Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 大笑い | main | ヨン様 >>
メカノレセプター

一昨日の夜、母から電話。珍しい。

部屋にひとりでやることもなくちょっと寂しい日にかけてくるのかな。

その日は妹と姪っ子ちゃんが訪問しているはずなのに全く記憶にないみたい。

会っても記憶に残らないからもうずっと会っていないという話になってしまう。

それでは寂しいはずだよね。

定期的に母に電話をすればいいのかもしれないけれど、居室にいる時間は限られているし気がつくと時間が過ぎていて電話しそびれる。そういうときに母のことを忘れているなと感じる。母を含めての自分の人生・・という風には考えられない。

わたしは二十代のときに実家を出てから親と自分の人生は別だと考えていたから。

両親は子育てに失敗したかな。

 

ところで自分の骨折の後遺症について調べていたらメカノレセプターという言葉に行き当たった。

これは足裏に多くあるセンサーで高齢者の転倒にも関わりがあるとのこと→

高齢者の転倒は下肢の筋力の低下やバランス能力の低下だけではなく、感覚機能の低下も原因なのだそう。

その感覚機能のセンサーは身体のいろいろな場所にあるが足裏は特に集中しているらしい。

母はひどい外反母趾である。

グループホームではベッドの中以外は一日中靴を履いている。サ高住のときは柔らかいルームシューズを履いていたがGHではそのまま散歩にも行けるようなものを推奨していて外で履く靴を履いている。

とても足指を動かしている環境ではない。というか足指は動いていないだろう。

そしてひどいむくみで冷たい足。

歩くことも少ない。

ある意味劣悪な環境とも言える。

母の転倒についてはこれ以外にも原因はあるのだろうが足裏のマッサージとか青竹踏みとか何か少しでも改善できるようなことをみつけてあげたいな。

GHでは塗り絵とかお習字とかトランプなどレクばかりだけど足裏のケアがあるといいのだけどな〜

Posted by roku
リハビリ / 08:36 / comments(2) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 08:36 / - /
COMMENT
いちごさん、コメントありがとうございます。
フルタイムのお仕事とお子さんのお世話だけでも普通に大変なのにご両親の介護もあったんですね。
わたしは仕事は在宅ですし子供がいないので比べるとずいぶん楽なのだと思います。
おまけに具体的な介護はグループホームにお任せしているから本当に何もしていないのと変わらないのかもしれません。
それでも気分が重くなることも多くて反省です。
| roku | 2018/02/23 7:45 AM |
いつもブログ拝見してます。
私は小さい子も居ながら、いつも高齢の両親を優先にしてしまい。。もちろん自分のことは後回し。
フルタイムの仕事(かなり忙しい)+子供+両親+兄弟
もろもろ背負い込み精神が限界になりました。
自分の人生とは別と考え、できることをするというスタンスは
必要ですよ。まず自分が幸せではないと人の世話はできないです。
| いちご | 2018/02/22 12:38 PM |