Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 退院して一週間 | main | 熱は下がった >>
褥瘡悪化発熱

今朝GHより連絡あり母の褥瘡がひどくなり、昨晩は発熱したとのこと。

急遽、皮膚科の診察を受けることになった。

GHのスタッフは今日は二人体制なので付き添えないということでわたしが付き添う。

介護タクシーを使わなくてはいけないかなと思ったら車で送迎していただけた。今は車椅子になってしまったので普通のタクシーで行くことができなくなったので通院は悩ましい。

覚悟はしていたが待合室で2時間ほど待たされる。しかも病院の冷房がきつい。

あんなに冷やす必要があるのかどうか。

やっと順番がまわってきて診察室へ。

熱は38度だったのだが医師の見立てではそれほどひどくないとのこと。

抗生物質の点滴をし、服薬すれば熱はすぐに下がるという。

あとは塗り薬を塗っておしまい。次回は2週間後。糖尿病があるとやっかいらしいが母はないのでOK。

点滴は1時間ほどかかるのだが施設に看護師がいるのならはずすのはやってもらえるから病院で5分ほど様子をみて問題なければ帰宅して良いという。

診察が終わり、点滴が始まるまでにまた待合で待たされる。もうとっくに昼は過ぎている。母は空腹も感じないのかお腹空いた?と問いかけても首を振る。生年月日はほとんど言えないので本人確認できず。

点滴途中で帰宅するのはいいが点滴台が施設にあるかどうかを確認の電話。GHにはないが建物内にはデイサービスと小規模多機能が併設されているので点滴台もあるという。良かった。一刻も早く帰宅したかった。なんとなく母から便のような匂いもしてきたから。

尿意はほとんどないようで待っている時間もトイレにいきたいということはなかった。

わたしもきかなかった。

なぜなら「トイレいく?」と尋ねて「行く」と言われてもわたしひとりでは母を車椅子から立たせたり座らせたりできそうもないから。入院中に家族への介護セミナーみたいなのがあるといいのに。

 

母はとてもおとなしく、また小声になっていた。

どちらの耳が聞こえやすいのかもはっきりしなくなってきている。

会話が成立しにくい。

良くなるのには時間がかかるのに悪くなるのはなぜこれほどあっという間なのだろうか。

 

Posted by roku
皮膚科 / 17:59 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 17:59 / - / 昨年の記事
COMMENT