Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 呼び寄せ介護、不可? | main | こどものパワー >>
9センチ
市の子宮頸がん検診に行く。
予約はしていたが、待ち時間などあるだろうと覚悟して出かけたが支払い含め30分かからず、あっけなく終了。
初期のガンは内診だけでは発見されないというし、筋腫の大きさなども詳しく知りたかったのでエコー検査もオプションで追加した。

エコーの画像は一緒にごらんになりますか?と言われたので「はい」と答えたら、サッとカーテンを開けて画面を見せてくれた。しかし、画像についての説明は一切なく、何が何やら?
筋腫については「大きいね、大きいよ」とばかり言われた。9センチなんだそう。
医師は何やらモゴモゴ言ってるがマスクしているし、そちら側はカーテン閉まってるし、ほとんど聞き取れなかった。
「貧血じゃないですか?」ということは何度もきかれた。
筋腫があると生理中の出血が多く、貧血になっているというのだ。
でも、健康診断で「貧血」と言われたことはない。
看護師さんがいうには自覚症状がなくても貧血の場合があるとか。貧血だと心臓へも負担かかるそう。
検診はものの数分で終わり、詳しい説明も一切なく、すぐに受付に回された。
結果は郵送されるとのことで、もやもやしたまま、病院から放り出された感じ。
昨年、内科で胆石を調べるエコー検査のときに筋腫がこぶし大になっているとは言われたがそのときは「今すぐどうこうというものではない」と言われた。手術をすすめられることもなかった。
だけど、今回の検診では「こりゃ、大変ですよ」的なムードがあった。
帰って来てから検索してみると・・・。

9センチという大きさは切除するかしないかのボーダーラインの大きさらしい。これ以上大きいとほとんど切除になるみたい。
この先、妊娠予定のない場合は子宮の全摘出を勧められるそう。子宮がなければガンになるリスクもなくなるためか?

筋腫があるための症状としては便秘や頻尿があるという。
そういえば血尿(原因はランニング)が出たときの尿検査で混濁がみられ、エコーで調べたところ、筋腫が膀胱を圧迫していて膀胱が十分に膨らまないため溜まった尿の一部が膀胱に留まったりしているせいで混濁していると説明されたっけ。便秘に関しては心当たりなし。
生理痛は重いでしょ、出血は多いでしょって言われたけど、そんなのは高校生ぐらいのときからずーっとで、逆に最近になって楽になってきたと感じるほど。
もちろんこのわずらわしさから解放されたいのはヤマヤマだが、それだけの理由でお腹を切るなんて嫌だ。
傷は残るだろうし、術後数日から週単位、もしかしたら月単位で日常生活に支障が出るだろうし。まずもって運動はしばらく控えることになるだろうから、趣味のランニングや大会への出場は自粛せねばならないろう。週1で通うプールもしばらくお休みしなくてはならない。
もちろん仕事も休むことになるし、手術前後は受注も取れない。自営なので仕事を休む間は収入ゼロ、なのに手術代など出費は増える・・・。
そして何よりもいくらもう使わないだろうからって取っていいのか?子宮を。
人によっては血液検査で閉経までの時間がわかり、あと1年だから、と温存する場合もあるときく。
閉経まであとどのくらいなんだろう?
あと少しといえども数年はあるのだろうか?
これまで30年ぐらい耐えて来たのだ。あと数年間くらいガマンする。子宮は温存でいきたいです・・・。
Posted by roku
婦人科 / 06:56 / comments(0) / 昨年の記事
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 06:56 / - /
COMMENT