Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
退院

先週の木曜に母、退院。

ちょうど台風が来ていて心配していたが雨もあがり被害もなく。

ケアマネさんがスタッフとともにGHの車椅子ごと乗れる車で迎えに来てくださった。

母は車椅子の移乗も危うく、歩くどころか立つこともままならない状態ではあったがGHの他の入居者さんたちも温かく迎えてくださった。

母は自分の部屋も忘れていたようだったがお部屋に入ると少し反応した。

 

入院の後半の何日かで恐ろしいくらいに母の様子が変わってしまった。

ほとんど反応せず、動かず。リハビリのときもあまり動かなくなった。

すぐに目をつぶってしまう。

 

このような状態でGHでの生活ができるのか?と疑問だったけれど、退去を言い渡されることもなく数日を過ごしている。

昨日、様子を見に行ったがやはり介助は大変になっているようだった。

トイレやお風呂(シャワー)も大変だが食事が全介助になってしまった。

病院にいるときはプリンなど最後の一口まで食べていたのに。自分からは食べなくなってしまったと。

今後は週二回、訪問リハビリを受けることにした。

どこまで回復するか。

 

本当はとても期待している。

またすぐに元通りになるのではないかと。

甘いですね。でも絶望したくないのです。

 

Posted by roku
整形外科 / 21:08 / comments(2) /
退院日決まる

何度か母に面会に行っているがあまり良いきざしはなく。

それでも退院の日が決まった。今度の木曜。

病院にいる間はリハビリがあるからとあまり早く退院したい気持ちがなかったのだが、ここのところの母を見ていると1日でも早く退院した方が良いのではとも思う。

いくらわたしたちが面会に行ってもそれは長い1日のほんのわずかな時間でしかないし、看護師さんが時々様子を見てはくれるけどほとんどの時間は放置されているのと同じ。

それはGHに帰っても似たようなものなのかもしれないけれど。

 

先日、リハビリの様子を見学した。

母の担当の療法士さんは二人いるようで最初に対応してくれた方はメガネの男性。ベッドから車椅子への移乗をしようとするのだが母は反応鈍い。言われたように動いてはくれない。

しばらくしてもうひとりの療法士さんが「疲れていなければもう一度リハビリしますか?」とやってきた。

ちょっぴり竹内涼真似の方。

さきほどとは母の反応が全然違い母は笑顔。

最近見たことないほどのニコニコ顔だった。

リハビリの様子はまたあらためて。

Posted by roku
整形外科 / 08:26 / comments(0) /
車椅子のシートベルト

土曜の面会。病室で車椅子で座っていた母。

車椅子から落ちないためか白い帯のような布でお腹と車椅子をぐるっと結ばれていた。まるでシートベルトのように。

そのまま車椅子で病室の外の談話コーナーへ。

差し入れにプリン。

ここの病院では病室に冷蔵庫もなく、衛生面から食べ物の持ち込みは禁止と書いてある。しかし、看護師さんに先日、好きなものを食べさせてあげてくださいと言われた。あの注意書きは建前なのだろうか。

次回は果物がいいかな。

木金はしっかりしていたのに土曜はどこかぼんやり。

リハビリがないようなので車椅子に座ったままわたしとつま先の上げ下げ、踵の上げ下げ、足踏みなどする。

手術した左足はあまり動かない。動かすときは手で持ち上げる。前途多難。

歩けるようになるどころか車椅子への移乗もままならない。

医師からは先日「手術前より歩行状態は悪くなるのはご了承ください」とサラッと言われたがそれが現実のものに。

そのくせ母は車椅子から自分で降りようとする。

だからシートベルトなんだ。

ずりおちるのではなく、足が動かないことの自覚がないから立ち上がろうとし、また転んでしまうから。

転んだらまた骨折だ。

母の骨はきっとスカスカだろう。

 

今日妹が面会に行ったら母は妹のことがわからなかったという。

骨折がきっかけで認知症が進むという話はきいていたがこれほどとは。

 

父が入院していたとき母は毎日面会に行き、一日中病院にいた。お弁当持参で。

ある意味、父は幸せだったな。

わたしたちは毎日は行けない。

いや行こうと思えば行けるのかもしれないけどそれができない。

母にはもうわたしか妹しかいないのに。

 

Posted by roku
整形外科 / 21:52 / comments(0) /
ミトン

母の手術は無事終了。

手術の時間が当日の朝に変更になり1時間早まる。わたしはちょうど向かっている途中で間に合わず・・と思いきやギリギリ手術室へ移動するのに間に合った。1時間じゃなく30分早い開始。(こんな風に手術の時間ってコロコロ変わるものなの?)

手術時間は2~3時間みてくださいということだったので妹と交代で食事をとっていたら、1時間半ほどで終了。

担当医は「手術時間は59分」と言っていたが早く終わらせることが良いのではなく、予定通りというのがいいのはでないだろうか。

手術室へ入ってからの母は案の定興奮状態にあったようで色々触るのでさらに麻酔をかけたそう。

そういう状態だったせいもあり、担当医からは認知症が重いので当医院のリハビリ病棟では受け入れできず2週間でGHに戻しますと宣言される。以前より歩行状態が悪くなるのはご了承くださいと早口で言われた。

リハビリなしで退院させられるとどうなるのだろうか?

実はこれを機に歩行改善できるかと期待していた。杖歩行の訓練もしてもらえるといいなぁと思っていたのである。

2週間で返されるとおそらく母は今後は車椅子の生活になる。

妹とこの点について相談した。

調べてみると医療保険を利用できる訪問リハビリもあるらしいのでそれを利用できないか検討中。

とにかく散歩は無理にしても室内は自分の足で移動してもらわないと。

 

術後の母は眉間にしわの表情。

点滴の管や酸素マスクをはずしてしまうので看護師さんに勧められ売店で「ミトン」なるものを購入。

手を拘束するのにベッドの手すりに縛るよりかはこのミトンで指を覆ってしまう方がまだ自由がきく。

しかし、母にとっては経験したことのないしろもの。こんなものはずしてと訴え続ける。

「何をしとるんや!」とだんだんキレかかってくる。

いくら手術をしたからなのだ、今だけ、ちょっとの辛抱だからと伝えても手術などしていないというし、どんどん興奮するばかり。

「じゃあ、看護師さん呼んでくるね」と病室を去るより仕方がなかった。

せっかく付き添いできているのにそばにいることもできない。離れたところでこっそり見守るのみ。

母はベッドの上で縄抜けの術のようにミトンをなんとか脱ごうと手をモゾモゾ動かし続けていた。何もしないでボーッと寝ているよりは何かに集中している方がいいと思うしかない。

担当の看護師さんはベテランのようでてきぱきとされていて安心してお任せできそうだった。

手術の日は面会時間に制限がないようだったが1時間おきぐらいに様子を見てもらえるようだったので帰宅することにした。

顔をみせるとまたミトンをとってくれと怒り出しそうだったので母に声をかけずに病室をあとにする。

点滴の管や心電図のコードがいらなくなれば手は解放されるので早く身軽になれますように。

先のことは見えないが命の危険があるわけではないので思い詰めずにいきましょう。

Posted by roku
整形外科 / 08:32 / comments(2) /
大腿骨骨折

先週土曜に母が室内で転倒し大腿骨骨折。

救急車で運ばれ入院した。

明日手術をすることになった。

 

土日わたしは呑気に旅行中。妹からの電話で事態を知る。

入院の準備や手続きは妹がやってくれた。

話によると初日は母も少し興奮状態で手の拘束をされたらしい。それもショックだった。

様々な不安が押し寄せる。

 

転んだことを覚えてはいない母が病院にいることを理解できるだろうか?

環境が変わって大丈夫だろうか。

そのまま寝たきりになるのではないかという不安。

手術することも理解できるだろうか。取り乱したりしないだろうか?

祖母も80歳くらいのときに転倒し大腿骨骨折した。母の姉も数年前に自宅で転倒し同じく大腿骨骨折、手術を経験している。

二人とも見事に復活した。だから母も大丈夫なはず。

そう自分に言い聞かせるのだけど不安は募るばかりのこの週末だった。

そして今日面会へ。

縛られていたら嫌だなと思っていたが手は自由になっていた。

わたしのこともわかってくれた。

かつて入院していた祖母や父がそうだったようにいくら注意しても点滴の管をはずそうとしていたが。

とりあえずは少しだけ安心した。

 

手術すれば早い人なら翌日からリハビリが始まるという。

これを機にリハビリして骨折前より歩行が安定するといいのだけど。

どんどんあるけなくなっていく母が気がかりだった。GHに入居してからの母の後退ぶりは加速している。

杖歩行ができるようになるといいな。

悪い方へ考えるのではなく少しでも光のある方に向いていければ。

妹から手術のリスクについてきく。

やっぱり怖い。

看護師さんが説明してくれるがそれがどれだけ母に伝わるのか。

全身麻酔ではなく頭はぼんやり起きていて、でも身体は動かないという麻酔なのだそうだ。

どうか母が怖がりませんように。

手術が無事済みますように。

Posted by roku
整形外科 / 22:20 / comments(2) /
割とちゃんと歩いている

今週木曜に訪問すると母はこれまでのように歩いていた。

「膝は?」ときくと「もうあんまり痛くない」と答える。

立ち上がりが少し難儀そうだけど日常生活にはさほど支障がなさそうだ。

 

居室で少しだけトレーニング。椅子の背につかまってかかと上げ下ろしとか足を前後に振ったりとか。

以前デイサービスでもらったプリントを参考に。

何もやらないよりかはやった方が良いだろう。

母も嫌がらずやってくれた。

 

相変わらず会話のほとんどはわたしがどのくらいの時間をかけてくるのか?と「お父さんはどこにおるの?」

たまに「おばあちゃんはどうしてる?」

他に話題はないのか!と思うけどないみたい。

母のコミュケーションの手段なのかもしれない。

木、金と午後6時すぎに母から電話がかかってきた。取ると切れているのでこちらからかけ直すと出る。

あまりよく聴こえないのか適当にあいづちを打っているようだ。

それでも会話できるのが嬉しい。

だんだん言動もおかしくなっているのが明らかで歩行なども以前より危うい。薬が増えたけど何も効果がないように思う。

右の耳がほとんど聞こえないようで右側から話しかけても全く反応なし。母の左に座って話さないと会話ができない。

ときどき電話が聞こえないという時はおそらく右耳に当てているのだろう。

これほど顕著なのにGH入居の際の健康診断書には難聴なしと書かれていた。

医者など全く信用できないな。

母の右耳のことはケアマネさんも把握しているようだった。介護者が気付いているならそれほど問題じゃないかな。聞こえる方に話しかければいいだけだから。

祖母も同じように片耳しか聞こえなかったが本人が自覚していて聞こえる方の耳を差し出していた。

母はその自覚はまだないようなのが残念。

どこまでわかっていてどこまでわかっていないかがもっとわかればいいのに。

Posted by roku
整形外科 / 22:19 / comments(0) / 昨年の記事
折れてなかった

先週木曜に母と再び整形外科。

午前中に行ったら16番目と言われ2時間以上の待ち時間にグッタリ。

その間、母はトイレ2回。車椅子でも入れる広いトイレだったのでわたしも入室。そのときの話はまた後日。

 

診察の結果、骨折ではなかったようで今後の通院はなし。サポーターももうしなくていいとのこと。

GHに戻ったらもう車椅子もどかされて自由の身の母。

よかったのだけど歩き方がとても不安定になっている。

今年の夏前はわたしと外を一緒に散歩していたのに。

 

最近飲み始めたメマリーにふらつきやめまいの副作用があるというが関係はないのだろうか?

今回は骨折ではなかったけれど今のままの歩行の不安定さではまたきっと転んでしまう。いつかは骨折してしまいそう。

まだ起きていないことを不安がってばかりいても仕方がないけど心配です。

杖もうまく使えない母。

杖歩行の練習してみようかな。

 

電話をすると慌ててとるときに転倒してしまうのではと心配でここのところ電話していない。

クリスマスイブの夜に突然母からかかってきたのは寂しかったのだろうか。

電話できないとなんだか遠くなる母です。もっと頻繁に会いに行くべきなのだろうか。

Posted by roku
整形外科 / 20:18 / comments(2) /
折れていませんように

先週の木曜朝に転倒、午後に整形外科受診の母。

サポーターをつけて帰宅。しばらくは安静のはずなのだが、金曜にGHに電話をし様子をきいてみるとすぐに車椅子から立ち上がってしまうとのこと。

夜間はセンサー対応して母が起きればセンサー作動で見守ってくださったのだが。

いずれにしてもひどく悪化しているということではないのでそのまま様子をみることに。

週が明けて昨日午前にもう一度電話で様子をきく。

火曜に入浴。シャワーだったようだが大変だったとか(どんな風にかは不明)。

とにかくじっとしていてくれないらしい。

すぐに立ってしまう。だからといって歩ける訳でもなさそうだが。

まだ膝はさわると痛いらしい。

 

年末でもあるし一応もう一度診てもらった方がいいということで本日、受診することにした。

初診のレントゲンでは骨折線がはっきりわからなかったが1週間後ならはっきりするだろう。

もし骨折があったとしたらシーネ固定ということだったが固定するのがいいのかどうか・・・。

骨折でなければ多少動いても問題ないだろう。

安静にしてもらうには膝あたりに『骨折中』とシールでも貼っておこうか。

 

わたしの骨折は4週間のギプス、松葉杖は6週間以上に及んだ。

普通に歩けるまで二ヶ月を要した。

高齢者の骨折は松葉杖も使えないだろうし、正常な足に力はないだろうし、寝たきりになってしまう。

母が杖を使えればいいのにな。

祖母は80歳のときに大腿部を骨折し手術、入院した。それでも退院後は杖を使って自力歩行した。

すごいなと思う。

もし骨折がなければ母と杖歩行の練習してみるかな。

折れていませんように。

Posted by roku
整形外科 / 07:12 / comments(0) /
また転倒で車椅子

昨日、母を訪問してみると車椅子に座っている。

なにごとかと思ってきいてみると早朝に転んで膝を打ってしまったらしい。

少し腫れてきたとのことで病院に付き添って行ってもらえますか?とのこと。

夜勤スタッフ1名しかいない時間帯の転倒でちょうど他の人のトイレ介助に入っていたのだそう。

 

昨日は木曜で休診のところが多かったが近くに開いている整形外科があったのでそこに行くことにした。

施設の車で車椅子ごと送迎してくださるとのこと。

訪問したのは1時で診察が始まるのは3時。それまでホールで母と過ごす。

いつもは面会は1時間で居室で過ごすことが多いのでいつもとは違ったGHの様子を窺い知ることができた。

しっかりしている風に思われた他の入居者さんも認知症が進んでいる方が多そうだし、スタッフの方もなかなか厳しい。「叱られる」とペロッと舌を出すM子さん。

 

3時少し前に病院に行くと外に行列ができていた。3時にならないと中に入れないらしい。ということで数分寒い外で待つ・・・。

診察の結果は右膝は問題なし。左膝は骨折(ヒビ?)の可能性もあるが現時点ではわからないとのこと。

とりあえずサポーターを巻いて固定。

折れていた場合はシーネやギプスということになるらしいがギプス固定もねぇ・・・とつぶやく医師。

折れて骨がずれていると手術ということになるらしいがそれはないみたい。

湿布のみ処方してもらい今日は安静にとのこと。

数日して痛みが引いて歩けるようなら通院の必要なし、痛みが引かない場合は1週間後くらいにもう一度レントゲンということだった。

 

この前もデイサービスの送迎中に車の乗り降りのときに転倒し膝を打った母。

どうもふらつきが多い。

今回大丈夫だとしてもまたいつか転びそう。

昨夜は紙オムツだったのかもしれない。

自力歩行とトイレの自立。これだけは死ぬまで頑張ってほしいのだけど。

全然ひとの話をきかない。

車椅子に座っててと何回言っても降りようとする。

自分が転んだことは覚えていない。もし骨折していたとしてもすぐ忘れるのかしら。

エアコンで乾燥した病院で何度も何度も母に説明しつづけ昨日はのどが痛くなってしまった。

狭い待合室の片隅に場所を確保し、会計と隣の薬局に行ってくる間「ここで待っててね」と言い聞かせたものの数分で忘れるのだから大丈夫だろうかと気が気でなかった。

小さな子供と同じだなぁ。

 

GHで一番年齢は若いのに歩行が一番不安定な母。

以前母より若い人が入居していたが認知症が進むのが早くていられなくなったと昨日のスタッフの方からきいた。

看取りまでしますとは言っていたけどそれは手がかからない人のことでしょう。

不安が募るのであった。

 

Posted by roku
整形外科 / 07:13 / comments(0) /
整形外科でリハビリ

超音波で骨折の治りが早くなるというのでせっせと通院している。

椅子に座って患部に超音波を当てる時間は20分。その20分は何もすることがないので本を読んでいるがリハビリ室のほかの人々の様子がいやでも目に入る。ほとんどが高齢者である。

電気を当てたり、首を牽引したりしているほかにベッドで療法士さんとストレッチやマッサージを行っている人もいる。

仰向けに寝て足を上げ下げしたり、足の開脚をしたり。数を数えながら頑張っている。

母のように相当腰の曲がった方も通院してきている。

リハビリスタッフに手を取られ、歩いている。

父も脳外科病院でのリハビリに足繁く通っていた。そして母にもリハビリを勧めていた。

母は数回はやったのだと思うがそれっきりで通うことはなかった。

わたしにも父は「お母さんもやるといいんやけどなぁ」とよくこぼしていたっけ。

今、自分が整形に通うようになって父と同じ感想を持つ。

リハビリに通って、足の筋肉を動かすことをしたらもう少し歩けるのではないだろうか。

わたしはこの四週間で驚くほど足の筋肉を失った。歩かないとむくんでしまうことも知った。

やはり少しの運動、歩くことをしないとどんどん弱る。

 

この前見学した近所の老人ホームはリハビリ型で理学療法士さんが常駐し、歩けなかったひとも入居したら歩けるようになったと言っていたがその点はポイント高いな。見学したときはふーん・・・としか思わなかったけど、今ならわかる。

サ高住の自室で過ごすほとんどの時間はベッドの上の母。デイには週4通うからいいのだけど・・・。

もうちょっと動く時間ができるといいのにな。
夜に電話をするのは控えて、午前中や朝に電話をしてみるがもう何日もつながらない。

 

Posted by roku
整形外科 / 13:09 / comments(0) /