Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
割とちゃんと歩いている

今週木曜に訪問すると母はこれまでのように歩いていた。

「膝は?」ときくと「もうあんまり痛くない」と答える。

立ち上がりが少し難儀そうだけど日常生活にはさほど支障がなさそうだ。

 

居室で少しだけトレーニング。椅子の背につかまってかかと上げ下ろしとか足を前後に振ったりとか。

以前デイサービスでもらったプリントを参考に。

何もやらないよりかはやった方が良いだろう。

母も嫌がらずやってくれた。

 

相変わらず会話のほとんどはわたしがどのくらいの時間をかけてくるのか?と「お父さんはどこにおるの?」

たまに「おばあちゃんはどうしてる?」

他に話題はないのか!と思うけどないみたい。

母のコミュケーションの手段なのかもしれない。

木、金と午後6時すぎに母から電話がかかってきた。取ると切れているのでこちらからかけ直すと出る。

あまりよく聴こえないのか適当にあいづちを打っているようだ。

それでも会話できるのが嬉しい。

だんだん言動もおかしくなっているのが明らかで歩行なども以前より危うい。薬が増えたけど何も効果がないように思う。

右の耳がほとんど聞こえないようで右側から話しかけても全く反応なし。母の左に座って話さないと会話ができない。

ときどき電話が聞こえないという時はおそらく右耳に当てているのだろう。

これほど顕著なのにGH入居の際の健康診断書には難聴なしと書かれていた。

医者など全く信用できないな。

母の右耳のことはケアマネさんも把握しているようだった。介護者が気付いているならそれほど問題じゃないかな。聞こえる方に話しかければいいだけだから。

祖母も同じように片耳しか聞こえなかったが本人が自覚していて聞こえる方の耳を差し出していた。

母はその自覚はまだないようなのが残念。

どこまでわかっていてどこまでわかっていないかがもっとわかればいいのに。

Posted by roku
整形外科 / 22:19 / comments(0) / 昨年の記事
折れてなかった

先週木曜に母と再び整形外科。

午前中に行ったら16番目と言われ2時間以上の待ち時間にグッタリ。

その間、母はトイレ2回。車椅子でも入れる広いトイレだったのでわたしも入室。そのときの話はまた後日。

 

診察の結果、骨折ではなかったようで今後の通院はなし。サポーターももうしなくていいとのこと。

GHに戻ったらもう車椅子もどかされて自由の身の母。

よかったのだけど歩き方がとても不安定になっている。

今年の夏前はわたしと外を一緒に散歩していたのに。

 

最近飲み始めたメマリーにふらつきやめまいの副作用があるというが関係はないのだろうか?

今回は骨折ではなかったけれど今のままの歩行の不安定さではまたきっと転んでしまう。いつかは骨折してしまいそう。

まだ起きていないことを不安がってばかりいても仕方がないけど心配です。

杖もうまく使えない母。

杖歩行の練習してみようかな。

 

電話をすると慌ててとるときに転倒してしまうのではと心配でここのところ電話していない。

クリスマスイブの夜に突然母からかかってきたのは寂しかったのだろうか。

電話できないとなんだか遠くなる母です。もっと頻繁に会いに行くべきなのだろうか。

Posted by roku
整形外科 / 20:18 / comments(2) /
折れていませんように

先週の木曜朝に転倒、午後に整形外科受診の母。

サポーターをつけて帰宅。しばらくは安静のはずなのだが、金曜にGHに電話をし様子をきいてみるとすぐに車椅子から立ち上がってしまうとのこと。

夜間はセンサー対応して母が起きればセンサー作動で見守ってくださったのだが。

いずれにしてもひどく悪化しているということではないのでそのまま様子をみることに。

週が明けて昨日午前にもう一度電話で様子をきく。

火曜に入浴。シャワーだったようだが大変だったとか(どんな風にかは不明)。

とにかくじっとしていてくれないらしい。

すぐに立ってしまう。だからといって歩ける訳でもなさそうだが。

まだ膝はさわると痛いらしい。

 

年末でもあるし一応もう一度診てもらった方がいいということで本日、受診することにした。

初診のレントゲンでは骨折線がはっきりわからなかったが1週間後ならはっきりするだろう。

もし骨折があったとしたらシーネ固定ということだったが固定するのがいいのかどうか・・・。

骨折でなければ多少動いても問題ないだろう。

安静にしてもらうには膝あたりに『骨折中』とシールでも貼っておこうか。

 

わたしの骨折は4週間のギプス、松葉杖は6週間以上に及んだ。

普通に歩けるまで二ヶ月を要した。

高齢者の骨折は松葉杖も使えないだろうし、正常な足に力はないだろうし、寝たきりになってしまう。

母が杖を使えればいいのにな。

祖母は80歳のときに大腿部を骨折し手術、入院した。それでも退院後は杖を使って自力歩行した。

すごいなと思う。

もし骨折がなければ母と杖歩行の練習してみるかな。

折れていませんように。

Posted by roku
整形外科 / 07:12 / comments(0) /
また転倒で車椅子

昨日、母を訪問してみると車椅子に座っている。

なにごとかと思ってきいてみると早朝に転んで膝を打ってしまったらしい。

少し腫れてきたとのことで病院に付き添って行ってもらえますか?とのこと。

夜勤スタッフ1名しかいない時間帯の転倒でちょうど他の人のトイレ介助に入っていたのだそう。

 

昨日は木曜で休診のところが多かったが近くに開いている整形外科があったのでそこに行くことにした。

施設の車で車椅子ごと送迎してくださるとのこと。

訪問したのは1時で診察が始まるのは3時。それまでホールで母と過ごす。

いつもは面会は1時間で居室で過ごすことが多いのでいつもとは違ったGHの様子を窺い知ることができた。

しっかりしている風に思われた他の入居者さんも認知症が進んでいる方が多そうだし、スタッフの方もなかなか厳しい。「叱られる」とペロッと舌を出すM子さん。

 

3時少し前に病院に行くと外に行列ができていた。3時にならないと中に入れないらしい。ということで数分寒い外で待つ・・・。

診察の結果は右膝は問題なし。左膝は骨折(ヒビ?)の可能性もあるが現時点ではわからないとのこと。

とりあえずサポーターを巻いて固定。

折れていた場合はシーネやギプスということになるらしいがギプス固定もねぇ・・・とつぶやく医師。

折れて骨がずれていると手術ということになるらしいがそれはないみたい。

湿布のみ処方してもらい今日は安静にとのこと。

数日して痛みが引いて歩けるようなら通院の必要なし、痛みが引かない場合は1週間後くらいにもう一度レントゲンということだった。

 

この前もデイサービスの送迎中に車の乗り降りのときに転倒し膝を打った母。

どうもふらつきが多い。

今回大丈夫だとしてもまたいつか転びそう。

昨夜は紙オムツだったのかもしれない。

自力歩行とトイレの自立。これだけは死ぬまで頑張ってほしいのだけど。

全然ひとの話をきかない。

車椅子に座っててと何回言っても降りようとする。

自分が転んだことは覚えていない。もし骨折していたとしてもすぐ忘れるのかしら。

エアコンで乾燥した病院で何度も何度も母に説明しつづけ昨日はのどが痛くなってしまった。

狭い待合室の片隅に場所を確保し、会計と隣の薬局に行ってくる間「ここで待っててね」と言い聞かせたものの数分で忘れるのだから大丈夫だろうかと気が気でなかった。

小さな子供と同じだなぁ。

 

GHで一番年齢は若いのに歩行が一番不安定な母。

以前母より若い人が入居していたが認知症が進むのが早くていられなくなったと昨日のスタッフの方からきいた。

看取りまでしますとは言っていたけどそれは手がかからない人のことでしょう。

不安が募るのであった。

 

Posted by roku
整形外科 / 07:13 / comments(0) /
整形外科でリハビリ

超音波で骨折の治りが早くなるというのでせっせと通院している。

椅子に座って患部に超音波を当てる時間は20分。その20分は何もすることがないので本を読んでいるがリハビリ室のほかの人々の様子がいやでも目に入る。ほとんどが高齢者である。

電気を当てたり、首を牽引したりしているほかにベッドで療法士さんとストレッチやマッサージを行っている人もいる。

仰向けに寝て足を上げ下げしたり、足の開脚をしたり。数を数えながら頑張っている。

母のように相当腰の曲がった方も通院してきている。

リハビリスタッフに手を取られ、歩いている。

父も脳外科病院でのリハビリに足繁く通っていた。そして母にもリハビリを勧めていた。

母は数回はやったのだと思うがそれっきりで通うことはなかった。

わたしにも父は「お母さんもやるといいんやけどなぁ」とよくこぼしていたっけ。

今、自分が整形に通うようになって父と同じ感想を持つ。

リハビリに通って、足の筋肉を動かすことをしたらもう少し歩けるのではないだろうか。

わたしはこの四週間で驚くほど足の筋肉を失った。歩かないとむくんでしまうことも知った。

やはり少しの運動、歩くことをしないとどんどん弱る。

 

この前見学した近所の老人ホームはリハビリ型で理学療法士さんが常駐し、歩けなかったひとも入居したら歩けるようになったと言っていたがその点はポイント高いな。見学したときはふーん・・・としか思わなかったけど、今ならわかる。

サ高住の自室で過ごすほとんどの時間はベッドの上の母。デイには週4通うからいいのだけど・・・。

もうちょっと動く時間ができるといいのにな。
夜に電話をするのは控えて、午前中や朝に電話をしてみるがもう何日もつながらない。

 

Posted by roku
整形外科 / 13:09 / comments(0) /
同じ不自由さ

骨折すると一週間が長い。

母を呼び寄せてから1年半、週に一度の訪問(主に木曜)はこれまで一度も休まなかった。どんなに仕事が忙しくても時間を工面して必ず会いに行っていた。大雨の日も猛暑の日も休まなかった。

昨日初めてそれが破られた。

そのことが心にわだかまる。結局はわたしは優等生なんだという思いもあるがそれを差し引いてもやはり母のケアが生活の一部になっていたということだろう。正直なところ渋々訪問していたのであるが。

 

昨日からまた母に電話が繋がらなくなった。携帯電話はまたバッグの中にしまわれたのだろう。

松葉杖がせめて一本になれば会いに行けるかなとも思うがいつになるやら。

 

室内では一本松葉杖に挑戦している。

杖はいい方の足の側の手に持つ。

骨折した足を前に出すときに杖を一緒に出す歩き方。

父が左麻痺になったときに右手に杖を持って歩いたのは左手に麻痺があったからだと思っていたがそれは違っていたようだ。

悪い方の足をかばうために悪くない方の手に持って使うのである。

逆だとばかり思っていたので最初は慣れなかったがその使い方をした方が骨折した足の負担にならないことがわかって使えるようになった。今頃になって不自由だった父の気持ちが少しだけわかった。

そして現在パンパンにむくんでいるわたしの足。

とくに足の甲のむくみがひどく、指で押したらそこがくぼんで戻らない状況。

これは母の足のむくみと同じ。湿布の貼り替えでギプスをはずしたときに足首を動かしてみたりしているがあまり解消しない。やはりほとんど歩けないことが原因なのだろうか。

今のわたしの行動範囲は家の中のみできっと母と同じくらい。いや、母はもっと少ないかな。

それでは足のむくみは解消されないかもな。

デイでの運動は座ったままが多いのだろうか?歩く機能訓練があるといいのに。

 

暇なのでグループホームについて検索してみた。

有料老人ホームに比べて料金が安い。

でも説明を読むと母にはサ高住よりいいような気がしてきた。いくつかのグループホームに資料請求してみた。

アンケート欄があり認知症の程度を記入しなくてはいけなかった。軽度、中程度、重度と。

母の場合はもう軽度ではないのだろうか?

見学に行けばどの程度の方々がそこに入居されているかわかるかな。

この骨折により発生した時間を有効に使いたい。

Posted by roku
整形外科 / 08:24 / comments(0) /
母、転倒。わたしも転倒。

先週の月曜、デイサービスからの帰りの車を降りるときに母が転倒して擦り傷を負ったと妹から連絡を受けた。

見守りをしていないときに母が車から降りたらしい。で、デイのスタッフの責任でもあるということで水曜に整形外科に連れて行ってもらったそう。肘と膝に絆創膏。

母に電話できいても本人は転倒のことは覚えていないようで・・・。

木曜に訪問したときもあいかわらずの様子だった。とりあえず大した怪我がなくてよかった。

 

しかし、夜間のそそうは頻繁になっていてベッドパッドまで濡れていた。

ズボンはもちろんのこと肌着の背中のところまで濡れている。全部取り替えて洗濯になったが本人は気づいていない様子。

老人ホームだと洗濯は週に二回ときいたけどこういう場合はどうなるのだろう。(毎晩のように漏らす場合)

ベッドパッドの替えはないのでサ高住の乾燥機を借りて乾かす(300円)。

だんだんこういうことが増えてきた。

 

冷蔵庫の中に卵が四個。母にきいても首をひねるばかり。おそらく他の居住者さんからのおすそ分けだろう。

この場合はそういう交流があることを喜ぶべきか。

 

そして土曜の朝、ランニング中にわたしが転倒。

なんと足の骨にヒビが入ってしまい一ヶ月の松葉杖生活となってしまった。チーン。

どう考えても電車を乗り継いで母のところへ通うのは無理でヘルパーさんを手配することに。

仕事もできないし、時間はたっぷりあるのだけど母のケアもできない・・・・

母には電話で伝えたがやはりすぐ忘れてしまうらしく、3回くらいは説明している。そのたびに「しっかり治さないかんよ」と親らしいことを言う。

自宅では夫が家事を手伝ってくれるものの、不便なことだらけ。まだ一週間もたっていないがストレスだらけ。

ちょっとした不注意からこんなことになり、とにかくわたしが元気じゃないとまわっていかないんだなぁと実感している。

 

Posted by roku
整形外科 / 07:42 / comments(2) /
薬の副作用
土日は母に連絡しなかった。
昨晩、電話をしたらまた母が大変なことに・・・。

土曜に嘔吐が止まらず、そのあと何も食べられず、2キロも痩せたと。
月曜に病院に行ったら、痛み止めの薬が強過ぎて胃腸が荒れたせいだと判明。

妹も土日は電話していなかったらしい・・・。

いくら忙しかったからとはいえ、なぜ電話しなかったのだろうと悔やまれる。
母がひとりで苦しんでいたというのに。
すぐにでも飛んでいきたいのに行けないもどかしさ。

老猫は食欲は戻ってきたがいろいろ大変な状態。
せめて猫の状態が安定してくれれば・・・。
来週末には帰省できるようにしたいけど、本当は今すぐ行かなくてはいけないのかもしれないな。

さらにショックなことに母は自分の骨折の件をわたしたちに話したことをすっかり忘れており、「実はまる秘だったけど、おかあさん、5月12日にバスの中で転んで骨折したんやわ」と平然と言うのである。あれだけ毎日、その件については電話で話したというのに・・・。

そして妹は子供たちの受験が終わるまでは帰省できないと言う。
子供のいないわたしにはよくわからないけど、受験ってそんなに大変なもの?
本人だけじゃなくて親まで巻き込んでしまうもの?

今日は母が病院にいる時間帯に携帯に電話して父と話してみることにしよう。



Posted by roku
整形外科 / 07:34 / comments(0) /
今さら入院?
警察と保険会社に提出する診断書を書いてもらうために整形外科を再診した母。
医師からベッドがあいたからと入院を勧められたらしい。
なんでも母の骨折はやっかいな場所だからとかなんとか。

なぜそれを今頃言う?もう1週間以上経っているのに。
で、母は入院するつもりになっていたが、父に相談すると「そんなことしたらrokuちゃんたちがびっくりして飛んで来るぞ」と言うので入院はやめたとのこと。

一方、警察から電話があり診断書を催促されているのだが、診断書は郵送すればいいのかと思えば、持って来いと言われたらしい。場所もわからないし、入院するような怪我人に早く持って来いと高飛車だと母はこぼしていた。
医者といい、警察といい、ずいぶんだ。
独り暮らしの怪我人の高齢者に対する配慮が全くない。
母が言うには「保険会社の人が一番親切やわ」。

つまりはサービス業。警察、病院はこの点、全然ダメ。

結局、母の入院は取りやめになり、毎日病院への往復はタクシーを使っている。
バスだと時刻表との兼ね合いになるが(とにかく本数が少ない)タクシーなら好きな時間に帰れるので楽なんだそう。
このタクシー便は診断書に書かれた"全治○ヶ月"という期間全てOKなのかな。
病院以外も利用できるとのことだけど、どれくらいまで認められるのかしらん。例えばお墓参り(往復1万円以上になる)にも利用できるのか?

父の咳はあいかわらず。

老猫もあいかわらず食欲ゼロ。今日で点滴は最後にするつもり。
父の入院から始まって、いろいろヘビーな5月。両親には申し訳ないが今は猫のことでいっぱいいっぱい。
ちゃんとしっかり見送れるのかな。
自分がどうなってしまうか不安でもある。あと夫も。
Posted by roku
整形外科 / 06:49 / comments(0) /
入院回避
昨日の朝、入院するつもりで準備し、病院へ出かける前の母と電話で話した。入院決まったら電話してね、と言っておいたがその日一日連絡なし。

やきもきしながら母にメール送ったり、妹と連絡とりあったりしていたが夜まで音沙汰なし。
夜になってようやく母から入院しなかった旨のメールが届いた。
その後電話で話した。
なんでも、空いた父の横のベッドはすでに予約済みだったそうで同室にならないなら入院しないと判断したそう。保険会社から連絡があり、通院や買い物など必要なときはタクシーを使えるとのことで入院ではなく、タクシーでの通院を選択した次第。

仙骨の骨折(ひび)についてわたしも調べてみたが、尻餅でよく骨折する場所らしく治療は湿布と安静。入院するほどのものではないらしい。
母自身も前日より痛みが和らいできたようで「別に入院せんでもいいわ」という気分になったらしい。

入院した方がよかったのか、しない方がよかったのか、判断つきかねるが日帰り帰省は中止にした。やはり帰るなら数日滞在しないと意味がない。数日滞在するなら、ともかく仕事が落ち着いてからだ。

一人暮らし状態の母。何かあったらと心配ではあるが、いい方に考えると・・・
父のことは気にせず、毎晩、娘と電話できる。
家事の手抜きできる。父の介護から解放されるなどなど。

楽観的過ぎるだろうか・・・。
Posted by roku
整形外科 / 06:43 / comments(0) /