Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 溜め込み | main | 昨日はお疲れ? >>
一年後の診察

昨日は骨折から一年後の経過観察の診察で整形外科へ。

わたしが先に病院へ行って受付をし、ホームの車で母をあとから連れてきてもらうよう手配した。

10時半の予約だったので9時50分には受付を済ませる。母は10時15分には到着。

しかし、診察で名前を呼ばれたのは11時半をゆうにまわってた。

予約があってもこうです。辛い・・・。

11時50分にお迎えに来てくださいと電話をし、ホームに帰還したのが12時半。母が出発したのが9時50分とのことなので3時間弱か。

診察は3分以下だった。

前回の診察は半年前で半年前に昨日の予約をしていた。

担当医はすでに病院を去っていた。

初めて会う医師がレントゲンを見ながらPCをカチャカチャ叩きながら「沈み込みもないし、大丈夫ですね」とこちらを見ずに述べたのみ。「歩行は以前より困難でしょうが」と付け加えたので「全く歩けません!」と答える。「そうでしょうね」とチラッとこちらを見ただけで母に一度も触れることもなかった。

前の担当医は「歩いていますかー?」とか言ってたけどあれは社交辞令だったのか?今回の医師は歩けないことは当然だとばかりだった。

ともかく、異常なしでリハビリも遠慮なくしていいそうなのでまずは安心した。

 

待合室での母は・・。

冬の間は編み物をして待っていたりもしたけど。今回は手芸の本を母に見せて暇をつぶす。ほんの少しだけ興味を示してくれた。

待合室にいた外国人の患者さんが気になるようでじっとそちらを見たりしている。「あの人たち・・・」と何かよくわからないことをつぶやく母。「知ってる人?」ときくと「知らんけどぉ」と言う。

なんでもいい。会話ができるだけでいいと思ってしまう。

ぼんやり、反応の薄い母ではあったが、それでもいつもよりは会話してくれたので嬉しい。

通院は母と長く一緒に過ごせる時間。そう考えれば悪くない。

レントゲン室に入るときは母ひとりなので心配になる。もう生年月日はわたしが伝えることに。本人が言うのは無理。

母と同じような年齢の車椅子の女性も近くでレントゲンの順番を待っていたが独り言が多い。レントゲン室内で大きな声をあげているのが廊下まで聞こえた。付き添いは息子さん。終始無言。

母はおとなしいから助かってる。

やはり前頭側頭型ではないと思う。

 

GHでは送り迎えはドライバーだけだったが、ホームではドライバーとは別に付き添いスタッフが来てくれた。帰りはわたしも車に乗せてもらってホームまで。付き添いの若いスタッフさんは初めてみるお顔だったが全てのフロアーを担当しているらしく母とも顔見知り。レクでボール投げとかをしっかりやっていると母を褒めてくださった。声かけも優しい。

ドライバーさんも親切だった。

住めば都。

今のホームで母はだんだん馴染んでいく。わたしも。

来月は家族も参加の納涼祭があるそうだ。もちろん参加するつもり。

まわりが重度の認知症の入居者さんなのがちょっとどうなのかな?と思っていたのだが考え方を変えれば、母がもっと重度になっても大丈夫ということだ。サ高住やGHのときのように介護度が上がったからといって追い出されることはないだろう。

前払いプランで契約したのでずっと月額料金も同じだ。なのでお金のことも安心できている。(ここ大事)

もっといい施設があったのでは?と考えてしまうこともやっぱりあってモヤモヤもしていたけれど、今いる場所で精一杯やろうと思った。

 

 

 

 

Posted by roku
整形外科 / 07:34 / comments(2) / 昨年の記事
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 07:34 / - /
COMMENT
飛行機に乗ってさん、こんにちは。
お義母さま、14年なんですね。住まいが落ち着いているのは良いことと思います。
うちの母は3年で3ヶ所目ですので。
マニュアル的ケアはなんとなくわかります。
介護のお仕事は本当に大変だなぁと思うのでなるべくお給料も多くしてもらって長く働いてもらえるようにしてほしいです。コロコロスタッフが変わってしまうのは困りますね。
わたしも愚痴ばかりになってしまいます。あとため息と。
まあ、でも頑張ります。
| roku | 2019/07/29 1:34 PM |
お久しぶりです。
身体の傾きや褥瘡が良くなってきて、骨折の治りも良いようで、それは安心ですね。リハビリも心置きなくできそう。

施設の家風?やお医者さんのあれこれ、気になる部分は変えられるかもしれないので、少しずつやりとりをして見られたら。かかりつけ医も変更出来たりしませんか?近い方がいいですけど、でも敬意とか誠意ってものは欲しいですよね。当然ながら。後は腕が良ければ申し分ないけど、見分けが難しい。

義母は同じ施設に14年いますが、残念ながらスタッフの質も量も低下して、本部?の意向が強くなって見かけの華美なところが強化され、マニュアル的なケアが主になってます。介護を取り巻く環境もどんどん変わっているので、まずは倒産しないで経営してもらいたい、そこは最優先ながら、人手不足はなんとかならないかなあと毎度思います。愚痴でした。
| わたしは飛行機に乗って | 2019/07/25 8:43 PM |