Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< LL | main | 日付がわかる人 >>
結婚指輪を外す

今日、母のところへ行ったらスタッフの方から母の指輪を渡された。

指に食い込んでいるので看護師さんが外したそう。

またはめると困るので部屋には置かず、持ち帰ってくださいとのこと。

先日から結婚指輪を外していたときがあったのはそういう訳だったのだ。

わざわざ外していたものをわたしたちは「はめないの?」とまた母の指にはめていたのだった。

確かに母の指は少しむくんでいたし、指輪が食い込んではいた。

けれども祖母もそんな風に食い込みがちでありながらずっと結婚指輪ははめていたからそういうものだと思っていた。

つまり、外したりはめたりしないでずっとはめっぱなしなのが結婚指輪だと。

 

わたしが今日持ち帰ってきた母の結婚指輪。

当然のことをしたまでなんだろうけど気分は沈む。

 

父の写真を見ても「この人は?」と言う母。

晩年の父の顔に見覚えがあまりないらしい。

 

両親にはずっと父と母であってほしいと思う子供の心・・・

 

母の足を触るとふくらはぎ、膝の後ろの下、カチカチだ。

なんとかしてあげたい。

でもどうやって。

 

Posted by roku
つぶやき・その他 / 20:40 / comments(2) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 20:40 / - /
COMMENT
いちごさん、わたしも同じです。
どんな病気もつらいですが認知症もある意味残酷な病気ですね。
何か試されているような気さえします。
最近は考えすぎないようにするのがいいのかな〜と思い始めています。
| roku | 2018/06/05 6:56 AM |
分かります。いつまでたっても親は元気なころのしっかりした親なんです。認知症になっているとは分かっているのですが、
つい語気を荒げてしまい反省しています。そして優しく接するのは後で自分が後悔しないためという考えがあるのでもっといやになります。
最近、親が亡くなった時のことを考えると息が吸えないくらい苦しくなります。まず自分が幸せでいて次に人のことと考えなくてはいけないと周りには言われますがなかなかその考えにはいきません。
| いちご | 2018/06/04 12:08 PM |