Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 母の食事風景 | main | 指相撲とあやとり >>
肺炎球菌ワクチン予防接種

75歳のタイミングで接種していたのかな?と石川のかかりつけ医に問い合わせをしたこともあった。

母は2月生まれで肺炎球菌ワクチン予防接種のシステムが始まったときに75歳あたりで神奈川に転居したので役所に問い合わせもした。おそらくその75歳のタイミングはずれていただろうということでこのたび80歳のチャンスに接種することにした。

骨折からの退院直後で心配もしたが特に問題ないようでホームの訪問医によって接種。

この接種についてのお知らせも届いていたが、一人暮らしの場合は読むのも厳しいだろうなぁ。

最近のわたしも様々送られくるお知らせの類を読むのが億劫になってきた。これも老化なのだろう。

 

昨日の母はお風呂上がりでさっぱりした顔。

会話はするけれどやっぱり小声。

スタッフの方からも「お話しなくなってきたね」と指摘される。

お風呂で大を2本してしまったそうで・・・(この前もそうだった)

食事も全介助。本当に手のかかる人になってしまった。

褥瘡がなかなか良くならない。でも訪問マッサージのリハビリで立ち上がったりはしているから痛みはなさそう。

絵手紙は先生が下書きしてくれたところに色だけ塗っているようだ。自発的に何かやるという意欲が全くない。

編み物か縫い物か簡単にできること、また探してみよう。

ようやく涼しくなったので昨日は久しぶりのお散歩。車椅子の人が増えてしまったためか全員参加ではなく、車椅子何人かはお留守番。わたしがいたからか母は散歩メンバーに入れてもらえた。

公園までわたしも一緒に行き、そこで別れたのだが他のおばあちゃんたちはニコニコ手を振ってくれるけど母の反応はイマイチ。

いつもニコニコしているIさんは「お昼ご飯食べてないよ」と言っていたけど「もう2時だからきっと12時くらいに食べていますよ」と教えてあげると「あらそう?私は食欲旺盛だから」と笑っていた。今となっては物忘れなんてなんでもないって思う。

身体が動いて会話ができるってなんて素晴らしいことなんだ。

認知症って百人百様というのがよくわかるようになってきた。

Posted by roku
内科/循環器科 / 07:58 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 07:58 / - / 昨年の記事
COMMENT