Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 年齢をカレンダーで測る?! | main | 親家片帰省 >>
久しぶりにオセロ

一昨日の夜に母に電話するとつながった。「あんたは今度いつ頃来れそう?」といつもとは違う質問。

「明日行くよー」と答える。

昨日、訪問してみるとホールのソファに3人くらいで並んで座っていた。

皆さん居室が寒いからか居室で休む時間なのだがホールにいた。

わたしの顔をみて立ち上がろうとする母。しかし立ち上がれない。

わたしが脇を支え、せーの!で立たせようとするが立てない・・・

すると隣に座っていた母より高齢のおばあちゃんがすかさず立ち上がり母の脇を支える。二人で支えてようやく立つ。

痩せ型でおしゃれなメガネの姉御っぽい方。母の足腰が弱いのがすっかりわかっているような様子だった。

ここの入居者さんはみなさんほんとに認知症なの?って思うくらいしっかりしてるなぁ。

 

スタッフさんは新しい人がひとり入ったようだ。

年配の方。とても一生懸命に仕事をしている感じ。ということはどなたか辞められたのかな。

 

母と居室でいつもの足上げ体操。

そのあと久しぶりのオセロ。

白と黒、どっちがいい?ときくと案の定「どっちでもいい」の返事。

「どっちが選んでー」と強く勧めると「白の方が大きく見えるね」とまた白が膨張色なことが気になるようだ。「じゃ、お母さんは白ね」とゲームをスタート。最初のじゃんけんぽんはいつもみんなとトランプをしているからやけに威勢がいい。

「はさみ打ちしたらペロンとできるのやね」とルールは覚えていた。

ときどきは自分が白なのか黒なのか忘れるときはあったけど「お母さんは白ね」となんども確認していたのでさほど問題なし。

かなりわたしは手加減して母優先にゲームは進む。

そして母の勝ち。

「すごいねー」というと「やったー!」と母。

「勝つとおもしろい」とつぶやく。

ここまででちょうど1時間くらい。

何もない日はこうやって母との時間を過ごすのがいいみたい。来週もやろう。

 

オセロはわたしが小学生のときに家族で毎晩のようにやった。

5年生か6年生、もしかしたら4年生くらいだったかもしれないが「オセロクラブ」にも入った。

角から3番目をとること、2番目は置いてはいけないことなどコツをつかんで両親を負かせることも多かった。

共働きだったからあんまりかまってもらった思い出はないのだけどオセロだけは今でも覚えている。

今、母とは携帯用のミニオセロで対決しているがあまりに小さすぎて扱いにくいので今度ちゃんとしたオセロを買おう。

GHの皆さんともできるといいな。でもオセロは二人でしか遊べないんだよね。

人生ゲームはどうだろうか?

お金も扱うし頭の体操にもなりそうなんだけど・・・

Posted by roku
認知症 / 06:59 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 06:59 / - /
COMMENT