通っている。

妹が付き添って行ってくれているのだが歯が汚れていると毎回お叱りを受けるそう。

認知症があることも、サ高住に一人暮らしなことも周知なのであるが本人ができないならご家族がケアしてください、と毎回こっぴどく言われるらしい。

で、わたしたちが訪問したときは歯磨きと部分入れ歯をポリデントに浸すことにしたのではあるが。

母の磨き方はいい加減。

うがい、手洗いの習慣もなし。

デイで口腔ケアが大事ということで昼食後に歯磨きはしているはずなのだが。

就寝前、起床後の歯磨きを行ってないとみえ・・・。

認知症のあるひとは皆そうなのだろうか?

着替えをしないこと、歯磨き洗面しないこと、トイレの水を流さないことetc

生命にかかわることではないけれどそのくらいしてくれてもいいじゃない?とうらめしく思う。

食事のときにテーブルの上のティッシュを拝借してくることは絶対に忘れないのになぜ?(母のバッグの中はティッシュがいっぱい)

 

先週、わたしが母のところから帰るとき、玄関まで見送りに出た母が食堂に座ってスタッフとおしゃべりしている方を見て「あの人よーくあそこに座っとるよ。多分二階のお部屋なんじゃないかなぁ」と言っていた。

あ、住人の方のお顔をちゃんと覚えているんだ。

と少し安心した。親しくお話しないまでもあいさつしたり馴染みになって母の暮らしがそこに根付くのならいいなぁと思っている。

だからできるだけ長く今のところにいられるようケアを頑張るしかない。

 

Posted by roku
歯科 / 07:54 / comments(0) /
歯医者でスッキリ
今週は母、歯医者へ。
妹のかかりつけの歯科で一度診てもらおうということになり妹の付き添いで受診した。なんでも車で送迎してくれる親切な歯科クリニックだそう。
受診後、母にどうだった?ときいてみると奥の方の左右の歯を抜いたのだと言う。てっきり定期検診のようなものをするのだとばかり思っていたのでいきなりの抜歯にビビったのではないかと思ったら「スッキリした!」と断言する母。
痛くなかった?と尋ねても「痛くなかった、スッキリした!」と強調。「それはよかったね」「うん、スッキリした!」
やっぱり良い話のフレーズは何度繰り返しきいてもストレスにならない。何度も「スッキリした!」ときいて電話を切った。

昨日は母のところへ訪問。
「お昼がごちそうだった」「箱に入っとった」とのこと。
何かと思えば3月のお誕生会だったようで特別食が出たようだ。箱というのはお重のことかな?母は「ひなまつりやさけぇ」と勘違い。あと月に二度あるロミロミマッサージの出張施術の日だったそうで「マッサージもしてもらった」とのこと。実は2回目で先月もしてもらっていたらしい。こういうちょっとした行事が刺激になるといいな。
昨日は寒かったので散歩に連れ出すのはやめて着替えをさせて洗濯機を回す間にティータイム。そして編み物の続き。
モチーフ編みなのでとにかく繰り返し。覚えるまでには至らないけど前回よりは飲み込みが早い感じ。1時間にモチーフ2個。(わたしと合わせて計4個、先は長い)とりあえずいい暇つぶしにはなっている。

デイの連絡帳を読むと入浴拒否はなくなってきた様子。顔見知りもできたようだ。
妹は母のデイの留守中に掃除洗濯をしにきてくれていてノートに母宛てに書き置きをしている。するとそこに母は返事(のようなもの)を書いていた。日記は続かないようで一週間分ほぼ空欄のまま。
昼間の母はそこそこしっかりもしているしいい感じであるが、夜になると違ってくるようで夜に「○○がない」と電話してくることが増えている。先日もテレビのリモコンがない、と。見当たらないものがあるとすぐに誰かが持って行ったと妄想するのが困り者。
こういうのを物盗られ妄想というのかな。実家にいるときもよくヘルパーさんのせいにしていたっけ。

歯科の方はまだ通院は続く予定。義歯をつくる。歯科からの薬もある。
服薬のことは結局母が自分で管理するのは不可能ということで今月からサ高住で管理してもらうことに。
夜のみの服薬で「飲みましたか?」という声かけだけはサービスでできるというのでお願いしていたがそれでも飲み忘れが多くなってしまったので、有料での服薬管理(この言葉を使っていいのかわからないが)をしてもらうことにした。
本当は母に自分でやることをしてもらいたかったのだが。
薬については次回まとめて書きます。
Posted by roku
歯科 / 09:15 / comments(0) /
レーザー治療
昨日、今年最後の定期検診のため、近所の歯科に行ったroku。
そこで『レーザー治療』についてのポスターを見た。
レーザー治療は痛みもなく、レーザーで止血するので出血も少なくて済み、糖尿病や心臓疾患の方でも安心して治療が受けられますというようなことが書いてあった。
そこで担当医に詳しくきいてみた。

父のことは以前にもその先生に話したことがある。
先日、抜歯の際に飲んでいたワーファリンなど血液を固まりにくくする薬を数日間やめることになったときに、歯科の医師は全ての薬をやめるように指示したが循環器科の医師は全てではなくて一部の薬を停止するようにと勧め、どうするか迷ったこと。結局間をとるような形で一部の薬を少し長めに休んで抜歯したところ、やはりなかなか止血できず、夜に歯科の先生に往診してもらったことなどを話す。するとやはり歯科医の立場からすると出血が多いというのは大変なリスクなので薬は全てやめて抜歯にのぞんだ方が良いという。「循環器科の先生って歯を抜く事をたいしたことではないと思っているんだよねぇ」とおっしゃっていた。
今後も抜歯の可能性はあるのでどうすればいいか尋ねると大げさと言われるかもしれないが総合病院の口腔外科で検査をしながら抜歯した方がよいとのこと。それは決して大げさなことではないのだという。

なんというか医療現場の縦割りみたいなものを感じたrokuでした。
M先生、いつも相談にのってくださってありがとうございます。

Posted by roku
歯科 / 07:52 / comments(0) /
父の入れ歯
父は歯を三本ほど抜いて新しい入れ歯を作った。
私が帰省したときはまだ新しい入れ歯は完成しておらず、仮の入れ歯をしていた。
それは以前のものより装着が簡単そうに見えた。

以前のものは装着にコツがあり、どんなに頑張っても父ひとりでははめることができなかった。上の歯も下の歯も。

だけど今度のはもう少し簡単そう。
上の歯は母が手伝って入れる。
下の歯は自分で入れられる。
部分入れ歯は普通はめるのに両手が必要だ。
もし、総入れ歯なら父はひとりではめられるのでは?と思ってしまう。
歯がなくなっていくのは悲しいけど、でもひとりで装着できるようになるならそれもいいことかもしれない。

ものごとにはいつも二面性があるものだ。
Posted by roku
歯科 / 07:02 / comments(0) / 昨年の記事