Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 割とちゃんと歩いている | main | 耳垢 >>
お年始

あけましておめでとうございます!

もはやほくほく線には全く乗っていませんが「ほくほく線にのって」を今年もどうぞよろしく。

 

今日は夫と母のところへお年始に。

ちょうど妹夫婦も来ていて合流する。

母は妹たちと会話していたせいかいつもよりはっきりしている感じ。届いた年賀状を読むのを見ていると誰から来ているかがよくわかっているようだった。(一部はわかっていないが)

昨日はGHの皆さんと徒歩で初詣に行ったそう。シルバーカーを押して歩いていたところ、またよろめいてしまい膝を打ったとか。

湿布を貼ってる。

妹がきいた話によるとみんなのスピードに合わせてついつい歩行スピードがあがってしまうのだそう。

というかスピードをコントロールすることができないんだよね。以前から歩き出すとどんどんスピードは上がる傾向あり。(突進歩行)

ただただ骨折しないことを祈るばかり。

もう今年はあまり悲観的に考えるのはやめて楽観的になるのが目標。

 

クリスマスに母に毛糸の帽子を贈った。クリスマスに間に合わず遅れて渡したのだけどそんなことは母には関係ない。

その場では喜んでくれたがきっと忘れてしまうだろうと思い、『メリークリスマス!お散歩のときにこの帽子を使ってね rokuより』とメッセージカードをつけておいた。そうしたら母からの返事がメモ用紙に書かれてあった。

『rokuちゃん、すてきな帽子をありがとうございました。

とてもすてきな帽子でしたよ。

さっそくかぶっています。』

結構感動した。年賀状を一緒に書いていたときは一筆添えるのにもとても時間がかかっていた母。文章をひねり出すのに難儀していた。とにかく手紙の類を書くのは今はとても苦手なのだ。なのに三行も書いてくれた。

これからはこの手が良さそう。手紙やメッセージを置いてくれば母も反応してくれるかもしれない。

妹たちが帰る段になり、わたしたちも一緒に出ようかと思ったがみんなが一斉に出るとさびしい?と母にきいたら「そりゃそうだ」というので時間差で帰ることに。妹たちが去った15分後、母に妹たちが来ていたと告げると母はポカーン。

やっぱり記憶にないらしい。さっきまでここに座っていたよ、と言ってもさっぱりなのだった。

そういうわけで母の中ではこれほど頻繁に訪問しているわたしたちなのに「久しぶり」「ずいぶん会っていない」ということになってしまう。ならば行く必要がないのでは?と虚しくなることもあるが記憶に残らなくても何かは残ると信じて今年も通います。

 

ホールでは他の入居者さんたちがお正月らしくカルタ取りをしていてその声が響いていた。

「身から出たさび」とか年寄りの冷水?だったか貧乏暇なし?だったか苦笑してしまうような格言が読まれてたっけ。

 

Posted by roku
認知症 / 20:40 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 20:40 / - /
COMMENT