Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
耳鼻科終了

まだ母が怒っていたらどうしようと昨日訪問してみたら、そんなはずはなく皆さんとなにやら切り絵?の制作中。

ほっ。

携帯の発信履歴には短縮の1番、2番があったからわたしだけじゃなく妹にもかけていたらしい。(うまくつながらなかったけど)

 

準備して耳鼻科へ。

残っていた耳垢を取ろうとするがなかなか取れないので耳垢を柔らかくして取りやすくする薬を入れてしばらくベッドで横になる。

そいうときも落ち着かない母。右耳を上にして横向きで寝てほしいのに時々カーテン開けたり、首の角度変えたり。

15分後くらいに再び診察。鼓膜が見えるくらいになったので聴力検査をすることになった。

ガラス張りの電話boxのような個室に入りヘッドホーンをして音が聞こえたら手に持った器具のボタンを押すというもの。

音が消えたらボタンから手を離すように説明されるがそれができない。ボタンを押しっぱなしになってしまう。

看護師さんが何度も説明するがダメ・・・。

小さいお子さんなんかもそういうことがあるらしく、検査方法変えますねと看護師さん。

音がなったら押す。看護師さんが「ボタン離して〜」と一回一回言ってくださる。

面倒だけどそんな手動みたいな検査もほどなく終了。母は「合格?」と合否を気にしている・・・苦笑。

検査の結果は聞こえに左右差がさほどないとのこと。

そんなはずがないのだけど。

いずれにしても正常値よりは下のレベルなので中度の難聴で日常生活に支障が出てくるレベルでここで補聴器デビューとなる人も多いというポイントということだった。

母の補聴器デビューはもう何年も前のこと。

結局は使われないで実家に眠っている。

補聴器は相性もあるし、高額でもあるので、またしばらくして汚れがたまったり、聞こえが悪くなったら受診するようにしたらいいと医師も言ってくださったのでとりあえず通院は終了とすることにした。

あんな難しい検査しなくても母の右側から「もしもし」と言う。そのあと左側から「もしもし」と言っていると「ああ、こっちはよく聞こえる」と顔がぱぁ〜っと明るくなる。左右の聞こえが同じではないことは明らかなのである。

先週までは耳垢をとっても聞こえがよくなっている気がしなかったのだが、昨日は少し右もよくなっているような感じがした。

耳元で話してやれば会話はできる。

補聴器をつけてまで聞かなくてはいけない話は今の母の生活にはないのである。

それにしても今回の耳鼻科は予約制で良かった。常に午後の診察の一番を予約していたので待合室にはほとんど人はいないし。

待合室で大勢の人と待っているだけで具合悪くなりそうですもん。トイレも広かったし先生も看護師さんも受付嬢も親切で優しかった。整形外科受診のときと違ってストレスなく受診できた。

送迎はGHのスタッフの方にお願いしたが診察時間の間、駐車場でそのまま待ってていてくださったのでそれも楽だった。

GHの通院の場合のシステムってよくわからないのだが、家族が付き添いでこんな風に送迎のみ行った場合の料金ってどうなるのかな。

付き添いは家族とはいえ、駐車場で待っているのだから時間は拘束されている。ってことは家族が付き添わない場合と同じでしょうか。

サ高住のときはつまりは在宅と同じなので担当者会議や月毎の計画表があったけどGHは介護保険まるごとだから細かい点数計算などお知らせなし。(もしかしたら妹の方に通知は来ているのかも)不明な点も多い。知ったからといってどうなるわけでもないが。

 

病院から帰ってくるとすでにおやつの時間は終わっており、母だけお茶とおやつの準備をしてもらう。他の方々は洗濯物たたみ。

見ていると畳む手つきもていねい。ちゃんと角と角を合わせてきちんと畳まれている。畳んだものを持って自室に行く方も。その足取りはしっかりしている。何人かの人だけが洗濯物を畳むようで母にはその割り当てがないようだった。

できる人が畳む役。

「あ、今日は娘さんに畳んでもらう?」とわたしに母の洗濯物が渡されたのでそのまま母に渡して畳んでもらう。

やはり母のたたみ方は雑。それでも角と角はなんとなくは合わせていたけど。いつもどうしているかはわからなかったけど、母にももっとやらせてほしいな。畳んで引き出しにしまうまでを自分でやらせてほしいけど母はきっと引き出しにはしまわない。ベッドの手すりにかけるだけ。それはもともとの性格。

几帳面だった人が認知症で雑になる話はきくが雑だった人が認知症で几帳面になるということはきいたことがないですね・・。

部屋でテレビも観ているようだし、姉御のOさんは母をみつけては声をかけてくれているようだし、それなりにここでの生活がある。

『現状維持』

それが今年の目標です。

Posted by roku
耳鼻科 / 07:23 / comments(0) /
耳鼻科へ

昨日、予約した耳鼻科を受診。

GHのスタッフが車で送迎してくださった。午後一の診察で予約だから待ち時間も少なく、待合室もガラガラで楽。

整形外科のときと大違い。

新しい病院でトイレも広くきれい。

出かける前にトイレを済ませた母だったけれど診察前にまたトイレ。今回はわたしは一緒に入室せずドアの外で待つ。

GHでもつきっきりではなく個室ではある程度ひとりでやらせて最終チェック的にスタッフが入っているようだった。

でも便器に腰掛けるときにジャストミートしてなくてちょこんと先端に座っているようでもあり、いつかはずしてひっくり返るんじゃないかという心配も。

あと手すりがないと立ち上がれないというのがある。

座ってからの立ち上がりが本当に退化してしまった母。

テレビでデヴィ夫人を今朝観たけど77歳だそうで母と1歳しか違わないと思うと母の老化はすさまじい。

GHに入居してからは日常生活のほとんどが他人まかせだしもっと高齢の方々の中で暮らしているせいか急激におばあさんになってしまったような気がする。常に誰かが脇を抱えたり手をつないだりしてくれるからそれに頼り切ってしまっている。

で、耳鼻科である。

聞こえる方の左はきれい。

聞こえの悪い右は「あー詰まってるねー」と医師。

もしかしたら今回だけでは取れないかもしれないとのことだったが半ば強引にトライした結果、大きくて固い耳垢が取れた。

しっかりとは見なかったがかなり大きかった。普通に想像している耳の穴の直径より大きな楕円形の塊。

そのあと吸引。

治療中、ときどきは身体をすくめて痛そうにしていた母だが看護師さんが優しくなだめてくださりなんとか治療に耐えた。

耳の中の皮膚が化膿しないように液体の薬が出された。

5~6滴を朝晩。注したら5~10分ほど横になったままにすると説明される。

5〜10分じっとしていることなど不可能に近いなぁ・・・。

GHに戻り、スタッフの方に薬の説明をして預ける。夜は寝る直前、朝は起きる前にだね、ということで夜勤スタッフに託すことになりそう。来週もう一度通院予定。

肝心の聞こえの方は残念ながら改善されず。

右から話しかけてもあまり聞こえないようだ。少し大きな声なら聞こえているみたいなので多少は良くなったのかな。

来週は聴力検査もお願いしてみるつもり。

 

耳鼻科から戻ってきたのが3時過ぎ。

他の入居者さんはおやつが終わりくつろぎ中。母だけおやつが提供される。

薄いおせんべいとチョコ菓子。

わたしも同じテーブルでお茶を出していただく。

テーブルには4人。でも会話はない。おばあちゃんたちは無言。

母が食べろというのでお菓子をひとつもらう。パッケージを開けるとすかさず一人のおばあちゃんが折り紙のゴミ箱を差し出してくれた。でも無言。

隣のテーブルでは二人のおばあちゃんが洗濯物を畳んでいた。このうち一人のおばあちゃんは目があうといつもニッコリ笑ってくれる人。さらにもうひとつのテーブルは黒一点のおじいちゃんとおばあちゃんがひとり、こちらも会話はなさそう。

いつも閉まっている別ユニットとの境のドアは開け放たれていた。

いつも訪問している時間とは違う時間にいるとまたGHの違った顔が見える。

サ高住では家族も参加できるイベントがあったがGHはないのかな。

そんな遊んでいる余裕はない?

 

昨日もカルタ取りの声が聞こえてきていたが『老いては子に従え』『みなさん、いいですか?老いては子に従え』失笑・・みたいな感じでした。

Posted by roku
耳鼻科 / 07:41 / comments(0) /
耳垢

母の難聴であるが耳垢が詰まっていることが原因ではないかということになった。

GHのスタッフの方がライトで耳の中を照らすとかなり詰まっていたそうだ。

確かにわたしたちが母の耳掃除をしたことはない。

サ高住に入居した頃に耳かきは買ってあげていたが母が使っているのは見たことなかった。

実家にいたころはヘアピンや耳かきを使ってよく耳掃除をしていたのでなんとなく自分でやっているのかなぁと思っていたがそんなはずなかった。

ケアマネさんによるとよくあることで固くなってしまっていることが多いので耳鼻科で柔らかくしてからとってもらうのが良いとのこと。

そういう訳で来週にでも耳鼻科を受診することになった。

手空きのスタッフがいれば車で送迎してくれるそう(付き添いは家族)。

 

元旦によろめいて転んだ膝をズボンをまくって見せる母。

赤い斑点がでていたが湿布によるかぶれだろうか?

今日も「あんたはここまでどのくらい時間がかかるのか」の質問を何度も。何度も1時間半と答えていたら最後には「あんたはここまで1時間半ほどかかる?」と質問が変わった。覚えた??な訳ないけど。

年賀状を輪ゴムで束ね『年賀状の返事は全部書いたから出さなくていいよ rokuより』とメモをつけておいた。これで母は悩まなくていいだろう。

わたしが贈ったクリスマスプレゼントの帽子に添えたメッセージカードはそのまま捨てずにおいてあるので今日も母の返事のメモが置かれていた。

『rokuちゃん帽子をありがとうね。

とてもすてきな帽子ですね。

さっそく使っています。

とてもすてきな帽子です。

ありがとうございました。』

と今度は5行も!

 

こういうのは何度繰り返しても嬉しいんだよね。

そう、いい話、楽しい話は何度でもOK。

今年はそういう話を多くできるように。

 

今日も椅子の背につかまってカカトの上げ下ろし10回、膝の曲げ伸ばし10回、膝の上げ下げ左右それぞれ5回をなんと2セットもやってくれた母。

こういう簡単なのなら嫌じゃないみたいなのでコツコツやってみます。

Posted by roku
耳鼻科 / 18:54 / comments(0) /