Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
食事と言葉の力

先日このブログで紹介した『栄養と料理』で認知症に向き合うヒントを書かれたフードライター大久保朱夏さんと彼女のお母様の主治医の園田氏のトークイベントが開催されたので参加してみた。

トークイベントのタイトルは『認知症はよくなる〜「あきらめてはいけない」と教えてくれた食事と言葉の力〜』

100名を超える申し込みがあったそうだ。

まず最初に会場に来たひとたちがどういう立場なのかを当てはまるものに拍手してくださいということで軽くアンケート。

家族や知人などに認知症のひとがいる方・・・・パチパチパチ(わたしもここで拍手)

介護のお仕事をされている方・・・パチパチ

ご自分が将来、認知症になったらと・・・パチパチパチパチ!

そういえば会場の年齢層は高めだった。

実際に介護中だとこういった集まりに参加すること自体難しいですもんね。

 

まずは園田氏より認知症の種類についてのお話があったのだが、アルツハイマー型、前頭側頭型など周知の分類の他に『大脳皮質基底核変症候群』というものを紹介された。これは初めてきいた。

いくつか特徴をお話いただいたが母に当てはまるものも多かった。

甘い物が好き、KY(空気読めない)、身だしなみを気にしないなど前頭葉症状と呼ばれる症状である。

この三つはどれも、もともとの母の性格とも思っていたけれど、認知症かな?と思い始めた頃より少し前あたりから目立ってきたことのように思えてきた。つまり、10年ほど前くらいから母の症状は出始めていたのかな?

むくみの左右差や鏡像運動なども特徴らしいのでもっと母を観察してみようと思った。

帰ってきてからこの大脳皮質基底核変症候群について検索してみると症候群としてはヒットせず「大脳皮質基底核変症」という難病(?)がヒットする。そんな中、興味深い脳外科医のブログも発見。コウノメソッドを実践しているらしいので時間のあるときに読んでみようと思う→

 

朱夏さんの体験談を中心にトークイベントは進む。

昨年、初めて園田医師を受診したときは相当ひどい状態だったそうでその原因は薬の副作用だったようだ。

火に油を注ぐような薬の投与だったと。

薬を変えることで徘徊などの問題行動は改善し穏やかになられたようだ。もちろん、穏やかになられたのは薬だけではなく、食事と言葉の力。

で、気になるその薬のこと。

園田医師にかかる前に服用していたのはドネペジル5mgと抗うつ剤だそう。

これって多くの認知症の患者さんに普通に処方される薬ですよね。母も2014年8月から現在までドネペジルとレスリン(抗うつ)を服用し続けている。

不安になる。

認知症の症状は百人百様なのに薬はみな一緒?

2014年8月のCTやMRIによる検査の結果、前頭側頭型ではないかと診断されたけど医師からは治療法(薬)はアルツハイマー型と同じですと言われた。2015年1月、父の葬儀後、母のもの忘れがひどくなったと感じたので薬を倍量に。そして現在に至る。

石川から神奈川に移り、かかりつけ医が変わったがその医師はそのまま様子をみましょうということでこれまでと同じ服用をしている。抗うつ剤のおかげかうつのような症状はなく概ね明るく元気な母。

だけど夕方症候群のようなものはある。

わたしも妹も母とは会ってはいるけれどまる一日をずっと過ごしているわけではないので夕方から夜にかけての母は電話でしか知らない。旅行とかでずっと一緒に過ごす機会を作った方がいいかもなぁ。

 

朱夏さんの体験談の中でいいなと思ったのはその日の元気度のお話。今日は元気度何%?とお母様にきくのだという。

そしてその数字がどんどんあがっていく喜び。

わたしも一年くらい前まではいろんなことができなくなっていく母に苛立つばかりだったが、最近は受け入れることがだんだん出来て来た気がする。母の状態はむしろ悪くはなっているけれど、会話はいい感じでできることが多くなってきた。

○○がない!と電話がかかってきたときも「もう夜だからこれからそっちには行けないし、一緒に探してあげられなくてごめんね」と言うと母は「なくても大丈夫や」と言ってくれる。

最近、入れ歯がない!という電話が多くて「おかあさんのお口に入ってるよ!!」と言うと「はいっとらん!」の一点張りで気を悪くするのだが「一緒に探してあげたいけど今日は行けないからごめんね」というと無くてもご飯食べられるからいいのやけどと落ち着く。これも言葉の力。

「認知症はよくなる」、このタイトルの言葉の力は頼もしい。

治る病気ではないけれど、でもよくなるのだ。あきらめてはいけない。

そしてあきらめてはいけないのは何も認知症だけではない。

 

そんな思いを胸に会場をあとにした。

 

 

Posted by roku
セミナー、講習会 / 07:55 / comments(2) /
銀行の介護セミナー
 昨日、ポスティングされていたチラシに銀行で開催される介護セミナーのお知らせがあった。
テーマは『超高齢化社会に潜む大きなリスク〜介護リスクに対する、今できる備え』とある。
内容は『長寿化の備えととしてますます必要となる「介護の備え」について具体例を交えて分かりやすく説明します』とのこと。
「介護セミナー」とあったからムムム・・・と反応したrokuですがこれってお金の話?

チラシをよくみると注意書きに『本セミナー終了後、または後日、商品の勧誘を行うことがあります。また、取り扱い商品のうち、一部の商品は元本を下回るおそれがあります。云々・・・』とあった。やっぱりお金の話でした。
老後の備えとして介護にかかる費用を考えとかなきゃいけないから生命保険とか金融商品についての勉強をすべし!みたいな話でしょうか。

うっかり釣られるとこでした。
いつもろくすっぽ見ずに捨ててしまうチラシに目を通したのはやはり「介護」の二文字があったから。「介護」という言葉はこんな風に客寄せとしてもかなり有効に使われているんだなと思ったのでした。

最近、両親祖母をみているうちに自分たちの老後の方が心配になってきているrokuです。とりあえず両親祖母は年金、預金でなんとかなるもんなぁ・・・。
どうする?自分たち?

セミナー行った方がいいのかしらん?


Posted by roku
セミナー、講習会 / 07:34 / comments(0) / 昨年の記事
車椅子講習会その4 給食
さて、車椅子講習会のシメは給食の試食。
ここでいう給食とは高齢者の方に宅配しているお弁当のこと。市のかなり厳しいという基準を満たせば宅配してもらえるというこのお弁当。試食した感想をアンケート用紙に記入してくださいということだった。

温かいものを温かいままお届けできるようにとランチジャーに入れられていたお弁当。ランチジャーのフタがとても開けにくかった。お年寄りには開け方の分からない人もいるそうだ。ごはんやおかずの入れ物のフタも開けるのにある程度の力がいる。お味噌汁もこぼれないようにするためしっかりとフタを閉められている。実際、「フタが開かない」と電話がかかってくることもあるそうだ。開けられないという人には届けたスタッフが開けてあげたりしているんだそうだ。
ご飯は少し柔らかめに炊かれていて量は多め。主菜は鮭と付け合わせのたけのこ。鮭は少々油ぽい。副菜は卵焼きと水菜の和え物、パインの切ったもの。みそ汁の具はエノキ。味付けは少々しょっぱめ。そして保温容器に入れられていた割にはあまり温かくなかった。
コンビニのお弁当よりはお年寄り向けかなとは思うけど可もなく不可もなくという感じ。

そしてアンケートでこれに値段をつけるとしたら?という質問があった。うーん、¥500くらいなのかなぁと思ったができればもう少し安い方が頼みやすいと思って¥450と記入してみた。アンケート用紙を回収したあとで告げられた実際の値段は¥600。
ちょっぴり割高感を感じてしまったのは私だけ?
この金額には宅配料も含まれている訳だし、そこには安否確認という重要な役割も含まれているのでこの価格は仕方ないかないかなぁとは思うのであるが。
このサービスは赤字の状況なんだそうだ。多いときで1日80食宅配しているというお話だったが、もう少し基準を緩くして誰でも頼めるようにして価格も低めにすればたくさんの注文が入るのではないかと思うのだけどどうなのだろうか?やっぱりワンコイン(¥500)がいいな。だったら私も頼みたい。

以上が講習会の報告です。いろいろ為になったし、昼食までごちそうになって無料だったので申し訳ないくらい。またこういう講習会があったら積極的に参加したいと思います。
Posted by roku
セミナー、講習会 / 07:29 / comments(0) / 昨年の記事
車椅子講習会その3 介護用ベッド
講習会では介護用品レンタル会社の方がベッドについて説明してくださった。
CMなどでおなじみのパラマウントベッド。

介護用ベッドは高さの調整ができ、背もたれが起き上がり、足部分も持ち上がる3つの機能を持つもの(3モーターと言うそう)が一般的になるつつあるそう。(確か父のものはマットの足部分は持ち上がらなかったはず←2モーター)
それぞれの機能はリモコンでコントロールできる。上がる、下がるは矢印とイラストで示されている。なるほどなぁと思ったのはらくらくモード。
背もたれを起こしてゆくと寝ていた人はずるずると下に落ちてしまうのである程度起こしたら、足の部分も上げていった方が良い。マットレスがちょうどひざの下のところで折れ曲がってひざで体が止まってずり落ちるのを防ぐことができるのだ。これまではリモコンのボタンを頭部分を上げるのと足部分を上げるのをそれぞれ別に押していたのがこのらくらくモードボタンを押せば、ちゃんと時間差で背もたれが少しあがったら、足の方が上がってくれて、固定されたのちさらに背中の角度をあげてゆけるようになっている。もちろん下げるときも同じように頭と足が連動して動いてくれるのだ。

そして転落防止の柵や、立ち上がりのときに役立つ手すり(介助バー)などのオプションについても詳しく説明してくださった。
ここで参加者からの質問がこのような高機能のベッドがどれだけ高価なものかという疑問を含みつつ、『レンタル料はおいくらくらいなのですか?』と出る。『色々条件にもよりますが介護保険利用で一ヶ月¥1200程度だと思います』との回答に一同、ざわめく。そんなにお安いの?!という反応である。やっぱりレンタル料についてとかあまり知られてないのですね。
それから『この上に敷き布団敷くんでしょ?』という声も。
いいえ、マットレスのままです。
母くらいの年代の人ってベッドの上に布団を敷くという感覚を持っている人が多い。それをやっちゃうとベッドを起こしたときに布団がずり落ちてしまうではないか。
ベッド選びのポイントでは硬めのマットがいいとのこと。安静時なら柔らかいものが良いが通常は硬めの方が動きやすく体が沈まない方が良いのだ。目安としては『安心して歩ける硬さ』なんだとか。

ところで私も父がレンタルして初めて知ったのであるがベッドはレンタルだがマットレスは買い取りなのである。マットレスなど直接肌に触れるようなものは衛生上レンタルにはならなかったはず。ポータブルトイレやお風呂のシャワー用椅子なんかもそう。確かに気分的に使い回ししたくないですもんね。
Posted by roku
セミナー、講習会 / 07:05 / comments(0) /
車椅子講習会その2 移乗
車椅子体験のあとはベッドから車椅子への移乗のレッスン。
左麻痺で割合自分で動ける人という設定でその人を車椅子に乗せるところまでをやってみることに。ベッドから立つときはなるべく浅く腰掛けてもらい、足は体に近いところに引き寄せて「おじぎをするように立ってください」と言ってあげると楽に立てるとのこと。このときに膝がカクッと折れてしまう人が多いので介護者がひざを手のひらで支えてあげると良いそうだ。
これならできそう。

さらにほとんど自力では動けず寝たきりの人を移乗させるパターン。
ベッドの背もたれをリモコンで立ち上がらせて体ごと起こしてからという手順。膝を立てて腕を組んでもらってから抱える。体の表面積を少なくした方が良いからこんな風に体をコンパクトにしてもらうらしい。しかし、私たちシロウトには重くて体を持ち上げることはできなかった。
介護の仕事ってほんとに腰が大事なんだなーとしみじみ。
父が今よりさらに動けなくなったとき、母の力ではもうどうしようもなくなるということが良くわかった。

おじぎをするように立つというのは座るときも同じで「おじぎしながら座ってください」と声掛けすればドスンとならないで座れるとのこと。そういえばこの前帰省したとき病院から帰ってきた父がクツを脱ぐために椅子に座るとき、ドスンと勢いをつけて座るのが気になった。以前はそんなことはなくて最近そんな風になったらしく、以前はなかった衝撃を吸収するためのドーナツクッションを椅子の上に置くようになっていた。「おじぎ」のこと早速母に伝えることにする。

当たり前のことだけど大切なポイントについて。
必ず○○しますよーと声をかけてからやること。
移乗のとき、車椅子のブレーキをかけておくこと。
 
Posted by roku
セミナー、講習会 / 07:19 / comments(0) /
車椅子講習会その1 車椅子体験
車椅子講習会に参加してきた。
短い時間だったけど有意義だったので何回かに分けてご報告します。

老人ホームの地下会議室に集まったのは20数名。母くらいの年代の女性がほとんど。(65歳以上?)男性は3名ほど。わたしと同じくらいかなと思われる女性が1名。
きけばわたしのような一般の参加者は少ないらしく関係者が多かったらしい。この老人ホームでボランティアをなさっている方などは皆さん顔見知りのようだった。
この施設の施設長の長ったらしい挨拶で開幕。
その後、介護用品レンタル会社の営業の方が介護用ベッドと車椅子について説明してくださる。
車椅子の種類について。
自走式と呼ばれる自分で車輪を回すもの、そして通常病院などで使用されている介護式車椅子、それからそれにさらに機能を付け加えたもの(これは介護保険利用のレンタルでよく使われるとのこと)、そしてパーソナルチェアのようなリクライニング車椅子。これは背もたれを完全に倒すとベッドのようになり、ストレッチャーとしても使える。完全に寝たきり状態の人を移動させるのに使用するらしい。
そのあと3つのグループに分かれて講習が始まった。

まずは車椅子に乗ったり、押したりの体験から。
廊下を車椅子で移動する。最初に自走式の車椅子に乗ってみた。外側の車輪を手で回しながら進むのであるが左右をコントロールするのが難しい。途中、直径3センチ程度の竹竿が床にガムテープで固定されており、それを段差と考え、乗り越えるのであるが乗り越えることができなかった。少し後ろへ下がって勢いをつけてやるといいらしいがダメだった。段差とも呼べないような段差だったのに。
次に一番重いリクライニング車椅子に人を乗せ、押してみた。竹竿の段差のところでは後ろにあるペダル(ティッピングレバー)を足で踏んで前輪を上げて越えるのであるが踏んでも車椅子が重くてびくとも動かない。ここでも全く段差は越えられなかった。
多少コツや慣れが必要なんだろうけど、母が歩道の段差が越えられなかったというのがよくわかった。わたしにも自信ないもの。

車椅子体験の次はいよいよベッドから車椅子への移乗のレッスンである。
つづく。


Posted by roku
セミナー、講習会 / 13:38 / comments(0) / 昨年の記事