Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
往診医と薬局との契約

昨日は往診医院と薬局との契約があるからとホームに出向く。

GHのときはどうだったか忘れてしまったがこれほど仰々しい契約ではなかったような気がする。

ともかく名前や住所をいろんなところに記入し印鑑を押す作業はなんか疲れます。

そのあと区役所で住民異動の手続きもしたのでさらにグッタリ。

 

往診は月2回。

昨日が初回。

若い女医さんが担当。看護師さんもゾロゾロついてきた。

ケアマネさんからの聞き取り調査のときにだいたいのことはお話してありその記録を見ながらの診察。

前頭側頭型認知症と診療書に書いてあるがそういう印象はしないですね、という見立てをいただく。

なのでここでわたしもすかさず、2014年の認知症軽度と診断された検査のときに海馬の萎縮より側頭葉の萎縮が進んでいると言われただけで、家族もいわゆる前頭側頭型認知症とは思えないのだと意見を述べる。

まあ、様子をみましょう。ということだった。

気になる右手の震え、むくみ、握れないことなどについては「いろいろ原因があるから」とのこと。

聴診器を使うということもなく触診のみで風のように去っていった。30人くらいを診なくてはいけないからゆっくりはしていられない様子。

母は「ごっくんして」と言われたらちゃんとつばをごっくんと飲んだ。嚥下は大丈夫。

かかとの褥瘡の痛みも「そんなでもないねぇ」と受け答えしていた。

診察のあと薬局との契約の時間まで部屋で母とあやとりをする。

この前は全くダメだったけど今回はまあまあできた。

しかし、飽きるのも早く目をつぶりそうになる。

薬局との契約を終えると母は食堂に座っていた。他の入居者さんはおらず。

スタッフの方がチラシでゴミ箱を折っていたので母と一緒にお手伝い。こういうことをやらせてもらえるといいなと思っていたのだけどこんな悠長なことにスタッフは付き合ってる暇はないようでわたしがいるときのみの作業。

やはり認知症が重度な人ばかりのフロアなのでレクもほとんどないみたい。

せめて歌を歌うとかないのかなと思うが歌える人自体が少ないのかな。

見学のときにもらった予定表には音楽鑑賞、ビデオ鑑賞と書かれていたのでただ単に流すだけなのだろう。

この辺り、施設の理想と現実が見え隠れする。

しかし、レクが充実していたとしても参加できないなら意味がないし・・・。

母はGHでもお習字、絵手紙、工作など骨折後はその場にいるだけで手を動かすことをしなかった。

できなくて取り残されるのと最初からないのではどっちが母にとっていいのだろうか。

話し相手がいないことも懸念のひとつだが、GHのときもみんなとの会話には入っていなかったのでどっちでもいいのかな。

1対1でスタッフと話すのは話しているようなので。

 

昨日は昼食後すぐの時間にわたしが行ったので「お母さんご飯食べた?」ときけば「食べたよ」と答え、「歯磨きはした?」ときけば「今したところ」と言っていた。30分以内なら記憶にあるのかな。この前1時半にご飯のことをきいたら「まだ」と言っていたから。

荷物の整理もして部屋も片付いたので次回の訪問は来週にするつもり。

気になるけど母のことばかりにかかっていると仕事にも支障があるので心を鬼にして。

Posted by roku
手続き/申告 / 15:24 / comments(0) /
高齢者の障害者控除

母の確定申告終了。

これまでは医療費もさほどかかっていなかったので確定申告はしていなかった。

しかし、高齢者の障害者認定があれば控除があるときいたので(しかも医療費控除より控除額は大きい)確定申告することにした。

さらに昨年は入院手術もあったし、紙オムツ代もかかっていてかかりつけ医から「オムツ証明」もいただいていたので医療費控除も。

 

母が昨年10月に要介護5になったことから色々調べていたらヒットしたのが高齢者の障害者控除のこと。

役場に聞いてみたら役場で発行するのは"認定書"であとは税務署で、ということだった。

認定書の発行は窓口に本人が行く必要はなく、介護保険証を持っていけば良かった。比較的簡単に認定書は発行された。

母の場合は特別障害者ということで(重度と認定)所得税控除は所得から40万円、市県民税控除は所得から30万円の控除を受けられる。

さらにこの控除により市民税が非課税になればおむつの助成も受けられるとのこと。

紙おむつの助成については非課税世帯ではなかったのでこれまで受けられず医療費控除に含めるしかなかった。

特別障害者控除により市民税が非課税になるのではないかと期待。平成31年度(って平成はもうじき終わりですが)の市民税が今回の確定申告で反映されるのは7月からで非課税になったかどうかわかるのは6月の初めだそう。

これまで知らなかったが所得税や住民税などそれぞれで計算方法が違うということ。おむつ助成に関してはあくまで市民税の非課税世帯といういうことだった。確かに市が助成するのだからね。

ここまで理解するのにかなり労力使いました・・・。

 

障害者認定は認知症軽度又は中度で障害者控除、認知症重度なら特別障害者控除が受けられるので要介護度に関係なく申請した方がいいと思います。医療費控除よりずっと大きい額の控除が受けられるので。

 

今回初めて国税庁のHPにある作成コーナーで申告書を作成した。

これがとても便利だった。金額をチャート式に入力していくだけで計算してくれて記入欄に迷うことがなかった。

プリントアウトしたものを郵送した。

 

Posted by roku
手続き/申告 / 07:07 / comments(0) /
高齢者の障害者控除

母が要介護5になってことで色々調べていたら、障害者控除があることを知った。

これは要介護5じゃなくても軽度の認知症でも適用されるのだった。なのでこれまでも申請する資格があった。

障害者控除の対象者は3~6級の身体障害者、認知症(軽度または中度)、知的障害者(軽度または中度)。

これらは所得税の控除額27万円、住民税の控除額26万円になる。

さらに特別障害者控除というのがあって、対象は1~2度の身体障害者、重度の認知症、重度の知的障害、6ヶ月程度以上寝たきりで排泄や食事などの日常生活に支障がある人。こちらは所得税控除40万円、住民税控除30万円になる。母はこちらと認定された。

役所の窓口で「障害者控除対象者認定書」を発行してもらい、確定申告をすると控除されることになるらしい。

ともかく認定書を発行してもらった。認定書はコピーして提出するそうで毎年使うから原本を保管するようにとのこと。

5年遡って申請できるらしいので過去の修正申告もできそうだが、石川での分は神奈川ではできないので2年分くらいか。

ともかく控除が40万円というのは大きそう。医療費控除よりこちらをやる方が効果あり。

認知症介護の方は検討をおすすめします。

 

以前、紙おむつの助成を申請に行ったが非課税世帯ではないため却下された。30~40万円の控除があれば非課税世帯になるかもしれない。

非課税世帯になるかどうかは窓口ではわからなかった。

紙おむつについては次回に書きます。

Posted by roku
手続き/申告 / 07:44 / comments(0) /
扶養親族等申請書

今週の母もあいかわらずだったがわたしが訪問したときちょうどお風呂のあとで裸足でいたので褥瘡の患部をみることができた。

かさぶたをとったあとがえぐれてはいたが良くはなってきていた。

足のむくみもひどいがそれでもましな方に見えた。スタッフの方によると入居者さんは皆さんむくみがすごいですよ、とのこと。

 

さて、ここのところ、母関連の書類の提出が続いていた。備忘録的に書き残します。

扶養親族等申告書。

扶養家族がいる人が申告するのかと思いきや、いない人も申告しないと来年2月支給分の年金から差し引かれる所得税の税率が高くなるのだという。つまりは全員が申告が必要。

これを記入するにあたっての手引きがA、 Bとあってややこしい。というかこれを年金受給者が読めるか?

前年と変更なしの場合は氏名、生年月日、性別、電話番号を記入するだけだしフリガナ、性別、生年月日はあらかじめ印字してある。

なので簡単なはずなのだが、もうひとつ項目があってそれが『合計年間所得見積額』。

こんなのこれまで申告したっけ?と思ったらこれまでも扶養家族の申告はあったのだが今年から所得の記入が必要になったのだとか。

母の場合は収入は年金のみなので年金額を記入すればいいわけだが、遺族年金は除かれる。

遺族年金を除く合計金額から120万円を引いた数字を書くのである。

簡単なんだけどややこしいです。

年金の決定通知書を見ると介護保険料など引かれているので引かれる前の金額なのか引かれたあとの金額を書けばいいのか悩んだ。問合せの電話をしたが当然のごとくつながらず・・・。

やっとつながった電話で引かれる前のものを書くと回答していただく。

去年までは受け取る年金が〇〇○万円以下かどうかだけの記入だったみたい。それでいいじゃんね。

これから超高齢化に向かうというのにな。マイナンバーで管理しているなら申告は必要なく全部調べたらわかるようにしてほしい。

 

お次は高額医療費の支給申請。

骨折の手術があったので自己負担額が超えたようで支給対象となった。

これのすごいのは『窓口での申請』と書いてあること。郵送での申請の場合はお住まいの担当窓口にお問い合わせくださいとあったのでお問い合わせする。郵送でOKだった。だったら郵送も可と書いてくれればいいのに。

問合せついでに諸々確認。窓口に申請に行く場合はマイナンバーの確認できるものが必要とあるけど郵送の場合は?

マイナンバー欄に記入してしまうと確認資料が必要になるので"書かない"こと。

書かなければ保険証のコピーのみの同封でOK。すごいトラップだ。うっかり記入しそうになってた。

あと振込先口座情報がわかるものとして通帳の最初のページのコピーも必要だったのだが、通帳レスの昨今、どうするんでしょうね。

わたしもメインバンクはもう通帳なしです。申請書に口座番号など書くのだから確認資料は必要ないと思うのだけど。

記入が間違っていた場合の確認のための通帳コピーだそうだけどなくてもOKじゃないかと。

いろいろな手続きが時代についてきていないという感じがする。

年号を使うのももうやめた方がいい。平成はもう終わるのだしこれからは西暦でお願いしたいものです。

Posted by roku
手続き/申告 / 07:31 / comments(2) /
医療保険課、介護保険課

昨夜、母から電話。

「あの〜、お父さんが全然会いに来てくれんのやけど一体どうしとるんかねぇ」

ゆう★

また一から説明することになった。

お父さんはお墓の中よ〜と。

「え〜Docomo_kao18」と絶句する母。全く覚えていないそうだ。祖母のお葬式も。

そしてずいぶん前からサ高住に入居している記憶にすりかわっている。それだけここに馴染んだと思えばいっか。

まあ、父が亡くなったことを忘れているとしたら当然な疑問だし、何回でも説明しますよ。

 

ところで新しい介護保険証や後期高齢者医療保険証が届く。

転出届はしたがこの二つは石川のものを利用することになることは以前にもブログに書いた。

で、今後これらに関するものの郵送は母のところではなくわたしのところにしてもらうようにお願いした。これは介護保険課に問い合わせしたときに電話でお願いした。電話一本で簡単にできるのだーと思っていたのだが・・

後日、書類が届く。やはり申請書が必要。

これは介護保険、医療保険両方別々に必要で二枚提出。しかも書式が違うという・・・

本人の名前住所やわたしの名前住所や印鑑、転送の理由など記入。書く内容は同じなのになぜ書式が違う?

そして当然ながら介護保険課、医療保険課、それぞれのところに別々に郵送するのである。

しかも同じ日に申請しながら後期高齢者医療保険証はわたしのところに届かず、母のところに(それは妹宅に転送)、介護保険証はわたしのところに届いた。そしてさらに後日、介護保険負担割合証がわたしのところに届く。

課が違うのだから当然なのかもしれないけど縦割りだなぁと・・。

問い合わせの電話がたらいまわしにされるのもそのせい。

だけど一般的な問い合わせについては両方の課で把握していてもよさそうなものだが。

 

住所変更にともなって、NHKや生保も変更手続き。

他も変更届けあるがまだ手つかず。

実家の様子も気になるし、帰省しなきゃと思うがなかなか。

そうこうするうちに父の三回忌のことも考えないといけない。

どうするかなぁ。

Posted by roku
手続き/申告 / 06:50 / comments(0) /
転出入届け
今さらですがようやく母の転出、転入届を完了。
実は手続きのことよくわかっていなかった。
住所変更、住民票の移動?いろんな言葉が使われるけど、転出届と転入届を提出するということなのです。
転出届を出すと「転出証明書」なるものが発行され、それを持って転入届を提出という流れ。
知りませんでした・・・
転出してないと転入できないわけで慌てて石川の方の自治体に転出届を出す。(郵送)
受理されると転出証明書が送られてきます。
しかし、さかのぼっては転出できないそうで転出届が受理された日が転出の日になる。
一応、転出から2週間以内に転入届を出すというきまりになっているそうで、母のように実際にはずいぶん前から新しい住所に住んでいる場合はつじつまがあわなくなる。その点は転入先の窓口でご相談ください、とのこと。
日にちのつじつまがあわなくても転入できないということはないと言うのでいざ、神奈川の自治体窓口へ。
最初に窓口できいたときは母の身体がそこに入った日を記入しろと言うので転入日を2月某日で記入。転出は6月8日になっている。
そしたらあとから呼び出され、これではまずいので転入を6月9日に訂正しろとのことでした。
すでに健康保険使って医療機関とかかかってますよね〜ってことで。
健康保険、介護保険などをどっちの自治体が負担するかって問題があるようです。

しかし、今回わたしも初めて知ったシステムがある。
転出先が老人ホームなど高齢者施設の場合(そのように登録されている住所の場合)に限って、住民票はそこになるが介護保険や健康保険(後期高齢者医療保険)はもと住んでいた自治体のままになるのである。
『住所地特例対象施設に入所または入居中の被保険者の特例の適用』という届けを出すことになる。これがまた面倒くさいんだけどね。
つまり、保険証は神奈川ではなく今後も石川のものになるってこと。
利用者側としてはどちらでもいいのですが。
で、素朴な疑問。
年に一度受けられる自治体の健康診断。あれはどうなるのだろうか?
母のところにはすでに石川から受診券が送られてきている。しかし、石川で受診することは不可能。
なので神奈川で受けたい。しかし、神奈川の健康保険は利用できない・・・
石川の職員に電話できいたときは「転出先で問い合わせてください」と言われたのできいてみたのだが窓口の人はわからなくてどこかに電話して問い合わせている。その電話した先でもわからなくて調べているので少しお待ちくださいと窓口で待たされてしまった。
そんなにレアなケースではないと思うのだけど・・・。
親を呼び寄せて老人施設に入居というパターンはたくさんありますよね。そういう方々の健康診断はどうしてるの?
新しくサ高住や老人ホームに入居の際は必ず健康診断書の提出を求められます。
母の入居の際、それは年に一度の健康診断の結果のコピーで大丈夫でした。
でももしそれを自費でとなると2万円くらいかかると母のときにかかりつけ医に言われた。
それに普段病院に行きたがらない母もその年に一度のは義務的に真面目に行ってくれるのです。おかげで健康状態もわかる。
ありがたいシステムです。しかも高齢者無料だったりするし。

結局、さんざん待たされたあげくに「石川の方できいてください」という返答に唖然。
窓口の方によると逆のパターン、神奈川から同様の状況で石川に転出した場合は健康診断は神奈川でしか受けられないとのこと。
これは自治体によって違うかもしれないので石川で問い合わせてくれということでした。

手続きのときにマイナンバーカードの申請もするように書類を渡されたけれど「これって本人しか受け取れないですよね?本人来られませんよね?」と詰め寄ったら「でしたら申請しなくてもいいと思います」と言われた。
マイナンバー通知カードにナンバーは書いてあるのでマイナンバーカードは不要と思われます。
写真入りの身分証明書があれば便利に違いないけどそもそも窓口まで来られないないなら不要。
形式的な委任状とかほんとめんどくさい。
役所はガラガラだったけどなぜあんなに待たされるのだろうか?
そして手続きは芋づる式に増えて他にも提出しなくちゃいけない書類がいっぱい。
高齢者にこれらの手続きができるとも思えず、みんな一体どうしているのだろう?
母の住民票も石川のままで良かったのではなかろうかとは思うけど、やっぱり異動しなきゃきけないんだろうしな。
知り合いのご両親は一度神奈川のホームに入居したが、数ヶ月後、地元に戻ってしまった。
そしてまた今度、神奈川のホームに入居することに。
これだってそんなレアケースじゃないと思う。真面目に転出入届けしてたら大変ですね。
2週間以内ってくくり、高齢者じゃなくても大変。
それにしても実家はそのまま残っているので何をどこまで変更手続きしたらいいのか悩みます。

 
Posted by roku
手続き/申告 / 07:32 / comments(4) /
寡婦控除
今年も実家に届いていた市県民税の申告書。
これは年金受給者で条件を満たしている人は申告しなくていいものであるということは以前書いた。
母は条件を満たしている人のひとり。
でも昨年「寡婦控除」があるから申告した方がいいと言われ申告した。
ではその「寡婦控除」今年はどうなのかとふと疑問に思い問い合わせてみた。
まずはその読み方。「かふこうじょ」と読みます。
夫と死別した人で年収500万円以下だと控除があるそう→

母の場合は控除は27万円らしい。
今年から源泉徴収票に「寡婦」の欄ができたそうでそこにチェックが入っていれば自動的に控除されるので申告の必要なしとのこと。
源泉徴収票を確認してみるとチェックはなしで申告の必要ありとなった。
昨年、死別と申告しているのでまさか生き返ることはないだろうしそのまま申告しなくてもいいようにしてくれればいいものを・・・。
介護保険料や社会保険料を記入する欄があり、昨年は市役所の方がそちらの下書きをしてくれたのだが今回は数字は入れなくても「寡婦」にチェックだけでよいとのことで名前、住所、電話番号、生年月日と印鑑で送付した。
簡単な作業ではあるけれど高齢者には到底無理で不親切きわまりない。
27万円の控除があると市県民税はどれくらい違ってくるのだろうか?

ところでうちのように親を呼び寄せ、老人ホームなり高齢者住宅なりに入居させた場合、住民票は皆さんどうしているのだろうか?
その老人ホームなり高齢者住宅の現住所になる??
うちの母の場合、郵便物が母のもとに届くとまたややこしいので妹のところに届くようにしておきたいという希望がある。
例えば役所からの大事な郵便物などがそう。なので妹の住所に移動させたいがそうすると妹宅に扶養家族が増えることになるのだろうか?そうなってしまうと実態と違うということになる。それはまずそう。
こういう例って多いと思うのだけど皆さんどうしているのだろう。




 
Posted by roku
手続き/申告 / 13:43 / comments(2) /