Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 年賀状は完璧 | main | 忘年会 >>
幻聴

母を訪問してお部屋で入浴。

最初は渋ったがすんなり入浴してくれた。

風呂場の外から様子を伺うとシャワーは使わず、湯船のお湯を威勢良く身体にかけている。

静かになったので「どう?」とドアを開けてのぞくと首まで浸かってた。

安心してわたしは居室の方へ。

時々、音で無事を確認。

案外長風呂の母。

暖房を入れたので脱衣所も風呂場も暖かい。

あがってからは下着の着替えだけを手伝ってあとはひとりで服を着てもらう。

その後わたしも入るねーと靴下を脱ぎ風呂掃除。

母が入浴を拒否るといけないので最初にすでにに湯を張ってしまい、準備したから、わたしもあとで入るから、もったいないからという作戦成功!

 

今日は妄想気味で1週間ほど前に鍵をかけないで出かけてたらいない間に誰かが部屋に入り何かなくなったと言う母。

「何がなくなったの?」ときいても「別に」という。

大事なものじゃなければあんまり目くじら立てなくてもとなだめる。

しばらくすると「あ、また上でドンドンといった」と言う。

以前から何度か訴えている上階で誰かが家具を動かしているという物音が今したのだと。

多分、上に学生さんがおるんだと言うのである。

わたしは聞こえなかったなぁ、また聞こえたら教えて、と答える。

しばらくすると「あ、また!」と母の耳には何かしっかり聞こえているようだった。

「お母さん、耳が遠い割によく聞こえるね。わたしは聞こえなかったよ」と答え、「そんなに迷惑じゃなければ目くじらたてない方がいいよ」となだめる。「いつもじゃないでしょ?」と。

目くじら立てないで。今日は何度も使った言葉。

わたしこそ目くじら立てないでだけどね。

認知症の人の幻聴や妄想。母のこれもそれなんだろうか。

 

Posted by roku
認知症 / 19:18 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 19:18 / - /
COMMENT