Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
1日ワンクリック応援してね
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
にほんブログ村 家族ブログ 実家・親へにほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめまして
最近の記事
コメント
カテゴリ別
月ごと
アマゾンで検索
このサイト内を検索

ほくほく線にのって…

離れて暮らす父が2005年9月に事故で脳挫傷、頭蓋骨陥没骨折で入院。
5ヶ月経ってようやく退院しました。
ほくほく線で父の見舞いに行った日々のこと忘れないように書き留めました。(2014年12月父他界)
両親と祖母の老老介護、遠距離介護についての想いを綴ります。(2011年12月祖母他界)
2016年2月、母を呼び寄せ、遠距離介護は近距離介護に。
久しぶりにオセロ

一昨日の夜に母に電話するとつながった。「あんたは今度いつ頃来れそう?」といつもとは違う質問。

「明日行くよー」と答える。

昨日、訪問してみるとホールのソファに3人くらいで並んで座っていた。

皆さん居室が寒いからか居室で休む時間なのだがホールにいた。

わたしの顔をみて立ち上がろうとする母。しかし立ち上がれない。

わたしが脇を支え、せーの!で立たせようとするが立てない・・・

すると隣に座っていた母より高齢のおばあちゃんがすかさず立ち上がり母の脇を支える。二人で支えてようやく立つ。

痩せ型でおしゃれなメガネの姉御っぽい方。母の足腰が弱いのがすっかりわかっているような様子だった。

ここの入居者さんはみなさんほんとに認知症なの?って思うくらいしっかりしてるなぁ。

 

スタッフさんは新しい人がひとり入ったようだ。

年配の方。とても一生懸命に仕事をしている感じ。ということはどなたか辞められたのかな。

 

母と居室でいつもの足上げ体操。

そのあと久しぶりのオセロ。

白と黒、どっちがいい?ときくと案の定「どっちでもいい」の返事。

「どっちが選んでー」と強く勧めると「白の方が大きく見えるね」とまた白が膨張色なことが気になるようだ。「じゃ、お母さんは白ね」とゲームをスタート。最初のじゃんけんぽんはいつもみんなとトランプをしているからやけに威勢がいい。

「はさみ打ちしたらペロンとできるのやね」とルールは覚えていた。

ときどきは自分が白なのか黒なのか忘れるときはあったけど「お母さんは白ね」となんども確認していたのでさほど問題なし。

かなりわたしは手加減して母優先にゲームは進む。

そして母の勝ち。

「すごいねー」というと「やったー!」と母。

「勝つとおもしろい」とつぶやく。

ここまででちょうど1時間くらい。

何もない日はこうやって母との時間を過ごすのがいいみたい。来週もやろう。

 

オセロはわたしが小学生のときに家族で毎晩のようにやった。

5年生か6年生、もしかしたら4年生くらいだったかもしれないが「オセロクラブ」にも入った。

角から3番目をとること、2番目は置いてはいけないことなどコツをつかんで両親を負かせることも多かった。

共働きだったからあんまりかまってもらった思い出はないのだけどオセロだけは今でも覚えている。

今、母とは携帯用のミニオセロで対決しているがあまりに小さすぎて扱いにくいので今度ちゃんとしたオセロを買おう。

GHの皆さんともできるといいな。でもオセロは二人でしか遊べないんだよね。

人生ゲームはどうだろうか?

お金も扱うし頭の体操にもなりそうなんだけど・・・

Posted by roku
認知症 / 06:59 / comments(0) /
年齢をカレンダーで測る?!

昨日、母を訪問したら母の席の隣にOさんが座っておしゃべりしていた。

Oさんは以前もブログに書いたけど母のサ高住時代のお友達。そのサ高住からここのデイに通っていらっしゃるのだがデイのフロアから時々脱け出して母のところでおしゃべりしているらしい。

わたしも混ぜてもらってリビングでおしゃべり。

Oさんは昭和3年生まれ。3人娘さんがいらっしゃって長女次女さんが神奈川に住んでいるそうだ。

なんども聞かされた話だが母と学歴等が似ていて、完全なる聞き役の母のことをすごく気に入ってくださっている様子。「このひとは余計なことをひとっつも言わないから」と。

母がいなくなってサ高住はおもしろくないそうだ。「わたしもこっちに来ようかなぁ」などと言っているw

 

Oさんがデイのフロアに戻ったあとは居室で母とおしゃべり。

Oさんがスラスラと自分の歳や娘さんの歳を言えるので「お母さんは?」と年齢をきいてみる。しかし全然わからない様子。

カレンダーをながめながら「あのカレンダーで言うと24のあたりかなぁ」ととんちんかんなことを言う。

「定年退職は何歳?」「60歳!」「お母さんはもうお勤めやめたから60以上だよね?」とヒントを出してみるがなんか伝わっていないみたい。

やっぱり質問の意味とかがわからなくなってきているのかしら。

まあ、年がわからなくてもさほど問題ではなし。

 

試しにお釣りの計算をしてみる。

500円玉を握らせてこれで300円の買い物をしたら?ときくとおつりは200円と答えられた。

じゃ、390円の買い物をしたらおつりは?

の質問には考え込む。

210円か!

おしい!(おしくないw)

 

暗算も今となっては厳しいようです。やはり自分で買い物いかないと計算することなんてないもんなぁ。

運動しないと筋肉が落ちるのと同じで頭も使わないとどんどん退化しますね。

認知症という病気のせいでもあるけど、なんというか今の考えないで全部してもらう生活はあまりよくない気がするなぁ。トイレだって時間で言われていっている。尿意も何もないものね。

 

Posted by roku
認知症 / 12:47 / comments(0) / 昨年の記事
ヨン様

昨日は母訪問。

先日の電話では鼻声だなぁと思っていたが先週末から風邪を引いていたようだ。熱はなくて咳だったとのこと。

居室でいつもの手すりにつかまってのトレーニング。

かかと上げ下げ、膝上げ下げなど。

テレビをつけてオリンピックを見るも興味なしの様子。

韓国つながりで冬のソナタの本を出したら、興味を示す。

いきなり音読し始める。あらすじを読んでそれなりに意味はわかっているようだった。

放っておけばいつもでも読んでいそうな感じ。

ヨン様は偉大だ。

 

姪っ子ちゃんのお誕生日だったのでメッセージを書いたら?と勧めると書き始めた。

漢字がうろ覚えのようで時々つまづく。

やはり文章を書くということを日常的にしないとだめだね。

それでも数行に渡って書いていた。

テレビでは猫の日ということで猫の番組が放送されていてそれを観て大笑い。

明るい母の顔を見るとわたしも嬉しい。

 

そんな風にいい感じで帰ってきたのだが夜7時過ぎに母から電話。(最近は出ると無言とかはなくしっかりつながる)

わたしと妹がどこに行ったのか?という。

この前と似たような感じ。母は妹が高校生くらいと思っていて部屋からわたしたち二人が消えたので心配しているという。

それぞれもう中年で家庭を持ち、それぞれの家で暮らしていると伝えてみるが理解していない様子。

 

「お母さんのいるところは高齢者専用だからわたしたちは一緒にいられないのよ」と説明すると「そうやね、ここは年寄りだけやからね。あんま話も合わんけど」と言う。やっぱり、みんなと話が合わないのか・・・

 

この妄想というか30年前に戻ってしまう状況はなぜ始まったのだろうか。

まさしくこれが認知症?

認知症の人はみなこうなの?

同じGHに入居している皆さんはすごく普通に見えるのだけどみんなこうなのだろうか?

Posted by roku
認知症 / 07:37 / comments(2) / 昨年の記事
メカノレセプター

一昨日の夜、母から電話。珍しい。

部屋にひとりでやることもなくちょっと寂しい日にかけてくるのかな。

その日は妹と姪っ子ちゃんが訪問しているはずなのに全く記憶にないみたい。

会っても記憶に残らないからもうずっと会っていないという話になってしまう。

それでは寂しいはずだよね。

定期的に母に電話をすればいいのかもしれないけれど、居室にいる時間は限られているし気がつくと時間が過ぎていて電話しそびれる。そういうときに母のことを忘れているなと感じる。母を含めての自分の人生・・という風には考えられない。

わたしは二十代のときに実家を出てから親と自分の人生は別だと考えていたから。

両親は子育てに失敗したかな。

 

ところで自分の骨折の後遺症について調べていたらメカノレセプターという言葉に行き当たった。

これは足裏に多くあるセンサーで高齢者の転倒にも関わりがあるとのこと→

高齢者の転倒は下肢の筋力の低下やバランス能力の低下だけではなく、感覚機能の低下も原因なのだそう。

その感覚機能のセンサーは身体のいろいろな場所にあるが足裏は特に集中しているらしい。

母はひどい外反母趾である。

グループホームではベッドの中以外は一日中靴を履いている。サ高住のときは柔らかいルームシューズを履いていたがGHではそのまま散歩にも行けるようなものを推奨していて外で履く靴を履いている。

とても足指を動かしている環境ではない。というか足指は動いていないだろう。

そしてひどいむくみで冷たい足。

歩くことも少ない。

ある意味劣悪な環境とも言える。

母の転倒についてはこれ以外にも原因はあるのだろうが足裏のマッサージとか青竹踏みとか何か少しでも改善できるようなことをみつけてあげたいな。

GHでは塗り絵とかお習字とかトランプなどレクばかりだけど足裏のケアがあるといいのだけどな〜

Posted by roku
リハビリ / 08:36 / comments(2) /
大笑い

昨日訪問してみるとリビングでM子さんと歌詞がプリントされた紙の束を見ていた。

「富士山」を歌うM子さんにつられて「富士は日本一のやま〜♪」と口ずさむ母。

音楽ってすごいな。

そのあと母の居室でおしゃべり。

妹たちからのお誕生日プレゼントのニットを着てごきげんの母。

珍しく大笑いした。

だけど何の話題だったか忘れてしまった(大丈夫か?わたし)。

オリンピック開催のことはテレビをつけてもわかっていない。(スポーツには興味のない母)

妹たちからのバースデーカードに返事を書いたら?と提案したら「そうやね」とペンを取る。

同じセリフの繰り返しではあったけれど5〜6行の文章を書いていた。

GHのスタッフからは認知症が進んだと言われているが日によってははっきりしている日もある。昨日はそんな日。

 

おむつ助成の申請に行ってきたが、条件に「非課税世帯であること」というのがあり調べてもらうと母は市民税課税であった。

そのことをケアマネさんに報告すると「んー」とひとこと。

強めにお願いすると非課税じゃなくても申請できるようなニュアンスのことを言われた。

他の入居者さんはそうなのかな。

介護サービスってわからないことが多すぎる。

Posted by roku
介護サービス / 06:48 / comments(0) /
ハピバ

昨日は母の誕生日。お祝いを言いたくて電話。

妹たちが訪問している時間なら電話に出られるかなぁと狙ってかけてみる。

ちゃんと通じた。

誕生日だよ〜と言っても「へぇ〜」って感じだったが(妹が伝えてるはずだけどね)。

「今、妹ちゃんとNちゃんが来てるよ」と母。

あ、ちゃんと姪っ子ちゃんの名前が言えてる。

ときどきわからなくなってしまうようだったから良かった。

もうそれだけで嬉しいのです。

 

祖母もそうだった。

祖母が笑ってくれるだけで嬉しかった。

母もそうなりつつある。

病気で苦しんだりしなくて、穏やかな日々であれば他には望みません。

 

 

Posted by roku
つぶやき・その他 / 13:14 / comments(2) /
紙おむつの助成

先週木曜、母を訪問してみると髪を切ってすっきり。

サ高住のときはこちらが申し込まないとカットしなかったがGHでは適当な頃合いを見てカットするようだ。(月に一度の訪問理容)

ケアマネさんから月の紙おむつ代が7~8千円になったので紙おむつの助成制度を利用してみてはと提案あり。

早速調べてみると、在宅の人向けのサービスとあるが施設入居の方はご相談くださいとの添え書きあり。

問い合わせの電話をしてみる。

特に問題なく申請できそう。

月に6240円分の紙おむつが提供され自己負担は一割とのこと。

申請の際に取り扱い業者を指定できるのでGHでまとめて利用している業者、または希望の紙おむつの品名をリクエストしたら良いとのことだった。

なんとなく勝手に紙おむつの領収書があればいくらかお金が戻ってくるようなシステムを想像していたので現物支給のシステムに驚く。

そういえば父も紙おむつ助成で自宅に支給されていたな。有名メーカー品ではなくドラッグストアなどでは見かけない安そうな紙おむつだった。あれは当人はあまり使用しなくて押入れに溜まっていたものをのちに母が使うようになったのだった。

 

今日は母の誕生日。

妹と姪っ子ちゃんが訪問してくれる予定。

何かプレゼントしたくて一応母に「欲しいものある?」ときいたら「ない」との返事。

「外食行きたい?」ときけば「そうやねぇ・・」とのこと。

どこかに連れ出したいけど車がないと難しい。

GHの近所には使えそうなレストランやカフェがない。

夫に頼んで車を出してもらいたいけど、言い出せずにいる。

ああ、車の運転ができるといいのにな。

 

Posted by roku
介護サービス / 08:07 / comments(0) /
冷たい足

3週続けて耳鼻科への通院があったので昨日は久しぶりの何も予定のない母の訪問。

母の居室で過ごす。

お昼ご飯は食べて1時間も経っていないのだが「食べていない」と言う。

母のお習字が壁に貼られていたが自分で何と書いたのか読めない。お手本通り書いただけのよう。

一緒に椅子の背につかまってかかとの上げ下げをする体操をする。これは嫌じゃないみたいで「やらなきゃね」と言う。

お年玉付き年賀状の当選番号を調べる。

下2桁を順に読み上げてもらう。

3と8を間違えたりしているので目はよく見えていないかも。

30枚ほどしかないのに3枚当選!「すごいね!!」と言うと嬉しそう。

当たった切手シートはわたしにちょうだい、とお願いすると快く「いいよ」とのこと。

こちらから何かをお願いすることって少ないから母は嬉しそう。

なるべくこういう感じの会話をせねば。

 

しきりにズボンをまくる仕草をしている。

足が乾燥してカサカサなのでクリームを塗る。

とても冷たい母の足。むくみでカチカチ。

「あんたの手はあったかいねぇ」と母。母の手は冷たいけれど足はもっと冷たくてびっくりした。

もっと動いてもらうことはできないのかな。

 

ケアマネさんから報告。

最近、夜間に興奮気味でそれはメマリーを夕食後に飲んでいるからではということになり今日からは朝に飲むようにするとのこと。

7時半頃にはみなさん居室に入るらしいが母はすぐに部屋から出てきてしまうという。

それをなだめるとちょっと怒ったりするようだ。先日の電話のあの感じかな。

メマリーを飲むと昼間ボーッとして居眠りするときいたが興奮する方の薬なのだろうか。

ちょっと調べてみようと思います。

 

 

Posted by roku
認知症 / 06:31 / comments(0) / 昨年の記事
耳鼻科終了

まだ母が怒っていたらどうしようと昨日訪問してみたら、そんなはずはなく皆さんとなにやら切り絵?の制作中。

ほっ。

携帯の発信履歴には短縮の1番、2番があったからわたしだけじゃなく妹にもかけていたらしい。(うまくつながらなかったけど)

 

準備して耳鼻科へ。

残っていた耳垢を取ろうとするがなかなか取れないので耳垢を柔らかくして取りやすくする薬を入れてしばらくベッドで横になる。

そいうときも落ち着かない母。右耳を上にして横向きで寝てほしいのに時々カーテン開けたり、首の角度変えたり。

15分後くらいに再び診察。鼓膜が見えるくらいになったので聴力検査をすることになった。

ガラス張りの電話boxのような個室に入りヘッドホーンをして音が聞こえたら手に持った器具のボタンを押すというもの。

音が消えたらボタンから手を離すように説明されるがそれができない。ボタンを押しっぱなしになってしまう。

看護師さんが何度も説明するがダメ・・・。

小さいお子さんなんかもそういうことがあるらしく、検査方法変えますねと看護師さん。

音がなったら押す。看護師さんが「ボタン離して〜」と一回一回言ってくださる。

面倒だけどそんな手動みたいな検査もほどなく終了。母は「合格?」と合否を気にしている・・・苦笑。

検査の結果は聞こえに左右差がさほどないとのこと。

そんなはずがないのだけど。

いずれにしても正常値よりは下のレベルなので中度の難聴で日常生活に支障が出てくるレベルでここで補聴器デビューとなる人も多いというポイントということだった。

母の補聴器デビューはもう何年も前のこと。

結局は使われないで実家に眠っている。

補聴器は相性もあるし、高額でもあるので、またしばらくして汚れがたまったり、聞こえが悪くなったら受診するようにしたらいいと医師も言ってくださったのでとりあえず通院は終了とすることにした。

あんな難しい検査しなくても母の右側から「もしもし」と言う。そのあと左側から「もしもし」と言っていると「ああ、こっちはよく聞こえる」と顔がぱぁ〜っと明るくなる。左右の聞こえが同じではないことは明らかなのである。

先週までは耳垢をとっても聞こえがよくなっている気がしなかったのだが、昨日は少し右もよくなっているような感じがした。

耳元で話してやれば会話はできる。

補聴器をつけてまで聞かなくてはいけない話は今の母の生活にはないのである。

それにしても今回の耳鼻科は予約制で良かった。常に午後の診察の一番を予約していたので待合室にはほとんど人はいないし。

待合室で大勢の人と待っているだけで具合悪くなりそうですもん。トイレも広かったし先生も看護師さんも受付嬢も親切で優しかった。整形外科受診のときと違ってストレスなく受診できた。

送迎はGHのスタッフの方にお願いしたが診察時間の間、駐車場でそのまま待ってていてくださったのでそれも楽だった。

GHの通院の場合のシステムってよくわからないのだが、家族が付き添いでこんな風に送迎のみ行った場合の料金ってどうなるのかな。

付き添いは家族とはいえ、駐車場で待っているのだから時間は拘束されている。ってことは家族が付き添わない場合と同じでしょうか。

サ高住のときはつまりは在宅と同じなので担当者会議や月毎の計画表があったけどGHは介護保険まるごとだから細かい点数計算などお知らせなし。(もしかしたら妹の方に通知は来ているのかも)不明な点も多い。知ったからといってどうなるわけでもないが。

 

病院から帰ってくるとすでにおやつの時間は終わっており、母だけお茶とおやつの準備をしてもらう。他の方々は洗濯物たたみ。

見ていると畳む手つきもていねい。ちゃんと角と角を合わせてきちんと畳まれている。畳んだものを持って自室に行く方も。その足取りはしっかりしている。何人かの人だけが洗濯物を畳むようで母にはその割り当てがないようだった。

できる人が畳む役。

「あ、今日は娘さんに畳んでもらう?」とわたしに母の洗濯物が渡されたのでそのまま母に渡して畳んでもらう。

やはり母のたたみ方は雑。それでも角と角はなんとなくは合わせていたけど。いつもどうしているかはわからなかったけど、母にももっとやらせてほしいな。畳んで引き出しにしまうまでを自分でやらせてほしいけど母はきっと引き出しにはしまわない。ベッドの手すりにかけるだけ。それはもともとの性格。

几帳面だった人が認知症で雑になる話はきくが雑だった人が認知症で几帳面になるということはきいたことがないですね・・。

部屋でテレビも観ているようだし、姉御のOさんは母をみつけては声をかけてくれているようだし、それなりにここでの生活がある。

『現状維持』

それが今年の目標です。

Posted by roku
耳鼻科 / 07:23 / comments(0) /
怒ってる母

一昨日の午後7時前くらいに母に電話をしてみた。

「今あんたはどこにおるの?」といつも通りの質問。

でもまた電話が聞こえにくいようなことを言うので結局、また電話するねーと早々に切った。

そのあと午後8時を過ぎてから何度か母から電話がかかってくる。でも出ると切れているのでこちらからかけ直す。

「今あんたはどこにおるの?」という質問に「〇〇の家(わたしの自宅)」と答えると不審そうな素振り。

「えっ、〇〇の家ってどこ?」

「親に黙って勝手に出て行くなんて・・・」といつもとは違う展開に。

「誰とおるの?」「ひとりか?」の質問に「うちの旦那さんと」と答えても「えっ、何を言うとるか聞こえんよ。ちゃんと言って」と怒り口調。

こんな会話を何度か繰り返して感じたのは・・・

 

母はわたしが高校生か大学生の頃に戻っている。

夜になって部屋にわたしがいないことに気づき、電話をかけてきた。

家から親に内緒で黙って出てきた娘・・・

だからわたしの自宅マンションは理解できないし、夫という存在も母の中にはない。

その理解できない事項に関しての返事は母の耳には聞こえないようになっているらしい。(耳が遠くなっていたわけではないのだ)

で、わたしが「お友達の家にいるの。ごめんなさい」と答えると少し口調がやわらいで「ごはんは食べたんか?」ときいてくる。

「出してもらったよ」と答えると少し安心した様子。

「いつ帰ってくるんか?」の質問に「明日の朝」と咄嗟に答える。

「ほんとに親に黙って出て行って。お父さんにも言わんなんね。」とまたブツブツ。

「何度でも電話するよ」となかなか電話を切らせてくれない。

ちょっと背筋が寒くなるような電話だった。

ここまでおかしくなったのは初めて。

 

でもまぁ、わたしが十代の頃はこんなだったなぁ〜と。

親の言うことなどきかず、勝手に出かけては叱られてたっけ。

 

物忘れが激しいならこの夜の電話のこの会話のことも忘れてほしいのだがまたこれを繰り返すようになるのだろうか。

昨日は午後3時前に母からの着信あり。なぜこんな時間に。(居室にいる時間ではない)

出先だったので出られなかったし、こちらからかけ直す気にはならなかった。

今日はまた耳鼻科受診のため母を訪問するがなんだか怖いです。

 

Posted by roku
認知症 / 10:14 / comments(0) /