Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 耳鼻科へ | main | テレビを再び >>
親友

母のサ高住時代に食事のテーブルがお隣だったOさん。

母より10歳くらい歳上でおしゃべり好きで良い聞き役の母のことを可愛がってくださった。

以前にもブログに書いたがデイのスタッフさんによると「この人はあたしの妹なんだ」と言ってくださっていたようだった。

そんなOさんに別れも告げず、突然サ高住からグループホームへ転居した母。

しかし、デイに通っているOさんと母はこちらでまた再会することとなる。

デイとグループホームは同じ建物内にあるがその境は扉で閉ざされていて行き来はできない。

しかし、お散歩やイベントなどになるとドアが開け放たれ一緒に行動するときもあるそう。

で、Oさんが母の姿をみつけてくださり感動の再会となったらしい。といっても母の方はいまいち記憶にないようでOさんが一方的に感動していた様子。スタッフの方に娘さんが来たら教えて、と伝えていたので先日わたしが訪問したときに帰りにOさんに声をかけてみてくださいと言われた。

ということでデイにいたOさんに話しかける。

やはり急に母がいなくなったことで驚き、心配してくださっていたみたい。

母のことは余計のことは言わず、話をきいてくれる人として高く評価してくださっていた。

Oさんの若い頃からの身の上話をきく。当時としては晩婚でとにかく仕事をバリバリなさっていたようだ。商売の才があったようで手広くやられていた様子。「だからね、なんで今こんなとこにおってこんなことしているのか・・・」と首をかしげる。

デイではちょうどクロスワードパズルに挑戦されていた。

まだまだ仕事をしたいような素振り。

お元気そうですもんね。

 

先週、母と耳鼻科に行って帰ってきたときにデイのフロアを通り抜けた。そのときに向こうから大きく手を振るOさん。

「あ、みつけちゃったか〜」とデイのスタッフさん。

Oさんは駆け寄ってきた。そのままグループホームまで。

母の親友ということでちょっとの間だけグループホームで過ごす。

母はあいまいな笑みを浮かべたまま・・。

Oさんがしゃべりまくる。それを聞くほかの入居者さんたち。

「いいところに入れて良かったねぇ」とOさん。

これで母の孤独が少しへも減ればいいな。

母には記憶はないけれど自分のことを知っている人がいるという安心感だけでもあれば。

今日はまた耳鼻科での受診あり。デイのフロアを通るのでOさんとの交流があるかな?

でもスタッフさんにとっては面倒なのかな?

 

Posted by roku
認知症 / 08:38 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 08:38 / - /
COMMENT