Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 誕生日 | main | メマリー増量 >>
家族会

母が入居して初めての家族会に参加してきた。

予定表によると30分ほど報告があり、その後昼食とのこと。

まずはスタッフの紹介(と言ってもその場に参加の2名のみ)、その後、それぞれ家族の方が自己紹介。

入居者一人につき一人の家族がほとんどだったが中には夫婦やお孫さん含めた家族での参加もあり。

娘、息子が多いのだと思っていたが甥っ子です、という方や入居者さんのご主人も。それぞれなんだなぁと思う。

やはり、わたしよりかは歳上の方が多かった。なので家族同士で話すという感じにはならなかったな。

スタッフによる報告というのは入居者の平均年齢や介護度、最近の様子など。

あとは春から料金の改定があることの説明とそのことについての署名。

何か質問ありますか?の問いには皆さんシーン。

ということであっさりと終了。

昼食はお弁当が配られ、それぞれ家族がまとまってとる。

家族会の30分の間は母たちは別ユニットにいて昼食になって戻ってきた。

いつもと違う様子に戸惑う入居者さんもいた様子。

わたしも母とそっくりであるがどの方も親子というのが一目でわかる。

昼食が終わるとわたし以外のご家族は潮が引くようにみな帰宅してしまった。

わたしはなんとなくおばあちゃんたちと一緒にテレビをながめることに。(西郷どんの再放送をやっていたので)

でも皆さん目をつぶりはじめうたた寝状態。会話はない。

テレビをちゃんと観ている人もいない。母は座っているだけ。

 

最近、少し席替えがあったようで母の横はいつもいい笑顔をくれる年配の方だった。

母がヨタヨタ席に座ろうとしているとちゃんと母の名前を呼んでくれてあなたはここよ、という感じに迎えてくださっていた。

向かいの席の方はシャンとしていてこの前もソファからの立ち上がりに手を貸してくださった方。この方も母の名前を呼んでくれていた。印象としてはダメな妹分を可愛がってくれている感じ?

母は全く他の方の名前がわかっていないようだが、この席の近いお二人は母を認識してくださっている。ありがたい。

これからもよろしくお願いしますいう気持ちでいっぱいになる。

スタッフの方のお話だと夕方にやっているトランプは今は7ならべのみらしいのだけど以前はまともにゲームできていたのが最近はどうも怪しくて数分で頓挫してしまうようでスタッフが助ければゲームは続くがなかなか難しくなってきたとのこと。

お花見も去年はみんなが感激してくれたが今年は反応がいまいちだったとか。

平均年齢は88.8歳。無理もないですね。

家族の皆さんも多くを望まず、このまま穏やかに過ごしてくれればという思いは共通のような気がした。

この日は母は少しぼんやりで会話もはずまなかったのだけど家族会には出かけて良かったと思う。

Posted by roku
認知症 / 13:11 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 13:11 / - /
COMMENT