Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 親家片帰省 | main | 着信11回 >>
車椅子で散歩に

先週の木曜の訪問のこと。

居室でおしゃべりしていたらコンコンとノックされた。

スタッフの方が「今日はもう帰られますか?」と。

なんでもお散歩に行く予定なのだが、車椅子利用が3名なのにスタッフが2名しかおらず、もし時間があればわたしに母の車椅子を押してもらえないだろうかということだった。

もちろんOKです。

つい先日のブログには妹から母は車椅子で散歩になったときいて落胆したことを書いたが前言撤回します。

 

準備をして皆さんとお散歩に出る。

杖なしで歩ける人、シルバーカーで歩く人、そして車椅子の人の順に並んで出発。

近くの公園をぐるりと一周し、入り口のベンチで日向ぼっこというのが散歩のお決まりのようだった。

列は自然と縦に長くなる。車椅子を押すスタッフが先を進む人たちに「もうちょっとゆっくりー」と叫ぶも皆さん自由でどんどん進む。

あと少しで入り口のベンチというところに差し掛かったときお一人が転倒。

慌ててスタッフさんが駆け寄るもなかなか立ち上がれない。

骨折など大きな怪我はなかった様子だが唇が少し切れた。

割としゃんとしている方だったのだが「〇〇さんも危ないね」とスタッフ間で会話が。

皆さん、ご高齢で90代の方もいらっしゃる。

足元が危なっかしい母が車椅子利用になるのも当然だった。

車椅子の方が3人で通常はスタッフが3人。

少し危ない人は車椅子を押すスタッフの腕につかまり歩く。

スタッフが2名しかいないときは一度公園まで搬送し、残った一人を待たせておいてピストン輸送。

入居者9名にスタッフは3名だが、お休みがあるから2名の日もある。

夜間は1名。

仕方のないことだが手が足りない、目が行き届かないのは当たり前かな。

 

もうじき公園の桜も咲く。

お花見の時期にまた母と散歩できるといいな。

Posted by roku
介護施設・高齢者住宅 / 09:00 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 09:00 / - /
COMMENT