Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< つながらない | main | お隣さん >>
なんとなく不安

昨日は母の訪問前、午前中に母に電話。

ちゃんと電話に出てくれたし変わりないよーとのこと。午後から行くねーと電話を切る。

訪問すると部屋のカーテンも開いていたし、変わりもない。

いつものように渋々だけど着替えもして近所に散歩に出る。

シルバーカーはやめにして杖で。

杖の方が身軽でいいのかもしれない。

 

車のほとんど通らない畑の道だからのんびり歩く。

500mくらいだけど30分近くかけて。

最初はなんだかボーッとしていた母。話しているうちに覚醒してきた感じ。

 

靴の着脱がとても難儀するようになった。

一つ一つの動作がゆっくりになった。

短期記憶が本当にダメなようで何ひとつ覚えていない。

デイサービスのこともよくわかっていないような。

 

だけど出かけるときにキッチンと寝室のドアをきっちり閉めるとかそういうことにはこだわる。忘れない。

昨日はトイレの水を流していたのが良かった点。

月二回ハンドマッサージをしてもらっていたのだが最近は声かけしても母は断るそうで、ちょっとした拒否が出てきているのかなぁと。妹によると病院に行くのも嫌がるそう。

 

薬を飲んでいることは本人に全く自覚なし。

季節や日にちもわかっていないし、カレンダーを見ることもほとんどない。

 

別にそれは構わないのだけど。

何があったというわけではないがずっと不安がつきまとう。

母のことが心の錘になって春なのに気分が明るくとはいかない。そんなじゃダメだと自分に言い聞かせてはいるのだが。

自分の長女的な性格をどこかに捨ててしまいたい。

 

 

Posted by roku
認知症 / 07:43 / comments(2) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 07:43 / - /
COMMENT
水無月さん、ありがとうございます。
そうなんですよね。もしあのまま一人暮らしが続いていたらと思うととにかく今の方が最高に良い状態です。なのについつい欲張りになってしまう。

水無月さんもネコちゃんのことで大変なときに温かいコメントをありがとうございます。わたしも経験あります。輸液もお辛かったと思います。ネコちゃんも水無月さんもがんばりましたね。
桜と春の陽気に助けてもらってわたしももっと強く前向きにならないとなぁとあらためて思いました。春は少し足踏みしてますが。
| roku | 2017/03/29 1:48 PM |
rokuさん こんにちは

気分が晴れませんか・・・
お母様のことですよね。
でももしかして、呼び寄せないで実家のまま一人暮らしなら、
もっと症状が進んでいたかもしれませんし、何より頻繁に姉妹が面会に来てくれるのはうれしいんじゃないんでしょうか?

そちらのサ高住で他の利用者家族をお見掛けしますか?
母がいたサ高住はほとんどといってお会いしませんでした。
新しく入居する方のみでそれも当日のみとか、皆勤賞の私は
ヘルパーさん然りで他の利用者さんのお話相手もしていました。
そう思うと協力して面会に行っているrokuさん姉妹はそれはそれはよくお母様を支えていらっしゃると思います。
それと一見してわからないですがサ高住は自立の方が多そうに見えますが、決してそんなことはなく皆様それなりに患っています。ですからやはり入院先からとか家族の要望で入居される方がほとんどらしいですよ。
ということは独居が不安ということだから、介護保険対象の方はみんな一緒です。
お母様が症状が重いわけではないと思います。

私は東京に呼び寄せて思い描いてたように上手くいかないこともありますが、何より母にとっては娘の近くに来れてよかったと思っています。というよりそう思いたいです。

いいことがあれば悪いことも。

私は今月19歳の老猫を看取りました。
今年の初めから急激に弱って腎不全らしく輸液を一日おきにして看病しましたが他界しました。
人間でいえば90歳超ですよね。大往生だと思いますが、
これがペットロスかと思うほど辛いです。
子供のいない我が家には長男のような存在でしたから。

こういう時仕事を持っている人が羨ましいと思いました。
もうすぐ桜も満開になります。
きっとうまくいきますよ。
| 水無月 | 2017/03/27 7:11 AM |