Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 茶碗蒸し | main | 久しぶりに母から電話 >>
口腔ケア

母は月一で歯科に通っている。

妹が付き添って行ってくれているのだが歯が汚れていると毎回お叱りを受けるそう。

認知症があることも、サ高住に一人暮らしなことも周知なのであるが本人ができないならご家族がケアしてください、と毎回こっぴどく言われるらしい。

で、わたしたちが訪問したときは歯磨きと部分入れ歯をポリデントに浸すことにしたのではあるが。

母の磨き方はいい加減。

うがい、手洗いの習慣もなし。

デイで口腔ケアが大事ということで昼食後に歯磨きはしているはずなのだが。

就寝前、起床後の歯磨きを行ってないとみえ・・・。

認知症のあるひとは皆そうなのだろうか?

着替えをしないこと、歯磨き洗面しないこと、トイレの水を流さないことetc

生命にかかわることではないけれどそのくらいしてくれてもいいじゃない?とうらめしく思う。

食事のときにテーブルの上のティッシュを拝借してくることは絶対に忘れないのになぜ?(母のバッグの中はティッシュがいっぱい)

 

先週、わたしが母のところから帰るとき、玄関まで見送りに出た母が食堂に座ってスタッフとおしゃべりしている方を見て「あの人よーくあそこに座っとるよ。多分二階のお部屋なんじゃないかなぁ」と言っていた。

あ、住人の方のお顔をちゃんと覚えているんだ。

と少し安心した。親しくお話しないまでもあいさつしたり馴染みになって母の暮らしがそこに根付くのならいいなぁと思っている。

だからできるだけ長く今のところにいられるようケアを頑張るしかない。

 

Posted by roku
歯科 / 07:54 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 07:54 / - /
COMMENT