Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 車椅子で移動 | main | 退院日決まる >>
車椅子のシートベルト

土曜の面会。病室で車椅子で座っていた母。

車椅子から落ちないためか白い帯のような布でお腹と車椅子をぐるっと結ばれていた。まるでシートベルトのように。

そのまま車椅子で病室の外の談話コーナーへ。

差し入れにプリン。

ここの病院では病室に冷蔵庫もなく、衛生面から食べ物の持ち込みは禁止と書いてある。しかし、看護師さんに先日、好きなものを食べさせてあげてくださいと言われた。あの注意書きは建前なのだろうか。

次回は果物がいいかな。

木金はしっかりしていたのに土曜はどこかぼんやり。

リハビリがないようなので車椅子に座ったままわたしとつま先の上げ下げ、踵の上げ下げ、足踏みなどする。

手術した左足はあまり動かない。動かすときは手で持ち上げる。前途多難。

歩けるようになるどころか車椅子への移乗もままならない。

医師からは先日「手術前より歩行状態は悪くなるのはご了承ください」とサラッと言われたがそれが現実のものに。

そのくせ母は車椅子から自分で降りようとする。

だからシートベルトなんだ。

ずりおちるのではなく、足が動かないことの自覚がないから立ち上がろうとし、また転んでしまうから。

転んだらまた骨折だ。

母の骨はきっとスカスカだろう。

 

今日妹が面会に行ったら母は妹のことがわからなかったという。

骨折がきっかけで認知症が進むという話はきいていたがこれほどとは。

 

父が入院していたとき母は毎日面会に行き、一日中病院にいた。お弁当持参で。

ある意味、父は幸せだったな。

わたしたちは毎日は行けない。

いや行こうと思えば行けるのかもしれないけどそれができない。

母にはもうわたしか妹しかいないのに。

 

Posted by roku
整形外科 / 21:52 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 21:52 / - /
COMMENT