Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 日付がわかる人 | main | コーラスを聴く >>
便秘

先週母を訪問したら、妹との連絡帳に便が出なくて下剤を使ったとあった。

スタッフの方より再三、ズボンのサイズを上げるように言われる。

便秘のためお腹がパンパンでズボンがきついのだろうか?

先日買ってきたLLもまだ小さいとか。

見本に他の方の伸びーるズボンを見せてもらう。

ああいうのはどこに売っているのだろう?

グループホームに入居したら個人の好みではなく、介護しやすい服を求められるのだと知る。

あとはガンガン洗濯できる服。

 

母はときどき窓の外を見てはわけのわからないことをつぶやく。

あそこでああしたとか、そんな感じ。

どこで何をしたのだろう?

「あんたはどこから来たの?」というお決まりの質問もこれまでとはニュアンスが違う気がする。

以前は帰るときはドアまで見送りに来たが最近は手を振るのみ。

ドアの外まで見送りに行こうとしていた頃がもはや懐かしい。

 

 

Posted by roku
認知症 / 13:05 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 13:05 / - /
COMMENT