Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
中がいい

今週も母と屋上庭園へ。

真夏になったら外に出られそうもないので今のうち。

先週より野菜苗は育っていて、母はナスはすぐにわかってくれた。

きゅうりももうそろそろ食べられそうな大きさになっていた。

トマトはまだ青い。

シソの葉は指でしごいて母の鼻先で匂いをかいでもらう。

嗅覚はまだそれほどにぶっていないようだ。

日陰ならまだ涼しくて快適。

20分ほど過ごしただろうか?

母に「どうする?もうお部屋戻る?」

「中と外、どっちがいい?」と尋ねると「中!」と即答。

いつも「お肉と魚どっちがいい?」「赤と青どっちが好き?」など

選択肢が多いと混乱するかと二択の質問をしているが「そうだねぇ・・・」と言うか「どっちでもいい」という答えしか返ってこないのに今回は「中」と迷わず答えた。

外出や散歩が好きじゃない母。

わたしとは水と油だね。

わたしの好みを押し付けていることになるのかな。「今日はお天気が気持ちいいから外行こう」というのは。

 

カレンダーに来週の訪問日を書き込んで「これ見て!」というと母は少しだけ体をずらして顔をカレンダーの方に向けた。

首が回らなくなっているようだ。少し高いところを見上げるのもなんだか苦痛のよう。横は体をずらさないと見えないようでこれまでは体をずらすことができないから見ようともせずだった。

でもこの日はお尻を腕の力でほんのわずかだけ浮かせて体の位置を変えていた。

その調子!!

車椅子の上でちんまりと座っているだけなのが本当に心配。

GHのときも寝返りも打たないときいていた。とにかく動かない。

普通はじっとしている方がつらいと思うのだが。

骨折してからもう10ヶ月が過ぎた。歩かないことによる身体の弊害が出てきそうだ。

訪問マッサージでは手すりを利用して1分間立てたと言う。

記憶力とかはもういいけれど運動能力はなるべく失わずに健康でいてほしい。どうかお願いします。

Posted by roku
認知症 / 16:07 / comments(0) /
屋上庭園

先週、先々週もちょうどいい天気だったので母をホームの屋上庭園に連れ出した。

バラの花は終盤。きれいだね〜と母に言うと一応は反応するもののあまり興味がなさそう。

野菜の苗も生長していて「これは茄子かな?」と興味を引こうとしてもうなづくのみ。

先週はスズメがやってきていた。警戒心を解いているのかわたしたちのことはおかまいなしで結構至近距離で羽繕いをしている。

植木の中ほどで羽ばたいているのはシジュウカラ。

「あそこに3匹いる!」と母。お母さん、鳥は3羽ね^^;)

少しだけ盛り上がった。

 

母の様子は可もなく不可もなく。

本当は有料老人ホームに移転してリハビリも始まってケアも手厚くて状態が良くなることを期待していた。

けれどもそういう簡単なものではないですね。認知症は。

必死になって前より良い点を探している感じ。

スタッフの方に母はおしゃべりしますか?と尋ねてみると「ええ、少しは・・」と口ごもるような答えが返ってきた。

GHのときはスタッフは全員60代以降のおばさんである意味みんな世話焼きだった。

今のホームのスタッフはそれに比べて若いので仕事以外はやらないのかなぁという感じ。

この人はいいな!って思えるスタッフにまだ会っていない。

それが不満というわけではないが。

社交的じゃないわたしが言うのもなんだが母がもっと社交的なタイプだったら良かったのに。

同じ認知症フロアの中でもおしゃべりなタイプの入居者さんはスタッフからも気にかけてもらったり声をかけてもらったりしている。

母は家族とはコミュニケーションは普通にとれるのに他人とはいまいちのようだ。

よって放っておかれている感じ。

〇〇子さんと名前で呼ばれている人がいる一方で苗字で呼ばれているもの。

 

今週も屋上庭園に行けるといいな。

静かに過ごす母との時間。

Posted by roku
認知症 / 07:26 / comments(0) /
母の日

先週木曜に少し早めの母の日。

こういう可愛らしいのが母の好みかなぁと選んだ。

もうちょいモダンなアレンジメントもあったけどね。

「わんちゃんだよ〜」と渡すと母もニコニコ。

イミテーションだけど手入れがいらないからいいかなと思った。

 

あとでtwitterで介護の仕事をされている人のツイートを見た。

母の日は利用者の家族からの花束が贈られる。

だけど私たちは利用者さんのお世話で手一杯でお花のお世話はできません。

お花を持ってくるより衣替えをしてください。

という内容のもの。

 

確かに・・・

 

イミテーションを選んで正解だったのね。

スタッフの方はいろいろ手一杯というのはよくわかる。

 

暖かくなってきたので母を屋上に連れ出し外気浴。屋上の畑にはいつの間にか野菜の苗が植えられていた。

母とあれはナスでしょ、これはミニトマトかな?と会話。

野菜苗には少し興味を示す母。上を見上げるとバラの花。

「きれいだね」と一緒に見ていたが母はすぐに興味を失ったようで・・・。

あまり外に出るのは好きじゃなさそう。

前週はオセロを数えたり、クリアな母だったが、この日はイマイチ。

そんな母だとわたしも疲れ倍増な感じで帰宅。

求めすぎなのかな。

 

Posted by roku
認知症 / 07:08 / comments(0) /
お花見

先週は母はホームの方々とお花見へ。

壁にそのときの写真が貼ってあった。

土曜にも母を訪問したが、そのときはホームの屋上で母と花見。

屋上にちょっとした庭園がある。と言っても冬期は閑散としている場所だが。

散歩の代わりにそこで外気浴をするらしく自由に出入りできるのだ。

暖かい日だったので母を連れ出す。

屋上から遠くに見える桜を花見。ソメイヨシノじゃない小さな種類の桜ぽい花が屋上に咲いていたのでそれをお花見。

どこからか鶯がホーホケキョと鳴いたが母には聞こえなかったそうだ。

小さな池がありメダカが泳いでいた。

母と一緒にメダカの学校を歌う。

他に誰もいないので何度も熱唱。

最近の母は童謡など歌詞を覚えている歌はつられて歌い出す。いちにさんしと掛け声もつられて10まで一緒に数える。

のってくるのはそのくらいなのでそれを母とのコミュニケーションの手段としている。

 

他の入居者さんとは「あんまりしゃべる人はおらんねぇ」と距離を置いている様子。

グループホームのときは2時になれば全員でお散歩に行くか、テーブルに全員が集まって何かしらレク(歌の場合が多い)が始まったがここでは昼寝の時間のようで食堂にはひとりか二人が座っているだけ。スタッフもひとりか二人で席をはずして誰もいないことも多い。

やはり2.5人対1人というのはあくまでスタッフと入居者の数の比であって「手厚く介護する」というのとはちょっと違うかな。

グループホームでは常に3人はスタッフがいて入居者は9人。そのスタッフが食事作りから洗濯までしていたから神だなぁ。

とても働き者の年配スタッフたちだったのだと改めて知る。「老老介護」というくらい60代以上のスタッフばかりだったが。

今度のホームでは洗濯が外部業者、調理は専門スタッフだけど介護スタッフのシフトは細かく分かれているのが訪問時に3人以上のスタッフがフロアにいたのを見たことがない。フロアの入居者は12名ときいているのだが。

スタッフの離職率が低いのもウリであったし、実際そこに好感を持っていたが、働き方がブラックではないので離職率が低いということなのかな。

一方で事務所には施設長や事務員、ケアマネなど3~4人が常にいる。グループホームではこれらの方がすべて介護スタッフを兼ねていた。パンフレットの2.5対1のところにこの職員も含まれているのだからちょっぴり騙されたような気分にもなる。

ただ、相場より高い施設に入居したわけではないのでそれほどすごいことを求めているわけではない。

母が快適に過ごせればそれでいい。

グループホームより良かった点はリハビリがあること。車椅子を母用に調整してもらえた。

若いケアマネさんはいろいろ報告してくださる。希望も言いやすい。

GHのケアマネさんは家族には事後報告のことがほとんどだった。

まあ、今更比べても仕方のないこと。

今のところで腰を据えるしかない。

幸いなことに環境が変わっても母は動じず、帰りたいとかもない。

あれが嫌、これが嫌と決してわがままを言わない。

「どっちでもいいよ」か「そうだねぇ」としか言わない。

実に扱いやすい母。

それだけにストレスが溜まっているのではとまた余計な心配もしてしまうのだが。

でもお部屋は広くて明るいし、入浴は浴槽に浸かれるし、お食事はテレビの一番観やすい席だし、忙しくないときはスタッフの方が会話してくれているみたいだし、わたしと妹も週一で会いに行っているし、安全は確保されているし。

これで良いのだ〜

 

Posted by roku
認知症 / 06:52 / comments(2) /
また血圧が上がる

火水とまた母の血圧が上がった。

木曜にわたしが訪問したときは平常に戻っていた。

それほど気にしなくてもいいのかもしれないがこれまで一度も血圧が上がることがなかったので立て続けでちょっと心配。

母なりに何かストレスを抱えているのだろうか?

 

体験入居に向けて着替えなどの準備をしなくてはと思っていたが木曜に訪問してみると紙袋にほとんどのものは準備されていた。

紙袋には何が何枚入っているかのメモも貼られていた。

この荷物を見て母は何か感じて血圧が上がったのだろうか?(そんなはずはない?)

 

お部屋であやとりをする。

母はすぐに手を出してくるが上手く取れない。少し前にやっていた時の方が上手だった。

体験入居にはあやとりの紐も持って行こう。

 

散歩に行けない日の午後2時からのレクは歌。

先週は仰げば尊しなど卒業式の歌を歌っていた。

今週は「ふるさと」が流れてきた。母は口ずさむ。

以前はカラオケもあまり好きじゃないと言っていたけど最近は知っている曲は歌うようになってきた。

知らない曲のときはつまらなさそうな顔で口を閉じる。

あまり楽しそうな様子じゃない。

 

2017年10月、GHに入居したばかりのとき様子を見にいくと他の入居者さんとトランプをする母の姿があった。

あのときは楽しそうだった。だから安心して入居を決められた。

今度はどうなのだろう。

認知症フロアへの入居。認知症重度の方が多い。コミュニケーションを取りづらい人たちの集まりの中に入る。

母は1対1ならよくしゃべる。コミュニケーションも問題なく取れる。

だけど集団の中では黙る。おとなしい。

 

これって認知症ではなく性格?

わたしも集団が苦手でひとりの行動を好む。

もし老人ホームに入ることになったらどうしよう・・・

母娘は似るというけれど。母は見ているとどうしても将来の自分を重ねてしまうな。

 

いよいよ明日が体験入居。

体験といってもよほどのことがない限りそのまま入居になるだろう。つまり母にとってはグループホームとのお別れの日。

母にはお試しだからと伝えてあるがスタッフの方々にお別れを言われたりしたらどうしよう?

さらっと通院するときみたいにスルーしてほしいのだけど。

 

Posted by roku
認知症 / 10:08 / comments(0) /
お肌がきれいですね

先週木曜に今度体験入居するホームの相談員の方とケアマネさんとの面談をした。

母には一応は説明したがあまりよくわかっていない様子。

それでも愛想よく応対。

わたしはなるべく口出しせずと思っていたがやはりついついフォローしてしまう。

ケアマネさんはお若い女性。

「お肌がきれいですねー。東北のご出身ですか?」ときかれた。

石川から呼び寄せたことは相談員の方に伝えたはずだが情報は共有されていなかったようだ。

下調べなしで面談するものらしい。

確かに母はわたしより顔のシミがない。

日照時間の少ない石川なので紫外線を浴びることが少なかったのだ。

褒められてまんざらでもなさそうな母。

ニコニコと答えてはいるがやはり聞こえていないことも多そう。適当に話を合わせている感じ。

それでもまあまあ和やかに面談は終了。

数日後、受け入れは問題なしと判断されたと連絡があった。

前頭側頭型ということで受け入れられるか一抹の不安があったが大丈夫だった。

体験入居は24日からに決まった。

問題がなければそのまま入居ということになる。

 

本当にここで良かったのかという問いはいつまでも残る。

もっといいところがあったのではないか?

でも限られた時間とエリアの中ではベターな選択をしたつもり。

だけど実際にはどうなのか?

グループホームと有料老人ホームには価格以上の違いはあるのか?

母の状態は良くなるのか?

家族にとっては提携病院であればスタッフが付き添ってくれるので通院は楽になる。

その他にどんなメリットがあるのだろうか。

 

自分から食事をしない母のために GHではおにぎりを作ってくれているそうだ。ラップで握って手渡すと自分で手に持って食べるという。次のホームでは食事は専用のスタッフが作る。おにぎりにはしてくれないだろうな。

手厚いケアとはいうけれどどんなケアをしていただけるのかはまだ不明。スタッフが若い方が多くなりそうだけど母にとってはGHの年配スタッフの方がいいのかも。

ともかくはこれまでがそうだったようにすんなり新しいホームに馴染んでくれますように。

Posted by roku
認知症 / 15:05 / comments(0) / 昨年の記事
お友達から電話

先日、GHに母宛の電話がかかってきたそうだ。

母の昔の同僚のKさん。そういえば今年の年賀状にそのうちこちらを訪問したいというようなことを書いてくださっていた。

スタッフの方から受話器を受け取り、電話口に出た母はニコニコと話していたそうだ。

そんな話をきいたので先週母を訪問したときにわたしのケータイからKさんに電話してみた。

わたしもKさんとは面識があり、小学生の頃、他の同僚の方々と一緒に旅行したこともある。

母もKさんの名前はわかるようだが、本当にはっきり覚えているかは定かではない。

Kさんも母の先日の受け答えでなんとなく母の状況は察しているらしく、それでもお花かお菓子か何か贈りたいのだけど・・・とおっしゃる。でも送っていただいても母はすぐ忘れてしまうし、お花の手入れもできないし。それならお手紙をください、とお願いした。

母より5歳ほど歳下のKさん。まだまだしっかりされていてお元気そうだった。わたしの中ではとても若々しい印象で母よりひとまわりくらい歳下だと思っていた。

他の同僚の方の近況もきく。みな高齢になっている。Kさんが一番年少である。

途中で母と電話を代わる。母は適当にあいづちを打っているようにも思えたが一応会話していた。

まだコミュニケーションは取れる。こういう日は刺激があるからかシャキッとしていた。

 

最初にKさんから電話がかかってきた夜、母の血圧が高くなったそうだ。

200を超えてしまい、何度も測りなおしたそうだ。

翌日、往診の先生に診てもらったが異常なしですでに血圧は正常に下がった。

どちらかといえばいつも血圧は低めの母。

便秘をしてトイレできばったりすると血圧が上がるそうだが便秘はしていなかったそうだ。

思い当たる原因がなく、電話で興奮したのかな?と思ったのだけど何か病気の症状でなければ良いが。

 

 

 

Posted by roku
認知症 / 19:10 / comments(0) /
少しの工夫

クリスマスのときにプレゼントを開封するのがとても嬉しそうだったので、ひらめいた。

これからは母に渡すものにはリボンをかけよう!

 

車椅子になったので丈の長いコートは不便で丈の短い軽くて暖かい上着と言えばダウン。

ユニ○○のウルトラライトダウンを買ってみた。

渡すときに袋にリボンをかけた。「開けてみて」と渡す。

案の定、母はワクワクの表情で震える手でリボンをほどく。

全然たいしたものではないけど、なんだってプレゼントは嬉しいよね。

 

テレビで認知症を取り上げた番組が増えてきた。

そういうのを観るのは苦手だ。テレビはほとんど観ない。

夫がインフルで終日家にいるので普段観ない情報番組が垂れ流しになっていた。

認知症特集。

玄関で靴を脱がない認知症の母親が、靴を脱ぐことをやってみせると真似して脱ぐようになったと。

口で説明しても理解してもらえないが見本をみせれば真似してくれる。

なるほど・・・。

 

母と向かい合わせに座り、足を上げ下げする。

これできる?イッチ二、イッチ二

と足を上げたり下げたりしてみると、母はやってみせてくれた。

すごいね。バッチリ!じゃ、左もできる?

と褥瘡の方の足も促すと少しだけど動き始めた。

これまでいくら口で説明しても動かなかった。

そうか、やり方を変えればできるんだ。

わたしたちが気づかないこと、他にもたくさんある気がしてきた。

 

そして昨日は成人式。

姪っ子ちゃん2号が母に振袖姿を見せにGHへ。

孫二人に囲まれて嬉しそうな写真を妹が送ってくれた。

叔母の欲目であるが可愛らしく、まるでAKBのような姪っ子ちゃん。他の入居者さんたちも喜んでくれたそうだ。

アイドル歌手の慰問のようだったかな?

成人式なんて特に気にしていなかったけれど、それでもこういう節目の儀式は大事なことなんだなぁと改めて思う。

なんでもいい。当たり前のことでもなんでもできることが幸せなのだ。

 

Posted by roku
認知症 / 08:07 / comments(0) /
新年

明けましておめでとうございます。

なかなか更新できていませんが今年も読んでいただければと思います。

というかほとんど自分のために書いています。

書くことで気持ちの整理ができたり、振り返ったりもできるし。

イラッときたことも抑えたり、反省したり、またがんばろって思えたり。

いろいろな出来事があるけれど、すべては気持ちの持ちようで変わるなぁと。

 

太陽のように周りを照らして、いつも明るくて、おおらかで、懐深くて、そういう肝っ玉母さんみたいなのに憧れる。

そういう家庭で育てばそうなるのかどうかはわからないけど。

残念ながらそういう風にはなれなくて、いつもニコニコしていたいのにできなくて。すぐに不機嫌になったり、人を怒らせたりしてしまう。そんなときでも書けば落ち着く。

それがブログかな。

そんな自分勝手ですが今年もよろしくです。

 

さて、新年は元旦に妹が母を訪問するというのでわたしは二日に母のところへ。

箱根駅伝を途中まで観ていたら出かけるのが遅れていつもより1時間半くらい遅くの到着(午後2時半)。

いつもと違う曜日の違う時間。

GHの皆さんはホールのテーブルに集まって談笑中。

お正月で家族のもとに帰っている人もいるようでいつもより少人数。

でもとても和やかなムードだった。スタッフは2名のみ。

普段もあんな風だったらいいな。

 

褥瘡は良くなってきているそうで、やっと回復のきざし。

母も車椅子の上で少し足を踏ん張るような仕草をするので痛みもなくなってきているような気がした。

しかし、車椅子の上で身体が傾いてきていても自分で体勢を直すことができないようで・・・。

「ずっと座っててお尻は痛くならないの?」ときいてみると「なるよ。だけど我慢しとる」と答える。

歩けなくてもせめて体勢を直すくらいのことはできる状態でいてほしい。寝返りとかはどうなんだろう?

右手の震えがあり、コップを持ったりは左手でするようになっている。

おやつとお茶をスタッフの方が出してくれたので母と一緒に居室で食べたが、なるべく自分で食べてもらったけど、あーんと口元にもっていくと条件反射のようにパクッと食べるのでもう食べさせてもらうのが当たり前になっているようだ。

実家でのお雑煮の作り方をきいてみるけど要領を得ない。

石川のおせちに「べろべろ」と呼ばれる寒天料理があるのだがその作り方もいまいち覚えていない。

「お砂糖入れる?」「入れるね」「醤油は?」「入れてるときもあるかな」という調子。

けれどもあやとりは最近の中では一番上手にできた。それほど迷わず手を入れる。

繰り返すと思い出してくるのかな。

そうしているうちにクリアになってきて帰りは「また来週くるね」というと「楽しみにしとるね」と笑ってくれた。

なんとなくだけど、毎週欠かさず通っていれば、わたしのことが誰かわからなくなったとしても見たことある人、警戒する必要のない人がときどき来ている、というくらいの認識は定着しそうだ。

夫は自分が行っても母はわからないだろうからとGHに同行することがなくなってしまったが続ければなにかしらの成果があるとわたしは信じたい。

 

義母が大晦日に入院した。めまいの症状が出て病院に行ったらそのまま入院になったとのことだったが幸い大事には至らなくて退院することができそう。しかし、今後はどうなのか。夫も新年早々、体調不良が続いている。

実は義弟も入院することになった。

今年は穏やかな一年になりますようにと祈願していたはずだが心配はまだ続きそうだ。

わたし自身は健康そのものなんだけど。

Posted by roku
認知症 / 08:40 / comments(2) /
せっせっせ

先週の母はいまいちで、それでも年賀状2枚だけ郵便番号を書いてくれた。

ペンは右手で持った。動かないわけではなさそう。

 

今日の母はショートカットに散髪されてスッキリ。こんなにショートになったのは初めてじゃないだろうか?

眉カットもしてもらったそう。

いいね、似合うね、というと嬉しそう。

今日は少し早めのクリスマスプレゼントを渡す。

足首ウォーマー(レッグウォーマーの短いもの)と米ぬかの保湿クリーム。

どちらもたいしたものではないけれど。

車いすになってしまったので座ったままだとズボンの丈が短くなってしまい足首が寒そうだった。

エアコンの暖房だからかお顔も体も乾燥し、特に顔はこんなになったのは見た事ないというくらい粉ふきになっていた。他の入居者さんもそうだったからお風呂で熱いお湯で洗われすぎなのかもしれないな。

プレゼントを渡すと嬉しそうに中味を取り出していた。でも右手がかなり震えている。どうしてかしら?

クリームをお顔に塗ってあげると冷っとした顔をする。手に塗ってマッサージしてあげるとわたしの手を取り「せっせっせ」と歌い出した。なので二人でせっせっせをやる。

みーかんの花が〜 とか アルプス一万尺♪など歌いながら手と手をあわせたものの、わたしも忘れてしまっていて続かない。

次回までにマスターしておこう。

やはりスキンシップはいいみたい。

かかとの褥瘡は相変わらずよくならず、指先のしもやけのようなものはひどくなっているようだし(本当にしもやけなのか?)、他の人のお習字は壁に貼ってあったけど母のはなかったので、アクティビティにも参加できず、スタッフの方はいつも人手が足りず、誰かのトイレ介助に追われている。いいことはひとつもないのだけど、それでも嘆くほどではない。

ほんの少しでも笑顔の時間が増えればそれでいい。

なにもできていないし、母のことに本気になれてもいないけど、わたしが自分を責めてもどうにもならない。

数年前から決めたこと。真っ先に自分を許そう。

 

 

Posted by roku
認知症 / 17:39 / comments(0) /