Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 着替えが変 | main | 口腔ケア >>
茶碗蒸し

昨日、母を訪問。午前中電話をしたら珍しく通じた。

エアコンは入っていたけど外に着ていく短いコート系のものを着ていた母。暑くはないのか?

首にはマフラー2枚。

わたしが到着してすぐにトイレに入っていたが、その後着替えをしてみると紙パン、パッド、ずっしり。

本人もこれには気づいたらしく「あ、ずっしりやわ」とのこと。

トイレで気づかないのだから困ってしまう。

そして相変わらず流していないトイレ。ため息が出てしまう。

素朴な疑問だが大のときは流しているのだろうか?

これまでのところ、大を流していないのは見ていない。それとも便秘してない?

最近は洗濯機に水が溜まったままのことも多く、洗濯機の使い方がわからなくなっているのかも。

もう一度確認ね、と母と洗濯機の前に立つ。

スイッチを入れるところまではよかったが余計なボタンを押しているようだった。自動でスタートボタンのみでしてくれればいいものをセレクトボタンを押している。使用法をポストイットに書いて貼ってきたがうまくいくかどうか。

せめて洗濯は自分でしてほしいと思っている。一人暮らしのときもとにかく洗濯だけは積極的にしていた。

掃除も料理も好きではない母。母から洗濯をとったら何も残らない。

 

ぎんなんの食べ方がわからないというわたしの話から茶碗蒸しの話になった。

茶碗蒸しの作り方教えて〜と請うと卵をといてだし汁入れてとちゃんと作り方を覚えている母。

蒸し方も。

こういう会話のときはおかしな様子は一切ない。

認知症に対してすごく偏見があると思うのは訳がわからなくなるって思っている人が多いということだ。

昔映画で「おじいちゃんが壊れていく〜」というキャッチコピーのがあったがあのイメージが強いのかもしれない。

ボタンいっぱいの新しい家電じゃなくて昔からのものを使えばできるんじゃないかな。

着替えも時間をかければひとりでできるけど、つい時間がないから手を貸してしまう。

母のところへは往復3時間、滞在2時間。

いつもせかせかのわたし。

帰りに買い物して、帰ったらすぐに夕飯の支度。午前中は少し仕事はできるけどほとんど1日はつぶれてしまう。

いつも苦しい。

結果的に手抜きをしてしまっているのに気持ちは手抜きできなくて焦ってばかり。

それなのに自分の趣味の時間や楽しみの時間も持ちたくて、余計に時間がなくなり苦しい。

もっと力を抜いて、ある意味母のように過ごせたらいいのにな。

 

 

 

Posted by roku
認知症 / 07:43 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 07:43 / - /
COMMENT