Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< シルバーカーは難しい | main | 父の電話番号 >>
母の気遣い

今週の母訪問。

午前中に今日行くよーと電話をしたらちゃんと電話に出てくれた。

携帯電話をいつも置いてある場所に『電話はいつもここに置いておいてね』とポストイットに書いて貼っておいたのが効果あったかな。

わたしがサ高住に着いたとき母は食堂にいたみたいでちょうどお部屋に戻るところで後ろから声をかけたが聞こえなかったようで部屋に入ってしまった。呼び鈴を鳴らしたけどそれも聞こえなかったらしい。

入り口のドアは最近は鍵がかかっていないことも多い。昨日も鍵はかかっていなかった。

食堂とわたしは呼んでいたが母によると「ホール」でちゃんとこの場所での呼び名を把握しているのだなと思った。

いつものように渋々ながらも言われるまま全部着替えをしてくれて一緒に洗濯機のボタンを押す。

あまりに暇そうなので使い古しのタオルで雑巾を縫ってもらうことにした。

「うちで使うからお願い」と頼むとせっせと縫い始める母。その間に連絡帳をみたり、片付けなど進める。

サ高住からのアンケート用紙をみつけたので母と一緒に記入。

質問は「スタッフについて」「調理について」「イベントについて」など。

「こういうのは良いのに書かんとやる気なくすからね」と母。

皆さんよくしてくれるとか、食事はおいしくて満足しているとか書いていた。

悪く書いてはいけないというのである。

「そうやね、感謝やね」とわたしが相槌を打つと「そうやよ」ときっぱり。

文句言わず気遣いをみせる母が嬉しかった。

 

あとカレンダーに書いてあることが遠くからだとよく見えないようで視力のいい母だったはずだけど目が悪くなっているかな。

1月びっくりするくらい体重が増えていたがそこから1キロ減。

増えても心配、減っても心配。

とりあえずは元気な様子。

Posted by roku
認知症 / 21:36 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 21:36 / - /
COMMENT