Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 皮膚科&整形外科再診 | main | 肺炎球菌ワクチン予防接種 >>
母の食事風景

先週病院から戻ってきたらちょうどお昼ごはんだったので母の食べる様子を知ることができた。

4月の家族会のときはゆっくりながらもちゃんと完食していた母。

それが今はどうだ?

話にはきいていたのだけど・・・

自分からは食べない。あーんと食べさせてもらうと食べる。

スタッフの方に食べさせてもらう姿を見かねて母の隣に座って声をかけることにした。

これおいしそうだよ〜と勧めると箸でつまんで食べるのだがすぐにその手は止まってしまう。

せめてご飯は食べてと茶碗を持たせると一口食べる。でも途中で目を閉じてしまったり。

仕方がないのであーんと口に持っていくと素直に食べる。

甘えてんじゃねーよ!と言いたくなるのをグッと我慢して8割がた食べさせた。

しかしとても時間がかかるし、つきあっていられないって気分になる。

午前中は病院に詰めていて、いつもよりかはお腹が空いていると思ったのに。

入院してからは母は痩せたと思う。(デイサービスに通っていたときは体重測定があったのにグループホームでは測定がなく体重は不明)

 

1日三食こんな具合でスタッフの手をわずらわせて退去を言い渡されたりしないんだろうか?母ひとりにこんなに手がかかって大丈夫なのか?

9名の入居者のうちこんなに手がかかるのは母だけ。みなさん、自分で食べて、足腰のしっかりした数人の方は他の方の食器の片付けまでしている。母が一番若いのに。

「認知症で亡くなった」という報道に以前、違和感を覚えたが母をみていると自発的に食べることをしないということは死に直結するわけだから死因が認知症と言われてることもあるのかもしれない。

食べてくれないことも悩みの種だがすぐに目をつぶってしまうことも入院以来続いていること。

『傾眠』と呼ぶと最近知った。

これはメマリーのせいなのかどうか。

このままでは坂道を転がるように母の状態は悪化する。

尿意、便意ない、歩かない、立たない、褥瘡できる、食事をしない・・・

もの忘れなんて問題のうちに入らなかった。

母自身はどう思っているのか。本当にこれでいいのか?

わからないから認知症なのか?

認知症じゃなくて他の病気なのか?

Posted by roku
認知症 / 12:53 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 12:53 / - / 昨年の記事
COMMENT