Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
シルバーカーは難しい

先週、シルバーカーで通院した母。

付き添った妹によるとかえって危なかったそう。

段差もあるし、ちょっとした坂もありそれほど長い距離ではないけれど後半は疲れもあって転倒も心配だったと。

 

残念だけど通院には使えない。

近所の散歩には使えるかな。

杖とシルバーカーどちらが楽なのだろう?

 

でもまだ78歳。

整形外科にかかっているわけでもなく、どこか関節が悪いというわけではなく、どちらかと言えばこれまでの運動不足が原因かとも思えるような歩行困難。

90歳を超えていた祖母ですらもっとしっかり歩いていたし杖を使えていた。

どうして母はダメなんだろう。

歩きたい、外出したいという願望がないから?

本当は母を呼び寄せたらいろんなところに一緒に行きたいと思っていた。

だけど外食を2回くらいした程度でどこにも行けていない。

行こうという気持ちもどんどんしぼんでいっている。

ねえ、お母さん、それでいいの。

残りの人生このままでいいの?

 

先週は母はクロスワードパズルの上級を完成させたので初級のナンプレをやってみたらそれもできました。

運動はダメだけど頭を使う方はまだいいかな。

めげずに頑張ります。I'll do my best!

Posted by roku
便利品 / 07:40 / comments(0) /
シルバーカー

注文していたシルバーカーが届いた。早速開封してみる。

シンフォニーSP

購入に当たっていろいろ調べた。ざっくり分けて歩行車タイプとシルバーカータイプに分かれることを知った。

シルバーカーには軽量なコンパクトタイプと快適性を求めたスタビリティタイプ(歩行者とシルバーカーの中間のような)がある。

購入したのは歩行車タイプ。重量はあるがその分安定しているようだったから。

あと持ち手部分がUの字になっている方が身体が入り支えになって安定するかなと思って選んだ。

車輪が固定、フリー、60度と三つの設定ができるのも良いかなと思った。

母は大きな段ボールに驚き、興奮気味。

お誕生日のプレゼントだというとまずは「高かったやろう」と値段の心配(苦笑)。

でも前部に物入れがついているのを発見して嬉しそうだった。

座面を下げると座れるという点も感心していた。一応ブレーキ操作もできそう。

しかし、くだり坂は心配だな。

まずは好印象でほっと一安心。こんなものいらん!まだ早い!と拒否されたらどうするかなぁと思っていたので第一印象はまずまずで良かった。あとは実際使えるかどうかだな。

ほとんど外出はしないので利用するのは月2回の通院とわたしとのお散歩くらい。歩道の段差やバリアフリーじゃないところでどうなるだろうか?

折りたたむとコンパクトになるとのことだったがそれほど小さくなるわけではなくそれなりの大きさはある。公共交通機関利用には難ありかな。しかし、そもそも電車やバスでの移動もしていないのでそこは気にしなくて良いだろう。

父の写真に向かって「お父さん、こんないいものもらったよ〜」と報告する母。しかし次の瞬間「お父さんがどこにおるかは知らんけど」とのたまう。すかさずわたしが「お父さんはお墓の中!!」

漫才のようだが大真面目。

 

昨日はこのシルバーカーの室内でのデモとクロスワードパズルをひとつ完成した母。

今日は久しぶりにデイから今帰ったよコールがあり。

何か刺激があるとしっかりするのかな。

 

検討したのはこちらのタイプ↓

Posted by roku
便利品 / 19:15 / comments(0) / 昨年の記事
デジタル日めくり
二泊三日で帰省してきた。
8月、9月は妹家族にお願いしていたのでちょっと久しぶり。
母の変化は・・・。

予想はしていたけれど、予想以上に進んでいた母のもの忘れ。
わたしが神奈川に戻る日(木曜)はデイを休む?それとも行く?と母に打診してみると「休もうかなぁ」と言うのでじゃあ、電話でお休みするように言おうね、と水曜の朝食時に会話したのだが、しばらくすると「アンタはいつ帰るんや?」
「ほうか、木曜はおかあさん○○苑の日やからカギかけて出て行ってね」とデイは行くつもりになっている。
「あれっ?さっきお休みするって言ってたよ」わたしが言うと「ほんなら休むかぁ。電話せんなんね」
またしばらくすると「アンタはいつ帰るんや?」
「木曜だけどお母さん○○苑はどうする?休んでも行くんでもどっちでもいいよ」とわたしが再び会話に応じると「ほんなら休もうかなぁ。9時くらいに○○苑に電話するわ」という。
9時になって「おかあさん、電話したら?」とうながしたが、何かしているうちに忘れてしまうようでなかなか電話をかけるに至らない。「おかあさん、わたし明日帰るけど○○苑どうする?」「そうかー、ほんなら休みにしようかなぁ」とまた振り出しの会話に戻したあとで「電話して!」と無理矢理電話させる。
途中で電話を替わってもらい、ケアマネさんと話す。
ケアマネさんとの会話は書くと長くなるので別の機会に。
で、欠席の電話をしたあとしばらくして「アンタはいつ帰るんけ?」ときいてくるので「明日のお昼だけど」と答えると「ほしたら○○苑行っとるからカギかけて出て行ってね」としれっと言う。
「おかあさん、さっきお休みしますって電話してたけど・・」とわたしが言うと「えー、私が電話しとった?」と全く記憶にない様子。「また忘れとったねーははは」と笑うしかないわたし。母も「重症やね・・」と苦笑い。
全てにおいてこんな感じになってしまっている。
数分前のことも覚えていられない。
お茶入れて〜と頼むと何度もポットの中にお湯があるか確認したのち、急須にお湯を注ぐ。注いだあとも何度か急須のフタを開けて中を確認するしぐさ。
この2〜3ヶ月の間に加速したことは間違いない。
薬を飲み忘れてしまうこともこの状態なら当然である。特に今日の日にちがわからなくなることが多いみたいなのでデジタル日めくりを注文してみた。

これ、案外良かったです。表示が見にくいのではと心配していたがそんなことはなく、母にもはっきり見えていた様子。
ダイニングテーブルの上に置いたら食事のときに何度もこれで日にちを確認し、メインで使っているカレンダーを見るという行為を確認していた母。あいかわらず「アンタはいつ帰るんけ?」と繰り返しの質問のときにもこれで日にちを確認してもらうと納得したようだった。ふう。
一方、先月妹が用意してくれていたあっという間にすぐに沸くティファールの電気ポットは使いこなせない感じ。
まずコンセントを差し込む力が不十分で根本までしっかり差せない。フタもキチンと閉められない。
500mlのラインまで水を入れて沸かすと片手で持つのが大変そう。
へたにフタを開けてやけどしそう。
と逆に危険な感じ。
やはりガスコンロを自動的に火が消えるタイプのものに早急に変えた方が良さそう。

まだまだ気になることは山のように。
とっても疲れたが二泊三日は楽だ。
いつもは三泊四日。北陸新幹線で移動時間が短縮されたので今後は二泊三日でコマメな帰省がいいかな。
いやはやほんとに心身共に疲れたよ。
 
Posted by roku
便利品 / 14:28 / comments(0) /
温度計
やっと仕事が一段落。
この間にも母は意欲的(?)
夜8時過ぎに電話をすると「今、ごはん食べとったわァ」と言う。
実家での夕食は午後6時が相場だったので(父健在の頃)「ずいぶん遅いじゃない?」ときくと
デイサービスから帰ってきたあとに買い物に出たという。
トイレットペーパーがなくなりそうだったからと。(うーん、いっぱいストックがあったはずだしこれまではコープに注文していたはずだが)
「トイレットペーパーぶらさげて帰って来たの?」ときくと
「送ってもらうように頼んで来た」とのこと。
まあ、母ひとりなので自分の好きな時間に自分のペースでなんでもしてくれればいいかと。
このひとり暮らしの気楽さを味わうと老人ホームへの入居は遠のくのだろうな・・。

ケアマネさんからはお盆の帰省についての確認の電話。
お盆はデイが休みになるので帰省しないならヘルパーさんを手配しますとのこと。
妹たちが帰省の予定だが一日デイなし、妹たちも不在の日があり手配をお願いする。
しかし、お盆期間中ゆえ、ヘルパーさんの都合がつくかどうかとおっしゃるので「一日くらいなら母ひとりでもいいですよ」とわたしが言うと「いえ、心配なのは温度なんです〜」とのこと。
うっかりしていた。
そうなのだ。石川は関東以上の猛暑。ケアマネさんからお電話いただいた前日はいきなりの37度を記録していた。
ヘルパーさんがエアコンの設定をしてくださったらしいが最初は「リモコンがみつからない」と大騒ぎだったらしい。
その夜電話してみると「つけたり、消したりしとる」
「それほど暑くないよ」とのたまう母。
「部屋の温度計みてみて。何度?」ときくと「うちに温度計なんかないよ」
「日めくりカレンダーのところに掛かってるでしょ、古いのが!」
「ああ、さんじゅう〜三度かなぁ」だって。
33度!!
そういえば去年8月に帰省したときはその温度計は35度をさしてたっけ。ありえん。
「高齢者は暑さを感じないから気が付いたときには熱中症で運ばれるんやから温度計が30度以上超えたらエアコンのスイッチを入れること!」と念押しし電話を切る。
そうは言ってもなかなかエアコンを使ってはくれないので冷風扇のようなものの購入を考えている。
で、電化店へ行ってみたのだが、扇風機はたくさんあるが希望していたようなのはない。
タワー型のものはあるがボタン操作が難しそう。
扇風機型のものと機能に違いがあまりなさそう。
わたしが思っていたのは扇風機よりは冷たい風がでてくるタイプ。操作がシンプルで簡単。タイマー機能付き。軽量で移動しやすい。
結局、温度計だけ買って帰ってきた。

デジタル表示のものがいいかなとも思ったがこういうアナログタイプの方が高温危機感が感じられるかと。
湿度もわかるしいい。値段も数百円だし。
ということで来週帰省します。


 
Posted by roku
便利品 / 07:14 / comments(0) /
ホワイトボード
早速ですがホワイトボードを買ってみました。

大きさはA4サイズ。
イレーザーやマグネットもついて600円台のお値段なので満足です。
こんな感じで冷蔵庫に取り付けられます。(紐でひっかけるようにもできます)タテにもヨコにもできます。

 これを母が上手く活用できるかどうかはわからないけれど、これなら我が家にも欲しい!と思える商品でした。

昨日の母。
デイから帰りました報告はなくて夜になってから電話がかかってくる。
用件は生前父が所属していた団体からお香典をもらったのだけど、それには香典返しした方がいいのかどうかという件。
会社ならみんなで分けて食べられるお菓子などお返しするのが適当なんだろうけど会社ではなく○○会というところだからなぁ。
ネット検索してもよくわかりません。
あと、なんでもついネット検索してしまうけど香典やお布施の相場とかどうも高めの設定になっている気がしてならない。
ネット上での情報を鵜呑みにするのはよくないなと思った次第。
金曜から石川帰省予定。
四十九日法要のことを考えるとまた眠れなくなってしまった。いや、寝付けるんだけど夜中に目が覚めてしまいその後眠れない。通夜葬儀での失敗というか不手際というかが払拭されずとても精神的に負担。
あんたひとりが責任感じてやることないってみんな言うけど、でも誰が手伝ってくれるというのだろう。
 
Posted by roku
便利品 / 06:54 / comments(0) /
ワンタッチ肌着
しまむらで母の衣類をお買い物。
父が亡くなる前、母にズボンを買ってやってくれと言っていたので先日、まずはそれをと見に行ったのだが、高齢者向けの衣料がいっぱいあったので(しかも安い)再び訪問。
先日はズボンとカットソー、カーディガン、靴下を購入。
今回の目的は前開きのワンタッチ肌着。
先日の帰省のとき、母の着替えを手伝ったのだが、肩が痛いせいもあってか着脱がものすごく困難で時間がかかった。
前開きのものなら少しは楽になるかなと思いネットで検索していたら「ワンタッチ肌着」なるものの存在を知った。
父も前開きを希望していたが当時わたしにはそれがどこに売っているかわからず、「ユニクロにはなかったわ〜」とだけ返事し、それ以上探すことをしていなかった。大後悔。もっと早くみつけてあげるべきだった。
マジックテープで止めるようになっているので肌が弱い人などチクチクしてよくないというクチコミはあるがとりあえず買ってみた。脇に穴があいていて体温計をそのままはさめるタイプのものもあった。
他にも『失禁ズロース』などというものもあり、母が履いていた「長パンツ」的なものもあった。しまむらバンザイ!
ズボンも先日とは色違いで購入。しかし、困ってしまうのはLやLLはいっぱいあるのにMはあまりないこと。(Sは皆無)
母は身長159センチ、体重40キロ。下着をいっぱい着るのでふくれてはいるがLでは緩過ぎる。
ちっちゃくて細身のおばあちゃんたちは苦労してるだろうなぁ。

ところでKDDIの料金払い込みの件、コンビニに支払いに行くと言っておきながら瞬間にそのことを忘れてしまう母なので日曜に「行ってね」と電話すると「もう行って来た」とのこと。金曜はあんなに忘れていたのに土曜のデイサービスから帰ってきたあとに出かけたのだという。デイから帰ってきたのは午後5時近くだったはず。そんな薄暗くなるような時間から外出するなんて以前はあり得なかったのだけど・・。本当に行ったのかどうかは疑問。
いろいろ忘れて本人も自信をなくして不安がっているかと思うと妙にしっかりしてあれこれこなす日もある不思議。
Posted by roku
便利品 / 07:39 / comments(0) /
食欲増進のために
母の食欲増進のために何かないかなぁと考えて思いついたのは養命酒。
でもお酒だし、いろんな薬と併用できるかどうかも心配。お味の方も・・・。
ならば飲むお酢かなぁと探してみたところヒットしたのが延命酢
 

ちょうどお試し用がセール中になってた。
気分が少しでもさっぱりして食欲でるといいな。
Posted by roku
便利品 / 08:41 / comments(0) / 昨年の記事
確定申告不要制度
母から電話。
『今年も確定申告なんやけど、お母さん、なんやらもう書類とか計算とか自信ないからわからんことあったら教えてくれるけ?』
とのこと。
『毎年頑張ってやってたから、おかあさん、ベテランでしょ。』
と励ますも、ここでなぜ母が確定申告を?という素朴な疑問が。
母も、こんな年寄りが・・・みんなもやっとるんけ?と言っているのでちょっと調べてみた。

すると『確定申告不要制度』なるものを発見!!!
ご存知ですか?年金受給者の確定申告不要制度
公的年金400万円以下の人は確定申告が不要という制度が平成24年にできていた。(平成使わないで西暦にしてほしい〜)
なのに去年も一昨年も申告していた母・・・。なんで役所の人は「不要ですよ」と教えてくれなかったのだろう。
申告不要にはいくつか条件があるが(年金以外の雑収入が20万円以下とか)どれにも母は当てはまるので不要なはず。
父は医療費がかかっているので申告した方がいいみたいだが。

やらなくていい制度ができてたよーと母に伝えると途端に「ほんとか!」と声が明るくなった母。
「よかったぁ。ありがとう」
「そんな法律があったんね」
と安心した様子。
やっぱりマジメなんだなぁ。ばっくれるとかありえないんだね。

それにしても平成24年以前は全高齢者が申告必要だったということなのだろうか・・・?
そっちの方がありえないけど。

足首ウォーマー手首ウォーマー五本指靴下は無事、実家に届いた。
父は「今日来るかもよ」と毎日、首を長くして待っていたらしい。
なんか両親が自分の子供になってきているような今日この頃。






 
Posted by roku
便利品 / 07:22 / comments(0) /
手首&足首ウォーマー+五本指靴下
先日、父から電話で遠赤外線の手首や足首のウォーマーを探してくれんかとリクエスト。
短めの靴下を履いているので足首が寒いのだと言う。
とにかく寒いとのこと。
早速、検索したのだが、遠赤外線の・・となるとサポーターになる。サポーターだと着圧が強いのではないかと思い、他にもうちょっと探してみようと思って土日そのままその件は放置してしまっていたら、今朝になって催促の電話・・・。よっぽど寒いのだとみえる。

で、さきほど遠赤じゃなくてもいいよね?ってことでポチッ。
ずっと前にも買ってあげたやつなんだけど・・・。母に買ってあげたのに結局、父が使っていて、父に「あげたのあるでしょ?」ときいたが全く記憶にないそう。一昨年くらいまで使ってたと思うのに覚えていないし、家の中にもそのようなものはない、とキッパリ。そしてそれとは別に五本指靴下も欲しいのや、と言う。

別に高いものではないので、こちらのお店で手首ウォーマー、足首ウォーマー、五本指靴下を一緒に注文。
面倒で時間のあるときになんて思っていた買い物だけど、チャッチャとやっちゃえば10分もかからない。今度からは棚にあげず、すぐにやろう。

それから、先日のロボットの番組は父も観ていたそうで、父が使っていたのはあれとは違うものだそう。
未だに「あれは重くてダメだった」と言っていた。
 
Posted by roku
便利品 / 12:31 / comments(0) /
セグレタ
母に朗報!
竹下景子さん出演のCM、シャンプーするだけでボリュームアップというセグレタ
髪がペシャンコになることを気にしていた母。
一時期はアートネイチャーなども検討していたが、途中で断念。
これならコンディショナーなしでシャンプーするだけでボリュームが出るらしい。
アットコスメのクチコミも上々。
買って送ってあげよう。
Posted by roku
便利品 / 21:45 / comments(0) / 昨年の記事