Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
訪問マッサージ

先週金曜は訪問マッサージの初回お試しということでわたしも見学に。

以前のGHのときにお世話になっていた訪問マッサージの会社で今のホームに近い事業所にお願いすることになった。担当者は変わってしまうが料金などは同じ。

初回ということもあり、丁寧にみてもらえた。

母をベッドに寝かせて両足の可動域を見ていく。

骨折した左足に硬さがあるようだ。しかし、筋肉はちゃんとありますとのこと。そんなにやせ細ってはいないと太鼓判を押してもらう。

なかなか指示が伝わらない部分もあるがちゃんと通じるときもあり。

右手がぐっと握れなくなったとわたしが説明し、みてもらったときは母は「なんでこんなになったやろうね、力が入らんがや」と自分でもこぼす。ちゃんと以前より動かなくなったことを認識していたのだ。

ベッドに座り、かかとやつま先の上げ下げは先生のやる通りにちゃんとできる。こんな簡単なこともできない日もあったので嬉しい。

足を水平にあげてキープするのは支えてもらえないと下がってきてしまっていたが、これは回を重ねていけばできるようになりそうな気がした。

肩こりはあまりない様子。しかし、腕はあまり上がらない。特に右腕。

ベッドに座った状態からの立ち上がりは浅く座って両手を持ち、向かい合わせでいちにのさん!と掛け声をかけるとできた。

時間をかけてやればできるのだ。

スタッフによるベッドから車椅子の移乗のときは抱き合う形でズボンの後ろの腰のところをつかまれ、何がなんだかわからない感じで「ひゃ〜」と小さな叫び声をあげながら車椅子に誘導される母。怖いのだと思う。

あとベッドについている立ち上がりのための手すりが右手仕様になっているのであれを左手で使えるようにしたら自分でも立てるのではないかと思われた。

しかし、ホームでは時間がないのでスタッフが本人の意思とは関係なくサッサとやってしまう。

でもこれもしかたのないことかもしれない。ひとりひとりに時間をかけられないから。

ならば訪問マッサージでお願いしよう。

ということで週二回お願いすることにした。

土日はお休みということなので月~金の間に個別リハ1回と訪問マッサージ2回。午前は火金が入浴。隔週で水曜往診。

家族の訪問は暇な土日の方がいいのかな。

 

訪問マッサージが終わったあとしばらくはベッドに座った母とおしゃべり。

しかし、どんどん右に傾いていってしまう母。ほとんど倒れる寸前。戻そうとしてもなかなかまっすぐにならない。

傾くのはレビー小体型認知症ときいたこともあるがどうなんだろう?

帰る時間になったのでナースコールでスタッフさんを呼び、車椅子へ移乗させてもらう。小さな悲鳴をあげ苦労して車椅子へ。

 

訪問マッサージは昨年の夏から10か月ほど利用しているが母にはそれほど変化はないのであまり期待するのもなんだが、それでも初めて見学してみて良い感触だった。向上するのは難しいにしても現状キープには役立つだろう。

運動嫌いな母にはありがた迷惑かもしれないが頑張ろうね、お母さん。

Posted by roku
リハビリ / 08:00 / comments(0) /
リハビリ見学

入居したホームは週一回20分程度のリハビリをしてくれる。

見学をさせてくれるというので昨日妹と見に行く。

リハビリ専用の機能訓練室がある二階フロアへ。母が入居したのは一階の認知症フロア。二階は介護度が重めや医療が必要な人のフロア、三階が比較的自立している人のフロアである。

二階では入居者の方々が食堂のテーブルに集まって歌詞カードを見ながら「千の風」を歌っていた。指揮をとるスタッフはいなくて入居者さんたちのみの自主練状態。スタッフはひとりのみでナースステーションで何やら作業中。

ちょっと不思議な光景だった。

二階の部屋に空室が出たら二階に転居したいという希望もあったのだけど、母には二階は無理かなぁ。

 

リハビリはまずは温めから。腰には温パッドを当て、つま先にはライトのようなものを当てて温める。

そうしながら足の曲げ伸ばしをする。痛みがあるかや動きを見ている様子。

先生は30代くらいの太った男性。童顔なので優しそうに見える。

母の表情をしっかり見てくれているので母が痛いと言わなくても痛いかどうかわかってくださっているようだった。

膝の動きは悪くなく、むしろ痛がったのは骨折していない右足の指。薬指か中指あたりを触ったときに痛がっていた。これはわたしたちも気づいていなかった。

そのあと肩をまわしたり腕をあげたり。

一人暮らしの頃から右肩が痛くて上がらなかった。右をあげようとしたときに痛いと言う前に先生は「ここは痛いね。こわばってるもんね」と母が無意識に上げたくないと身体が拒否っていることもわかってくださっていた。

それでもゆっくり動かしてもらううちに痛がらずにそこそこ手も上がっていた。

肩の痛みよりも右手の指の方が触ると痛がっていた。

これは最近、わたしも気になっていたこと。右手が震えたり、ぎゅっと握れないことでご飯も一人で食べなくなった。

原因はなんだろう?先生も「どうしてかな〜」とつぶやいておられた。

やはり認知症で箸の持ち方を忘れてということではなくて手が痛くて使えないから食べなくなったのか?

 

ともかくリハビリはしてもらえて良かった。

母も嫌がっている様子ではなかった。

お天気のいい日は屋上の庭園にも連れていってくれるそうだ。

早く暖かくなるといいな。

Posted by roku
リハビリ / 08:35 / comments(0) /
車椅子で移動

手術翌日は微熱もありほぼ寝ている状態だったようだ(妹談)。

自分の名前も覚えていないと言っていたらしい。

ちなみに手術前日は名前も生年月日もスラスラ。

当日は生年月日が言えず本人確認できず。家族による確認。

リハビリ開始。車椅子に座る。

 

術後二日経った木曜はわたしが面会に。病室に行くと母はベッドで目を開けていた。呼び掛けると「ああ」と反応。起き上がろうとする。看護師さんが車椅子に移乗させてくれ病室から出て廊下の一角の談話コーナーで外の景色を見ながら1時間以上おしゃべりする。

意外としっかりしていた。

結構笑ってもくれた。転んだことも骨折したことも手術したことも記憶にないらしい。

「寝ている間に手術したからね」と言ったら笑っていた。

そしてどこも痛くないと言う。

そのあと廊下の手すりのあるところでリハビリが始まった。

最初は車椅子に座ったままでカカトやつま先の上げ下げ。手術した左足の動きが悪い。

次は車椅子から立ち上がる練習。立ち上がろうとした瞬間、痛いと言う。手術したところではなく膝。

「少しお水溜まってますね」と療法士さんはその場でテーピングをしてくださった。

筋力が足りないのが膝痛の原因でもあるらしい。

何度か立ち上がろうとしそのたびに「ダメやわ」と断念する母。やる気が見えない。

立つだけでいいのだけど立ち上がって一歩進もうとしてしまい膝が崩れそうになる。「歩かないで」と言われるのだけどその指示は無視。何度か繰り返し、最後はしばらく立っていることができるようになった。むちゃくちゃ支えられてだけど。

退院までの間に歩けるようになるのかな?とかなり疑問だけど最初の一歩。

そういえば父も膝が痛くて歩行が困難だった。麻痺よりもやっかいだった膝痛。

こんな状態の母にも療法士さんはお褒めの言葉をくださる。褒めて伸ばす。これだいじ。

病室へ戻るときは自分で車椅子を漕ぐ練習。蛇行していたが初めての体験にもかかわらずやっていた母。

そうだよね。記憶はダメだけどその他のことはやればできるはず。認知症って何もできなくなるわけではない。

できることは山ほどあるはず。GHでは人任せだったけど病院ではいろいろやらされる。いい刺激になるかもしれない。

そして驚いたのが母が車椅子のブレーキを自分で解除していたこと。GHでは散歩のときに日常的に車椅子に乗っているので操作を覚えたようだ。新しく何かを覚えるということもできるんだな。

 

昨日は妹が面会に行ってくれた。GHのスタッフさんがお見舞いにきてくださったそうだ。みなさんからのメッセージ入りの写真を見て母は「早く帰りたいなぁ」と言っていたそう。本当にわかっているのか話を合わせているだけなのか不明だけど嬉しそうにしていたという話をきくとわたしも嬉しい。リハビリでは10回足踏みができたそうだ。

毎週母とトレーニングしていた足の上げ下げの運動も多少は役に立っていたのかな。

こんなに些細な変化も喜べるのは怪我の功名。

マイナスをプラスに変えていこう。

Posted by roku
リハビリ / 06:43 / comments(0) /
メカノレセプター

一昨日の夜、母から電話。珍しい。

部屋にひとりでやることもなくちょっと寂しい日にかけてくるのかな。

その日は妹と姪っ子ちゃんが訪問しているはずなのに全く記憶にないみたい。

会っても記憶に残らないからもうずっと会っていないという話になってしまう。

それでは寂しいはずだよね。

定期的に母に電話をすればいいのかもしれないけれど、居室にいる時間は限られているし気がつくと時間が過ぎていて電話しそびれる。そういうときに母のことを忘れているなと感じる。母を含めての自分の人生・・という風には考えられない。

わたしは二十代のときに実家を出てから親と自分の人生は別だと考えていたから。

両親は子育てに失敗したかな。

 

ところで自分の骨折の後遺症について調べていたらメカノレセプターという言葉に行き当たった。

これは足裏に多くあるセンサーで高齢者の転倒にも関わりがあるとのこと→

高齢者の転倒は下肢の筋力の低下やバランス能力の低下だけではなく、感覚機能の低下も原因なのだそう。

その感覚機能のセンサーは身体のいろいろな場所にあるが足裏は特に集中しているらしい。

母はひどい外反母趾である。

グループホームではベッドの中以外は一日中靴を履いている。サ高住のときは柔らかいルームシューズを履いていたがGHではそのまま散歩にも行けるようなものを推奨していて外で履く靴を履いている。

とても足指を動かしている環境ではない。というか足指は動いていないだろう。

そしてひどいむくみで冷たい足。

歩くことも少ない。

ある意味劣悪な環境とも言える。

母の転倒についてはこれ以外にも原因はあるのだろうが足裏のマッサージとか青竹踏みとか何か少しでも改善できるようなことをみつけてあげたいな。

GHでは塗り絵とかお習字とかトランプなどレクばかりだけど足裏のケアがあるといいのだけどな〜

Posted by roku
リハビリ / 08:36 / comments(2) /
リハビリ見学雑感
父のリハビリを二日間に渡って見学中の雑感を。
以前見学したときと雰囲気が変わったなーと思ったのはスタッフの若返りとユニフォームの変化。
そう、以前は白衣を着ていらっしゃったのだった。だから「○○先生」と当然のごとく呼んでいたのだが、現在は白衣ではなく、病院もののドラマでよく見るようなVネックの被りのタイプの上着に下は色違いのパンツ。
V ネックは濃紺でパンツは白や薄いブルー。
活動的で清潔なイメージ。お若い方が多いこともあって「先生」と呼ぶにはちょっと抵抗があったり。
スポーツトレーナーみたいな感じとでも言おうか。

4月に入社したばかりなのか見習いぽい方もいて、先輩からときどき指導を受けるようなシーンも。
例えば、患者さんの家族らしき人がリハビリ室をのぞきにきた。入り口付近で首を伸ばして当人を探している様子。
マッサージ中のベテランぽい療法士さんが「どなたをお探しですかー」と声をかける。
「○○です」と答えるご家族。
「○○さんにご案内して〜」と見習いぽいスタッフに指示するベテラン氏。
その後、見習いくんに「今のようなときはすぐに声かけて・・」とアドバイスしていた。
なんというか、あいさつも以前よりスタッフの方から明るく大きな声でしてくださるし、サービス向上な感じ。
患者さん&ご家族はお客様です・・という姿勢が垣間見えた。

父の入院病棟のナースセンター横の掲示板にも"患者様からの声"みたいなコーナーがあり、食事がおいしくない、量が少ないなどの不満の声に答えたり、看護師があいさつをしない、どうなっているのか!などの愚痴にも詫びを入れるなど、病院もサービス業の時代なのだなぁと感じ入った次第。

母の話では父の退院は今月末頃になるのではないだろうかということで「あんたはそのとき来れんよね・・?」と打診されてしまったが「月末は絶対ムリ!」ときつく断ってしまった。
もうちょっといい方があるだろうがわたし!と猛省。母に対してどうしてこうもきつくなってしまうのか・・・
 
Posted by roku
リハビリ / 07:54 / comments(0) /
リハビリ見学
月曜夜行バス〜火曜泊〜水曜夜行バスでの弾丸帰省してきた。
火曜の朝、実家に到着するとそのまますぐに母とタクシーで父の病院へ。
9時頃到着したが病室は空っぽ。看護師さんにきくとリハビリに行っているというので階下のリハビリ室へ行ってみる。
父はマッサージを受けているところだった。
いつ以来かわからないが、久しぶりのリハ室はなんだか雰囲気が変わった気がした。
まず、職員の方のユニフォームが変わった。
母も言っていたが、退職された方が多く、療法士さんはほとんど入れ替わったようだ。平均年齢も若くなり、男性が増えた印象。
父の担当はYさん。背が高く、がっしりした大柄の若い男性で支えてもらう父もあの方なら安心して身体を任せられそうな感じ。童顔なので威圧感もなくとても好青年。
Y先生とお呼びせねばいけないのだろうけど、とりあえずYさんにしておきます。
母とわたしの二人分の折り畳み椅子を出してくれ、父のそばでリハを見学することに。
念入りなマッサージでほぐしたあとはベッドからの立ち上がりの練習。
Yさんが父と向かい合わせになり、父の脇に手をいれ支えた状態で立ち上がった父と「イチ、ニ、イチ、ニ」と数歩歩き方向転換して車椅子に移乗というのの繰り返し。
注意されていたのは姿勢をまっすぐ、ということ。
父は案外、しっかりできていた。
それほど歩けなかったとしても、ベッドからの立ち上がり&車椅子への移乗さえできれば寝たきりを回避できる。
横に立ち、ズボンの腰のところをつかんで支える方法はこれまでよく見た(母もそれをやる)が、正面で向かい合わせのこの方法の方が良いのではなかろうか?でも母がこれをやるとなると難しいのかな・・・。
リハビリは母も一緒にできるといいのになーと思う。支え方を学ぶ必要があると思うのにこれまで一度も母に対する指導はなかったようだ。それが病院でできても自宅ではできない原因。病院ではうまく立ち上がったり、歩行ができるのに自宅では全くできなくなるのだ。しかし、父はリハ中、母がそばにいるのを嫌がるのでいつも母は病室で待っていて母自身もリハにはさほど興味がない様子。

立ち上がり訓練のあとは輪投げの輪をYさんが高く掲げるのを父が左手でつかみ、輪投げの台に戻すという作業。
わざと段々遠くに輪を持つようになり、最初は簡単につかんでいた父もふらつくようになる。
それでも素人目にもいい訓練になるんだろうなということはわかった。
こういうのなら家でもできるのに。でも母はきっと協力しないし父も母には相棒を頼まない。ほんとにこういうあたりが両親の一番の問題点だと思う。
院内でも入院患者のほとんどは70代〜の男性で奥さんが見舞いにきてあれこれしている。うちと同様、奥さんが怒鳴られているようなところもある。言うことをきいてくれなくて奥さんが病院スタッフに愚痴をこぼしているパターンも多々。
一組だけお見かけしたが、入院中のご主人が奥さんと廊下を歩きながら談笑。仲睦まじくみえ、端から見ていても気持ちいい。
やはり旦那がいばっているのはみっともないものである。
短い期間の帰省だったが、また思い出しつつ記録します。
 
Posted by roku
リハビリ / 08:20 / comments(0) /
リハビリロボット
昨日、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でロボットの研究について放送されていた→
障害を持つ人のリハビリを支援するロボットである。

以前帰省したときに父がロボットの話をしていた。
その頃、新しく足にその「ロボット」を装着して歩くリハビリを行っていたのだ。わたしが話をきいたときはまだ2回しか体験していないそうで「どうや?」と尋ねると「うーーーん」という返事で、効果のことよりも「重くてかなわん」とか「あれ使うと疲れるんやわ」ということだった。
その後、どうしたかはきくことがないまま、現在のようにほぼ寝たきりになってしまったのでもはや利用することもない。

昨日の番組内でも問題点として80代などお年寄りに使うことが多く、重過ぎるという意見が出ていた。
しかし、66歳の方のリハビリをみていると最初はうまく使えていないが回を重ねるごとに足の動きがスムーズになっていった。膝を曲げてください、と指示したときにマヒのある人というのは膝を曲げる信号と伸ばす信号という相反するふたつの信号が同時に出てしまっているのだが、それがこの膝に装着するロボットを使って動かす練習をしているとはっきりと曲げる信号だけが出ることになり、力まないでも自然に膝が曲げられるようになっていた。鏡で自分の姿を見せながらやるとより効果的だった。

いつも父をみていて思うこと、ものすごい力が入っているということ。
本人に尋ねても力をどうやって抜いたらいいかわからないと言う。立ち上がろうとしてう○こをもらしてしまうほど力む。

あのロボットを使ったリハビリをもっと続けていればよかったのに。
父は意味がわからずやっていたが、こういう番組を見て、理解してリハビリに臨めばもっと効果があったかもしれない。
父も理系で研究者だった時期がある。身体の不自由なお年寄りではなく、理系の研究者として接してもらえればもっと効果的なリハビリができたのではないかと、今さらであるがはがゆい思いがする。

先日、母と電話をしていたら横から父が電話を替われと言ってきた。なんか大事な用でもあるのかなと思ったら開口一番「おう、サッカーやいや!」と高校サッカーの決勝戦の話題に。石川代表対富山代表の決勝戦に白熱した話である。そういったことにあまり興味のない母に話してもつまらなかったとみえ、わたしとひとしきりサッカー談義。「石川対富山の決勝なんかもう二度と見られんやろな」とご満悦の様子だった。
あとはセンター試験の話。
姪っ子ちゃんたちが志望校に合格しますように。
Posted by roku
リハビリ / 08:16 / comments(0) /
母もリハビリに
今週から、母も父の介護タクシーに同乗し週3回整形外科のリハビリに通うことになった。
かねてからの脊椎症。温めたあとマッサージをしてもらっているという。
症状を尋ねると、痛いときは手が変な形でつっぱったまま固まってしまうという。
老化現象だと母は言うが、健康な70代前半ならそんなことはないと思う。
50代、60代のうちから食事に気を付けたり、運動したりするべきだったと思う。
一切何もやらずにいた結果のような気がする。

先日、足も痛いと言っていたのでインソール(中敷き)を勧めようとその話をしようとしたら、「あ、お父さんが呼んどるわ・・じゃあね」と電話を切られてしまった。

なんとかしてあげたいのに、どうにもならない。そんな感じ。
そんな中、うちの老ネコが血尿。
今月末で21歳。なるべくなら病院に連れていきたくないので動物病院に電話相談。
とりあえず薬をもらうことにした。
昨日、今日、自分の体調もいまひとつで落ち気味です。
Posted by roku
リハビリ / 12:25 / comments(0) /
大人の塗り絵
毎年、地元の七福神を走って巡っている。
全てまわると手ぬぐいが頂ける。その手ぬぐいを今年も実家に進呈。
送るときに七福神の塗り絵を同封した。
わたしもポストカードになる大人の塗り絵本を購入したので、ヒマをみつけて塗っては父に送ろうと思う。これはそれの第一弾。
早速「届いたよ」と父から電話。
あいにくこちらが来客中で「あとでね」と切ったのだが、夜になってかけなおしてみると母が言うには母が入浴中に父が自ら電話していたらしい。いつもなら「電話してくれ」と母に頼み、途中で父にかわるというパターンなのに。
で、「ききたかったのはな、色えんぴつで塗ってから筆でやるんか?」とのこと。
「うんうん、塗ったところを濡らした筆でなぞると絵の具で描いたみたいになるよ」とわたし。「ほぉ〜」と父。
水彩色鉛筆のことがいまいちわかっていなかったようだ。
父が少しやる気になってたようなのでヨカッタ。

一緒にお薬ポケットを同封していたのだがそちらについては母がそれに薬をセットをするのが難しいのではないのだろうかというのが父の見解。
あとはうちの老ネコの近況を尋ねる父。
夫よりネコが気になるらしい。完全にうちのネコを孫と勘違いしてるね。
「それからな・・」とまたもや服を買って来てくれとのリクエスト。
例の七分丈のパーカーの話など。
いずれにしてもこういうお気楽な話なら大歓迎なのであった。
とりあえず、なんとか冬は越せそうか。
北陸の春は遠いけど確実に近づいては来ています。
Posted by roku
リハビリ / 07:27 / comments(0) /
切り絵、ちぎり絵、ぬり絵
昨夜、またもや父から電話。
ケアマネさんが、ジグゾーパズルとちぎり絵の本を買って来てくれたのだそう。
「rokuちゃん、和紙っちゅうのはどこに売っとるかねぇ」と父。
「大きい文房具屋かな?こっちで探して送ってあげるよ」とわたし。
「ほんなら、よろしく。病院祭のときに作品出すからなぁ」と父。
秋にある病院の文化祭のような催しのときに、ちぎり絵を出展するつもりらしい。
「みんなに笑われとるよ」とのことだったが、ぜひとも出展してほしい。がんばれ、父。

とはいえ、パズルもちぎり絵もまだ手つかずのようだった。
これまでも漢字ドリルや計算ドリル、積み木やバランスボール、数々のものにチャレンジしてきたが、継続してやっているものはない。
だいたいにおいて、紙をちぎれるのか?
・・・・
片手でちぎるのは難しいと思われる。
ちょっと調べてみたが、片麻痺の人がリハビリのためにやる貼り絵の場合、カッターで切っているようだった。そのカッターにもマウスのような形をしていて、まさしくマウスのように握って動かすことでカットできるものもあるらしい。ハサミもカスタネットのような持ち手でカスタネットを打つように動かすと切れるもの、いわゆるユニバーサルデザインと呼ばれるものがあるようだった。

今日、大きな書店で切り絵、ちぎり絵、ぬり絵の本を物色してきたが、まず、切り絵は細か過ぎて無理そう。ちぎり絵も本に掲載されているのはかなり細かくちぎらねばいけないものが多かった。ぬり絵もしかり。結構、細かい描写がされているんだなぁ。
結局、購入したのはこちら。

一緒に水彩色鉛筆も購入。これ、ちゃんと特殊な筆もついていて筆の中に水を入れて押すように使うと色鉛筆で描いたものが水彩画のようになるというもの。
この本に決めた理由は、このように切り取って絵はがきとして送れるものだったから。

出来上がったぬり絵をわたしに送ってくれれば、わたしの方からもぬり絵もしくはちぎり絵で返事を書いてあげようと思った次第。それで少しは張り合いにならないかな。
あとこちらも一緒に購入。
ちょうどいいのがみつかって良かった。
とりあえず実家に発送。
と、今度は母から電話。昨夜、父がパニックになったという話。これはまた別の日に書きます。

書店でぬり絵、切り絵、ちぎり絵の本はどこにあるか尋ねたところ、ぬり絵は芸術コーナー、ちぎり絵、切り絵は手芸コーナーだった。脳トレやリハビリのためのものなのですが・・と付け加えたら、介護、認知症コーナーも案内してくれた。
父が事故にあった当初と比べると介護関係の本が格段に増えたなぁという印象。
遠距離介護や離れてする介護、「親が70歳を過ぎたら」などという本もあり、書店に長居してしまったrokuでした。

 
Posted by roku
リハビリ / 21:03 / comments(0) /