Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
メマリー増量

先日、ケアマネさんから薬についての報告あり。

メマリーが5mgから10mgへ増量。

母の反応がはっきりしないからとのことだけどメマリーではっきりするようになるのだろうか?

夜間に起きてきてしまうから眠剤を使うかもしれないとも言われたがそれでふらつき、転倒したらまずいので様子をみるとも。

母は薬に弱いので様子をみてくださいと返答する。

昼寝もしないのに夜2時3時頃に起きて部屋から顔をのぞかせたりするらしい。

それはサ高住の頃からそうだったな。

母から着信があるのもそういう時間。

目覚めてしまうのだろう。

認知症薬の副作用について検索してみるがあまり薬を使いたくないなという結果ばかり。参考までに→

 

薬を一切使わない場合はどうなるのだろうか?

薬で何か改善しているのかな?とても疑問。

 

そんなことより歩行がとても低下している。

ふらつきがひどくなっている?

1年前は都内までタクシーで出かけてそのあと食事したり、歩いてお花見をしていたのに。

ケアマネさんは若いから進むのも早いかもねとおっしゃっていたがそうなのだろうか。

 

先日、グループホームと有料老人ホームの違いがわからないというようなことを書いたが前言撤回。

認知症専門という大きな違いがある。

どんなに高齢で車椅子だったとしても認知症の有無で対応が違ってくる。

認知症専門だから少人数制なのだ。

家族会で報告されたGHの現状。

要介護1が2名 要介護2が3名 要介護3が2名 要介護4が1名 要介護5が1名 

平均年齢88.8歳

開設6年

母79歳 要介護2

 

Posted by roku
/ 06:37 / comments(0) /
メマリー

先週の母訪問時、帰り際にケアマネさんからお薬が増えましたと言われた。

「何という薬ですか?」ときいたら慌てて処方箋を取りに行く。

「メマリーです」とのこと。

とっさに思い出したのは以前、認知症薬のセミナーできいた「デイサービスやグループホームでいつも居眠りをしているのはメマリーを飲んでいる人」という話。

まさか母が手に負えないからおとなしくするために使う?

ケアマネさんが言うには反応が鈍い感じがするので、ということだった。

わたしが「下げるというより上げる薬ですか?」ときくと「そう」とのことだったが。

 

帰ってからセミナー時に配布された資料を読み返してみるとやはりメマリーはめまい、ふらつき、眠気の副作用が大きくお勧めされる薬ではないようだった。むしろグループホームでのエピソードとしてドネペジルにメマンチン(メマリー)を追加し精神錯乱状態になった例があった。

資料を読み返す中でドネペジルをガランタミンに変更したら動作歩行がよくなった例が書かれていてそっちをしてもらいたいと希望する。

 

メマリーとドネペジルは併用が推奨されているらしいけど実際は悪化させる例が少なくないようで併用ではなく単独使用が安全だとか。5~10mgなら効果があるようだが20mgまで増量すると副作用が出やすいとある。

 

また軽度の認知症には効果がなく中度以上の認知症に使用される薬とのことでもはや母は軽度の認知症ではないと烙印を押されたような感じ。

やっぱりわたし自身が薬が嫌いなので極力薬を飲むのは減らしたいと思ってしまう。

もう3年も飲み続けているドネペジルもこれまで効果があったかというとそれを感じたことはない。

母は転居にともない主治医が変わったのだが、以前の主治医もたいしたことはなかったが今度の医師にもあまり期待はできないようだ。

妹にもこの薬の話をして母がうとうとしたりしていないか観察することにしたが妹が訪問した一昨日は変化はなかったそう。

昨日は電話をしたら出なかったがあとからかかってきたし、夜9時くらいにも電話がかかってきた。

メマリーで昼夜逆転の例もあったが大丈夫かな?と思う反面、薬の効果で意識がはっきりしてきたのかもと期待する気持ちも。

今日の訪問でしっかり観察してこよう。

 

Posted by roku
/ 06:43 / comments(0) /
認知症のお薬について

かれこれ1ヶ月になってしまったが先月参加した認知症のお薬についての講演でメモしたことをまとめます。

当たり前のようになっている専門用語、薬の名前もわたしにとっては馴染みのないものだったりもしたのでそこも整理してみます。

 

抗認知症薬とはコリンエスタラーゼ阻害薬のこと。認知症になると減るアセチルコリン(ドーパミン)を増やす作用のある薬。

リバスチグミン、ドネペジル(アリセプト)、ガランタミン(レミニール)、メマンチン(メマリー)などがよく使用される。

問題となるのはこれらの副作用について。

例としてメマリーを服用している人は昼間寝てばかりいるというのは介護職についているひとたちの間では有名。医師だけがそれを把握していなかったりも。ドネペジルは動作歩行力低下、徐脈、失禁(これがうちの母に心配している点)など。

アセチルコリン過剰になると運動が悪くなるそう。

軽度認知症の人の方が副作用が出やすい傾向にあり、よく使用されるドネペジルは強すぎるので弱いガランタミンの方がいいのではないかとのことだった。

イメージしやすい例として認知症が紙だとしたらドネペジルは斧(強すぎ!)、ガランタミンはハサミ、リバスチグミンはナイフ。

なるほど、この例はわかりやすかった。

薬がいけないという話ではなく、適量の処方と副作用の把握が大切だということ。

講演を聞く限りでは興奮系のドネペジルは前頭側頭型認知症では使用しない方が良さそうだった。

 

そういう訳で母のかかりつけ医にドネペジルの減薬について相談してみた。

結論から言うと現在の5mgから減らすことはおすすめしないとのことだった。

5mgは決して多い量ではないし、母の歩行困難は薬の副作用とは認められないからとのこと。

今のところ、興奮したり幻覚を見たり、介護拒否など問題行動はないのでどうしても減薬したいという訳ではないのでとりあえずはかかりつけ医に従った。でも釈然としない思いは抱えている。

ただ、父の死後もうつ状態のようになることもなくおおむね明るく過ごしているのは抗認知症薬と抗うつ薬のおかげかなぁとも思う。

ドネペジルの服用は2年以上が経過し、物忘れ症状がよくなるということは一切ないので薬の効果を感じることがないのであるがところがどっこい、非常に強い作用の薬だということで驚いている次第。

薬ってすごいものですね。

にしてもドネペジルを処方された際、石川の実家の近所のかかりつけ医からは『物忘れのお薬』と説明されたわけで、これを飲めば物忘れがひどくならないという認識で服用してたけど全くの間違いでした。

で、飲んでも状況は全く変わらないから薬は効いていないと思っていたけど何かしら身体には作用しているわけで。

あとは現在の母のかかりつけ医が抗認知症薬の適量処方について積極的ではないと知りガッカリ。

医師から減量処方してもらえなくて、それでも減薬したい場合は隔日で薬を服用すればいいらしい。そうすれば半量になるとのこと。

母が一人暮らしのときのあの飲み忘れるくらいがちょうど良かったのかもな。

とにかく介護家族はしっかり観察して変化に気づくことが大切なのだろう。

これからも気づいたことはメモします。

 

 

Posted by roku
/ 07:33 / comments(0) /
リカルボンの日
今日は4週間に一度の骨粗鬆症の薬リカルボンを飲む日。
母に電話したら全く忘れ去られていた。
毎日飲む薬はヘルパーさんが日付けの書かれた紙にホチキスで止めてお薬カレンダーのポケットにセットしてくれる。
父が亡くなったあとからこれを始めたのだが、母もこれには慣れて概ね忘れずに飲んでいる。
ただし、このイレギュラーのリカルボンは・・・。
てっきりヘルパーさんがセットしてくれるだろうと薬の入った引き出しに入れたままにしたのだが、そこまでは気が付かなかったようだ。次回の帰省のときにお願いしなくてはいけないな。
でも薬の外袋にポストイットを貼って日付を書いておいたはずだけど・・。
母は飲む日のことは忘れているけれど「リカルボン」という名前と月に一度飲む薬だということは理解している。

母は難しいことでも理解していることと、簡単なことでも理解できないことの両極端。
今日は携帯電話会社から料金の振り込み用紙が来た件でうちに2回電話があった。2回とも留守録に長いメッセージを残した母。
「なんやらKDDIっちゅうところからきとるわー」とのこと。
かけ直すと先方に問い合わせの電話もしたらしい。しかし、先方の言うことはほとんど覚えていず。わたしと話しているうちに電話したかどうかもわからなくなっていた。
で、携帯電話の料金は以前は父の口座からの引き落としになっていたのを母の口座引き落としに替える手続きをしたのだが、手続きが間に合わなかった分を銀行か郵便局かコンビニで支払うようになっているのよ、と説明するのだが「あーそうかぁ」とうなづいた次の瞬間には「なんやらKDDIちゅうところから振込用紙がきとるの」と話が振り出しに戻る。
「KDDIは携帯電話の会社だよ。」と言うと「あーそうかぁ」とまた話がループしはじめる。
とにかくコンビニに行ってレジで支払うように言ったが大丈夫かな。
自分でも忘れっぽくなっていることは自覚しているようだが、自身が考えているより事態は深刻と言えよう。
このことにまだ妹は気付いていない。
毎日のように電話はしてくれているようだけどデイサービスの様子をきくだけだと気付かないだろうな。

わたしの方も先日の帰省中に年金の手続きはなんとか済ませたものの、銀行の手続きが残っており、いくつかの銀行をはしごしたからどこでどんな風に言われたか思い出せず、もうちょっとメモしておけばよかったと後悔。
次回の帰省までにある程度進めたかったけど一歩も進めず。
父の取引していた銀行が2つくらいならよかったけど複数あるとほんとに大変。銀行によって手続きが微妙に違うのも大変。
土地や建物の相続になるとお手上げ。でもどこに相談するかもまだ考えてもいない。
でも母も妹も全然なのでやっぱりわたしがやるしかないんだろうなぁ。
出生から死亡までの戸籍謄本とかほんとに全くわからない。「手続きの流れ」というのを読んでも日本語がわからない。
もしかして自分も認知症かもと思ってしまうくらい頭に入らず、ただ時間が流れる日々。
4ヶ月以内に故人の所得税の申告っていうのもあったけど、年金しか収入のない人もやるんだっけ?うーむ。
 
Posted by roku
/ 13:19 / comments(2) /
父の薬
12月の帰省のときに今後のためにと持ち帰っていた父の薬の説明書一覧。
もう役には立たないけど一応記録しておきます。

内科
アクトス錠 血糖を下げる
チラーヂンS錠 甲状腺ホルモン
フェロミア錠 鉄剤
ワーファリン 血液を固まりにくくする
この他に12月の入院前にラシックス錠(利尿剤)を処方されている。

脳神経外科
バイアスピリン錠 血液を固まりにくくする
ニコランジル錠 狭心症改善
ミカルディス錠 血圧下げる
デパケンR錠 けいれん抑える
ノイロトロピン錠 痛み止め
メチコバール錠 ビタミンB12(手足のしびれ)
オースギ大黄海甘草湯エキスT錠 便通を促す
ロキソニンテープ 痛みと炎症を抑える湿布

糖尿病もあり、狭心症であり、心臓のパイパス手術から10年以上、頭部の手術からも約10年。
最後は要介護5だったのに最後まで自宅で過ごせました。
亡くなったあとに、父が通っていたデイサービスの職員さんが今度は母の契約のために来てくれたのだけど、そのときに言ってくださいました。「最後までご自宅でというのはすごいことですよ」と。
それはひとえに母の頑張りとたくさんのお薬と支えてくださった病院、介護スタッフさんたちのおかげ。
本当にわたしは何もできなかったなとつくづく思う。

 
Posted by roku
/ 13:45 / comments(0) /
イナビルはすごい
帰省二日目(インフル二日目)の母は寝たり起きたり。
まだ動きは危ういが寝返りが打てないような重症ではないことは確か。かなり回復した。
食欲は普通にある。

今回母はイナビルという吸引するタイプの抗インフルエンザ薬を服用した。
これの効き目が絶大。
タミフルなど従来の薬より24時間早く解熱するらしい。
ただ熱が下がった途端に動き回るのでおとなしく寝ていてもらうにはもうちょっと効き目が緩くてもいいのだが・・・。

父が亡くなったあとぐらいから母に目立つのはもの忘れの症状。
以前から忘れることはあったが、話していても3分前のことをもう忘れる状態。
何度も話がループする。
12月の帰省のあとにもドライバーがないと何度も電話がかかってきていたから父の亡くなる前からか。
それにしても今回の帰省ではそのことが目についた。

それで近所のかかりつけ医にインフルエンザ治療の際の診察代を支払いに行ったときに相談してみた。
すると認知症予防の薬を倍量に増やすことになった。
<母の薬>
ドネペジル(アリセプト)
レスリン(抗うつ薬)
リカルボン(4週間に一度飲む骨粗鬆症の薬)
父が亡くなる前は一緒に整形外科にかかっていたのでこの他に痛み止め(セレコックス)、胃薬(タガメット)を服用していたが、もうそちらの病院は遠くて行けないのでリカルボンのみ近所のかかりつけ医に出してもらうことにした。(これはわたしの独断)
どうしても痛み止めを飲むと食欲がなくなるという副作用が出るようなので極力薬は飲ませたくないなと思ったから。
幸いデイサービスで軽い体操をするようになってから肩の痛みは軽減されているようだ。

帰省から戻ってきて土曜の朝に電話が掛かってきて以来、月曜の夜まで母からの電話がなかった。
日に何度もかかってくるのが普通なのでやはり少し心配になり、昨日の夜こちらからかけてみる。
するとかわりはないが財布がみつからないと言う。
これまで通帳がないという話は何度もきいたが財布がないのは初めて。
まあ、そのうち出て来るでしょと電話を切った1時間後、「あった!」と電話がかかってきた。
ベッドの布団の中にあったと言う。なぜそんなところに?
昨年の8月のもの忘れ外来での検査のときには「認知症の初期」と言われたけど、もう初期症状とは言えないレベルになっている気がする。
ただ、認知症サポーター講座で学んだように、何もかもがわからないのではないからこちらがうまく対処すれば良いのだと思う。例えば予定は一日ずつ伝えるとか。今日はコレで、明日はあれで来週は・・・というのは無理。
シンプルに簡単に母のスピードに合わせて。
イライラはするし、ストレスも溜まるけど、心掛けたい。

昨年夏の帰省から記録しておきたいことがたくさんあるのに書けないまま、母の認知症が猛スピードで進んでいる感じ。
このブログも遡ったり、現在に戻ったり、ぐちゃぐちゃしますが絶対にあとで記録は役に立つと思うし、書くことで吐き出せることもあるからマイペースで続けます。
 
Posted by roku
/ 08:07 / comments(0) /
食欲増進の薬
母が骨折時、痛み止めの薬を内科と整形外科の両方から処方されたため、倍量の服用となり、激しい嘔吐という副作用に見舞われたことは以前書いた。
その後、食欲が回復しないことから近所の胃腸内科を受診。
体重は5キロも減っていたそう。
胃カメラで検査をしたが異常は認められず、食欲増進のための薬を処方されたと言う。

うちの老猫にも食欲増進のためステロイドの注射をされたことがあり、そのときに副作用について調べたらあまりよくないようだったのでその注射はそれ以降断っているという経緯もあり、また先日テレビで『最後のディナー』というガン末期患者の番組(これについては後日書きます)の中で食欲増進のためステロイドホルモンという薬を使用していたがこれもかなり腎臓などに負担をかけるものであると紹介されていたので、とにかく食欲増進のための薬は副作用が怖いのでは、と気になり、母に薬の名前を調べてもらった。

薬はドクマチール
検索してみると鬱病の薬・・・??
もともとは胃潰瘍の薬だったようだが、あとから向精神作用があることがわかった薬らしい。
なので精神的なことから食欲がないというときなどに効果があるようだ。
しかし、長期間服用していると薬をやめたときに副作用があったりするそうで気をつけないといけない薬。
それに母の食欲不振は例えば介護疲れとかいうような精神的なものというよりは、身体の不調からきているようにしか思えない。もちろん、精神的な負担は大きいとは思うが、父が退院し状況は好転してきているのだから鬱病的なものではないように思うのである。
なんとなくこの薬には抵抗があり、母にはそういうわけだから飲まなくてもいいんじゃない?とアドバイス。母も他に飲まなくてはいけない薬があまりにたくさんあってこれ以上、薬は増やしたくないようで「ほんならやめとくわ」とのことだった。
それに、わたしの帰省中は母に食欲のない様子は見られず、「おいしいわぁ」と結構食べていた。以前より食べるのが遅くなったかなぁとは思ったが箸をつけないとか残す様子はみられなかった。
両親の感覚でおかしいなぁと思うのは、それなりに食べているのにこのように「食欲がない」と嘆いたり、父が下痢状の便をしているのにひどい便秘だからと便秘薬ばかり飲んだりすること。ある意味、気にし過ぎではないかと思うのだ。

それと病院、薬に頼り過ぎ。
結局のところ、医者は病気を治すことなんてできない。症状を抑えたり、和らげたりしているだけ。薬は一方では毒でもあるってことを認識しなければ。
父が退院してからは以前ほど母に頻繁に連絡していない。
関東よりずっと暑い日々が続いている北陸。
どうかこの夏の暑さが控えめてありますように。
Posted by roku
/ 07:12 / comments(0) /
父退院
 入院した父であったが結局ひと晩だけで翌日には退院となった。
膀胱にもう尿がたまっていないと診断されたため。

便秘薬はこれまでのセンナリドという薬からオースギ大黄甘草湯エキス錠という漢方薬に変わった。が、土曜に便通がなく(便意はあるのに)薬の効果を感じられないということで近状の胃腸内科で座薬をもらいに行ったという。
一日や二日、お通じがなくてもそんなに気にしなくてもと思うがどうなんだろう・・・。
Posted by roku
/ 07:56 / comments(0) /
祖母の薬箱
最近の記事を読み返すとなんとなくネガティブモードになっていることに気付き、反省。
毒を吐いたり、愚痴ったりしたいわけじゃないのにな。
どうもいかんですね。とはいえ、ポジティブにはなりにくい遠距離介護でありますが。

どんな状況でも明るい話題をみつけてゆきたいと思います。 

ということで、祖母の薬箱の話題を。
前回の帰省のときに祖母がしきりに自慢していたもの。
それは折り紙で作った薬を入れる小さな箱。

色の違う折り紙で3つ作った箱をつなげて三連の箱になっている。
その箱には、朝、昼、夜とそれぞれに書いてあった。
「Sちゃん(年長の従姉妹)がつくったんや〜」と祖母。
「こうして、朝と昼と夜の薬をいれとくんや」と祖母は薬を入れ始める。
「これやったら、忘れんやろ」と。

従姉妹のきめ細かさには頭が下がる。
夜の薬を飲み終えると祖母はせっせと明日の分を箱にセッティングしていた。
本当なら同居の母が薬の管理をすべきなのだが、すでに母は父の薬の管理で手一杯。
ケアマネさんたちからも薬の管理はヘルパーさんにまかせては?と提案されるくらい、それもおぼつかない状況。
で、祖母は自分で管理している。それをフォローしてくれてるのが従姉妹。

わたしが帰省中、何度も祖母はその薬入れをわたしに見せては「これ、Sちゃんがつくったんや〜」と言っていた。その度に「いいね〜、便利やね〜、さすがSちゃんやね」と言うと祖母はニコニコ。よほど重宝していたのだと思う。
こんな風に薬を朝、昼、夜分けて入れるケースはもちろん市販されてはいるわけだが、やっぱり手づくりだというのが良かったのだと思う。
それも折り紙で、というのが。
祖母が入院中もつくっていたという広告の紙を折ってつくる箱。ヒマにまかせてたくさんつくってはゴミ箱にと看護師さんにも配っていたそう。
あれと同じ方法でつくってあるので祖母にも親しみやすかったのだと思う。

そして今、ひどく薬を飲み忘れてしまうわたしは、あの箱が欲しい・・・。
わたしの薬についてはまだ後日。
Posted by roku
/ 07:33 / comments(0) /
今度は漢方薬
泌尿器科での入院となったもともとの原因は便秘ということで、父は便秘対策に漢方薬を飲み始めたと言う。どうも通販のものを購入したようだ。

便秘が原因でおしっこが出なくなり、膀胱がパンパンになって救急車で運ばれたということになっているのだけど、本当に便秘が原因なのかわたしは疑問に思っている。
その少し前には、トイレ以外の場所でも、うっかり漏らすほど柔便だったはずなのに・・・。
飲んでいる薬の副作用で便秘しやすいということで、便秘対策の薬も処方され飲んでいるはずである。
それなのに勝手にまた漢方薬など飲んでいいのだろうか? 
効果はあったようで、ここのところはまた軟便になっているそうだ。

母の話だと400粒が毎月送られてくるそう。価格は1万円ほど。
一日何粒飲むのかきくのを忘れたが、10粒以上飲まないと消費できない。なんかいいカモにされてない?

毎日、石川の天気予報を見てはため息。
神奈川も暑いけど、やっぱりもっと暑い。そして実家にはエアコンがない。正確には25年くらい前のものがあるけど使っていない。
トイレが近くなるからと基本あまり水分は取らない。
冬は寒くて心配し、夏はこの暑さでまた心配が増える。
今年はあんなに大きな地震があったのに、被災地では例年より寒く、そしてこの夏はひどく暑くなっている。

どうして?

神様なんていないんじゃないかと思い始めてます。

Posted by roku
/ 07:47 / comments(0) /