Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 褥瘡悪化発熱 | main | 皮膚科&整形外科再診 >>
熱は下がった

日曜に電話で母の様子をきくと熱は下がったとのことだった。

昨日、ケアマネさんから報告の電話もあり。

木曜はまだ熱があったようだが土曜は箸を持って半分くらいは自分で食事をしたとのこと。

退院後の母は食事が全介助になっていた。なので自分で箸を持つなどという当たり前のことすらも報告すべきことになっている・・

日によってクリアな日とそうでない日があるのは以前からだけどそれがより一層顕著になっている。

訪問マッサージの先生と立ち上がったりなどのリハビリの際には踵の褥瘡の痛みはない様子だとのこと。

シャワー浴はしている。

 

先週の診察前の様子について初めてケアマネさんからきいたのだが、褥瘡部分が爆発し、ベッドパッドまでしみ込むほどだったらしい。わたしが母を病院に連れていったときは包帯が巻かれていたので患部の様子がわからず、受付で「出血はありますか?」ときかれても答えられなかった。その日はケアマネさんは休みで不在だった。

 

わたしが母を訪ねる木曜はケアマネさんが休みのことが多く、母の情報はほとんど報告されない。

週一で母とは会ってはいるけれど、母の状態を把握しているとはいえない家族。

みんなそうなのかな?

GHで他の入居者さんの家族が面会にきているのをあまり見ない。家族会のときも皆さんすぐに帰られてしまった。

施設にお任せ?

 

先週、皮膚科から帰ってくるとスタッフの皆さんが優しく母を迎えてくれ、特に若いスタッフの方は顔を近づけて話しかけてくれていた。娘より近しい感じ。母にはあちらの方が家族みたいになっているのかも。

通院の付き添いのときだけが母と長く過ごせる時間になってしまったとは皮肉なものだ。

Posted by roku
皮膚科 / 07:12 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 07:12 / - /
COMMENT