Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 車椅子で散歩に | main | 社交ダンスで大笑い >>
着信11回

先日、午後7時過ぎに母に電話をしてみたけどつながらず。

その日の午前2時台に母からの着信あり。

ケータイはリビングに置いてあったのでわたしは気付かず。

しかし、夫は着信音に気づいたようで、その後何度も鳴るのでマナーモードに設定したらしい。

朝起きてその話をきき、着信履歴を見ると数分おきに11件の着信。

先週、母を訪問した時に母のケータイの発信履歴をみると同じ日同じ時間帯に妹にも電話をしていた。しかも携帯だけじゃなく妹の家電にも。

こうなると母に電話できなくなってしまう。

夫からも、もういいんじゃないか(電話は)と言われるのだけど・・・。

 

週一でしか訪問してなくて、電話ができないとなると母が遠くなる。

電話で話せると細いけどつながりを感じられる。

母は見ず知らずの土地にきて、見ず知らずの人に囲まれて暮らしている。

住めば都で、GHのスタッフさんや入居者さんは新しい家族ではないか、というのはこじつけ、ていのいい言い訳。

母の孤独をどうしたらいいか。

当の本人はどう感じているのか。

本当にいろんなことをすっかり忘れて、今の生活に迎合しているのならどんなにいいか。

 

先週も散歩におつきあい。

桜はもう少しだったが今週は満開でしょう。

昨日はみんなで車でお花見のあと、ファミレスで好きなスイーツをいただけるとのことだった。

お母さん、お花見楽しかった?と電話をすればよかった。

夜中に電話がかかってきても構わないではないか。わたしは一体何を恐れているのだろ。

Posted by roku
認知症 / 09:27 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 09:27 / - /
COMMENT