Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
<< 市役所に問い合わせてみました(マイナンバーについて) | main | 土日だけなんですが >>
民生委員さんがゴミ捨てに協力
以前も書いたように電話は月水金が妹、火水木がわたしという割当になっているので月曜の朝、ゴミ捨て確認の電話を妹にしてもらった。
はずなのに朝8時半過ぎに母から「今日は12月1日ではないのか?」という電話がかかってきた。
11月30日月曜である。
「30日月曜だからゴミの日だよ!」と言うとまだゴミは捨てていない様子。
妹からの電話は「かかってきていないと思う」と言う母。(ちゃんと8時頃に電話していた)
とにかく捨てに行ってもらう。
日めくりカレンダーを日に2回めくったか、2枚一緒にめくったか、とにかく日にちが一日ずれていたみたい。
わたしが買ってあげたデジタルの日めくり時計で確認して!と何度も言ってはいるがどうしてもアナログに頼る母。
認知症のひとが自分でめくる日めくりカレンダーって・・・(失笑)

で、昨日の木曜の朝、今度はわたしの分担の日。
あんまり早く電話しすぎると捨てることをまた忘れてしまうし、かといって遅いとデイのお迎えが来てしまうしで8時半くらいのピンポイントで電話しなくちゃいけなかったのにうっかりその時間に忘れてしまったわたし・・とほほ。
まあ、月曜に捨てていたからいいかと夜に一応電話してみると「捨てたよ」と言う母。
デイのお迎えは何時頃?ときくと「8時半かな」と答えるのでその前に捨てることできるだろうかとおおいに疑問だったのだが母の「民生委員さんがお手伝いに来てくれたような気がする」というひとことにハッとした。
民生委員のMさんのお宅は実家のごく近所。わたしも父の亡くなったあと母の独り暮らしが始まったときに一度ご挨拶に伺った。
ケアマネさんから母のゴミ捨てが困難になっている話が伝わったのだとしたら。
有り難いことです。
しかし、これって介護サービスではなくボランティア?
甘えていいのだろうか?

ゴミはガレージに袋に入れてまとめてはあるので集積所に持っていくだけではあるが。
民生委員さんも60代くらいの方。
うむー。
Posted by roku
介護サービス / 14:05 / comments(0) /
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 14:05 / - /
COMMENT