Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< ヨン様 | main | 久しぶりにオセロ >>
年齢をカレンダーで測る?!

昨日、母を訪問したら母の席の隣にOさんが座っておしゃべりしていた。

Oさんは以前もブログに書いたけど母のサ高住時代のお友達。そのサ高住からここのデイに通っていらっしゃるのだがデイのフロアから時々脱け出して母のところでおしゃべりしているらしい。

わたしも混ぜてもらってリビングでおしゃべり。

Oさんは昭和3年生まれ。3人娘さんがいらっしゃって長女次女さんが神奈川に住んでいるそうだ。

なんども聞かされた話だが母と学歴等が似ていて、完全なる聞き役の母のことをすごく気に入ってくださっている様子。「このひとは余計なことをひとっつも言わないから」と。

母がいなくなってサ高住はおもしろくないそうだ。「わたしもこっちに来ようかなぁ」などと言っているw

 

Oさんがデイのフロアに戻ったあとは居室で母とおしゃべり。

Oさんがスラスラと自分の歳や娘さんの歳を言えるので「お母さんは?」と年齢をきいてみる。しかし全然わからない様子。

カレンダーをながめながら「あのカレンダーで言うと24のあたりかなぁ」ととんちんかんなことを言う。

「定年退職は何歳?」「60歳!」「お母さんはもうお勤めやめたから60以上だよね?」とヒントを出してみるがなんか伝わっていないみたい。

やっぱり質問の意味とかがわからなくなってきているのかしら。

まあ、年がわからなくてもさほど問題ではなし。

 

試しにお釣りの計算をしてみる。

500円玉を握らせてこれで300円の買い物をしたら?ときくとおつりは200円と答えられた。

じゃ、390円の買い物をしたらおつりは?

の質問には考え込む。

210円か!

おしい!(おしくないw)

 

暗算も今となっては厳しいようです。やはり自分で買い物いかないと計算することなんてないもんなぁ。

運動しないと筋肉が落ちるのと同じで頭も使わないとどんどん退化しますね。

認知症という病気のせいでもあるけど、なんというか今の考えないで全部してもらう生活はあまりよくない気がするなぁ。トイレだって時間で言われていっている。尿意も何もないものね。

 

Posted by roku
認知症 / 12:47 / comments(0) / 昨年の記事
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 12:47 / - /
COMMENT