Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
5回から10回へ

3Lのズボンで大丈夫でした。

自分で上げ下ろしもできるようになったとスタッフさん。

今日は珍しくリハパンにしていなかったそうでわたしが訪問したときはおトイレ中。

珍しくってことはほとんどトイレではしていないってこと?

髪の毛も薄くなった母。

GHに入居してからずいぶん老けた気もする。

リビングには入居者さんたちが集合していたが皆さん何するわけでもなく、前はもうちょっとしっかりしていたような気がしたのだけど。暑さのせいでしょうか。

 

母と今週も足上げトレーニング。これまでは1セット5回ずつだったが今日は10回やってみる。

「すごいね、筋力ついたね」と言うと嬉しそう。

やっぱりとにかく褒めるのがいいのだ。

モモを叩きながら「どっこいしょ、どっこいしょ」とリズムを取る動作をするようになった母。レクレーションで何かやったのかしら。

それにしても猛暑。

去年は部屋のエアコンのスイッチonoffで頭を悩ませていたが今年はその心配がない。

それだけでもよしとしましょう。

Posted by roku
認知症 / 18:35 / comments(0) /
3L

先日、 LLを購入したばかりの母のズボンだがスタッフさんからダメだしを食らう。

まだパンパンだから3Lにしてくださいと。

ウエストじゃなくてヒップや太ももも意外と太いという。

言われてみればそうなのかな。

おそらくリハパンもLLになっているのだろう。

昨年、わたしと妹がケアしていたときはリハパンが大きすぎて漏れるのかとSを履いてもらっていた。

でも介助しやすいという点を優先させると大きなサイズが必要のようだ。

スタッフの方によるととにかく上げ下げが大変なのだそうだ。

ズボンもなるべくストレッチの効いたものをとリクエストされる。

この前から3枚くらい新調したのは全て無駄になってしまった。

処分するからこの紙袋に入れてくださいと言われ入れる。どなたか代わりに履いてくれないかな。

 

母とまたプチトレーニングをする。

居室の冷房を入れなかったからか母の手は先週よりも温かくてわたしが飲むように入れてもらっていた冷たい麦茶を母がごくごく飲む。あまり水分をとらない母なので少し驚いた。

ベッドに腰掛けベッドの端を触りながら「これが何かに利用できるといいんやけどねぇ」と意味不明のことをつぶやく。

最近、こういう意味のわからないことを言うのが多いけどその分、すぐに笑うようになった。

もう会話の意味などどうでもいい。母が笑顔でいてくれさえいれば。

毎週、母が笑ってくれるようなネタを探していこう。

Posted by roku
認知症 / 14:31 / comments(4) / 昨年の記事
歌う母

先日、草津に行ってきたという話を母にする。

「草津ってわかる?」ときくとうなづく母。「草津よいとこ〜」とわたしが歌い始めると母も歌う。二人で『どっこいしょ♪』まで歌って笑いあう。

なんか最近よく歌うようになった母。

ケアマネさんによるとGHでのカラオケのときは母は「やらない」と一人居残ったりするのだがしばらくしてまたスタッフが誘うとちゃんと出向きマイクを握るのだとか。

以前は全くカラオケで歌うことはなかったので認知症が進むとそれまで抵抗があったことも受け入れるようになる一面もあるのかな。

だんだんGHに馴染んできている感じがするのは良い点。

もうわたしが帰るときにエレベーターまで見送ることはない。

エレベーターどころかドアまでも来ない。

少し離れたところで手を振るのみ。

寂しいようなホッとするような。

Posted by roku
認知症 / 08:42 / comments(0) /
便秘

先週母を訪問したら、妹との連絡帳に便が出なくて下剤を使ったとあった。

スタッフの方より再三、ズボンのサイズを上げるように言われる。

便秘のためお腹がパンパンでズボンがきついのだろうか?

先日買ってきたLLもまだ小さいとか。

見本に他の方の伸びーるズボンを見せてもらう。

ああいうのはどこに売っているのだろう?

グループホームに入居したら個人の好みではなく、介護しやすい服を求められるのだと知る。

あとはガンガン洗濯できる服。

 

母はときどき窓の外を見てはわけのわからないことをつぶやく。

あそこでああしたとか、そんな感じ。

どこで何をしたのだろう?

「あんたはどこから来たの?」というお決まりの質問もこれまでとはニュアンスが違う気がする。

以前は帰るときはドアまで見送りに来たが最近は手を振るのみ。

ドアの外まで見送りに行こうとしていた頃がもはや懐かしい。

 

 

Posted by roku
認知症 / 13:05 / comments(0) /
日付がわかる人

先週、母を訪問した時、他の入居者さんはリビングのソファに並んで座っていた。

そんなときでも母はひとりテーブルの自分の席に。

以前はみなさんと並んで座っていたときもあったのだけど・・・。

おひとりの方が「今日は5月31日か。明日から6月だ。」とつぶやいておられた。

リビングの目立つところにホワイトボードが置いてあり、日にちと夕飯のメニューが書かれているのだ。

ちゃんとこれを読んでわかっておられるようだった。

母はそういうものに全く興味がなく。

どうなのだろうか?

もちろん認知症だからということはあるが、そもそも昔からそろそろ梅雨だとか、季節の移り変わりに無頓着だったような。

風情がないタイプ?

 

認知症にはいろんなパターンがあるというが母のいるGHでは母が一番重度な気がしてきた。

そんなはずはないのだけど。

母のしたいこと、好きなこと、食べたいもの、楽しみ・・・

なんでもいいから何かみつけたい。

Posted by roku
認知症 / 06:53 / comments(0) /
少し早めに母の日

今度の日曜は母の日。

仕事も忙しくて母の日ギフトを選ぶ時間もなく・・・(言い訳)

とりあえず母の日のカードにメッセージを。

カーネーションの絵のカード。立てて飾れるタイプ。

それとどら焼きを買った。昨日訪問して母と一緒に食べる。

最近の母は元気だけど遠くへ行ってしまった感じ。

GHでいろいろなことをスタッフ任せでしてもらうばかりで自分で考えることがないからなのだろうか?

進んでしまったなぁと思う。

トイレ介助のときにズボンがMサイズでは上げ下ろしがしにくいからLサイズを用意するよう再三言われる。

「自分じゃできないから」と言われるのだけど本当は自分でできるはず。時間かければ。

 

昨日は朝は晴れていたのに急な雨にあった。

母のところで洗濯物を出しっ放しにしてきた話をする。

「お母さんなら濡れた洗濯物は洗い直す?」ときくと「せんよ」と言うので大笑い。

今後もどうでもいいわかりやすい話で笑い合おう。

 

なぜか結婚指輪をはずしていた母。

火曜に妹が訪問したときもはずしていたらしい。「はめれば?」と言ってもはめなかったらしい。

わたしも「はめないの?」と母の手に渡したら「そうやねぇ」とはめてはいたが。

はずしたのには何か理由があるのかしら?

Posted by roku
認知症 / 06:43 / comments(0) / 昨年の記事
家族会

母が入居して初めての家族会に参加してきた。

予定表によると30分ほど報告があり、その後昼食とのこと。

まずはスタッフの紹介(と言ってもその場に参加の2名のみ)、その後、それぞれ家族の方が自己紹介。

入居者一人につき一人の家族がほとんどだったが中には夫婦やお孫さん含めた家族での参加もあり。

娘、息子が多いのだと思っていたが甥っ子です、という方や入居者さんのご主人も。それぞれなんだなぁと思う。

やはり、わたしよりかは歳上の方が多かった。なので家族同士で話すという感じにはならなかったな。

スタッフによる報告というのは入居者の平均年齢や介護度、最近の様子など。

あとは春から料金の改定があることの説明とそのことについての署名。

何か質問ありますか?の問いには皆さんシーン。

ということであっさりと終了。

昼食はお弁当が配られ、それぞれ家族がまとまってとる。

家族会の30分の間は母たちは別ユニットにいて昼食になって戻ってきた。

いつもと違う様子に戸惑う入居者さんもいた様子。

わたしも母とそっくりであるがどの方も親子というのが一目でわかる。

昼食が終わるとわたし以外のご家族は潮が引くようにみな帰宅してしまった。

わたしはなんとなくおばあちゃんたちと一緒にテレビをながめることに。(西郷どんの再放送をやっていたので)

でも皆さん目をつぶりはじめうたた寝状態。会話はない。

テレビをちゃんと観ている人もいない。母は座っているだけ。

 

最近、少し席替えがあったようで母の横はいつもいい笑顔をくれる年配の方だった。

母がヨタヨタ席に座ろうとしているとちゃんと母の名前を呼んでくれてあなたはここよ、という感じに迎えてくださっていた。

向かいの席の方はシャンとしていてこの前もソファからの立ち上がりに手を貸してくださった方。この方も母の名前を呼んでくれていた。印象としてはダメな妹分を可愛がってくれている感じ?

母は全く他の方の名前がわかっていないようだが、この席の近いお二人は母を認識してくださっている。ありがたい。

これからもよろしくお願いしますいう気持ちでいっぱいになる。

スタッフの方のお話だと夕方にやっているトランプは今は7ならべのみらしいのだけど以前はまともにゲームできていたのが最近はどうも怪しくて数分で頓挫してしまうようでスタッフが助ければゲームは続くがなかなか難しくなってきたとのこと。

お花見も去年はみんなが感激してくれたが今年は反応がいまいちだったとか。

平均年齢は88.8歳。無理もないですね。

家族の皆さんも多くを望まず、このまま穏やかに過ごしてくれればという思いは共通のような気がした。

この日は母は少しぼんやりで会話もはずまなかったのだけど家族会には出かけて良かったと思う。

Posted by roku
認知症 / 13:11 / comments(0) /
社交ダンスで大笑い

昨日は母を訪問。

前日に皆さんと車窓からのお花見をし、ファミレスでおやつというイベントをしているはずなので「昨日お花見した?」ときいてみても案の定「してない」と言う。

隣に座っていた入居者さんに「ねえ、あなた、お花見した?」と母が尋ねるもその方も「いや、してない」ときっぱり。

いつも元気なM子さんも「してない」と言う。

皆さん記憶にないようです・・・

 

桜が満開だよ〜と言ってもあまり興味がない母。というか聞こえてる?

居室で古いアルバムを見ながらおしゃべり。

実はこのアルバムは祖母の部屋でみつけたもので祖父母の写真が中心。

「おばあちゃん、社交ダンスしてたよね?」とわたしが言うと母は急に笑い出す。

「あんた、社交ダンスのこと今、社会ダンスって言ったよ」

「ああ、大笑いww」と大口開けて笑う母。

ちゃんと社交ダンスと言ったのだが母の耳には社会ダンスと聞こえたようだ。妙なところに笑いのスイッチがあるな。

ともかく一緒に笑う。

 

わたしが帰るときドアまで見送りに来た母は「今日は大笑いだったねぇ」とまだ言っていた。

こういう系(どういう系?)がいいのか????

帰り道、満開の桜を見ながら駅まで歩いた(いつもはバス)。

Posted by roku
認知症 / 12:45 / comments(2) /
着信11回

先日、午後7時過ぎに母に電話をしてみたけどつながらず。

その日の午前2時台に母からの着信あり。

ケータイはリビングに置いてあったのでわたしは気付かず。

しかし、夫は着信音に気づいたようで、その後何度も鳴るのでマナーモードに設定したらしい。

朝起きてその話をきき、着信履歴を見ると数分おきに11件の着信。

先週、母を訪問した時に母のケータイの発信履歴をみると同じ日同じ時間帯に妹にも電話をしていた。しかも携帯だけじゃなく妹の家電にも。

こうなると母に電話できなくなってしまう。

夫からも、もういいんじゃないか(電話は)と言われるのだけど・・・。

 

週一でしか訪問してなくて、電話ができないとなると母が遠くなる。

電話で話せると細いけどつながりを感じられる。

母は見ず知らずの土地にきて、見ず知らずの人に囲まれて暮らしている。

住めば都で、GHのスタッフさんや入居者さんは新しい家族ではないか、というのはこじつけ、ていのいい言い訳。

母の孤独をどうしたらいいか。

当の本人はどう感じているのか。

本当にいろんなことをすっかり忘れて、今の生活に迎合しているのならどんなにいいか。

 

先週も散歩におつきあい。

桜はもう少しだったが今週は満開でしょう。

昨日はみんなで車でお花見のあと、ファミレスで好きなスイーツをいただけるとのことだった。

お母さん、お花見楽しかった?と電話をすればよかった。

夜中に電話がかかってきても構わないではないか。わたしは一体何を恐れているのだろ。

Posted by roku
認知症 / 09:27 / comments(0) /
久しぶりにオセロ

一昨日の夜に母に電話するとつながった。「あんたは今度いつ頃来れそう?」といつもとは違う質問。

「明日行くよー」と答える。

昨日、訪問してみるとホールのソファに3人くらいで並んで座っていた。

皆さん居室が寒いからか居室で休む時間なのだがホールにいた。

わたしの顔をみて立ち上がろうとする母。しかし立ち上がれない。

わたしが脇を支え、せーの!で立たせようとするが立てない・・・

すると隣に座っていた母より高齢のおばあちゃんがすかさず立ち上がり母の脇を支える。二人で支えてようやく立つ。

痩せ型でおしゃれなメガネの姉御っぽい方。母の足腰が弱いのがすっかりわかっているような様子だった。

ここの入居者さんはみなさんほんとに認知症なの?って思うくらいしっかりしてるなぁ。

 

スタッフさんは新しい人がひとり入ったようだ。

年配の方。とても一生懸命に仕事をしている感じ。ということはどなたか辞められたのかな。

 

母と居室でいつもの足上げ体操。

そのあと久しぶりのオセロ。

白と黒、どっちがいい?ときくと案の定「どっちでもいい」の返事。

「どっちが選んでー」と強く勧めると「白の方が大きく見えるね」とまた白が膨張色なことが気になるようだ。「じゃ、お母さんは白ね」とゲームをスタート。最初のじゃんけんぽんはいつもみんなとトランプをしているからやけに威勢がいい。

「はさみ打ちしたらペロンとできるのやね」とルールは覚えていた。

ときどきは自分が白なのか黒なのか忘れるときはあったけど「お母さんは白ね」となんども確認していたのでさほど問題なし。

かなりわたしは手加減して母優先にゲームは進む。

そして母の勝ち。

「すごいねー」というと「やったー!」と母。

「勝つとおもしろい」とつぶやく。

ここまででちょうど1時間くらい。

何もない日はこうやって母との時間を過ごすのがいいみたい。来週もやろう。

 

オセロはわたしが小学生のときに家族で毎晩のようにやった。

5年生か6年生、もしかしたら4年生くらいだったかもしれないが「オセロクラブ」にも入った。

角から3番目をとること、2番目は置いてはいけないことなどコツをつかんで両親を負かせることも多かった。

共働きだったからあんまりかまってもらった思い出はないのだけどオセロだけは今でも覚えている。

今、母とは携帯用のミニオセロで対決しているがあまりに小さすぎて扱いにくいので今度ちゃんとしたオセロを買おう。

GHの皆さんともできるといいな。でもオセロは二人でしか遊べないんだよね。

人生ゲームはどうだろうか?

お金も扱うし頭の体操にもなりそうなんだけど・・・

Posted by roku
認知症 / 06:59 / comments(0) /