Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 大腿骨骨折 | main | 車椅子で移動 >>
ミトン

母の手術は無事終了。

手術の時間が当日の朝に変更になり1時間早まる。わたしはちょうど向かっている途中で間に合わず・・と思いきやギリギリ手術室へ移動するのに間に合った。1時間じゃなく30分早い開始。(こんな風に手術の時間ってコロコロ変わるものなの?)

手術時間は2~3時間みてくださいということだったので妹と交代で食事をとっていたら、1時間半ほどで終了。

担当医は「手術時間は59分」と言っていたが早く終わらせることが良いのではなく、予定通りというのがいいのはでないだろうか。

手術室へ入ってからの母は案の定興奮状態にあったようで色々触るのでさらに麻酔をかけたそう。

そういう状態だったせいもあり、担当医からは認知症が重いので当医院のリハビリ病棟では受け入れできず2週間でGHに戻しますと宣言される。以前より歩行状態が悪くなるのはご了承くださいと早口で言われた。

リハビリなしで退院させられるとどうなるのだろうか?

実はこれを機に歩行改善できるかと期待していた。杖歩行の訓練もしてもらえるといいなぁと思っていたのである。

2週間で返されるとおそらく母は今後は車椅子の生活になる。

妹とこの点について相談した。

調べてみると医療保険を利用できる訪問リハビリもあるらしいのでそれを利用できないか検討中。

とにかく散歩は無理にしても室内は自分の足で移動してもらわないと。

 

術後の母は眉間にしわの表情。

点滴の管や酸素マスクをはずしてしまうので看護師さんに勧められ売店で「ミトン」なるものを購入。

手を拘束するのにベッドの手すりに縛るよりかはこのミトンで指を覆ってしまう方がまだ自由がきく。

しかし、母にとっては経験したことのないしろもの。こんなものはずしてと訴え続ける。

「何をしとるんや!」とだんだんキレかかってくる。

いくら手術をしたからなのだ、今だけ、ちょっとの辛抱だからと伝えても手術などしていないというし、どんどん興奮するばかり。

「じゃあ、看護師さん呼んでくるね」と病室を去るより仕方がなかった。

せっかく付き添いできているのにそばにいることもできない。離れたところでこっそり見守るのみ。

母はベッドの上で縄抜けの術のようにミトンをなんとか脱ごうと手をモゾモゾ動かし続けていた。何もしないでボーッと寝ているよりは何かに集中している方がいいと思うしかない。

担当の看護師さんはベテランのようでてきぱきとされていて安心してお任せできそうだった。

手術の日は面会時間に制限がないようだったが1時間おきぐらいに様子を見てもらえるようだったので帰宅することにした。

顔をみせるとまたミトンをとってくれと怒り出しそうだったので母に声をかけずに病室をあとにする。

点滴の管や心電図のコードがいらなくなれば手は解放されるので早く身軽になれますように。

先のことは見えないが命の危険があるわけではないので思い詰めずにいきましょう。

Posted by roku
整形外科 / 08:32 / comments(2) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 08:32 / - /
COMMENT
こんにちは。ご心配ありがとうございます。
転倒骨折は誰しも通る道(?)と思いながらも初めてで動揺しました。
これで終わりと思うなですよね。二回目、三回目ありそうです。そのときはもう図太くなっているかしら。
確かに病院によって違いそうですね。搬送されたのが休日だったので希望の病院に行けなかったのもあり・・・。
今回の骨折が何かいいきっかけに変わるよういろいろ動いてみようと思います。
いつもありがとうございます。
| roku | 2018/07/28 6:15 AM |
ちょっと見ぬ間に大変なことになってました。ご心配なことですね。
ご自分たちの体調を崩さないよう、気をつけて看病なさってください。
病院にも様々なところがあり、やり方も違うので、向こうの説明が全てとは思わずに、もしかして別の方策があるかもしれない、と思ってるといいかもです。疑問に思ったら、あらゆるツテと知り合いを総動員して聞きまくるのもアリです。一度経験してれば何てことない事なのに、的なことも多いので。
諦めないで何でも言ってみると扉が開くことがあります。ファイト!

| わたしは飛行機に乗って | 2018/07/27 12:37 AM |