Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
ハワイアンキルト完成

ハワイアンキルトのコインパース完成です。

パイピングやファスナー付けはわたしがお手伝い。それでも基本は母の手は覚えているようで作り方の説明をさほどしなくてもできあがりました。

いくつか作ってバザーで売るとかそういう張り合いがあるといいのかなぁ。

塗り絵やカラオケよりは夢中になってくれていると思います。

 

昨夜も電話は通じず。

今朝はかかってきたけど声が聞こえないという。

気温の低い日もあれば蒸し暑い日もあり、冷房のことも気になる。先週の木曜は訪問するとエアコン入ってなかった。

確かに水曜は涼しかったのでオフにしてもらえて良かったのだけど。

服を着替えることを自分ではしないと思っていたけど先日火曜、木曜と続けて訪問したときは違う服を着ていた。

寝巻きに着替えない母だけど寝巻きを用意してあげれば着替えるのかな?

何ができて何ができないのか、よくわからない。

母は1日何をしているのか隠しカメラで撮影してみたいと思ったり。

Posted by roku
ボケ防止 / 09:38 / comments(2) /
点つなぎ

久しぶりの更新になってしまいました。

先週末は実家の片付けのため帰省。片付けると言っても簡単に片付くものではなく、まだまだ物はいっぱいでやってもやっても捨てても捨てても追いつかなくて、全く片付かず。

でも一応、食品、調味料関係はもうないので(缶詰とサラダ油の買い置きはそのまま)ネズミ、ゴキブリの心配はなくなったかな。

実家は前回の帰省のときにきれいに掃除はしていたので荒れている様子はなく案外きれいでホッとした。

今回は仏間の障子貼りを頑張った。

空き家なのにこんなことする必要があるかとも思うけど外からみて障子が破れているのはなんとなく嫌だったから。

家の中のことは多少諦めて、家のまわりをきれいにしてきた感じ。

ご近所のSさんが庭木の手入れや草とりをしていてくださっていて母が住んでいた頃よりもきれいかも。

今回はSさんのご好意に甘えて、捨てられなかった不燃物や空き缶、ペットボトルなどもゴミの日に捨ててもらうようお願いすることに。土日月の帰省だと月曜の可燃ゴミしか捨てられないので。

いつものことだけど帰ってきても今度は我が家の溜まった洗濯物との戦いから始まり、溜まった仕事、家事に追われ休む暇はない。

わたしの人生ってなんなんだろう〜と考えてしまいそうだけどそんなこと考える暇もなし。やるしかない。

 

ところで先週、先々週は母と"点つなぎ"をやった。

脳トレの本に載っていたものだけど、他の脳トレよりも母は夢中になった。

数字を順番に線でつないでいくだけの簡単明瞭。だけどつなぎいでいくと絵が現れるというもの。

現れた絵が何なのか理解するまで時間がかかったが数字をつなぐのは割りとできたみたい。

検索すると簡単なものから難易度の高いものまでダウンロードできる素材も多くある。

暇つぶしにおすすめです。

Posted by roku
ボケ防止 / 07:29 / comments(0) / 昨年の記事
ハワイアンキルト4回目(一枚完成)

今週も母訪問日はハワイアンキルト。

もう説明はいらず、チャコペンのライン通りにステッチ。

ほどなく完成!

何度説明しても並縫いだし、自己流でしかやってくれないけどそれなりに出来上がった。色違いで同じものをもう一枚はまた来週に。作りながらいろいろおしゃべり。

実家の近所の話。向こう三軒両隣のお名前はしっかり覚えてる。

でも家の前が駐車場だったことは記憶にないと言う。

近所の銭湯が廃業して建替えたこともよくわかっていない。

母の記憶は今から15年〜20年くらいは空白があるみたい。

先週も突然夜に電話がかかってきて「あの・・おとうさんは・・」と質問。もうお墓の中だよと説明。そうじゃないかと思ってたとのこと。父はもちろん、祖母のお葬式のことも覚えていないそう。父が事故にあって身体が不自由だったこと、車椅子の生活になって母が介護していたこと、全て記憶にない。

実家の前に古い家があった頃、まだ銭湯が営業していた頃、その頃のことは覚えている。自分が仕事していたことも。

パッチワークが趣味だったことは覚えていないこととも一致する空白の時間。

サ高住の施設長さんによるとデイや通院の日にちは定かでなく、出かけない日も玄関で待機しているそうだが「今日は違いますよ」と言うとお部屋に戻るし、他の皆さんとも穏やかに会話しているとのこと。いつも穏やかで・・・とおっしゃっていただいた。

もの忘れ外来での検査では「前頭側頭型認知症」と診断されたのだがそうではないような気がしている。

前頭側頭型だともう少し扱いにくくなるのではないだろうか。

実家にいるときよりもこちらに来てからの方が笑顔が増えた。それだけでもう充分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by roku
ボケ防止 / 21:28 / comments(2) /
ハワイアンキルト3回目

気温30度を超える日が多くなってきた。

昨日も母の住むエリアは最高気温32度!

お部屋を訪問するとあいかわらず閉め切り、エアコンなし。室温29度。

サ高住のスタッフさんが毎朝エアコンのスイッチを入れてくれているが母は部屋から出る度にスイッチを切ってしまうらしい。

お昼ごはんに出るときに切られてしまうみたい。よって稼働しているのは午前のみ。

リモコンの存在やボタンの意味など何もわかってないようにみえてとてもめざとい。

耳がすごく遠いはずなのに携帯電話の充電終了のメロディや洗濯が終わったピー音にはとても反応する。

充電中のランプなどちょっとした光も気になるようだ。床に落ちた髪の毛や糸くずにも敏感。掃除は一切しないくせにこういうのは必死で拾う。

エアコンについてはタイマーを使うか何かいい方法がないか考えてみよう。合鍵を使ってスタッフさんが部屋に入り(母の食事中に)スイッチを入れる方法もアリとか。

本人が暑さを感じていないのだから仕方ない。毎日、熱中症で高齢者が搬送されている一方で多数の方がなんでもなく過ごされている訳だし。まあ室温29度くらいなら大丈夫かなと楽観している次第。

昨日はとりあえず服装を薄着に着替えさせる。そしてハワイアンキルトの続き。

宿題分は全く手つかずでガッカリ。

どうも母にとってはこれが何になるかわからないものをつくるのは釈然としないらしい。

バッグになる、ポーチになると具体的な形がみえないとダメらしい。

「これはコースターになるよ」と説明し、「もうすぐ妹ちゃんの誕生日だからプレゼントにしようよ」と言うと急に目が輝く母。

針を持たせると集中し黙々とやってくれるのでその間に洗濯やらいろいろできて非常に助かる。

キルティングするステッチが何度説明してもただの並縫いになってしまう。

針に糸を通すのが大変かと思い、てっぺんがV字に切れた針で上から糸を押し付ければ通るという便利な針を用意したのだけどそれも何度説明してもダメだった。従来のもののように穴に糸を通そうとしてしまう。

母にとってはハワイアンキルトより並縫いの普通のパッチワークの方が良かったかな。わたしの好みを押し付けているようで反省。

1時間半ほどでお茶を入れて休憩。

前回は確かどらやきがおやつで半分はいらないと言っていた母だが今週はカスタードケーキ(鎌倉カスター的な)にしたらとても気に入ったようで「おいしい!」とペロリ。柔らかいお菓子の方が好きみたい。

針を持っているときは話しかけてもあまり返事しなかったのがおやつを食べながらだと「今日は食堂でなんやら手伝いしたよ」と話し始める。何かの簡単な整理を手伝ったようだ。月2回のハンドマッサージもしてもらったし、やはりひとり暮らしより100倍いい。

都知事選の話、天皇の話題なども多少はわかっていたのでニュースは見ているらしい。

なんだかフワフワしている母。会えばわたしと妹の区別はつくけれど今日来たのはどっちかな?とわからなくなるらしい。

デイの連絡帳に体重と握力の毎月の推移が書かれているので見ると体重は0.5キロくらい減り、握力も少し減っている。

あと握力の左右差が大きい。右17キロ、左10キロみたいな感じ。

とりとめないですが何でもメモ。

 

 

Posted by roku
ボケ防止 / 08:28 / comments(0) /
ハワイアンキルト2回目

今週の母訪問日は猛暑になった。

午前中に「今日行くよー」と電話ついでに「今日は暑いから窓を開けるかエアコンつけて」「うん、わかった」とやりとりしたはずだけどいつものように部屋の窓は閉まったまま、カーテンも閉まったままだった。

七分袖のカットソーの上に長袖ブラウス(一週間前と同じ服?)の母。

部屋の温度は30度。

建物自体に冷房が効いているので30度とはいえ危険な暑さではなかったが。

エアコンをつけると「あらっ?冷たい風がくるね」と母。冷房つけたんだよ、と言うと「冷房があるんか?』とびっくりしたような顔をする。リモコンの説明はしたけど自分でつけたり切ったりは無理だろうなぁ・・・。

すぐに部屋は27.8度くらいになった。(28度設定)

そのままつけたままで帰ってきたが母はスイッチを切っただろうか?

照明などはつけるのはイマイチわからない風なのに切ることは得意の母。エアコンに関しては夏の間ずっとつけっ放しがいいのかもな。『24時間稼働中』の札をつけるかな。

 

さて、先週から初めたハワイアンキルトの話。

宿題にしておいたもう一枚のパインのアップリケはなんとひとりで完成させていた手

なので今週は裏布、表布、キルト綿を合わせて縫う行程へ。

半返し縫いで、と指示するとおもむろに針と糸を持ち、スイスイ。

返し口は縫わないでねというのもちゃんと理解している。

縫い終えて周りを切って、返したあと角を出す行程も針でツンツン根気よくやっていた。わたしが説明しなくても率先してやる母。

さすがだねーと褒める。

「でも昔、パッチワークしてたことは覚えてないんでしょ?」ときくと「うん」と答える母。作品展に出したり、すごい大作作ってたたんだよと言っても「へぇー」と答えるばかり。

もう一枚も同じくまわりを半返し縫いすることを宿題にしてこの日の作業は終わり。また来週。

 

ちょうど七夕でサ高住の玄関に短冊を吊るした七夕飾りが。母の書いた短冊を二人で探す。

「・・・元気でいられるよう頑張ります」とお願いじゃなくて決意表明のようなものが書かれてた(笑)

最近は部屋から出て、ラウンジで1時間ほど新聞を読んでいることもあるそう。ちょっとびっくりだが嬉しい。

元気で頑張ろうね★

Posted by roku
ボケ防止 / 07:57 / comments(0) /
ハワイアンキルト

何か母と一緒に楽しめるものをと模索し、ハワイアンキルトのキットを購入してみた→

父が事故に遭う前はパッチワークに熱中していた母。父の介護が始まってからは針を持つ余裕はなく「もうやめるわ」と型紙なども処分していたが・・・。

 

ハワイアンキルトは経験なかったのか最初は不思議そうな顔をしていたが

「しつけしてたてまつり」と指示するとこの通り↓

このキットのいいのは色違いで同柄が二枚作れること。なので一緒に並んで作業できる。

でも母があまりにサクサクできるので教えることはほとんどなくわたしの分も母に縫ってもらうことにして、その間に洗濯やらデイの準備をする。

ちゃんと谷の部分はハサミで切り込みを入れたりなんかして自分がパッチワークが趣味だったことは一切覚えてないそうだけど、手はちゃんと覚えてるみたい。一枚分のアップリケが終わったところで中断。もう一枚のは宿題にしてティータイム。

無言で集中していた母。やっぱり好きなんですねぇ。

祖母も90歳を超えてから習い始めたパッチワークを頑張ってたもんなぁ。

 

今週の訪問時に気になったのはお部屋のインターホンを鳴らしてもなかなか出てこなくてやっと出て来たと思ったらショルダーバッグを斜め掛けにした姿だったこと。笑ってごまかしてたけど、どうも母は食事の時間に呼びに来られたのと勘違いした様子。

妹が訪問したときも同じくカバン持って出て来たらしく、そんなことは初めてだったので妹も不思議に思ったそう。

確認したわけではないが、母は食事の時間もよくわからなくなっているのではないだろうか。

時間になっても食堂に現れないとスタッフの方が声をかけてくれることになっている。

最近は自分から出向くことがなくなっているのかもしれない。

にしても、そんなバッグを食事に持って行く必要などないのだけどなぁ。食堂なんて目と鼻の先。手ぶらで充分なんだけど。

どこに行くにもバッグを持って行こうとするのには閉口。で、小さめのポシェットを母の日にプレゼントしたのだけどやっぱり新しいものは使ってはもらえないようで・・・。これは皆さん同じみたいですね。

母は母なりにここでの生活に慣れて、いろんなものの置き場所や、ここでの習慣も身につけているようなのであまり干渉しないようにしようと思う。

 

帰ってから早速、来月分のハワイアンキルトキットを注文。

だいたいのやり方はわかったので自分で端切れと糸を買った方が安上がりな気はするけど、これだと材料使い切りなので無駄に生地も余らないし、準備も楽。ちょうどわたしの訪問3回くらいで出来上がりそうだから月に一度届くのは便利。

できあがりをどうぞお楽しみに。

 

 

Posted by roku
ボケ防止 / 12:28 / comments(0) /
フラワーアレンジメント

昨日は母、サ高住での初のフラワーアレンジメント教室に参加。サ高住ではカラオケはじめ、買い物ツアー、映画上映会などいろいろなイベントを企画しているが母のデイの日と重なるものが多く残念。そんな中、手芸好きの母にぴったりなイベントの開催である。迷わず申込む。本人はあまり乗り気ではなかったが。

乗り気じゃないので「うちに飾りたいから作って〜」とおねだり。俄然やる気を出した母だった。

そして出来上がったのがこれ↓

なかなかの出来ばえです。

昨日わたしが訪問したときにちょうど終了でお疲れ様のお茶の時間にわたしも便乗してお邪魔。

スタッフさんによると1時間半くらい集中してやっていたようだ。参加者は母の他に3名。

すごいねー、上手だねーと褒めまくると母も嬉しそうだったが、わたしに「持って帰れ」とは言ってくれなかった。忘れちゃったかな。そのまま母の部屋に飾る。

講師の方、スタッフの方、参加者の方の他に囲碁をしていた男性の入居者さん数名が一緒にお茶&かりんとう饅頭をいただいていたのだが他の方々が談笑する輪には母は入っていけないようで・・・わたしがいたからかもしれないけど。

他の皆さんはしっかりした方。車椅子の方もいたが身だしなみや言葉はしっかりされていたので。

母は寝間着がわりにしもしているヨレッとしたズボンのまま。

認知症に対する偏見、差別はきっと同世代の人が一番厳しいんだろうな。

デイでは他の利用者さんとおしゃべりしているとデイの連絡帳には書いてあるけれど、それはひとりおしゃべりな方がいらっしゃるからのようで母は一方的な聞き役になっているようでもあり・・。

たまに母からかかってくる電話で「用事はなかったのだけど携帯をいじっていたらかかってしまった」というときがある。

やっぱりちょっと淋しいのかな・・・。

母のアルバムや昔の手紙や思い出の品、何も持って来てはいなくて、夜ひとりのときに眺めるような物、今度帰省したら持って来よう。そういえばネックレスや指輪などアクセサリーも何もないんだよな。(母は全くつけない人ではあるけれど)

 

雨があがっていたので昨日は2週間ぶりに散歩に出た。

部屋のカギを締めるのに難儀。カギに向きがわかるよう「上」と紙に書いて貼ってあげたら、スムーズに開け閉めできていたはずなのにそれができなくなっていた。

先日、行き先も不明で外に出かけようとしてスタッフの方に止められたそう。これまでなら近くにコンビニが目的地だったのに。

下の前歯がグラグラ。

散歩は用もないのに歩くのは嫌だと言っていたが、畑の道をあるきながら「あれは何?」「きゅうりやね」「おかあさん、あれは何ややろ?」「かぼちゃじゃないか?」(ズッキーニでした)「ほら、茄子がいっぱいなっとる」「あれは南蛮やわ」となかなか詳しい。叔母が実家の様子をみにいってくれて、家の周りに花がいっぱい咲いていたよと言っていた話をしたら、ブルーベリーの木のことを思い出したようで「実を摂りにいかんなんね」と笑っていた。

サ高住で畑仕事イベントでもあるといいんだけどなぁ。

 

 

Posted by roku
ボケ防止 / 07:58 / comments(2) /
編み物
昨日は母のところへ。
前日に明日行くよーと言っていたら朝電話がかかってきて来るならトイレットペーパーを買ってきてくれと言う。
実は前日の夜にも同様の電話。
そのときにトイレの上の棚にあるよと教えていて母も「あった、あった」と言っていたのだが。
で、同じく昨日の朝も棚にあるよーと答え、母は「あった、あった」と言ったのだが・・。
トイレットペーパーの話はこれで通算5回目ほど。
棚に『トイレットペーパー、ティッシュ』と書いたシールを貼りました。
部屋中ポストイットだらけの状態になりそう。(ポストイットの全面のり付きのが剥がれなくて便利です)

前日に妹が掃除やら洗濯やらをしてくれていたのでわたしは母を連れ出し午後のティータイム。
甘いもの好きの母なのでお茶だけではなくケーキも食べるかな〜と思い誘ってみると食べる!と言う。
二人でケーキセット。
母と外でお茶するなんて何年ぶり?てか何十年ぶり?
こっち来てよかったねーをくり返す。

お部屋に戻ってからは編み物。
母の暇つぶしにと入居当時から用意していたがバタバタしていてなかなか取りかかれなかった。
かぎ針編みのハート型アクリルたわし。二人分の毛糸とかぎ針を用意していた。
編み図を見ながら一緒に編み始める。
「編み図わかる?」「わかるよー」と母。
鎖を11目、3目立ち上げて長編み・・・と指示すると指示通りサクサク編み始める母。こういうのは忘れないんですね。
長編みを7目編んで・・・と指示するとちゃんと数えてる。
簡単と言えばそうなのだが意外に複雑だったハート型。もうちょっと単純なのにすれば良かった。
それでもなんとなくハート型ぽいものができあがっていく。
なんだかんだで1時間半以上経過し時間切れ。
完成まで頑張ると夕食の時間を超えてしまうので残りは次回とした。
やっぱり母には手芸がいいみたい。
またパッチワークも初めてもらおうかな。
折り紙もいいかも。
一緒にできて、母もひとりでできるものを探してみよう。

母のサ高住の近くに図書館もみつけたので読書もどうかな〜と思っている。
認知症の人が読書ってきいたことはないけど、わたしが中学生の頃は赤川次郎や星新一などをずいぶん母と一緒に回し読みした。
浅田次郎とかどうだろうか。重松清は?葉室 麟は難しすぎる?
おすすめあったら教えてください。
Posted by roku
ボケ防止 / 08:01 / comments(0) / 昨年の記事
褒めあう
昨日、テレビでやっていたボケ防止というか脳の活性化のための方法。
バイリンガルの人は脳が活性化されてるってことで英語を使ってみたりするのがいいらしいが、そんなことよりもっと簡単な方法。
それは家庭内で夫婦の会話を増やすこと。

実験的に試されていたのは結婚25年のご夫婦。お互い空気みたいな存在というだけあって見事なまでに会話がない。
そのご夫婦に会話のきっかけを与えるために提案されたのは"お互いを褒めあうこと"。
褒めるべきことをみつけるのに苦労はした感じだったが、数日で二人の間に変化が。
最終的には記憶力アップしていたのがすごいというか、ヤラセかなというか・・・。

うちの両親にもこれは提案すべきだなと夫と番組を観ていたが、試しにうちらも褒めあおうかということになり・・・
「今日は旦那さんカッコいいね♥」プッ
「今日はカワイイじゃん★」ププッ
とこれ以上続かなくなった。
「最近、口内炎にならなくなったね」
と番組の中の夫婦と同じ、褒め言葉じゃないことで褒めたり・・・。

意外に難しいのであった。
ただ、無理矢理とはわかっていても、褒められるのは悪い気はしないなということはわかった。
で、今日父から電話があったのでこれを提案してみたが、父は「しゃべっとるよ」とスルー。褒める気はさらさらないようであった。

姪っ子ちゃんが滑り止めの大学に合格しました♪
これが今日の父の電話の本題。孫のことならいくらでも褒める父でした。
 
Posted by roku
ボケ防止 / 13:09 / comments(0) /