Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 眠剤 | main | 3L >>
歌う母

先日、草津に行ってきたという話を母にする。

「草津ってわかる?」ときくとうなづく母。「草津よいとこ〜」とわたしが歌い始めると母も歌う。二人で『どっこいしょ♪』まで歌って笑いあう。

なんか最近よく歌うようになった母。

ケアマネさんによるとGHでのカラオケのときは母は「やらない」と一人居残ったりするのだがしばらくしてまたスタッフが誘うとちゃんと出向きマイクを握るのだとか。

以前は全くカラオケで歌うことはなかったので認知症が進むとそれまで抵抗があったことも受け入れるようになる一面もあるのかな。

だんだんGHに馴染んできている感じがするのは良い点。

もうわたしが帰るときにエレベーターまで見送ることはない。

エレベーターどころかドアまでも来ない。

少し離れたところで手を振るのみ。

寂しいようなホッとするような。

Posted by roku
認知症 / 08:42 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 08:42 / - /
COMMENT