Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 往診医と薬局との契約 | main | パーキンソン症候群? >>
お花見

先週は母はホームの方々とお花見へ。

壁にそのときの写真が貼ってあった。

土曜にも母を訪問したが、そのときはホームの屋上で母と花見。

屋上にちょっとした庭園がある。と言っても冬期は閑散としている場所だが。

散歩の代わりにそこで外気浴をするらしく自由に出入りできるのだ。

暖かい日だったので母を連れ出す。

屋上から遠くに見える桜を花見。ソメイヨシノじゃない小さな種類の桜ぽい花が屋上に咲いていたのでそれをお花見。

どこからか鶯がホーホケキョと鳴いたが母には聞こえなかったそうだ。

小さな池がありメダカが泳いでいた。

母と一緒にメダカの学校を歌う。

他に誰もいないので何度も熱唱。

最近の母は童謡など歌詞を覚えている歌はつられて歌い出す。いちにさんしと掛け声もつられて10まで一緒に数える。

のってくるのはそのくらいなのでそれを母とのコミュニケーションの手段としている。

 

他の入居者さんとは「あんまりしゃべる人はおらんねぇ」と距離を置いている様子。

グループホームのときは2時になれば全員でお散歩に行くか、テーブルに全員が集まって何かしらレク(歌の場合が多い)が始まったがここでは昼寝の時間のようで食堂にはひとりか二人が座っているだけ。スタッフもひとりか二人で席をはずして誰もいないことも多い。

やはり2.5人対1人というのはあくまでスタッフと入居者の数の比であって「手厚く介護する」というのとはちょっと違うかな。

グループホームでは常に3人はスタッフがいて入居者は9人。そのスタッフが食事作りから洗濯までしていたから神だなぁ。

とても働き者の年配スタッフたちだったのだと改めて知る。「老老介護」というくらい60代以上のスタッフばかりだったが。

今度のホームでは洗濯が外部業者、調理は専門スタッフだけど介護スタッフのシフトは細かく分かれているのが訪問時に3人以上のスタッフがフロアにいたのを見たことがない。フロアの入居者は12名ときいているのだが。

スタッフの離職率が低いのもウリであったし、実際そこに好感を持っていたが、働き方がブラックではないので離職率が低いということなのかな。

一方で事務所には施設長や事務員、ケアマネなど3~4人が常にいる。グループホームではこれらの方がすべて介護スタッフを兼ねていた。パンフレットの2.5対1のところにこの職員も含まれているのだからちょっぴり騙されたような気分にもなる。

ただ、相場より高い施設に入居したわけではないのでそれほどすごいことを求めているわけではない。

母が快適に過ごせればそれでいい。

グループホームより良かった点はリハビリがあること。車椅子を母用に調整してもらえた。

若いケアマネさんはいろいろ報告してくださる。希望も言いやすい。

GHのケアマネさんは家族には事後報告のことがほとんどだった。

まあ、今更比べても仕方のないこと。

今のところで腰を据えるしかない。

幸いなことに環境が変わっても母は動じず、帰りたいとかもない。

あれが嫌、これが嫌と決してわがままを言わない。

「どっちでもいいよ」か「そうだねぇ」としか言わない。

実に扱いやすい母。

それだけにストレスが溜まっているのではとまた余計な心配もしてしまうのだが。

でもお部屋は広くて明るいし、入浴は浴槽に浸かれるし、お食事はテレビの一番観やすい席だし、忙しくないときはスタッフの方が会話してくれているみたいだし、わたしと妹も週一で会いに行っているし、安全は確保されているし。

これで良いのだ〜

 

Posted by roku
認知症 / 06:52 / comments(2) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 06:52 / - /
COMMENT
飛行機に乗ってさん、そうなんです。この庭園はこのホームに決めるときのポイントにもなりました。自由に出られるのでお天気がいい日は連れ出そうと思っています。

決めたことに対してこれで良かったかどうかを考えても仕方ないと思って、これでいいのだ〜と思うことにしました。
しかし、心配性なんでしょうかねぇ。ちょっとしたことでまた不安になったり。
なるようにしかならないのですけど。
| roku | 2019/04/15 8:27 AM |
rokuさん、屋上庭園はいいですねえ。安全に外気に触れて緑やお花があるのはいい感じです。これから良い季節ですし。

お母様もとりあえず違和感がなさそうなら、良かったのではないでしょうか。
介護する側も一休みされてはいかがですか。何ヶ月か調べて考えて行動して、大変だったでしょう。先は長いので、疲れをためないようになさって下さいね。
| わたしは飛行機に乗って | 2019/04/14 12:20 AM |