Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 母の気遣い | main | ヨン様 >>
父の電話番号

一昨日の夜、母から電話。

「あのう〜、お父さんの電話番号とかわかる?」

「全然連絡ないからどうしとるんかと思って」

 

また最初から説明です。

平成26年の12月29日で病院で亡くなった。今はお墓の中。

 

生きてたらお母さんと二人でそこにおるよ。

お母さんをひとりにするわけないやろ。

 

説明しているうちにまた泣けてきた。

何度も繰り返すこの説明。そのたびに父の最期を思い出す。

 

でもこの質問をしてくるときの母は不安になっているのかなとも思うからなるべく母の気持ちに沿って説明したい。

「お父さん、わたしにお母さんのこと頼むなっていつも言ってたよ」(うーん、どうだったかな?)

「あらぁ、優しいお父さんやったね。もうちょっと長生きしてくれればよかったね」と母の中ではすっかり美化されている父。

それでいいのだ。

 

 

 

Posted by roku
認知症 / 17:51 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 17:51 / - /
COMMENT