Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< テレビを再び | main | 耳鼻科終了 >>
怒ってる母

一昨日の午後7時前くらいに母に電話をしてみた。

「今あんたはどこにおるの?」といつも通りの質問。

でもまた電話が聞こえにくいようなことを言うので結局、また電話するねーと早々に切った。

そのあと午後8時を過ぎてから何度か母から電話がかかってくる。でも出ると切れているのでこちらからかけ直す。

「今あんたはどこにおるの?」という質問に「〇〇の家(わたしの自宅)」と答えると不審そうな素振り。

「えっ、〇〇の家ってどこ?」

「親に黙って勝手に出て行くなんて・・・」といつもとは違う展開に。

「誰とおるの?」「ひとりか?」の質問に「うちの旦那さんと」と答えても「えっ、何を言うとるか聞こえんよ。ちゃんと言って」と怒り口調。

こんな会話を何度か繰り返して感じたのは・・・

 

母はわたしが高校生か大学生の頃に戻っている。

夜になって部屋にわたしがいないことに気づき、電話をかけてきた。

家から親に内緒で黙って出てきた娘・・・

だからわたしの自宅マンションは理解できないし、夫という存在も母の中にはない。

その理解できない事項に関しての返事は母の耳には聞こえないようになっているらしい。(耳が遠くなっていたわけではないのだ)

で、わたしが「お友達の家にいるの。ごめんなさい」と答えると少し口調がやわらいで「ごはんは食べたんか?」ときいてくる。

「出してもらったよ」と答えると少し安心した様子。

「いつ帰ってくるんか?」の質問に「明日の朝」と咄嗟に答える。

「ほんとに親に黙って出て行って。お父さんにも言わんなんね。」とまたブツブツ。

「何度でも電話するよ」となかなか電話を切らせてくれない。

ちょっと背筋が寒くなるような電話だった。

ここまでおかしくなったのは初めて。

 

でもまぁ、わたしが十代の頃はこんなだったなぁ〜と。

親の言うことなどきかず、勝手に出かけては叱られてたっけ。

 

物忘れが激しいならこの夜の電話のこの会話のことも忘れてほしいのだがまたこれを繰り返すようになるのだろうか。

昨日は午後3時前に母からの着信あり。なぜこんな時間に。(居室にいる時間ではない)

出先だったので出られなかったし、こちらからかけ直す気にはならなかった。

今日はまた耳鼻科受診のため母を訪問するがなんだか怖いです。

 

Posted by roku
認知症 / 10:14 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 10:14 / - /
COMMENT