Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 5回から10回へ | main | ミトン >>
大腿骨骨折

先週土曜に母が室内で転倒し大腿骨骨折。

救急車で運ばれ入院した。

明日手術をすることになった。

 

土日わたしは呑気に旅行中。妹からの電話で事態を知る。

入院の準備や手続きは妹がやってくれた。

話によると初日は母も少し興奮状態で手の拘束をされたらしい。それもショックだった。

様々な不安が押し寄せる。

 

転んだことを覚えてはいない母が病院にいることを理解できるだろうか?

環境が変わって大丈夫だろうか。

そのまま寝たきりになるのではないかという不安。

手術することも理解できるだろうか。取り乱したりしないだろうか?

祖母も80歳くらいのときに転倒し大腿骨骨折した。母の姉も数年前に自宅で転倒し同じく大腿骨骨折、手術を経験している。

二人とも見事に復活した。だから母も大丈夫なはず。

そう自分に言い聞かせるのだけど不安は募るばかりのこの週末だった。

そして今日面会へ。

縛られていたら嫌だなと思っていたが手は自由になっていた。

わたしのこともわかってくれた。

かつて入院していた祖母や父がそうだったようにいくら注意しても点滴の管をはずそうとしていたが。

とりあえずは少しだけ安心した。

 

手術すれば早い人なら翌日からリハビリが始まるという。

これを機にリハビリして骨折前より歩行が安定するといいのだけど。

どんどんあるけなくなっていく母が気がかりだった。GHに入居してからの母の後退ぶりは加速している。

杖歩行ができるようになるといいな。

悪い方へ考えるのではなく少しでも光のある方に向いていければ。

妹から手術のリスクについてきく。

やっぱり怖い。

看護師さんが説明してくれるがそれがどれだけ母に伝わるのか。

全身麻酔ではなく頭はぼんやり起きていて、でも身体は動かないという麻酔なのだそうだ。

どうか母が怖がりませんように。

手術が無事済みますように。

Posted by roku
整形外科 / 22:20 / comments(2) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 22:20 / - /
COMMENT
ご心配かけてすみません。
手術は無事終了しました。
手術の際のリスクをきいてちょっぴりナーバスになっておりました。
一番多い場所の骨折ですし、病院にいる間は安心ですから心配しすぎるのはよくないですね。
母が手術のことを覚えていないことも嫌なことは忘れるという意味ではいいことだと考えます。
いつもありがとうございます。
| roku | 2018/07/25 8:36 AM |
さぞご心配のことと思います。いろいろ悪いことを考えて不安いっぱいになるお気持ち分かります。御母様の骨折は専門家の皆さんが付いていらっしゃるのですから、きっと大丈夫。それよりもRokuさん、ご自分をお大切に。こんな時は良く眠れないし、血圧は上がるし、食事はいい加減になるし、で消耗します。この暑さですから、ご無理されませんように。
| ニッキのママ | 2018/07/24 12:46 PM |