Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 熱は下がった | main | 母の食事風景 >>
皮膚科&整形外科再診

整形外科は予約あり、皮膚科は予約なし、なので皮膚科の受付をしてから整形外科へ。

今回も施設の車で送迎してもらった。

前回は2時間以上待ったので覚悟して出かけたが案外早く順番が回ってきて1時間ほどで終了。

診察はどちらも5分かかってないかも。

皮膚科では褥瘡の具合を診てもらうが見た目ではそれほど良くなっておらず、「まあ、時間はかかりますね」のひとこと。

それよりも母の爪の方が気になるとのことでニッパーのような爪切りで盛大に切られた。ちょっと痛いですよとのことだったが母は「アイタタタター」と大声を出す。いちいち「痛い!あいた!」と叫ぶ。

爪水虫で爪が分厚くなり誰もきることができなくなっていた親指の爪。その他の爪も全部両足ともバチバチ遠慮なくいささか乱暴に切られた。

ここのところ小声になってしまい、何をきいてもほとんど反応しない母だったがこのときばかりは大声出して痛がり、なんだ声出るんじゃん、と安心した。

皮膚科の受診は次は一ヶ月後。

 

整形外科では手術したところの経過は順調とのこと。しきりにひざを痛がると訴えると診てくれたが「お水は溜まっていないですね」とのことで手術箇所をかばっているからか、加齢のためと診断される。かばうも何もほとんど立っても歩いてもいないのだが。

半年は経過をみないといけないらしく次回は二ヶ月後。

10時頃出発し帰りに薬局によって薬をもらって帰ったのが11時半過ぎだったのでかなり楽でスムーズな通院だった。

ちょうどホームでは昼食が始まる時間だった。

食事については次回。

 

 

Posted by roku
皮膚科 / 13:59 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 13:59 / - / 昨年の記事
COMMENT